Associates, The
MacKenzie, Billy / Rankine, Alan

Associates, The

MacKenzie, Billy

Rankine, Alan

ジ・アソシエイツは1976年に結成されキュアーのベーシストも含め4人組みで始動し、初期のサウンドはサイケっぽいエレポップである。ビリーのメランコリーなヴォーカルにデカダンなエレクトロ・サウンドがうまくマッチしていた。『Party Fears Two』と『Club Country』はアルバム『SULK』からのスマッシュ・ヒットとなった。ビリー・マッケンジーはB.E.F.のプロジェクトにも参加した。『SULK』発表後はジ・アソシエイツはビリーのソロ・プロジェクトとなる。88年に製作された『GLAMOUR CHASE』は発表されなかった幻のアルバムとなった。脱退後、アラン・ランキンはクレプスキュールからソロ作を発表し、またPleasure GroundやTuxedomoonのWinston Tong等のプロデューサーとしても活躍。残念なことにビリーは97年1月に自殺を計り他界した。


The Associates was formed in 1976 and started as quartet including a bassist of the Cure. Their early sound is psychedelic electro pop. Billy's melancholic vocal matched decadence electro sound well. "Party Fears Two" and "Club Country" are smash hits from the album "SULK". Billy MacKenzie joined the B. E. F. project. After releasing "SULK", the Associates became Billy's solo project. Unreleased "GLAMOUR CHASE" became an illusive album. After leaving the Associates, Alan Rankine released solo works on crepuscule and produced the artists like Pleasure Ground and Winston Tong of Tuxedomoon. Regrettably, Billy passed away by committing the suicide in January '97.

HOME | INDEX