YMO BOOKS

BOOKSから独立して、YMO関連の書籍を特集します。まだ、所有していない本もありますので、入手しだい詳細を記します。


This page features YMO-related books spinning off from BOOKS. I will update more details as I get them as I do not own some of the books.

BOOKS | YMO BOOKS | MOONRIDERS BOOKS

YMO
YMO Book | OMIYAGE | SEALED | テクノドン(Technodon) | ピリオド (period - the ultimate visual data of YMO 1978-1984. 1993) | コンパクトYMO(Compact YMO) | YMOコンプレックス (The YMO Complex: Tkae Me to Techno's Limit) | YMO&アーリー80's大全 (YMO & Early 80's) UP!
Haruomi Hosono(細野晴臣)
レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす (A Record Producer Aims At A Superman) | 地平線の階段 (Chiheisen No Dankai) | 音楽王細野晴臣物語 (Music King Haruomi Hosono Story) | 観光―日本霊地巡礼 (Kankou) | 細野晴臣 OMNI SOUND (Haruomi Hosono Omni Sound) | | ムーグ・ノイマン・バッハ (Moog Neuman Bach) | F.O.E. MANUAL | 音楽少年漂流記 (Ongaku Shonen Hyoryuki)
| THE ENDLESS TALKING―細野晴臣インタビュー集
Yukihiro Takahashi(高橋幸宏)
Yukihoro Book | 偉人の血(Le Sang Du Grand)
| 犬の生活(A Dog's Life) | ヒトデの休日 (A Star Fish's Holiday)
Ryuichi Sakamoto(坂本龍一)
音を視る、時を聴く (Oto Wo Miru, Toki Wo Kiku) | 週間本6(The Weekly Fluctant Book 6) | 時には、違法(Seldom-Illigal) | 長電話(Naga-Denwa) | 未来派2009 (IL FUTURISMO 2009) | 音楽機械論 (Ongaku Kikai Ron) | 音楽図鑑 (Ongaku Zukan) | 坂本龍一・全仕事 (Ryuichi Sakamoto Complete Works) | 友よ、また逢おう (Tomo Yo, Mata Aou) | 坂本龍一・音楽史 (Ryuichi Sakamoto Music History) | ザ・ゲイシャ・ガールズ・ショウ―炎のおっさんアワー (Geisha Girls Show) | N/Y | モニカ―音楽家の夢・小説家の物語 (Monica) | インターネット近未来講座 (Internet Kinmirai Kouza) | skmt | 楕円とガイコツ―「小室哲哉の自意識」×「坂本龍一の無意識」 (Daen & Gaikotsu) | 少年とアフリカ―音楽と物語、いのちと暴力をめぐる対話 (A Boy & Africa) | 非戦 (Hisen)

YMO Family
たった1人のフルバンド (Tatta Hitori No Fullband) | 月刊アッコちゃん (Monthly Akko-chan) | 愛をつれて会いに行こう (Ai Wo Tsurete Ainiikou) | 愛は海山越えて (Ai Wa Umi Yama Koete) | 今日も一日楽しかった (Kyou Mo Ichinichi Tanoshikatta) | 街を歩けばいいことに当たる (Machi Wo Arukeba II Koto Ni Ataru) | 愛について考える毎日 (Ai Ni Tsuite Kangaeru Mainichi)
Other References

奥村靫正 (Yukimasa Okumura) | 天晴 (Appare) | はっぴいな日々(Happy Na Hibi)

YMO

YMO Book Young Muzak Ozisan〜サウンドール特別編集
(YMO Book - Soundoll Special Edition)

[1983] 学研 (Gakken)

「テクノデリック」までに至るYMOとソロに関する情報を網羅。まだFilmsとしてデビュ−する前の岩崎工氏は『Keyboard Magazine』にて『Public Pressure』のレヴューをしています。


It covers the information about YMO upto "Technodelic" and solo works. Mr. Takumi Iwasaki before debuting as Films reviewed "Public Pressure" in Keyboard Magazine.

OMIYAGE

[1981] 小学館 (Shogakkan)

SEALED

[1984] 小学館 (Shogakkan)

テクノドン(Technodon)

[1993] 後藤繁雄編・著 (edited and written by Shigeo Goto) 小学館 (Shogakkan)

ピリオド (period - the ultimate visual data of YMO 1978-1984. 1993)

[1993] 吉村栄一編集 (edited by Eiichi Yoshimura) 徳間書店 (Tokuma Shoten)

コンパクトYMO (Compact YMO)

[1998] 吉村栄一編集 (edited by Eiichi Yoshimura) 徳間書店 (Tokuma Shoten)

YMO結成20周年を記念して豊富なデータと最近のインタヴューを含めた『今世紀最期の、YMO。』とのコーピーで発刊された力作です。詳しくはCOMPACT YMOのページをみてください。私はラッキーにもこの本の協力としてもクレジットされているJAM (Japan All YMO fans and believers' Mailing List)のプレゼント企画で当たりました。


This is a great work with the copy "The last YMO in this century" including full of data and recent interviews and released as 20 years anniversary of YMO union. Please see the page COMPACT YMO for more details. Luckily I got this book by applying the promotion in JAM (Japan All YMO fans and believers' Mailing List) which is credited as cooperation of this book.

YMOコンプレックス (The YMO Complex: Tkae Me to Techno's Limit)

[2003] 円堂都司昭 (Toshiaki Endo) 平凡社 (Heibonsha)

YMO&アーリー80's大全 (YMO & Early 80's)

[2003] 宝島社 (Takarajima-sha)

別冊宝島885「音楽誌が書かないJポップ批評30」です。書かれつくされたYMOですが、僕は好きです、この本。


This is the extra edition of Takarajima 885 "J-Pop Critics Music Magazines Don't Write 30". Though YMO is written to death, I like this book.

Haruomi Hosono(細野晴臣)

レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす (A Record Producer Aims At A Superman)

[1984] 細野晴臣著 (Haruomi Hosono)

地平線の階段 (Chiheisen No Kaidan)

[198?] 細野晴臣著 (Haruomi Hosono)

<MS氏>はっぴいえんど解散後からYMOの活動初期に至るまでの時期に細野氏が雑誌等に寄せたエッセイなどをまとめた物で、プレYMOを語る時には外せない内容が多いです。


<Mr. MS> This is the collection of essays by Mr. Hosono to magazines, etc. from after disbanding Happy End to the early period of YMO, and its content are essential to talk about pre-YMO.

音楽王細野晴臣物語 (Music King Haruomi Hosono Story)

[1984] 細野晴臣著 (Haruomi Hosono)

<MS氏>細野氏の自伝と呼べる物で、生まれてからYMO解散直後までの流れを物語風にまとめています。「テクノデリック」でYMOは解散するはずだったというエピソードも載っています。


<Mr. MS> This is to be called as autobiography of Mr. Hosono, and it summarizes from his birth to just before YMO disbanding in a story touch. It contains the episode saying YMO should have been disbanded at "Technodelique".

観光―日本霊地巡礼 (Kankou)

[1985] 中沢新一+細野晴臣 (Shin-ichi Nagazawa + Haruomi Hosono); 角川書店 (Kadokawa Shoten) [1990] ちくま文庫 (Chikuma Bunko)

F.O.E. MANUAL

[198?] 細野晴臣+後藤繁雄編集 (edited by Haruomi Hosono + Shigeo Goto)

音楽少年漂流記 (Ongaku Shonen Hyoryuki)

[1987] 細野晴臣著 (Haruomi Hosono) 新潮文庫 (Shinchou Bunko)

細野氏と9人の女性アーティストの対談集を載せた文庫本。


This is a small book containing talks between Mr. Hosono and 9 female artists.

細野晴臣 OMNI SOUND (Haruomi Hosono Omni Sound)

[1990] オムニ・サウンド編集委員会 (Omni Sound Henshu Iinkai); リットーミュージック (Ritto Music)

<MS氏>アルバム「オム二・サイト・シーイング」までの細野氏の音楽の変遷を本人のコメントと共に分析・紹介した物です。はっぴいえんど時代の曲や、「京城音楽」、「Light in darkness」等が一部譜例付きで紹介されているのがポイントです。


<Mr. MS> This is a book to analyze and introduce Mr. Hosono's music history up to the album "Omni Sightseeing". Key points are the introduction of Happy End tracks and "Souel Music", and "Light in darkness" with scores.

THE ENDLESS TALKING―細野晴臣インタビュー集

[1992] 北中正和編集 (edited by Masakazu Kitanaka)

Yukihiro Takahashi(高橋幸宏)

Yukihoro Book

[1983] スタッフ・ギャング発行 (Staff Gang)

高橋幸宏コンサート'83で販売された80ページのハードカヴァー本。ツアー・メンバーの立花ハジメ、鈴木慶一、Bill Nelson、David Palmerが幸宏に対してコメントしている。国木田あこの短編小説(写真は佐藤奈々子)を収録。


This is a hard cover book with 80 pages sold at Yukihiro Takahashi Concert '83. Hajime Tachibana, Keiichi Suzuki, Bill Nelson and David Palmer who are tour members commented about Yukihiro. It contains a short story by Ako Kunikida (photographies by Nanako Sato).

偉人の血 (Le Sang Du Grand)

[1985] ザ・ビートニクス著 (The Beatniks) パルコ出版 (Parco Shuppan)

ザ・ビートニクスの高橋幸宏と鈴木慶一が繰り広げるビックリハウス的のりのバカバカしいギャグの嵐。二人の人脈をふんだんに使ったニューウェイヴな人たちも多数参加。


This is a storm of zany Bikkuri House-like gags by Yukihiro Takahashi and Keiichi Suzuki of the Beatniks. Many New Wavy people related to them appeared.

犬の生活(A Dog's Life)

[1989] 高橋幸宏著 (Yuhiro Takahashi) JICC出版局 (JICC Shupankyoku)

幸宏の幼少時代、スタジオミュージシャン時代、YMO時代、ソロ時代の出来事の回想録。スタジオミュージシャン時代、寝ながら、ドラム叩いていた事があるらしい。


This is Yukihiro's memoirs about his younger days, studio musian days, YMO days and solo days. He was drumming while sleeping when he was a studio musician.

ヒトデの休日 (A Star Fish's Holiday)

[1992] 高橋幸宏著 (Yuhiro Takahashi) JICC出版局 (JICC Shupankyoku)

キャッチ&リリース (Catch & Release)

[1997] 高橋幸宏著 (Yuhiro Takahashi); Daiei Shuppan(大栄出版)

Ryuichi Sakamoto(坂本龍一)

音を視る、時を聴く (Oto Wo Miru, Toki Wo Kiku)

[1982] 大森荘蔵+坂本龍一 (Souzou Ohmori + Ryuichi Sakamoto) 朝日出版社 (Asahi Shuppan-sha)

週間本6(The Weekly Fluctant Book 6)

[1984] 坂本龍一著 (Ryuichi Sakamoto) 朝日出版社 (Asahi Shuppan-sha)

「地平線の書物〜本本堂未刊行図書目録」とのサブタイトルがある。50の架空の図書目録が、装丁のスケッチまたはイメージ写真と共に紹介されている。残りは、教授と文化人との対談。


It's subtitled as "Books On The Horizon - Honhondou List Of Unpublished Books". 50 imaginary books are introduced with sketches of covers or image pictures. The rest are the talks between Ryuichi Sakamoto and people of culture.

長電話(Naga-Denwa)

[1984] 高橋悠治+坂本龍一著 (Yuji Takahashi + Ryuichi Sakamoto) 本本堂・冬樹社 (Honhondou/Toju-sha)

前衛ピアニストとして知られる高橋悠治(高橋鮎生の父でもある)と教授の長電話を本にしたもの。


This is a book based on the long phone conversation between Yuji Takahashi known as an avant-garde pianist (also father of Ayuo Takahashi) and Ryuichi Sakamoto.

未来派2009 (IL FUTURISMO 2009)

[1986] 坂本龍一+細川周平編集 (edited by Ryuichi Sakamoto + Shuhei Hosokawa); 本本堂 (Honhondo)

音楽機械論 (Ongaku Kikai Ron)

[1986] 吉本隆明+坂本龍一 (Takaaki Yoshimoto + Ryuichi Sakamoto); トレヴィル

坂本龍一・全仕事 (Ryuichi Sakamoto Complete Works)

[1991] 山下邦彦 (Kunihiko Yamashita); 太田出版 (Ohta Publishing)

友よ、また逢おう (Tomo Yo, Mata Aou)

[1992] 坂本龍一+村上龍 (Ryuichi Sakamoto + Ryu Murakami); 角川書店 (Kadokawa Shoten) [1993] 角川文庫 (Kadokawa Bunko)

坂本龍一・音楽史 (Ryuichi Sakamoto Music History)

[1993] 山下邦彦 (Kunihiko Yamashita); 太田出版 (Ohta Publishing)

ザ・ゲイシャ・ガールズ・ショウ―炎のおっさんアワー (Geisha Girls Show)

[1995] KEN & SHO, 坂本龍一 (Ryuichi Sakamoto); 幻冬舎 (Gentousha)

N/Y

[1995] 坂本龍一他 (Ryuichi Sakamoto, etc.); リトル・モア (Little More)

モニカ―音楽家の夢・小説家の物語 (Monica)

[1996] 坂本龍一+村上龍 (Ryuichi Sakamoto + Ryu Murakami); 新潮社 (Shincho-sha) [1999] 新潮文庫 (Shincho Bunko)

インターネット近未来講座 (Internet Kinmirai Kouza)

[1996] アスキー出版 (ASCII)

skmt

[1999] 後藤繁雄著 (Shigeo Goto); リトル・モア (Little More)

楕円とガイコツ―「小室哲哉の自意識」×「坂本龍一の無意識」 (Daen & Gaikotsu)

[2000] 山下邦彦 (Kunihiko Yamashita); 太田出版 (Ohta Publishing)

少年とアフリカ―音楽と物語、いのちと暴力をめぐる対話 (A Boy & Africa)

[2001] 坂本龍一+天童荒太著 (Ryuichi Sakamoto + Ryuta Tendou); 文芸春秋 (Bungei Shunju)

非戦 (Hisen)

[2001] 坂本龍一監修 (supervised by Ryuichi Sakamoto); 幻冬舎 (Gentousha)

YMO Family

Other References

たった1人のフルバンド (Tatta Hitori No Fullband)

[1981] 松武秀樹 (Hideki Matsutake); 勁文社

奥村靫正 (Yukimasa Okumura)〜世界のグラフィックデザイン16 (World Graphic Design 16)

[1995] GINZA GRAPHIC GALLARY

天晴 (Appare)

[1988] INTEZIO

はっぴいな日々(Happy Na Hibi)

[2000] レコード・コレクターズ増刊 (Record Collectors Extra Edition)

はっぴえんどのメンバー4人のインタビューや全曲解説、関連アルバムを収録。レコード・コレクターのはっぴいえんど特集の焼き直しも多いが、まとまった内容で買う価値はあります。


This contains the interviews with 4 members of Happy End, description of all tracks and related albums. While there are some reapplication of "Record Collectors" articles on Happy End, it's worth buying.

HOME | INDEX