BOOKS
TECHNO POP / NEW WAVE / SUB-CULTURE

私の所有するテクノポップやニュー・ウェイヴに関する書籍を紹介します。又参考文献としても使用させていただいてます。


This introduces the books I have related techno pop and new wave. They are also used as reference.

BOOKS | YMO BOOKS | MOONRIDERS BOOKS

Japanese Books - Techno Pop(邦書〜テクノポップ関連)
テクノ・ボーイ(Techno Boy) | シンセ倶楽部 (Synthe Club) | 銀星倶楽部〜テクノポップ(Silvestar Club ~ Techno Pop) | 電子音楽イン・ジャパン(Electronic Music In Japan) | テクノのススメ (Techno No Susume) | テクノ歌謡マニアクス(Techno Ca-yo Maniacs) | テクノ・ポップ/エレポップ(Techno-Pop/Ele-Pop)
Japanese Books - Japanese Artists(邦書〜日本のアーティスト関連)
音楽産業廃棄物 (Music Industrial Wastes) | ライフ・アフター・パンク・ロック(Life After Punk Rock) | ナゴムの話 (Nagom No Hanashi) | 俺のカラダの筋肉はどことっても機械だぜ (All My Muscles Work Machine Like) | テクノボン(Technobon) | テクノブレイン(Techno Brain) | 樹液すする、私は虫の女(Jyueki Susuru, Watashi Wa Mushi No Onna) | 戸川純の気持ち(Togawa Jun No Kimochi) | 戸川純のユートピア(Voyage To The Utopia) | ワンダフル アロハ フロム サロン・ミュージック(Wonderful Aloha : Salon Music) | これは恋ではない(This Can't Be Love) | おしゃれ手帖(Cahier de la Mode) | スター・ストラック(Star Struck) | 菫礼礼少年主義宣言(Sumirere Shonen Shugi Sengen) | This is サエキングダム(This is Saekingdom) | ヌードなオニオン(Nude Onion) | 歯科医のロック(Rock Of Dentistry) | サエキけんぞうのマニョマニョトーク(Kenzo Saeki's Manyo Manyo Talk) | ロックは好きかい?(Do You Like Rock'n Roll?) | 乙女のロックだんご(Otome No Rock Dango) | ZELDA物語 (Zelda Story) | 遊佐未森 (Mimori Yusa) | SOFT BALLET FORM BOOK R/O | 言葉のアーティスト宣言 (Kotoba No Artist Sengen) | 土曜ソリトンサイドBリターンズ(Satuarday Soliton Side B Returns)
Japanese Books - Kayo-kyoku & Idols(邦書〜歌謡曲&アイドル関連)
ピッカピカのスターたち(Pikka Pika No Star-tachi) | よいこの歌謡曲(Yoiko No Kayo-kyoku) | 日出処(Rising Sun) NEW! | アイドル・バイブル(Idol Bible) | The Review 1980~ | ドロボー歌謡曲(Dorobo Kayo-kyoku) | C調アイドル大語解(C-cho Idol Daigokai) | アイドルPops 80-90 (Idol Pops 80-90) | 80’sアイドル・ライナーノーツ(80's Idol Linernotes) | 歌謡曲完全攻略ガイド(J-Pop Fetish Prefect Guide) | 歌謡ポップス・クロニクル(Kayou Pops Chronicle) | 考えるヒット(Kangaeru Hit) | 定本・気分は歌謡曲(Feel So Kayou-Kyoku) | 定本アイドル系譜学(Teihon Idol Genealogy) | 歌謡界「一発屋」伝説(Kayo-kai "One-hit Wonder" Legend) | あの人に逢いたい(Ano Hito Ni Aitai) | 歌姫2001(Utahime 2001)
Japanese Books - Japanese Pop & Rock(邦書〜日本のポップ&ロック関連)
日本ロック大百科 (Encyclopedia Of Japanese Rock) | J−ポップ・ロック・フォーク・メガヒッツCD完全カタログ(J-Pop, Rock, Folk Mega Hits CD Complete Catalog) | J−ROCKベスト123(J-Rock Best 123) | ニュー・センセーションズ(Nu Sensations) | ロック・クロニクル・ジャパン (Rock Chronicles Japan) | 渋谷系・元ネタ・ディスク・ガイド(Shibuya-K Motoneta Disc Guide) | 90's Girls J Pop | ソフトロック in JAPAN(Soft Rock in JAPAN)
Japanese Books - Overseas Artists(邦書〜海外のアーティスト関連)
チョークヒルズ・アンド・チルドレン XTC(Chalkhills And Children XTC) | クラフトワーク ロボット時代(Ich War Ein Roboter)
Japanese Books - Overseas Music(邦書〜洋楽関連)
Modern Musik | イコノスタシス(iconostesis) | 銀星倶楽部〜オルタナティヴ・ミュージック(Silvestar Club ~ Alternative Music) | イギリス・パンク・ニューウェイヴ史(British Punk & New Wave History '75~'90) | ポップ・ミュージック・ストリーム(Pop Music Stream) | ブリット・ポップへの道(From New Wave To Brit Pop) | World Famous Guitar Pop | ディスク・ガイド・シリーズ(Disc Guide Series) | ロック・オルタナティヴ(Rock Alternative) | UKロック・ファイル(UK Rock File) | ロック・ザ・ディスコグラフィー(Rock The Discography) | このCDを聴け!(Listen This CD!) | ネクスト・ジェネレーション(Next Generation) | Best Of The Punk Rock | パンク天国(British Underground Punk Rock!) | ジャーマン・エレクトロ・リミックス(German Electro Remix) | フレンチ・ポップス(French Pops) | ニッチポップ (Niche Pop) | ジ・アルティメイト・ディスコグラフィー2001 (The Ultimate Disco-Graphy 2001!!) | 聴き倒れロンドン(London Music Epicurean) | Be@t UK '98 Year Book | トッド・ラングレン 全能の人(Todd Rundgren Born To Synthesize)
Japanese Books - General Music(邦書〜音楽全般関連)
ポップの現在形(Pop No Genzaikei) | ロックの冒険・スタイル篇(The Style Of Rock'n'Roll Music) | 女性シンガーの予感(Female Singers) | Club Culture A to Z | 200ロック語事典(200 Rock Words) | 1980年大百科(80's Encyclopedia) | 1990年大百科(90's Encyclopedia) | オルタカルチャー日本版(alt.culture.japan) | ベスト盤でOK!(All You Need Is "Very Best & Compilation" CD!) | 80s ディスク・ガイド(80s Disc Guide) | ビートルズのフォロワーたち(Beatle Vibrations) | Avant Music Guide
Japanese Books - Extra(邦書〜番外)
東京トンガリキッズ(Tokyo Tongari Kids) | ビックリハウス驚愕大全(Bikkuri House Kyogaku Daizen) | DISKナウ!!VS.レコード(Disk Now!! Vs. Record Yakuza) | 猟盤日記/進め!猟盤日記(Record Hunting Diary/Go-Go! Record Hunting Diary) | テクノデリック(Techno-delick) | 味わう!! BeOS 次世代OSをおいしくいただくレシピ
Overseas Books - Overseas Music(洋書〜洋楽)
NOVOVISION | INTERNATIONAL DISCOGRAPHY OF THE NEW WAVE | WHO'S NEW WAVE IN MUSIC | THE GUINESS WHO'S WHO OF INDIE AND NEW WAVE | THE TROUSER PRESS RECORD GUIDE/THE TROUSER PRESS GUIDE To '90s ROCK | All MUSIC GUIDE TO ROCK | THE ROUGH GUIDE TO ROCK | THE VIRGIN ENCYCLOPEDIA | INDIE HITS 1980 - 1989 | PUNK DIARY 1970 - 1979/POST PUNK DIARY 1980 - 1982 | FROM JOY DIVISION TO NEW ORDER | TIME TRAVEL

Japanese Books - Techno Pop(邦書〜テクノポップ関連)

テクノ・ボーイ (Technoboy)

[1980] 双葉社 (Futabasha)

残念ながら廃刊ですが、1980年当時の日本と海外のテクノポップバンドを解説しています。日本のバンドにはインタヴューに基づき作成しおり結構馬鹿な質問が楽しめます。『熱烈歓迎!名誉市民イエロー・マジック・オーケストラに始まる、テクノ・ワールド大図鑑』と言うコピーが当時を感じさせます。


Unfortunately, it's out of print. This explains Japanese and foreign techno pop bands in 1980. The articles on Japanese bands are created based on the interviews and their pretty silly questions are enjoyable. The headline copy saying "Welcome! Techno World Encyclopedia starting from a honorary citizen, Yellow Magic Orchestra" reflects that period of time.

シンセ倶楽部〜サウンドール特別編集 (Synthe Club - Soundall Special Edition)

[1983] 学研 (Gakken)

YMOを中心としたテクノポップ系アーティスト+シンセサイザ−に関する特別編集本。当時のシーンが読み取れます。Yahoo Auctionで落札。


A special edition book about Techno Pop artists around YMO and synthesizers. You can feel the scene at that time. It was knocked down at Yahoo Auction.

銀星倶楽部☆11 テクノポップ特集 (Silvestar Club 11 featuring Techno Pop)

[1989] ペヨトル工房 (Atelier Peyotl)

こちらはまだ大書店でバックナンバーが置いてます。ブーム後の本なので、結構冷めた見方でテクノポップを語っています。何といってもこの出版社はほとんど『死体』、『ビートニク』、『ハリマオ伝説』等アナクロとマニアものです。


This one's back number is still available at mega book stores. It talks about techno pop with cool eyes as this was published after the boom. The most of books from this publisher feature minor and maniac themes such as "Dead Body", "Beatnik", "Legend of Harimao".

電子音楽イン・ジャパン 1955〜1981 (Electronic Music In Japan 1955 - 1981)

[1998] 田中雄二著 (Yuji Tanaka) アスペクト (Aspect)

『テッチー』、『宝島』、『銀星倶楽部・テクノポップ』等の編集をしていた音楽ライターとして知られる田中雄二氏の約700項に及ぶ驚異の力作です。テクノポップ崇拝者達のバイブルとも呼べる内容でYMO以前と以後を網羅しています。1955〜1981年とありますが、80年代後期までの記述があります。YMO周辺、矢野誠、ムーンライダーズ、P−モデル、ヒカシュー、プラスティックス等のテクノポップ〜ニュー・ウェイヴ・シーンをアーティスト達に対するインタヴューと過去の資料を元にして記述しています。


This is an amazing piece of work of about 700 pages by Mr. Yuji Tanaka who known as a music writer working for "TECHII", "Takarajima", "Silver Star/Techno Pop". It has the context to be called as the Bible of Techno Pop covering pre and post YMO thoroughly. While it says 1955 ~ 1981, it has some descriptions up to late 80's. It described Techno Pop ~ New Wave scene such as around YMO, Makoto Yano, Moonriders, P-Model, Hikasu, Plastics based on the interviews and past materials.

テクノのススメ (Techno No Susume)

[1999] 佐久間英夫著 (Hideo Sakuma) ブルース・インターアクションズ (Blue Interactions)

「テクノディスクガイド」の著者でもある音楽ライターの佐久間氏が放つ70年代末から現在までのテクノシーンを網羅する決定版。CDサイズの装丁はコンパクトでよし。でも、中身は凄く濃い。テクレコマニアックスでは超レアなレコードも紹介。


This is the book covering Techno scene from late 70's to now released by a music writer, Mr. Sakuma, who is also an author of "Techno Disc Guide".

テクノ歌謡マニアクス (Techno Ca-yo Maniacs)

[2000] コイデヒロカズ編 (edited by Hirokazu Koide) ブルース・インターアクションズ (Blue Interactions)

99年にP-VINEからリリースされたオムニバスCD「テクノ歌謡 Collection」に続く書籍版とも言える内容。同じBlues Interactionsから発刊された「テクノのススメ」のテクノ歌謡版とも言える。一見関連のない子供の写真の表紙が買う人を戸惑わせます。ASTROのウエハラ氏や8-bits等がテクノ歌謡名盤・珍盤を紹介。私も「テクノ歌謡人脈系統図」で参加しています。これは、POP ACADEMYの系統図のテクノ歌謡版。YMO編、Moonriders編、その他編からなります。


This is a book version of the omnibus CD "Techno Ca-yo Collection" released on P-Vine in '99. It also can be a Techno Ca-yo version of "Techno No Susume" published by the same Blues Interactions. The cover art of children that looks unrelated to the content will puzzle the purchasers. Mr. Uehara of ASTRO, 8-bits, etc. introduce masterpiece and strange records of Techno Kayo. I also participated in this to create "Techno Kayo Geneology". This is a Techno Kayo version of geneology in POP ACADEMY consisting of YMO version, Moonriders version and other version.

テクノ・ポップ/エレポップ (Techno-Pop/Ele-Pop)

[2000] 鈴木祐監修・ストレンジ・デイズ編・BNN発行 (Supervised by Yu Suzuki, Editted by Strange Days, Published by BNN)

367枚の洋楽テクノポップ・エレポップ系レコードを全てカラーで紹介。荒特派員は約半分所有とのこと。一部、テクノポップとは言い切れないものも混じっていますが、それはテクノポップの性質を考えると常に起こることでしょうがないですね。殆どは80年代ものですが、90年代のテクノ・オルタナ・音響系も紹介。個人的にはKomputer、Dubstar、Younger Younger 28's、NASA等の90年代でもテクノポップ〜エレポップを追及しているものを紹介して欲しかった。


In total 367 records of overseas Techno Pop and Electro Pop are listed in color. Correspondent Ara owns about a half of them. There are some that cannot be purely defined as Techno Pop, but it always happens and it is hard to avoid considering the nature of Techno Pop. Most of them are 80's, but some 90's in the area of Techno, Alternative and Sonic Freak. I personally wanted to see the ones who still purse Techno Pop and Electro Pop even in 90's such as Komputer, Dubstar, Younger Younger 28's, NASA.

Japanese Books - Artist(邦書〜アーティスト関連)

音楽産業廃棄物 (Music Industrial Wastes)

[1999] ソフトバンク・パブリッシング (Softbank Publishing)

P-MODEL SIDE(128ページ)と平沢進SIDE(112ページ)の2冊に分かれています。別に1冊にまとめても良かったと思います。P-MODELはメンバ−交代が激しく、ソロ、別ユニット作も押さえ切れてなかったので、参考資料としては役に立ちました。付録のCD-ROMは正直言って失敗作。Sim ChatというプログラムはMacで読めない。読めるデ−タの方もいまいちです。


It's divided into two books; P-MODEL SIDE (128 pages) and SUSUMU HIRASAWA SIDE (112 pages). I think it was better to combine to one. It was useful as reference as P-Model has been having too many changes and it was hard to grasp all solo and other unit works. But, CD-ROM as an extra was a flow. The program "Sim Chat" cannot be read by Mac. The data that can be read was also not impressive.

ナゴムの話 (Nagom No Hanashi)

[2000] 平田順子著 (written by Junko Hirata) 太田出版 (Ohta Shuppan)

雑誌「QUICK JAPAN」にも一部連載されていた。限り無く全部に近いナゴムに関わった人達とのインタビュー、ナゴムのカタログ全部等、壮絶な内容。平田さんいい仕事しています。


This partially appeared serially in the magazine "QUICK JAPAN". Terrific content including the interviews with almost all the people related to Nagom, all the catalogue of Nagom. Ms. Hirata did a superb job.

俺のカラダの筋肉はどことっても機械だぜ (All My Muscles Work Machine Like)

[1992] 電気グルーヴ著 (Denki Groove) 宝島社 (Takarajima-sha)

ビックリハウス的ギャグのあふれた馬鹿っぽい本ですが、テクノ大百科の章ではクラフトワークに始まるテクノの解説をアルバムをピックアップしてしています。また人生から電気グルーヴに至るディスコグラフィーとメンバー参加チャートが載っています。


While this is a silly book with plenty of "Bikkuri-House" like gags, it explains techno starting from Kraftwerk by picking up albums in the chapter of Techno Encyclopedia. It also covers the discography and members chart from Jinsei to Denki Groove.

テクノボン (Technobon)

[1994] 石野卓球・野田努著 (Takkyu Ishino & Tsutomu Noda) 宝島社(Takarajima-sha)

石野氏と野田氏の対談編と資料編からなります。クラフトワークからニュー・ウェイヴを経て現在のテクノに至るまで詳しく網羅しています。テクノだけでなくテクノポップ系のアーティストに関してもかなりのページを割いています。


It consists of the talk chapter between Ishino and Noda and the data chapter. It covers from Kraftwerk to current techno via new wave in details. It spends a lot of pages not only for techno artists but techno pop artists.

テクノ・ブレイン (Techno Brain)

[1997] 戸田誠司著 (Seiji Toda) ソフトバンク (Softbank)

元フェアチャイルドの戸田氏によるテクノに関する対談集。主なアーティストとしては、Y.M.O.の三人、松武秀樹、鈴木慶一、砂原良徳、立花ハジメと対談しています。


This is the talk collection on techno by Toda, ex-Fairchild. He talked with three members of Y.M.O., Hideki Matsutake, Keiichi Suzuki, Yoshinori Sunahara, Hajime Tachibana as key artists.

樹液すする、私は虫の女 (Jyueki Susuru, Watashi Wa Mushi No Onna)

[1984] 戸川純著 (Jun Togawa) 勁文社 (Keibunsha)

戸川純自らによりエッセイ、ポエム、短編集。「愚行」というブラックな短編物語りは彼女の文才を感じさせます。


This is the book of essays, poetries and short stories written by Jun Togawa. A black short story called "Foolish Behavior" showed her talent in writing.

戸川純の気持ち (Togawa Jun No Kimochi)

[1984] 月刊宝島編集部編 (Edited by Monthly Takarajima) JICC出版局 (JICC Shuppankyoku)

新人類(死語)のニューウェイヴ・プリンセスこと戸川純の事がもっと知りたいあなたのための本です。宝島で連載していた『戸川純の人生相談』も収録。


This is a book for you who want to know more about Jun Togawa also known as New Wave Princess for Shin-Jinrui (New Human: dead word). It also contains "Jun Togawa's Life Consulting".

ワンダフル アロハ フロム サロン・ミュージック(Wonderful Aloha : Salon Music)

[1984] JICC出版局 (JICC Shuppankyoku)

「パラダイス・ロスト」をリリースした直後に発刊された本。Holger Czukay、John Foxx、Sparksとのインタヴューも収録。


This is a book published right after releasing "Paradise Lost". It contains the interviews with Holger Czukay, John Foxx and Sparks.

これは恋ではない 小西康陽1984-1996 (This Can't Be Love)

[1996] 小西康陽著 (Yasuharu Konishi) 幻冬舎 (Gentosha)

ピチカートの小西氏の傑作コラム集。YMOの項で小西氏はYMOの『ソリッド・ステイト・サヴァーヴァー』、細野さんの『フィルハーモニー』、教授の『音楽図鑑』、幸宏さんの『音楽殺人』(日本でこれほどセンスの良いポップ・アルバムはいまだないでしょ。)が大好きだとの発言あり。


This book is an excellent collection of columns by Mr. Konishi of Pizzicato. In his page of YMO, he said that his favorites are YMO's "Solid State Survivor", Hosono's "Philharmony", Professor's "Ongaku Zukan", Yukihiro's "Murdered By Music" (There has been no pop album with better sense than this in Japan.).

おしゃれ手帖(Cahier de la Mode)

[1999] 野宮真貴著 (Maki Nomiya) PARCO出版 (PARCO Shuppan)

60年代〜90年代の野宮真貴のおしゃれ人生を語る回想録。90年代にブレイクした野宮さんですが、貧乏だった80年代が好き。「パズル」という女の子5人組のバンドを組んでいた事もあるらしい。ちょうど、テクノな時期。


This is a memoir talking about Maki Nomiya's fashion life from 60's to 90's. I like her in 80's when she was poor while she outbroke in 90's. She formed the girl 5-piece band called "Puzzle". It was the period of Techno.

スター・ストラック(Star Struck)

[2001] 野宮真貴著 (Maki Nomiya) PARCO出版 (PARCO Shuppan)

「おしゃれ手帖」に続く第二弾。所謂、アメリカのペーパーバック仕様。読んでいると、面白い発言が。「…ウォルフガングとレコーディングする。彼の曲に急遽日本語の歌詞をつけることになってしまった。…いい曲だけど、まるで昔の”フィルムス”みたい。」 。まぁ、フィルムスは野宮さんにとって近い存在。彼女の居たPortable Rockの残り二人のメンバーである中原信雄と鈴木智文の両方とも、元フィルムスですから。


This is the second release following "Cahier de la Mode". So called American paperback. I found an interesting statement as I read. "..... I recorded with Wolfgang. I have to give Japanese lyrics to his song.... It's a nice tune, but it's just like old "Films"." Films is close to Ms. Nomiya. Nobuo Nakahara and Tomofumi Suzuki, the remaining members of Portable Rock that she was in are ex-members of Films.

This is サエキングダム (This is Saekingdom)

[1988] サエキけんぞう著 (Kenzo Saeki) 白夜書房 (Byakuya Shobou)

サエキ氏の幼少期からハルメンズ時代そしてパール兄弟至る自称伝のような本。


This is a book like Mr. Saeki's autobiography from his childhood to Pearl Brothers through Halmens.

ヌードなオニオン (Nude Onion Beat Essay)

[1989] サエキけんぞう著 (Kenzo Saeki) 河出書房新社 (Kawade Shobou Shinsha)

『テッチー』、『ミュージック・マガジン』に連載していたエッセイ集。


This is a collection of his essay on "Techii" and "Music Magazine".

歯科医のロック (Rock Of Dentistry)

[1992] サエキけんぞう著 (Kenzo Saeki) 角川文庫 (Kadokawa Bunko)

コメディー・エッセイ『歯科医のロック』と『純情ロック病院』の単行本をまとめた文庫本。


This is a paperback book combining two comedy essays "Rock Of Dentistry" and "Pure Rock Hospital".

サエキけんぞうのマニョマニョトーク(Kenzo Saeki's Manyo Manyo Talk)

[1994] サエキけんぞう(Kenzo Saeki) 河出文庫(Kawade Bunko)

ソニー・マガジンズから出ていた『パチパチ読本』での連載を文庫化したもの。テイ・トウワ(この二人似てますね)、岡崎京子等10人のゲストとのトークから成り立っています。


This is a paperback book based on his series in "Pachi Pachi Dokuhon" on Sony Magazines. It consists of the talks with 10 guests such as Tei Towa (they look similar), Kyoko Okazaki.

ロックは好きかい?(Do You Like Rock'n Roll?)

[1992] サエキけんぞう VS 伊藤銀次 (Kenzo Saeki Vs. Ginji Ito) 青人社 (Seijin-sha)

80年代〜90年代のロックについて二人が熱く語り合う対談集。Human Leagueの「Crash」(このアルバム、あまり評価されていないけど好み)のプロデューサーとしても知られるJam & LewisがプロデュースしたJanet Jacksonの「Control」がテクノから派生した打ち込みポップの源流との説をサエキ氏が唱えている。


This is a collection of hot talks between the two about 80's to 90's Rock. Mr. Saeki advocates the root of programing-based Pop stemed from Techno is Janet Jackson's "Control" produced by Jam & Lewis also known as a producer of Human League's "Crash" (This album is not highly evaluated, but I like it).

乙女のロックだんご (Otome No Rock Dango)

[1986] 小嶋さちほ・真保みゆき著 (Sachiho Kojima & Miyuki Shinho) ミュージック・マガジン (Music Magazine)

ゼルダのリーダの小嶋さんと音楽評論家の真保さんの対談集。


This is a book based on the talk between Ms. Kojima, a leader of Zelda and Ms. Shinho, a music critic.

ZELDA物語 (Zelda Story)

[1988] 藤原映子著 (Eiko Fujiwara) JICC出版局 (JICC)

女の子ロック・バンドZELDAの8年の軌跡。


An 8 years locus of ZELDA, a Girl Rock band.

遊佐未森 (Mimori Yusa)

[1999] ストレンジ・デイズ編・BNN発行 (Editted by Strange Days, Published by BNN)

雑誌「Strange Days」もお気に入りの遊佐未森嬢の全て。元フィルムスの外間隆史、中原信雄氏のインタヴューもあり。


All about Mimori Yusa whom the magaize "Strange Days" likes. There are interviews with Messrs. Takafumi Sotoma and Nobuo Nakahara, ex. Films.

SOFT BALLET FORM BOOK R/O

[1995] ロッキング・オン (Rockin' On)

こういうの多分ソフバの女性ファンが買うのかなと思いつつ、買いました。ちょっとカミング・アウト(分からない人は自分で意味を調べてね)的な部分もあって意外と面白い読み物でした。


I bought it while wondering that this is for female fans of Soft Ballet. It was unexpectedly interesting to find some coming-out stories of them.

言葉のアーティスト宣言 (Kotoba No Artist Sengen)

[1999] 森雪之丞著 (Yukinojyo Mori) ソニーマガジンズ (Sony Magazines)

森雪之丞氏は日本を代表する革新的作詞家であり、その1700以上の作詞を手掛けた。比企理恵の「想像力少女」、パッショナータの「卑弥呼」、松本明子の「♂・♀ Kiss」、Shi-Shonenの「憧れのヒコーキ時代」、早瀬優香子の「椿姫の夏」、高橋幸宏の「元気ならうれしいね」等が代表作。


Mr. Yukinojyo Mori is one of the best revolutinary lyric writer in Japan. He wrote lyrics for over 1,700 songs. His key works include Rie Hiki's "Souzouryoky Shojo", Passonata's "Himiko", Akiko Matsumoto's "Osu Mesu Kiss", Shi-Shonen's "Akogare No Hikohki Jidai", Yukako Hayase's "Tsubakihime's Natsu" and Yukihiro Takahashi's "Genki Nara Ureshiine".

土曜ソリトンサイドBリターンズ(Satuarday Soliton Side B Returns)

[1996] 高野寛編著(Edited & written by Hiroshi Takano) Aspect

NHK教育テレビで土曜夜11時に95年4月8日から96年4月23日まで放映された、高野寛氏と緒川たまき嬢が司会を務めた『土曜ソリトンSide Bリターンズ』の対談を収録。その昔、糸井重里氏が司会をしていた『YOU』の90年代版ですね。特筆すべきゲストはテイ・トウワ、石野卓球、元YMOの3人、立花ハジメ。だれか録画したヴィデオもってないかな〜。


This contains the talks from "Satuarday Soliton Side B Returns" that had been broadcasted at 11 pm on Saturday from April 8, '95 to April 23, '96 on NHK Education TV with Mr. Hiroshi Takano and Ms. Tamaki Ogawa as MCs. This is a 90's version of "YOU" by Mr. Shigesato Itoi as a MC. The guests to be noted are Tei Towa, Takkyu Ishino, 3 ex-YMO members, Hajime Tachibana. I wonder who has the video tapes which recorded them. 

Japanese Books - Kayo-kyoku & Idols(邦書〜歌謡曲&アイドル関連)

ピッカピカのスターたち(Idol Talents Best 100)

[1982] 笠倉出版社(Kasakura Shuppan-sha)

持っているのが恥ずかしい本、その一。100人のアイドルの素顔がこの本を読めばわかります。アイドルがよく行く赤阪、原宿、渋谷のイラストマップなんかも入っている(本当に役に立つのか?)。テクノ歌謡全盛期だけあって、裏表紙はパンジー。グラビアページはイモ欽トリオ、伊藤つかさ、松本伊代等。次のような気になるアイドルのコメントがありましたので、御一読のほどを。
青地久美⇒「汚いパンツなんかはいていたらゲンメツよ」(いつもチェックするのだろうか)
長江健次⇒「幼稚園でウンコをちびったのでやめちゃった。」(哀しい過去)
伊藤さやか⇒「作曲もできるし、ギター、ピアノもOK!」(後のアーティスト志向を感じさせる)
生田智子⇒「イモ欽のフツオ君にすごく会いたいな。」(生田さん、まだ中3です)
石田えり⇒「えりの魅力はしなやかに成熟したバストよ。」(納得)
真鍋ちえみ⇒「早く結婚して、家庭に落ち着きたいの…。」(まだ、高校生なのに…)


This is a book which I am shamed to have. You can tell real faces of 100 idols. It also incluses the illustrated map in Akasaka, Harajuku and Shibuya where idols often hang around (I wonder if there is any use?). As it was the peak period of Techno Kayo, the back cover was Pansy. Gravure pages include Imo-kin Trio, Tsukasa Ito, Iyo Matsumoto, etc.

よいこの歌謡曲(Yoiko No Kayo-kyoku)

[1983] 冬樹社(Touki-sha)

伝説のアイドル系歌謡曲専門誌「よいこの歌謡曲」から出た総括的な本。ロックじゃなくてアイドル歌謡曲をまじめに聴くという行為を正当化した功績は大。


This is an overall book published from the legendary magazine "Yoiko No Kayo-kyoku (=Kayo-kyoku for good boys and girls)" dedicated to Idol Kayo-kyoku. It's their contribution to justify the behavior to seriously listen to Idol Kayo songs not Rock.

日出処(Rising Sun)

[1985] 伊藤サヤカ著 (Written by Sayaka Ito) 立風書房(Rippu Shobou)

大型古本屋の100円コーナーから救出した一冊。元アイドル、伊藤さやか改めサヤカの激白本。サブタイトルは「不良時代の申し子」。かなり貧乏で不遇だった少女時代、やさしかったおばあちゃんの死、両親の離婚、高校退学、モデルからアイドルへと、結構読み甲斐が有ります。いや、マジで。論理の飛躍が見られる部分も多いのですが、それは自分で書いた証拠と勝手に解釈します。チャプターのタイトルもロックしています。STARTING OVER、BORN TO RUN、LIKE A ROLLING STONE…。ただ、「私はロックがしたい!」という気持ちが全面に出ているのですが、実際のところ彼女の言うロックとはなんだったのかいまいち不明です。ギターを持ったり、自作したり、シャウトしたりすることであれば、それはロックという名の非常に保守的な様式であるのでは?本当のロックの精神に目覚めたのであれば、『オ・ネ・ガ・イ スーパーコンピューター』の延長上にあったアヴァンギャルドなテクノ歌謡をやってほしかったと、勝手に思います。伊藤さやかさん、勝手な事言ってゴメンナサイ。反論があれば、ぜひメールください。


This is a book I rescued from the \100 section in a big used book store. A book of confession by Sayaka Ito, ex-idol. The subtitle is "a child of the bad girl generation". It's quite interesting to read with the content such as the days of a very poor and miserable girl, the death of tender grandmother, the divorce of her parents, from a model to an idol. No kidding. While there are some parts where I feel her leap of logic, I interpret this as the evidence of her real writing. The titles of chapters are ROCK such as STARTING OVER, BORN TO RUN, LIKE A ROLLING STONE,,, Though she clearly push her feeling "I wanna ROCK!", it is not clear what she means by ROCK. If it means having a guitar, wrinting songs, shouting, it is a very conservative sytle with the name of ROCK, isn't it? If she really discovered the spirit of ROCK, I personally wanted her to do Avant-Garde Techno Kayo as the extention of "O-Ne-Ga-I Super Computer". Ms. Sayaka Ito, sorry for making selfish assessment. If there is any opposition, can you mail to me?

アイドル・バイブル(Idol Bible)

[1986] アイドル綜合研究所・徳馬書店(Idol Network Group, Tokuma Shoten)

持っているのが恥ずかしい本、その二。アイドル55組について其々4ページにわたり事細かにどうでもいい事を記述しております。


This is another book which I am shamed to have. It describes the things that don't matter about 55 units of idols in 4 pages for each in details.

The Review 1980~ よいこの歌謡曲・11月増刊号 (Yoiko No Kayokyoku Nov. Extra Edition)

[1986] よいこの歌謡曲 (Yoiko No Kayokyoku)

伝説のアイドル系歌謡曲専門誌『よいこの歌謡曲』の増刊号です。80年代ですからテクノ歌謡も多数あります。


This is an extra edition of a legendary Idol Kayo specialized magazine "Yoiko No Kayokyoku". As it was in 80's, it contains quite a fewl Techno Kayo songs.

ドロボー歌謡曲(Dorobo Kayo-kyoku)

[1987] 日本歌謡曲倫理委員会編・データハウス (edited by Japan Kayo-kyoku Ethics Association, published by Data House)

荒特派員に教えてもらって買った歌謡曲のパクリものリストを公表した本。結構C調の書き方をしていますが、この本は豊富な知識と鋭い洞察力と高度な分析能力がなしえる技です。幾つか面白いのを以下に紹介します。
石坂智子「デジタル・ナイト・ララバイ」(伊藤薫作曲・大村雅朗)←The Beatles「You Never Give Your Money」
岡田有希子「Love Fair」(かしぶち哲郎作・編曲)←Madonna「Like A Virgin」
沖田浩之「困ったラヴ・ソング」(梅垣達志作曲・荻田光雄編曲)←ABC「Look Of Love」
榊原郁恵「ROBOT」(筒美京平作曲・船山基紀編曲)←YMO「Solid State Survivor」
沢田研二「麗人」(沢田研二作曲・後藤次利編曲)←Ultravox「New Europeans」
中森明菜「サザン・ウインド」(玉置浩二作曲・瀬尾十三編曲)←Yes「Owner Of The Lonely Hearts」
ベリーズ「夏・いただきます!」(大木雄司作・編曲)←a-ha「Take On Me」


This is the book disclosing the list of Kayo songs that took the materials from the other songs. Correspondent Ara told me about this, and I bought it. This book can be made only with rich knowledge, sharp inslight and high analytical capability.

C調アイドル大語解(C-cho Idol Daigokai)

[1988] 林明美著・真鍋公彦画・JICC出版局 (written by Akemi Hayashi, drawn by Kimihiko Manabe, published by JICC Shuppankyoku)

「あいあい」(次は「相川恵利」)に始まり「わらべ」に終わるアイドル用語の基礎知識。基礎知識といいながら、誰も知らないようなC級アイドルもちゃんと載せてくれてます。


This is the basic knowledge on idol words from "Ai Ai" (next is "Aikawa, Eri") to "Warabe". While it says basic knowledge, it includes some C-class idols whom nobody knows.

アイドル Pops 80-90 (Idol Pops 80-90)

[1991] 松坂・ジャズ批評社 (Matsuzaka Jazz Hihyo-sha)

『ジャズ批評』の別冊として発行された650組の80年代女性アイドルと2500枚のシングルを網羅した貴重本です。テクノ歌謡も多数有ります。


This is a valuable book covering 650 80's female idol singers and 2,500 singles which was published as an extra edition of "Jazz Critics". There are many Techno Kayo songs.

80’sアイドル・ライナーノーツ(80's Idol Linernotes)

[1991] 真鍋公彦・宝泉薫・松井俊夫編著・JICC出版局 (written and edited by Kimihiko Manabe, Kaoru Housen & Toshio Matsui, published by JICC Shuppankyoku)

松田聖子からWinkまで80年代のアイドル歌謡の名盤183枚をレビューしております。テクノ歌謡ものとしては、伊藤つかさ「さよなら こんにちは」、イモ欽トリオ「ハイスクール・ララバイ」、岡田有希子「くちびるNetwork」、C-C-B「Romanticが止まらない」、シブがき隊「スシ食いねぇ!」、早見優「夏色のナンシー」、真鍋ちえみ「ねらわれた少女」、YMO「君に、胸キュン。」等を収録。


This reviewed 183 masterpieces of 80's Idol Kayo from Seiko Matsuda to Wink. It includes Techno Kayo such as Tsukasa Ito "Sayonara Konnichiwa", Imo-kin Trio "High School Lullaby", Yukiko Okada "Kuchibiru Network", C-C-B "Romantic Ga Tomaranai", Shibugaki-tai "Sushi Kuine!", You Hayami "Natsuiro No Nancy", Chiemi Manabe "Nerawareta Shoujo", YMO "Kimi Ni Mune Kyun".

歌謡曲完全攻略ガイド [’65−’85] (J-Pop Fetish Prefect Guide ['65 - '85] )

[1996] 稲増龍夫&ポップス中毒の会 (Tatsuo Inamasu & Pops-holic Association) 学陽書房 (Gakuyo Shobo)

ジャンル毎に歌謡曲名盤を紹介しています。テクノ/ニュー・ウェイヴ系も当然あります。


This introduces masterpiece discs of Kayou-kyoku (Japanese Pop) by category. Of course, they have Techno/New Wave.

歌謡ポップス・クロニクル 特集アスペクト39 (Kayou Pops Chronicle Special Edition Aspect 39)

[1998] アスペクト (Aspect)

これは歌謡曲の全てを網羅した別冊宝島の様な本です。ピチカートの小西康陽、近田春夫のインタヴュー、鈴木慶一とサエキけんぞうの対談、加藤賢崇(東京タワーズ)、高浪敬太郎の記事などがあり見逃せません。


This is an Extra Number Takarajima-like book covering all about Kayo-kyoku. You should not miss the interviews for Pizzicato's Yasuhiro Konishi and Haruo Chikada, the talk between Keiichi Suzuki and Kenzo Saeki, and the columns by Kenso Kato (Tokyo Towers) and Keitaro Takanami.

考えるヒット (Kangaeru Hit)

[1998] 近田春夫著 (Haruo Chikada) 文芸春秋 (Bungei Shunjyu)

97年一月から週刊文春に連載されていた近田春夫氏のコラムをまとめたものです。J−POP115曲を鋭い切り口で批評しています。電グルの『Shangri-La』は絶賛されてます。


This contains a series of Haruo Chikada's column which started in Weekly Bunshun from January '97. He criticized 115 songs of Japanese Pop sharply. He extolled "Shangri-La" by Denki Groove.

定本・気分は歌謡曲 (Feel So Kayo-Kyoku)

[1998] 近田春夫著 (Haruo Chikada) 文芸春秋 (Bungei Shunjyu)

78年から84年の歌謡曲を独自の切り口で批評した幻の名著が復活。『気分は〜』と言うだけあってポパイに連載されていました。ピチカートの小西氏も絶賛。


The illusive masterpiece book criticizing Kayo-kyoku (Japanese Pops) from '78 to '84 from his own angle has been reissued. It appeared on Popeye serially. Mr. Konishi of Pizzicato V also gave a big praise.

定本アイドル系譜学(Teihon Idol Genealogy)

[1998] メディアワークス・主婦の友社 (Media Works, Shufunotomo-sha)

アイドル文化評議会会員とその研究客員が中心に編集したアイドル学の専門書と言ってもいい内容。浅田美代子を元祖にするヘタウマ・アイドルの系譜(ファルセット小声派と音程破壊派に分離)なんて最高です。なぜか、この分野にテクノ歌謡系が多い。


This content makes it the technical book about Idology edited mainly by Idol Culture Critic members and its guest researchers. The geneology of low skill and high sense idols (separated into falsetto whisper voice type and out-of-tune type) is marvelous. Somehow, there are many Techno Kayo singers in this genre.

歌謡界「一発屋」伝説(Kayo-kai "One-hit Wonder" Legend)

[1998] 宝泉薫編著・彩流社 (written and editedby Kaoru Housen, published by Sairyu-sha)

アイドル歌謡系著者としても知られる、元「よいこの歌謡曲」発行人の宝泉薫氏による一発屋特集。


This features one-hit wonders by Mr. Kaoru Housen, ex-editor of "Yoiko Ni Kayo-kyoku", who is also known as a writer in the area of Idol Kayo.

あの人に逢いたい(Ano Hito Ni Aitai)

[2000] P.I.C. (Phantom of Idol Cartel) 白夜書房 (Byakuya Shobou)

荒特派員のお勧めで買った。姫乃樹リカさんや江戸真樹さんの家を訪問したり、伊藤智恵理、河田純子(この方、現在OLだそうですが、とても惜しい逸材。好感度大!)インタヴューしたり、幻のアイドルがフラッシュバックする本。早瀬優香子や矢野有美のアイドル・ファイルもあります。


I bought based on Correspondent Ara's recommendation. This is a book that thephantom of idol flashbacks with the visits to Rika Himenoki and Maki Edo's houses, and the interviews with Cheri Ito and Junko Kawata (She is currently an office lady, but she is a rare girl of talent. Very lovely!). It also contains idol files for Yukako Hayase and Yumi Yano.

歌姫2001(Utahime 2001)

[2000] 松本亀吉著・太田出版 (written by Kamekichi Matsumoto, Ohta Shuppan)

「ナゴムの話」を放った太田出版が、QUICK JAPANのサラリーマン兼業音楽ライターでもある松本亀吉氏に適当に自由に書かせたと推測します。独自のテイストで選ばれた100人の歌姫達のレコード批評。いや、批評と言うより、松本氏が有する人一倍強いリビドー(=性的欲求)のはけ口が文章となった魂の叫び。選ばれた歌姫の中にはきっと迷惑している人もいるでしょうが、彼女達の寛容性が試すにはいい素材です。とても名の知れた歌姫もいますが、愛すべきマイナー系もいます。一見、あまり一貫性のない選択にも見えます。しかし、yes, mama ok?、岡崎葉、桐島かれん、Cosmic Invention、宍戸留美、トランジスター・グラマー、ハイポジ、早瀬優香子、細川ふみえ、渡辺美奈代、等の渋い選択を考えると、偶然とも言いがたい共感を覚えます。


I suppose Ohta Shuppan that released "Nagom No Hanashi" let Mr. Kamekichi Matsumoto, a business man + music writer in Quick Japan freely. This is the record review for 100 singing princesses selected by him. It's actually outcry of his soul that his abnormally strong libido created. While I guess there are some who are annoyed by the fact that they are selected, but it's a good test for their toralance. There are very known singing princesses, but also lovable minor ones. At glance, there seems to be no consistency in his selection. But, I feel simpathy that may not be coincident considering his choices such as yes, mama ok?, Yo Okazaki, Karen Kirishima, Cosmic Invention, Rumi Shishido, Transitor Glammour, Hi-Posi, Yukako Hayase, Fumie Hosokawa, Minayo Watanabe.

Japanese Books - Japanese Pop & Rock(邦書〜日本のポップ&ロック関連)

日本ロック大百科[年表編] (Encyclopedia Of Japanese Rock)

[1992] JICC出版局・現宝島社 (JICC Publishing, currently Takarajima-sha)

1955年から1990年までの日本のロック・ポップに関するレコード・リリース、ライヴ、出来事を日毎に収録。インディー・シーンも押さえているところは流石宝島社です。見つけたら是非買いましょう。


This contains record releases, lives, events related to Japanese Rock and Pop from 1955 to 1999 day by day. It's Takarajima-sha that covers Indie scene well. If you find it, you should buy it.

J−ポップ・ロック・フォーク メガヒッツCD完全カタログ
(J-Pop, Rock, Folk Mega Hits CD Complete Catalog)

[1997] J−ミュージック・エンターテイメント編著 (J-Music Entertainment) 主婦と生活社 (Shufu-To-Seikatsu-Sha)

題名の通り日本の60年代から現在に至るミュージシャンのカタログです。テクノ・エレ・ポップ系のアーティストはやはり80年前半の片寄るが計500弱の中約32ありました。アルバムはアーティストのプロダクション等の取材で選ばれています。


As the title says, it is the catalog of Japanese musicians from 60's to date. There are about 32 artists related to techno/electro pop out of total a little less than 500 while they are skewed to early 80's.

J−ROCKベスト123 1968ー1996 (J-Rock Best 123 1968-1996)

[1996] 篠原章著 (Akira Shinohara) 講談社文庫 (Kodansha Bunko)

助教授かつ音楽評論家の篠原氏は、’79〜’82をテクノ・ニューウェイヴの嵐ととらえ、Y.M.O.に始まるテクノポップ系のアーティストの代表的作品を紹介している。又、従兄弟の佐伯健三氏とも対談している。ミニコラムでは『テクノ・ニューウェイヴの旗手たち』という題でその略史を解説をしている。


Mr. Shinohara who is a music critic as well as an assistant professor positioned '79 to '82 as Storm of Techno/New Wave and introduced representative works by techno pop artists starting from Y.M.O. He also had an interview with Kenzo Saeki, his cousin. In the mini column, he explains a brief history as the title of "Standard Bearers Of Techno/New Wave.

ニュー・センセーションズ 日本のオルタナティヴ・ロック1978ー1998 (Nu Sensations)

[1998] 小野島大監修(Supervised by Dai Onojima) ミュージック・マガジン増刊 (Music Magazine Extra Edition)

日本のインディーズを中心としたオルタナ・ロックを網羅した力作です。78年の東京ロッカーズからスタートし現在に至るすきすきスウィッチのようなマイナーなアーティスト達についての情報が掲載された貴重な資料です。


This is an excellent work covering Japanese alternative rock centered around indies. It's a valuable data base including the information on minor artists such as Suki-Suki Switch starting from Tokyo Rockers in '78 to date.

ロック・クロニクル・ジャパン (Rock Chronicles Japan)

[1999] 音楽出版社 (Ongaku Shuppansha)

Vol. 1(1968年から1980年:はっぴいえんどからYMOまで)とVol. 2(1981年から1999年:A LONG VACATIONから☆☆☆☆☆まで)の2部構成。79年から80年後半までテクノポップ〜ニュ−ウェイヴ系も多し。CLEVER RABBIT(ミスプリントあり)は載っているがFILMSは載っていない。


It consists of two parts: Vol. 1 (1968 to 1980: Happyend to YMO) and Vo1. 2 (1981 to 1999: A LONG VACATION to *****). There are many Techno Pop and New Wave artists from '79 to late 80's. There was no FILMS, but CLEVER RABBIT (there was misprint).

渋谷系・元ネタ・ディスク・ガイド (Shibuya-K Motoneta Disc Guide)

[1996] 太田出版 (Ohta Shuppan)

『前略小沢健二様』に続く渋谷系研究本です。コーネリアス、ピチカート・ファイヴ、スパイラル・ライフ等の渋谷系のアーティストの楽曲の元ねたを詳細に渡って解説しています。


This is the book to study about Shibuya-Style music following "Zenryaku Ozawa Kenji-sama". This explains the original materials for the songs by Shibuya-styled artists such as Cornelius, Pizzicato Five, Spiral Life in details.

90's ガールズ・Jポップ (90's Girls J Pop)

[1999] ストレンジ・デイズ編・BNN発行 (Editted by Strange Days, Published by BNN)

最近流行のレディー・ソウル、渋谷系、裏ガールポップ、オルタナ系等幅広くセレクションしたガールポップ集です。


This is the collection of Girl Pop with wide selection consisting of currently out-breaking Lady Soul, Shibuya-Style, Reverse-side Girl Pop, Alternative, etc.

ソフトロック in JAPAN(Soft Rock in JAPAN)

[2001] VANDA 音楽乃友社 (Ongakunotomo-sha)

60年代〜70年代のポップ・ロックを研究する音楽誌であるVANDAの編集部が選んだ日本のソフトロック集。VANDAは、他にも「ソフトロック A to Z」(海外のソフトロック)や「ハーモニーポップ」を刊行しています。VANDAによるソフトロックの定義は、「特に高揚感のあるメロディーと美しいハーモニー、軽快なビートを兼ね備えた音楽」です。海外のソフトロックは70年代以前のものをセレクトしていましたが、日本のソフトロックは、70年代末以降のものも多く、個人的にはより楽しめる内容です。特に印象的なアーティストを挙げますと。伊藤銀次、EPO、大滝詠一、大空はるみ、大貫妙子、門あさ美、加藤和彦、カーネーション、久保田麻琴と夕焼け楽団、クレスト・フォー・シンガーズ、越美晴、PSY・S、Shi-Shonen、シネマ〜松尾清憲、ジューシィ・フルーツ、Tights、高橋幸宏、タンポポ(モー娘。からの4人組ですよ)、橋本一子、原田知世、ハルヲフォン、ビートニクス、Pizzicato Five、Ponytail、BOX、マナ、ムーンライダーズ、森丘祥子、YUKI(岡崎友紀)、ラジ等等。僕って結構ソフトロック好きなんだと、新発見。


This is the collectition of Japanese Soft Rock selected by VANDA that is the music magazine studying Pop & Rock in 60s and 70s. VANDA also published "Soft Rock A to Z" (overseas Soft Rock) and "Harmony Pop". The definition of Soft Rock by VANDA is "the music consisting of uplifting melody, beautiful harmony and rhythmical beat". While overseas Soft Rock were selected from the ones in 70's or before, Japanese Soft Rock had quite a few in the end 70's and later, it was more entertaining to me. The ones I had stonger impression are as follows. Ginji Ito, EPO, Eiichi Ohtaki, Harumi Ohzora, Takeko Onuki, Asami Kado, Kazuhiko Kato, Carnation, Makoto Kubota & Sunset Gangs, Crest Four Singers. Miharu Koshi, PSY'S, Shi-Shonen, Cinema, Kiyonori Matsuo, Juicy Fruits, Tights, Yukihiro Tahakashi, Tanpopo (from Morning Musume.), Ichiko Hashimoto, Tomoyo Harada, Haruophone, The Beatniks, Pizzicato Five, Ponytail, Manna, Moonriders, Shoko Morioka, YUKI (Yuki Okazaki), Rajie, and so on. It was my new discovery that I like Soft Rock pretty much.

Japanese Books - Overseas Artists(邦書〜海外のアーティスト関連)

チョークヒルズ・アンド・チルドレン XTC(Chalkhills And Children XTC)

[1993] クリス・トゥーミィ著/藤本成昌訳 (Written by Chris Twomey /Translated by Shigemasa Fujimoto) 新宿書房 (Shinjuku Shobou)

Andyの幼少期から91年までのXTCの歴史を解明するXTCマニアのための本。XTCは日本に来た時、新宿サンルート・ホテル(東京で最も豪華なホテルの一つと紹介されている??)に宿泊していた。


This is the book for XTC-manias to clarify the history of XTC from Andy's younger days to 1991. XTC stayed at Shinjuku Sunrote Hotel (introduced as one of the most deluxe hotel in Tokyo??) when they came to Japan.

Japanese Books - Overseas Music(邦書〜洋楽関連)

Modern Musik

[1979] ロックマガジン (Rock Magazine)

『イコノスタシス』の著者でもある阿木譲氏のロックマガジンの特別編集本。読んでいると70年からニューウェイヴは始まっっていた事が実感できる。表紙はDevo。


A special edition of Rock Magazine by Mr. Yuzuru Agi who also wrote "inconistesis". You can feel New Wave really started in 70's as you read. The cover art is Devo.

イコノスタシス (iconostesis)

[1984] インピタス (impitus)

テクノポップという言葉を発明者とされる阿木譲氏のNEW WAVE(POST-PUNKと呼ぶべきか?)系のマニアックなレコード(Polyphonic Size、KaS Product、Elli et Jacno、Mathematiques Modernes、Casino Music、Bearz、Mobiles、Kissing The Pink、Cynthia Scott、Virna Lindt等)を紹介した本。。彼が近畿放送でDJをしていたFUZZ BOX INは僕の好きなラジオ番組でした(年が分りますね)。King Kongで発見。3、500円也。


This is a book listing maniac New Wave (or better to say Post-Punk) records (such as Polyphonic Size, KaS Product, Elli et Jacno, Mathematiques Modernes, Casino Music, Bearz, Mobiles, Kissing The Pink, Cynthia Scott, Virna Lindt) authored by Mr. Yuzuru Agi who is considered as an inventor of the term "Techno Pop". "Fuzz Box In" which he did a DJ for in Kinki Broadcasting Station was my favorite radio program (if you know it, you can guess my age). I discovered at King Kong. It was \3,500.

銀星倶楽部☆14 オルタナティヴ・ミュージック (Silvestar Club 14 featuring Alternative Music)

[1991] ペヨトル工房 (Atelier Peyotl)

テクノポップ特集の次はオルタナティヴ・ミュージックです。SPK、Tack Head、Meat Beat Manifesto、Coil、Nitzer Ebb、In The Nursery、Test Dept、Front 202、Front Line Assembly、Laibach、Borghesia、Einsterurzende Neubauten、The Neon Department、Xymox、Death In Juneといったインダストリアル〜EBM系のバンドをインタヴューに基づいて解説してます。


Alternative Music after featuring Techno Pop. It described Industrial ~ EBM bands such as SPK, Tack Head, Meat Beat Manifesto, Coil, Nitzer Ebb, In The Nursery, Test Dept, Front 202, Front Line Assembly, Laibach, Borghesia, Einsterurzende Neubauten, The Neon Department, Xymox, Death In June.

イギリス・パンク・ニューウェイヴ史 75〜90(British Punk & New Wave History '75~'90)

[1991] 森脇美貴夫著 (Written by Mikio Moriwaki) 音楽之友社 (ON Books)

雑誌『ドール』の編集長の森脇史による年代ごとに選ばれた111枚のニュー・ウェイヴとパンクのアルバムが1枚につき2ページで解説されている。77年から84年の間の物がやはり多いのはそのブームを反映している。テクノ・エレ・ポップ系では、ウルトラヴォックス、ヴィサージ、OMD、ヒューマン・リーグ、ヘヴン17、デペッシュ・モード、ABC、ニュー・オーダー、コクトー・ツインズ、トンプソン.ツインズ、FGTH等のアルバムが選ばれている。


This book explains the 111 New Wave & Punk albums selected each year by Mr. Moriwaki, the chief editor of "Doll" with 2 pages per album. More albums were selected between '77 and '84 reflecting the peak of movement. In the techno/electro pop, the albums of Ultravox, Visage, OMD, Human League, Heaven 17, Depeche Mode, ABC, New Order, Cocteau Twins, Thompson Twins, FGTH etc. were selected.

ポップ・ミュージック・ストリーム (Pop Music Stream)

[1992] 岩本晃一郎著(Written by Quoichiro Iwamoto) BNN

ご存知「ストレンジ・デイズ」編集長の岩本氏によるビートルズの「サージェント・ペパーズ」以降の個人的に好きなアルバム150枚を集めて解説した本。当然、ビートルズの影響が覗われる作品が多く、モダンポップ系の指南本としてもよい。The Buggles、Bruce Woolley & The Camera Club、New Musikなんかも収録されています。意外な所では、Candyflipなんかもあってほくそえんでしまいます


This the book explaining 150 personal favorite albums since The Beatles "Sgt. Peppers" selected by Mr. Iwamoto known as a chief editor of "Strange Days". As you can imagine, there are many Beatlish albums and it's also good as a guide of Modern Pop. It also contains The Buggles, Bruce Woolley & The Camera Club and New Musik. As an unexpected one, it has Candyflip which makes me smile.

ブリット・ポップへの道 - CD BEST 100 (From New Wave To Brit Pop - CD BEST 100)

[1997] 大鷹俊一監修 (Supervised by Shunichi Ohtaka) ミュージック・マガジン(Music Magazine)

ミュージック.マガジンの増刊号CDベスト100シリーズとして何冊か発売されてる。『パンク・ロック・スピリット』、『ブリット・ポップへの道』、『アメリカン・オルタナティヴ』、『ギター・ポップ・ジャンボリー』の4冊はお勧めです。約3分の1現在に至る歴史を詳細に綴り、残りで100枚のアルバムの解説をしている。こちらは、オアシス、ケミカル.ブラザーズ等の90年代物もあり、テクノ・エレ・ポップ系ではマーク.アーモンド、ソフト.セル、アート.オブ.ノイズ、デペッシュ・モード、デュラン.デュラン、コクトー・ツインズ、ヒューマン・リーグ、FGTH、ニュー・オーダー、ウルトラヴォックス、ヤズー等のアルバムが選ばれている。


Several were published as Music Magazine bonus edition - CD Best 100 series. Four editions of "Punk Rock Spirit", "New Wave To Brit Pop", "American Alternative" and "Guitar Pop Jamboree are recommended. About 1/3 of the pages describes its history in details. The rest explains the 100 albums selected. This one includes 90's one such as Oasis and Chemical Brothers. In the techno/electro pop, the albums of Mark Almond, Soft Cell, Art of Noise, Depeche Mode, Duran Duran, Cocteau Twins, Human League, FGTH, New Order, Ultravox, Yazoo etc. were selected.

World Famous Guitar Pop

[1999] 和久井光司編 (Editted by Koji Wakui) 音楽之友社 (ON Books)

上記の『ギター・ポップ・ジャンボリー』と並ぶギターポップ小僧必須のバイブルです。元スクリーンの和久井氏等の著名評論家により英米及び他国のギターポップのレコードを900枚徹底的に解説しています。


This is the bible which Guitar Pop Kids must have as well as the above "Guitar Pop Jambories". It decribes Brit, American and other countries' 900 Guitar Pop records.

ディスク・ガイド・シリーズ NO.1 フュージョン (Disc Guide Series No. 1 Fusion)

[2000] THE DIG presents 熊谷美広監修 (Supervised by Yoshihiro Kumagai) シンコ−・ミュージック(Shinko Music)

ディスク・ガイド・シリーズ NO.2 ネオ・アコースティック (Disc Guide Series No. 2 Neo-Acoustic)

[2000] THE DIG presents シンコ−・ミュージック(Shinko Music)

上記の2冊はシリーズ物で同時発売されたジャンル別レコード紹介本。数百枚のアルバム中心のレコードを多くはカラーで載せているのがうれしい。かなり、ジャンルは幅広く捕らえており、テクノポップ・エレポップとクロスオーバーするものも出てきます。次はどんなジャンルかが楽しみです。個人的には、テクノポップ、モダンポップなんかでやって欲しいものです。


The above two are a series of books that introduce records by genre which became on sale at the same time. It's nice to have several hundreds of records mainly albums with many color pages. The genre was define quite broad and there are some which crossover Techno Pop & Electro Pop. I am looking forward to seeing what the next genre is. Personally, I want them to do Techno Pop and Modern Pop.

ロック・オルタナティヴ パンク・ニューウェイヴ&80’S「アルバムガイド800」
(Rock Alternative '75 - '89 Album Guide 800)

[1994] 音楽之友社 (ON Books)

『I.パンク革命が開いた突破口』、『II.英米ニュー・ウェイヴとハードコア』、『III.停滞と転換の80年代』の三章からなり、詳しい歴史的解説と60のアーティスト(ウルトラヴォック、ニュー・オーダー等約8つがテクノ・エレ・ポップ系)を紹介している。


It consists of three chapters; "I. The Breakthrough By Punk Revolution", "II. British/American New Wave & Hard Core", "III. Stagnation & Diversion Of 80's". It provides detailed historical explanation and introduces 60 artists (about 8 such as Ultravox and New Order are related to techno/electro pop).

UKロック・ファイル CDセレクション&最新アーティスト研究 (UK Rock File Selected)

[1997] 大鷹俊一監修 (Supervised by Shunichi Ohtaka) 音楽之友社 (ON Books)

上と同じシリーズの英国ロック・ポップに焦点を当てたもの。41のアーティストと700のディスクを網羅している。『B級ニュー・ウェイヴ:テクノ編』とか『エレクトロニック・ポップ』とかテーマ別に10枚のアルバムを各分野の人に選ばせている。


This is the same series of books as above focusing on U. K. rock and pop. I covers 41 artists and 700 disks. 10 albums are selected by each theme such as "B-class New Wave: Techno Version", "Electronic Pop" by a person in the respective field.

ロック・ザ・ディスコグラフィー 98年度版 (Rock The Discography '98 Version)

[1997] シンコーミュージック (Shinko Music)

60年代から90年代のロック・シーンを代表する200以上のアーティストの最新CDデータを完璧掲載しています。


This perfectly lists the latest CD data about over 200 representative artists from 60's to 90's rock scene.

このCDを聴け! 別冊宝島342 (Listen This CD! Extra Number Takarajima 342)

[1997] 宝島社 (Takarajima-sha)

別冊宝島は面白いトピックが多く私も結構持っている。項目ごとにアイーティストまたは評論家による解説とCD紹介をしている。主なところでは、hideによる『革新者としてのブリティッシュ・ポップ』、佐々木敦による『僕が、テクノについて思う二、三の事柄』、石田小吉による『誰も語ろうとしない、エレポップ&ユーロビートのホントの魅力』、サエキけんぞうによる『ルーツ音楽としてのニューウェーヴ講座』である。石田小吉氏はストロベリー・スウィッチブレイドの『ふたりのイエスタディ』をこの10年間で一番聴いたアルバムとして紹介している。


I have quite a few Extra Number Takarajima as many have interesting topics. It gives the explanation and CD introduction by artists or critics by each item. For example, "British Pop As A Reformist" by hide, "A Few Things I Think About Techno" by Atsushi Sasaki, "True Attraction Of Electro Pop & Euro Beat Which Nobody Do Not Try To Talk About" by Shokichi Ishida, "New Wave Session As Root Music" by Kenzo Saeki. Mr. Ishida introduced Strawberry Switchblade's "Since Yesterday" as the album he listened the most for the last 10 years.

ネクスト・ジェネレーション (Next Generation Rock & Pop Disc Guide 1980-1998)

[1998] 伊藤英嗣著 (Hidetsugu Ito) ブルース・インターアクションズ (Blues Interactions)

80年代の『フールズ・メイト』のライターだった伊藤氏が80年以降にデビューした908のロック・ポップの人達をディスコグラフィー付で解説しています。結構マイナーなアーティストもカヴァーされています。


Mr. Ito who was a writer of "Fool's Mate" in '80s explains 908 rock & pop people who debuted in 1980 or after with their discographies. It covers very minor artists.

Best Of The Punk Rock

[1993] 森脇美貴夫著 (Written by Mikio Miriwaki) 宝島社 (Takarajima-sha)

90年に発刊されていますが、各種音楽雑誌で森脇氏が書いたパンク黄金期における初期評論集である。珍しい記事として、Stinky ToysやMarie & The Garsons等に言及した『フレンチ・パンクの不気味な胎動』というのがあります。


This is the collection of early reviews written by Mr. Moriwaki in various music magaizines during the golden era of Punk while it was published in '90. As a rare article, there is "Weird Movement Of French Punk" mentioning Stinky Toys and Marie & The Garsons.

パンク天国 (British Underground Punk Rock! '76~'82)

[1998] ドール (Doll)

パンク少年少女のための雑誌『DOLL』の増刊号です。SEX PISTOLS、CLASH、DAMNED、JAMを除いた超マイナーを含めた英国のパンク・バンドを紹介してます。


This is a special edition of "DOLL", a magazine for Punk boys and girls. It introduces British Punk bands including ultra-minor ones except for SEX PISTOLS, CLASH, DAMNED and JAM.

ジャーマン・エレクトロ・リミックス (German Electro Remix)

[1997] 中野泰博編集 (Complied by Yasuhiro Nakano) マーキー・インコーポレイデッド (Marquee Incorporated)

クラフトワーク、ディー・クルップス、DAF、ダ・プラン、アンドレアス・ドラウ、ジャーマン・テクノ等ジャーマン・ミュージックを包括した強力な一冊である。


This is a powerful book covering all about German music including Kraftwerk, Die Krupps, DAF, Der Plan, Andreas Dorau and German Techno.

フレンチ・ポップス (ur featuring French Pops)

[1998] ペヨトル工房 (Atelier Peyotol)

銀星くらぶ』を出版したペヨトル工房の『ur』のフレンチポップスに関する特集です。いわゆるフレンチポップスからリオ、ミカド、ロバート等のフレンチ・テクノポップまでカヴァーしている。


This is the edition of "ur" by Atelier Peyotol who published "Silvestar Club" featuring French Pops. It covers from so called French Pops to French Techno Pop such as Lio, Mikado, Robert.

ニッチポップ (Niche Pop)

[1999] ストレンジ・デイズ編・BNN発行 (Editted by Strange Days, Published by BNN)

70年代英国ポップを愛する人のためのニッチポップ(ビートルズとニュ−ウェイヴの狭間)集。雑誌「Strange Days」でも特集していたがさらにニッチなのが追加。


This compiles Niche Pop (between the Beatles and New Wave) for the people who love 70's British Pop. While the magazine "Strange Days" has been featuring it, more niche ones were added.

ジ・アルティメイト・ディスコグラフィー2001 (The Ultimate Disco-Graphy 2001!!)

[1999] Hideto Koba著 (Written by Hideto Koba) ぶんか社 (Published by Bunka-sha)

ダンス・ミュージック全ジャンル(SOUL/FUNK、HOUSE MUSIC、EURO HOUSE、JULIANA'S TOKYO、TECHNO、HI-ENERGY/EURO BEAT、BLACK CONTEMPORARY、90'S R&B/ACID JAZZ、DANCE ROCK/POP)の12インチ中心に名盤2001枚を収録。このジャンルはなかなか分類が難しいですね。


This contains 2001 masterpiece discs mainly 12" of all the genre of Dance Music (SOUL/FUNK, HOUSE MUSIC, EURO HOUSE, JULIANA'S TOKYO, TECHNO, HI-ENERGY/EURO BEAT, BLACK CONTEMPORARY, 90'S R&B/ACID JAZZ, DANCE ROCK/POP). This genre is pretty difficult to classify.

聴き倒れロンドン (London Music Epicurean)

[1996] 小嶋智著 (Satoshi Kojima) ヤマハ・ミュージック・メディア (Yamaha Music Media)

元『ミュージック・ステディ』編集長のロンドン・ガイド。


This is a guide to London by an ex Chief Editor of "Music Steady".

Be@t UK '98 Year Book

[1999] 音楽出版社 (Ongaku Shuppansha)

さぁ!これと『聴き倒れロンドン』を持ってロンドンに行こう!


Hey! Let's go to London with this and "London Music Epicurean"!

トッド・ラングレン 全能の人 (Todd Rundgren Born To Synthesize)

[1997] サエキけんぞう企画 (Planned by Kenzo Saeki) リットーミュージック (Ritto Music)

サエキけんぞうがプロデュースしたトリビュート・アルバム『トッドは真実のスーパースター』と同時発売されたディスコグラフィー、アルバム参加者へのアンケート等、トッドに関する全てを網羅すべき研究書です。


This is the book all about Todd including his discography, the feedback from the artist who joined his tribute album, etc. published together with the tribute album "Todd/A True Star" produced by Kenzo Saeki.

Japanese Books - General Music(邦書〜音楽全般関連)

ポップの現在形 (Pop No Genzaikei)

[1990] キーワード事典編集部 (Key Word Jiten Henshu-bu) 洋泉社 (Yosen-sha)

ロックを包括したポップをカルチャーとしてとらえ、時代のキーワードを探り、テクノポップ、ダンス・ミュージック、ハウス、ネオアコ、ノイズ、プログレ、ワールド・ミュージック等を多角的に分析。スノビッシュと言えば、そうなんですが、好きなテーマです。


This book captures Pop including Rock as culture and searches for keywords for the time and analyzes things like Techno Pop, Dance Music, House, Neo Acoustic, Noise, Progressive Rock, World Music, etc. from multiple angles. It is a kind of snobish, but I like the theme.

Club Culture A to Z

[1993] ディスコ研究会著 (Disco Kenkyu-kai) 銀河出版 (Ginga Shuppan)

ヒップ・ホップ、テクノ・ハウス、オルタナディヴ等のクラブ・カルチャーの用語辞典です。


This is a lexicon on key words on club culture such as Hip Hop, Techno/House, Alternative.

200ロック語事典 (200 Rock Words)

[1995] 立風書房 (Rippu Shobo)

タイトルどおりロックに関するキイ・ワードを代表的なアルバムを含め詳しく解説しています。


As the title says, this explains the key words on Rock in details including representative albums.

1980年大百科 別冊宝島347 (80's Encyclopedia Extra Number Takarajima 347)

[1997] 宝島社 (Takarajima-sha)

これも別冊宝島です。超合金からY.M.O.までというヘッドラインが購入意欲をそそります。ロックの章ではテクノポップ系も多い年表、Y.M.O.を知るため、のキィー・ワード、最先端の音がエグかった歌謡曲など、興味ある話題を扱ってます。


This is also Extra Number Takarajima. The headline "From Super Alloy To Y.M.O" stimulates your purchase intent. In the chapter of Rock, they have interesting topics such as History including many techno pop artists, key words to know Y.M.O., strange Kayou-kyoku (Japanese Pop Songs) with the most advanced sound.

ベスト盤でOK!音楽秘宝VOL.1 (All You Need Is "Very Best & Compilation" CD!)

[1998] 洋泉社 (Yosensha)

500枚のベスト盤のみに絞ったガイド本です。テクノ・エレポップ関連では『東京オシャレ・ポップ』、『テクノ&プログレ』、『エロ&エレポップ』、『YMO』、『ジョイ・デヴィジョン』等のページがあります。


This is the guide book focusing on 500 best compilation albums. There are pages such as "Tokyo Stylish Pop", "Techno & Progressive", "Ero & Electro Pop", "YMO", "Joy Division" in the area of techno & electro pop.

80s ディスク・ガイド (80s Disc Guide)

[1998] リブロポート (Libroport)

MTV世代に捧げる、80年代ポップ・カタログというキャッチ・フレーズ通り80年代のロック・ポップの名盤を各ジャンル毎に紹介しています。メージャーに片寄らず結構納得のいく選択です。コーネリアスこと小山田圭吾氏とグラフィック・デザイナーの常盤響氏の対談もあります。


This book introduces master piece discs in 80's rock and pop by category as the catch phrase says 80's Pop Catalog. The selection is quite reasonable with no strong bias to major. It contains the talk between Keigo Oyamada, Cornelius, and Hibiki Tokiwa, a graphic designer.

ビートルズのフォロワーたち (Beatle Vibrations)

[1998] 赤岩和美・大鷹俊一・小川隆夫監修 (Supervised by Kazumi Akaiwa, Shunichi Ohtaka & Takao Ogawa) 音楽之友社 (ON Books)

ビートルズの影響を理解するためにビートルズのカヴァー、トリビュート、フォロワー、パロディ情報が満載です。


This is full of the information about Beatles cover, tribute, followers and parodies to better understand the influence of the Beatles.

アヴァン・ミュージック・ガイド (Avant Music Guide)

[1999] 作品社 (Sakuhin-sha)

電子音楽、音響派、ノイズ、ワールド・ミューックなどの様々なアヴァンギャルドな音楽に関連するアーティストと400のCDを紹介。最初はジム・オルークから始まります。


This introduces the aritists and 400 CDs in various Avant Garde Music such as Computer Music, Electronica, Noise, World Music.

Japanese Books - Extra(邦書〜番外)

東京トンガリキッズ(Tokyo Tongari Kids)

[1987] 中森明夫著 (Akio Nakamori) JICC出版 (JICC Shupan)

月刊宝島でも連載していた「東京トンガリキッズ」。トンガった少年少女を主人公にした27の短編集。各短編にBGMが、セレクトされていて時代の気分が味わえます。


"Tokyo Tongari Kids" appearing serially on Monthly Takarajima. It's the collection of 27 short stories featuring edgy boys and girls. Each story selects BGM and you can taste the feel of these days.

ビックリハウス驚愕大全 (Bikkuri House Kyogaku Daizen)

[1993] 荻原朔美監修 (Supervised by Sakumi Ogiwahra) NTT出版 (NTT Publishing)

10年間に渡るヘンタイよいこの雑誌『ビックリハウス』の集大成となる本です。


This is the collection of the magaizne "Bikkuri House" for abnormal good kids for 10 years.

DISKナウ!!VS.レコードやくざ (Disk Now!! Vs. Record Yakuza)

[1998] 矢倉邦章・吉村智樹・内門洋・魂列車1号著 (Kuniaki Yagura, Tomoki Yoshimura, Hiroshi Uchikado, Soul Train #1) ジャングル・ライフ (Jungle Life)

これは絶対お勧めです!関西発のインディー・フリーペーパーのジャングル・ライフに掲載されていたモダンチョキチョキズの矢倉氏&意味不明発言の多い吉村氏によるディスク・レヴューとレコードやくざの内門&魂列車1号両氏による対談からなる抱腹絶倒するご本であります。ジャングル・ライフのサイトはこんにちわ!ジャングル・ライフです。


Absolutely recommended! This is a super-entertaining book consisting of disk reviews by Mr. Yagura of Modern Choki-Choki's & Mr. Yoshimura who make non-sense comments, and talks by Record Yakuza, Mr. Uchikado & Soul Train #1 which were written in Jungle Life, Indie free paper from Kansai. The site for Jungle Life is Hello! Jungle Life.

猟盤日記/進め!猟盤日記 (Record Hunting Diary/Go-Go! Record Hunting Diary)

[1996/1998] 戸川昌士著 (Masashi Togawa) ジャングル・ブック (Jungle Book)

これも絶対お勧めです!関西中古レコードマニア集団のアウトローの異名をとるただのオッサンだけれど侮れない戸川昌士のトホホな日記です。テリー・ジョンスンの表紙がイカシてます。


This is also highly recommended. It's a shameful diary by Masashi Togawa who is just a dirty old guy buy cannot be underestimated known as an outlaw of the Kansai used record mania group. The cover illustration by Terry Johnson is cool.

テクノデリック (Techno-delick)

[1996] 椹木野衣著 (Noi Sawaragi) 集英社 (Shuei-Sha)

注意!これはY.M.O.本ではありません。本書によると「テクノデリック」とは、現代のテクノロジーが、ある混乱を生じさせ、容易に脱出不可能なバッド・トリップの回路を開きつつあるということを指し示す言葉である。あくまでも学術的にですが、クラフトワーク、ディーヴォ、Y.M.O.、DAF等のアーティストにも言及しています。


Warning! This is NOT Y. M. O. Book. According to this book, "Techno-delick" is the word indicating that modern technology is causing some confusion and opening the circuit of bad trip which cannot be escaped easily. While it is done academically, the book refers to the artists like Kraftwerk, Devo, Y. M. O., DAF.

味わう!! BeOS 次世代OSをおいしくいただくレシピ

[1998] 川島天文・上原健一著 秀和システム (Shuwa System)

ASTRO WEBの上原さんが共著されています。以下ウェブ・ページの解説より。次世代のマルチメディアOSと目されるBeOS。そのポテンシャルは、OSに触れるだけでは味わえません。本書はBeを堪能するために、アプリケーションであるBewareの解説をメインに置き、さまざまなジャンルに分け、詳細な日本語解説を加えることで魅力あふれるレシピ集に仕立てました。

Overseas Books - Overseas Music(洋書〜洋楽)

NOVOVISION

[1980] Written by Yves Adrien

<Philippe>NOVOとAFTERPUNKのコンセプトを創ったYves Adrien。とてもパーソナルなスタイルで書かれており、パリ〜ロンドン〜ニュー・ヨーク・・・現代社会の自伝的ロード・ムービです。彼はGenesis P-Orridge、Lydia Lunch、John Cale等の人達と会う。この後、書くのを辞めてしまったらしい。モダン・ダンディー、ウィヤードそしてブリリアント。


<Philippe> Yves Adrien who created the NOVO and AFTERPUNK concepts. Written in a very personnal style, this book is a kind of autobiographic road movie, from Paris to London to New York to... modernity. The guy meets people like Genesis P-Orridge, Lydia Lunch, John Cale... I guess he stopped writing soon after that. Some modern dandy, weird and brilliant.

INTERNATIONAL DISCOGRAPHY OF THE NEW WAVE

[1980] Conceived And Edited By B. George & Martha DeFoe ONE TEN RECORDS

80年に出版されたNEW WAVEとPUNK系のディスコグラフィーです。あまり解説はありませんが、載せているバンドは半分以上超マイナーなもの。


This is a New Wave & Punk discography published in '80. While there are not much discription, over a half of the bands are ultra-minor.

WHO'S NEW WAVE IN MUSIC

[1985] Edited By David Bianco POPULAR CULTURE, INK.

76〜82年のNEW WAVE系バンドの写真入り(一部のみ)百科事典。総数854のバンドの情報を網羅。


This is an encyclopedia of New Wave bands from '76 to '82 including some pictures. It contains the information on 854 bands in total.

THE GUINESS WHO'S WHO OF INDIE AND NEW WAVE SECOND EDITION

[1995] Edited And Compiled By Colin Larkin GUINESS PUBLISHING

パンク、ニューウェイヴ、オルナタティヴ系のアーティスト達のプロフィールとアルバム(タイトルのみ)を網羅した英国版の人名録です。比較的マイナーなバンドも含めています。


This is a British version of Who's Who to cover the profile and albums (titles only) of artists in Punk, New Wave and Alternative. It contains some relatively minor bands.

THE NEW TROUSER PRESS RECORD GUIDE THE THIRD EDITION

[1985] Edited By Ira A. Robbins A FIRESIDE BOOK

THE TROUSER PRESS GUIDE TO '90s ROCK THE ALL NEW FIFTH EDITION

[1997] Edited By Ira A. Robbins A FIRESIDE BOOK

このシリーズは今まで1983、1985、1989と1991年に発刊されました。残念ながらあまりにも膨大な量となるためこの第5版では現在活動中の最近のアーティスト達中心の掲載です。91年版はウエブ・ページから入手可能です。amazon.comで85年版をオーダーしたところ、1年後にデッド・ストックが見つかってようやく入手しました。80年代前半の超マイナーなNEW WAVE系バンドを網羅した貴重な資料です。また、ウェブ・ページTrouser Press - '70s + '80sでは豊富な情報が得られます。


This series have been published in 1983, 1985, 1989 and 1991 before. Unfortunately this fifth edition contains the information on the relatively new artists who are still active. It is possible to obtain '91 version from their web page. I ordered '85 version, I finally got it as they found a dead stock. It's a very valuable data base including ultraminor New Wave bands in early 80's. The web page Trouser Press - '70s + '80s contains many useful information.

All MUSIC GUIDE TO ROCK 2ND EDITION

[1997] Edited By Michael Erlewine and others MILLAR FREEMAN BOOKS

比較的メージャー系が多いですがアルバムのレヴューも含め情報量では一番です。ウェブ版のNew Age Voices Home Pageはたぶん最大の情報量を誇り、本よりも多くのアーティストを網羅しています。


This book has the largest amount of information including the reviews of albums while it's skewed to relatively major ones. Its web version, New Age Voices Home Page, probably contains the largest amount of information and it covers more artists than this book.

THE ROUGH GUIDE TO ROCK

[1996] ROUGH GUIDES

ロンドンで購入しました。約1200のバンドと5000以上のCDを掲載している。ウェブ上でもRough Guidesは見れます。


I bought it in London. Around 1,200 bands and more than 5,000 CD's are in the book. You can see Rough Guides on the web.

THE VIRGIN ENCYCLOPEDIA OF EIGHTIES MUSIC

[1997] Edited And Compiled By Colin Larkin VIRGIN BOOKS

THE VIRGIN ENCYCLOPEDIA OF INDIE & NEW WAVE

[1997] Edited And Compiled By Colin Larkin VIRGIN BOOKS

ロンドンのヴァージン・メガ・ストアで購入しました。『THE GUINESS WHO'S WHO』と同じ著者によるシリーズ物の百科事典です。


I bought it at Virgin Mega Store in London. This is the encyclopedia as a series by the same writer as "THE GUINESS WHO'S WHO".

INDIE HITS 1980 - 1989 THE COMPLETE U.K. INDEPENDENT CHARTS

[1997] Barry Lazell CHERRY RED BOOKS

ロンドンで購入しました。タイトルどおり英国のインディー・チャートで活躍したマイナー系大充実のコレクションです。


I bought it in London. As the title says, this is an excellent collection of minor artists who were on U. K. Indie chart.

PUNK DIARY 1970 - 1979

[1994] George Gimarc ST. MARTIN'S GRIFFIN

POST PUNK DIARY 1980 - 1982

[1997] George Gimarc ST. MARTIN'S GRIFFIN

PUNK DIARYとPOST PUNK DIARYの2冊があります。POST PUNK DIARYはニュー・ウェイヴが一番輝いていた80年1月〜82年12月までの日記です。アーティスト、レーベルの活動・リリース情報が克明に記録された非常に価値の高い資料です。80年1月2日の項ではプラスチックスが載っています。インターヴュー、曲を含んだCDもおまけで付いています。


There are two books: PUNK DIARY and POST PUNK DIARY. POST PUNK DIARY is a diary from January '80 to December '82 when New Wave was shining the most. This is highly valuable material faithfully recording the information on activities and releases on artists and labels. The CD including interviews and tracks are enclosed.

FROM JOY DIVISION TO NEW ORDER THE FACTORY STORY

[1996] Mick Middles VIRGIN BOOKS

TIME TRAVEL FROM SEX PISTOLS TO NIRVANA: POP MEDIA AND SEXUALITY, 1977-96

[1997] Jon Savage VINTAGE

HOME | INDEX