BOX RECORDS

このページはミント・サウンドと並ぶ東京ポップをリードしたインディー・レーベル、BOXレコードのアーティスト達を紹介します。84年設立されたこのレーベルからはスクリーンやタイツなどのB級英国ポップのノスタルジーを感じさせるカルト・バンドが生まれました。テイチク傘下のバイディスからいくつか『DISCOVER TOKYO POP 80's』シリーズとしてCD化されてます。BOXレコードのディスコグラフィーはPARE 〜TOTAL SOUND CREATOR〜にあります。


This page presents the artists of BOX Records, an indie label which led Tokyo Pop together with Mint Sound. This label founded in '84 created cult bands with the nostalgic feel for B-class British Pop such as Screen and Tights. Some albums have been reissued as CD as a series of "DISCOVER TOKYO POP '80's" from Baidis under Teichiku Records. The discography of BOX Records is available at PARE 〜TOTAL SOUND CREATOR〜.

Biscuit Holic(ビスケットホリック) | Carbolic Acid Water | Cha Cha | Decade In-Fake, A | Flits | Grimm Grimms | Kubota, Shingo(久保田真吾) | Kusumi, Masayuki & Modern Hip(久住昌之&モダン・ヒップ) | Lion Merry(ライオン・メリー) | Minca Panopica(ミンカパノピカ) | Peters(ペーターズ) UP! | Screen | Speaking Furniture | Suho | Tights | Uchoten(有頂天) | Wakui, Koji With Moments(和久井光司 With モーメンツ)
Omnibus
Tokyo 1 Dozen(東京1ダース) | Super Box | The History Of Box Records Volume One/Two

Biscuit Holic(ビスケットホリック)

85年に結成されたヴォーカリスト・今尾ハヲのインディー・テクノポップ.バンド。BOX大阪支部としてデビューした。『ハレはれナイト』にも収録。


Indie techno pop band featuring Hawo Imai as a vocalist which was formed in 1985. They debuted as Osaka subsidiary of BOX. Their song is also contained in "Hare Hare Night".

Carbolic Acid Water

ネオ・サイケ的です。


Neo-Psychedelic.

Cha Cha

ちょっとエキゾチックなストレンジ・ポップ。満生さんはSuicideのトリビュート・アルバム『Clones Of Suicide』に参加し、ELECTRO MANSHOWSとしても活動していました。


A little exotic Strange Pop. Mr. Manshow participated in the Suicide tribute album "Clones Of Suicide" and he also acted as ELECTRO MANSHOWS.

Decade In-Fake, A

すこしモンドしてます。


A little Mondo.

Flits

どちらかと言えば、60年代ロケンロールです。


Rather 60's Rock'n'Roll.

Grimm Grimms

<オクダケンゴ特派員からの情報>グリムグリムのドラマーって外村公敏だったんですねぇ。ソトさんはボクの大好きなpenny arcadeってネオアコバンドにいてたんです。それからDaffodil-19、Jupiter Smileに在籍したんです。


<Info. from Correspondent Kengo Okuda> I realized a drummer of Grimm Grimms was Kimitoshi Sotomura. He was in my favorite Neo Acoustic band called "penny arcade". He played in Daffodil-19 and Jupiter Smile.

Kusumi, Masayuki & Modern Hip(久住昌之&モダン・ヒップ)

漫画家でもある久住氏がリーダーのホーン・セクションも備えたエキゾチックでもあるモダン・ポップ・バンド。モダン時代の久住氏の英語表記はQusumiですがここではKusumiとしときます。


This is an exotic Modern Pop band with horn section led by Mr. Kusumi who is also a cartoonist. While his name was spell as Qusumi during the days of Modern, Kusumi was used here.

Screen / Wakui, Koji With Moments(和久井光司 With モーメンツ)

BOXレコードの中心的存在のインディー版ムーンライダーズ的な和久井光司率いるモダンポップ・バンド。『Moon And June』は『リヴォルヴァー』を彷彿とさせます。スクリーンはその後、和久井光司 with モーメンツとなる。和久井光司氏は音楽評論家としても活躍。


This is an indie version of Moonriders Modern Pop band led by Koji Wakui, a center of Box Records. "Moon And June" reminds "Revolver". Screen will become Koji Wakui with Moments later. Mr. Koji Wakui is also active as a music critic.

Speaking Furniture

ストレンジ・ポップと言っていいでしょう。


To be called Strange Pop.

Suho

美人らしいクリスタル・ヴォイスのChickと松崎勲が中心の名古屋出身のポップ・バンド。


This is a Nagoya-born pop band centered by crystal-voice Chick who seems to be pretty and Isao Matsuzaki.

Omnibus

Tokyo 1 Dosen(東京1ダース)

[1986] B-Seller/Box Records

01. Susumu Isshiki(一色進): Busy Week Oh My
02. Yoshio Tachikawa(立川芳雄): Boku Wa Hitori De Shindeyuku(僕は独りで死んでゆく)
03. Morio Agata(あがた森魚): Augusuchinusu No Otsuki-sama(アウグスチヌスのお月さま)
04. Masayuki Qusumi(久住昌之): Shiranai Namae No Ki(知らない名前の木)
05. D-ji Nakano(中野D児): Good-bye Magie
06. Mikayo Shida(滋田みかよ): Paper Romance (girl side)
07. Koji Wakui(和久井光司): Sayonara.(サヨナラ。) from Shelter
08. Yotaro Ito(伊藤与太郎): Matenro Kozo(摩天楼小僧)
09. Goro Nakagawa(中川五郎): 90cm
10. Lion Merry(ライオン・メリー): Yorunonihoi(ヨルノニホイ)
11. Miwako Saito(さいとうみわこ): What's Jealousy?
12. Yuji Miyazaki(宮崎裕二): Inu Wo Daite Boku Wa Kurasou(犬を抱いて僕は暮らそう)

スクリーンの和久井光司が編集した水族館レーベル的鈴木慶一周辺のアーティスト達のオムニバスです。元はカセット・ブックとしてB-Sellersからリリース(BOXレコードがディストリビュート)されましたが、95年にバイディス・レーベルから『Discover Tokyo Pop 80's』のシリーズとしてCD化されました。タイツ(一色進&滋田みかよ)、ヴォイス(立川芳雄)、メトロファルス(伊藤与太郎)のメンバーのソロが聞けたりします。全体的にはB級70年代英国ポップ路線ですが、トラック#1, #2, #3, #6, # 8, #10はテクノポップの風味が感じられます。


This is the Suizokukan Label-type omnibus for the artists around Keiichi Suzuki compiled by Koji Wakui in Screen. Originally, it was released as cassette book from B-Sellers (distributed by BOX Records), and the CD was reissued as a series of "Discover Tokyo Pop 80's" from Baidis label. You can listen to the solo performance of the members of Tights (Susumu Isshiki & Mikayo Shida), Voice (Yoshio Tachikawa) and Metrofarce (Yotaro Ito). Overall, they are skewed to B-class 70's British Pop, but the taste of Techno Pop are felt for the tracks #1, #2, #3, #5, #8, #10.

Super Box Experience 8 Promising Diamonds Ago Go

[1987] Box Records

01. Minca Panopica: Tick Tac Watch
02. Cha Cha: Beach A Strand
03. A Decade In-Fake: Un Condor Vuela Pespues De La Siesta
04. Speaking Furniture: Collaged Squall
05. Biscuit Holic: Fine
06. Minca Panopica: What Do You Have A Plan In Sunday?
07. Peters: Jammin' Days
08. Flits: Sonic
09. Peters: Happy Time
10. Carbolic Acid Water: April Angel
11. Cha Cha: Yellow Paradise
12. A Decade In-Fake: Vin Condor Juega Muchis imo

ペータースの林とミンカパノピカのEIJI両氏によってコンパイルされたオムニバス・アルバムです。テクノポップからストレンジポップ系のインディー作品集です。


This the omnibus album compiled by Peters' Hayashi and Minca Panopica's Eiji. It is an indie collection of techno pop to strange pop songs.

The History Of Box Records Volume One/Two

[1995] Baidis

Volume One
01. Screen: Mahiru No Yume(真昼の夢)
02. Tights: Design(デサイン)
03. Pow!: Do You Want To Love Me Too?
04. Uchoten(有頂天): Sen No Yamai Wo Motsuotoko(千の病を持つ男)
05. Shingo Kubota(久保田真吾): Itsumo Sokoni(いつもそこに)
06. Suho: Kobune(小舟)
07. Masayuki Kusumi(久住昌之) & Modern Hip: Oriental Jump
08. D-ji Nakano(中野D児) & Let's-Go's: Omoshirokunaize(おもしろくないぜ)
09. Reality: Baby Dance
10. Grimm Grimms: Mother Radio
11. Lion Merry(ライオン・メリー): Ecstacy
12. Hello's: Wow Wow Wow
13. Pow!: O-Key
14. Screen: Kyonen Marienbart De(去年マリエンバートで)
15. Tights: Halloween(ハロウィン)
Volume Two
01. Tights: Bouken He Youkoso(冒険へようこそ)
02. Screen: Akai Sabaku(赤い砂漠)
03. Pow!: Wild Jungle
04. Uchoten(有頂天): Henteko(ヘンテコ) Heaven Words
05. Masayuki Kusumi(久住昌之) & Modern Hip: Telepathy
06. Shingo Kubota(久保田真吾): Kimi No Hitomi Wo Aishiteru(君の瞳を愛してる)
07. Peters: Jammin' Days
08. Biscuit Holic: Fine
09. Minca Panopica: Tick Tac Watch
10. A Decade-In Fake: Ariningen(ありにんげん)
11. Psychedelia '88: Lennon
12. Lion Merry(ライオン・メリー): Umi Ni Todoku Tegami(海に届く手紙)
13. Pow!: Into The Mirror
14. Tights: Mizu No Wakusei(水の惑星)
15. Screen: Boku No Factory(僕のファクトリー)

80年代中期のインディー・ポップ・シーンをリードしたBOXレコードのカルトなアーティスト達をコンパイルしています。95年にバイディス・レーベルから『Discover Tokyo Pop 80's』のシリーズとしてCD化されました。


This compiled cult artists of BOX Records which led indie pop scene in mid 80's. The CD was reissued as a series of "Discover Tokyo Pop 80's" from Baidis label.

HOME | INDEX