MOONRIDERS BOOKS

BOOKSから独立して、Moonriders関連の書籍を特集します。まだ、所有していない本もありますので、入手しだい詳細を記します。


This page features Moonriders-related books spinning off from BOOKS. I will update more details as I get them as I do not own some of the books.

BOOKS | YMO BOOKS | MOONRIDERS BOOKS

Moonriders
Flight Recorder | 20世紀のムーンライダーズ(Moonriders In The 20th Century) | Don't Trust Over Thirty(ムーンライダース詩集) |
Keiichi Suzuki(鈴木慶一)
ムーグ・ノイマン・バッハ (Moog Neuman Bach) | 火の玉ボーイとコモンマン(Hinotama Boy & Common Man)
Hirofumi Suzuki(鈴木博文)
九番目の夢 (9-banme No Yume) | 僕は走って灰になる(Boku Wa Hasshite Hai Ni Naru)
| ひとりでは、誰も愛せない (Hitori Dewa Dare Mo Aisenai) | 湾岸 (Wang Gan) | 東京百景 (Tokyo Hyakei) | ああ詞心、その綴り方 (Aa Shigogoro)

Moonriders

フライト・レコーダー (Flight Recorder)

[1990] ムーンライダーズ+アストロ・チンプス(Moonriders+Astro Chimps) JICC出版(JICC Publishing

ムーンライダーズの各メンバーの少年時代から第五期(87年〜90年)までの歴史を紐解いたムーンライダーズ・マニアのための本。90年までのディスコグラフィーや提供曲リストもほぼ完全収録。


This is a book for Moonriders manias describing the history of each member of Moonriders from younger days to the fifth period ('87 to '90). It also contains nearly complete discography and track list of their production up to '90.

20世紀のムーンライダーズ (Moonriders In The 20th Century)

[1998] 月面探索委員会 (Moon Surface Explorer Association) 音楽之友社 (Ongaku No Tomo Sha)

やっと出ました待望の決定版ムーンライダーズ本です。


Moonriders Book which has been waited for a long time finally came out.

Don't Trust Pver Thirty(ムーンライダーズ詩集)

[1986] 新潮文庫(Shincho Bunko)

<速瀬れい特派員>詩79編のほか、対談やレコーディングとコンサートの記録なども載っていて、資料的にも価値のある本です。絶版です。


<Correspondent Rei Hayase> This is a valuable book also as data base including 79 lyrics, interviews, data on recordings and concerts. Out of print.

Keiichi Suzuki(鈴木慶一)

ムーグ・ノイマン・バッハ (Moog Neuman Bach)

[1988] 細野晴臣 vs. 鈴木慶一 vs. 鈴木慶一他 (Haruomi Hosono vs. Keiichi Suzuki etc.) 日本ソフトバンク (Japan Softbank)

火の玉ボーイとコモンマン 東京・音楽・家族 1951ー1990
(Hinotama Boy & Common Man Tokyo, Rock, Family 1951-1990)

[1989] 鈴木慶一著 (Keiichi Suzuki) 新宿書房 (Shinjuku Shobo)

慶一氏の父、弟(博文氏)、奥さん(さえ子さん)との対談集。東京ディープサウス羽田に始まる彼と彼の家族のロックな生活が紹介されている。アメリカンロックからニューウェイヴ指向に移っていく過程も読み取れる。鈴木さえ子さんはフィルムスのドラマーの仕事もしていたようだ。


This is the talk collection with Keiichi's father, younger brother (Hirofumi) and wife (Saeko). It introduces his and his family's rock life starting from Tokyo Deep South Haneda. The process of his orientation from American Rock to New Wave can be also discovered. Saeko Suzuki used to do a drummer job for Films.

Hirofumi Suzuki(鈴木博文)

九番目の夢 (9-banme No Yume)

[1991] 鈴木博文 (Hirofumi Suzuki) 新宿書房 (Shinjuku Shobou)

僕は走って灰になる (Boku Wa Hashitte Hai Ni Naru)

[1989] 鈴木博文著 (Hirobumi Suzuki) 新宿書房 (Shinjuku Shobo)

88年に発刊された本書は新たな記述を加えめでたく再刊されました。


This book originally published in '88 was happily republished with new description.

ひとりでは、誰も愛せない (Hitori Dewa Dare Mo Aisenai)

[1994] 鈴木博文 (Hirofumi Suzuki) 創現社出版 (Sougensha Shuppan)

湾岸 (Wang Gan)

[1998] 鈴木博文 (Hirofumi Suzuki) 三一書房 (31 Shobou)

東京百景 (Tokyo Hyakei)

[1994] サエキけんぞう・鈴木博文・伊藤ヨタロウ (Kenzo Saeki, Hirofumi Suzuki, Yotarou Ito) 日本放送出版協会

ああ詞心、その綴り方 (Aa Shigogoro)

[1998] 鈴木博文 (Hirofumi Suzuki) ソフトバンクパブリッシング (Softbank Publishing)

HOME | INDEX