BRIT POP (BRITISH ALTERNATIVE POP)

苦情が来そうなので、最初に断わっておきます。ブリットポップと言うタイトルですが、ここでは90年代のエレクトロな要素も持つ英国オルタナ・ポップ系バンドを取り上げています。マンチェスター〜ハッピーヴァレイ(シューゲイザー)と続く流れのなかで、ブリットポップは英国プレスが94年ごろ作り上げた言葉です。デーモン・アルバーンの名言『ブリットポップは死んだ。』とあるからにはブリットポップは死語なのでしょう。まぁ、ここでは真性ブリットポップと言えるのはブラーくらいです。次はファクトリーとギターポップがらみでマンチェスター(マッドチェスター)・サウンドでもいきましょうか?


Since I may get the complaints, I need to say it first. While it's titled Brit Pop, this page feautures 90's British Alternative Pop bands who have some Electronic elements. Brit Pop was a term made up by British Music Press around '94 following the movement from Manchester to Happy Valley (Shoegazaer). Brit Pop is considered to be the dead term as Demon Albarn said "Brit Pop is dead.". Here, true Brit Pop is probably Blur only. The next one is perhaps Manchester (Madchester) Sound related to Factory and Guitar Pop?

Baxendale | bis | Blur | Elastica | Goteki | Kenickie UP! | Republica | Rosita | Space | Space Monkeys, The | Suede | White Town | Younger Younger 28's

Baxendale

Baxendaleはスーパー・ポップ・エレクトロニクス!
<BaxendaleのAlex>Baxendaleは:「Belle and SebastianのヒットをやっているAqua」、「プロパー・ポップ」、「あたなのハートと足を狙った音楽」です。Baxendaleは望むらくは今年の夏には日本でファースト・アルバムをリリースする予定。


Baxendale is superpopelectronix!
<Alex in Baxendale> Baxendale are: "Aqua playing the hits of Belle and Sebastian" , "proper pop" & "music aimed at your heart and aimed at your feet". Baxendale are going to release our first album in Japan hopefully this summer.

bis

本国以上に日本で大ブレークした(所謂”Big In Japan”)グラスゴー出身のLO−FI・テクノ・パンク・ディスコ・トリオ。カシオのG−Coolのbisモデルというのもありました。


This is a Glasgow-based Lo-Fi Techno Punk Disco trio that outbroke in Japan more than their home country (so called "Big In Japan"). There was a bis model of Casio G-Cool.

Blur

ブラーかオアシスかどっちが好きかと聞かれたら、当然ブラーです。ペット・ショップ・ボーイズが協力したとってもユーロディスコな『ガールズ・アンド・ボーイズ』はいかしてます。元トーチ・ソングのウィリアム・オービットが最近の作品のプロデューサーです。


If I am asked which I prefer Blur or Oasis, of course, I answer I prefer Blur. A very Euro Discotique song "Girls And Boys" supported by Pet Shop Boys is cool. William Orbit, ex-Torch Song, is a producer of their recent works.

Goteki / Sneaky Bat Machine

メンバーのSneakyからメールをもらいました。Gotekiというバンド名以前はSneaky Bat Machineと名乗っていたらしい。サイトによるとUK Darkwave bandとある。


I got a mail from Sneaky, a member of the band. They used to be Sneaky Bat Machine before Goteki. According to their site, it's UK Darkwave band.

Kenickie / Rosita

女3人男1人のティーンズで結成された英国のLO−FIポップ・バンド。アルバム『At The Club』に収録された『Robot Song』、ゲーリー・ニューマンのトリビュート・アルバムでは『I'm An Agent』カヴァーと80年代的テクノポップ・サウンドを披露してくれます。セカンド・アルバムはテクノポップ度アップらしく期待が持てます。bisが日本であれだけ売れたのだから、ケニッキーももっと売れてもいいと思います。UK BEAT EXPRESSからの情報によりますと、ローレンが98年10月15日のギグ中に突然の解散宣言をしたと伝えられています。その後メンバーの一人は「Rosita」というユニットで活動。


This is a Brit lo-fi pop band formed by 3 female and 1 male teens. They delivered 80's kind of techno pop sound with "Robot Song" in the album "At The Club" and a cover version of "I'm An Agent" in the tribute album to Gary Numan. The second album became more techno pop and it is promising. As bis did break in Japan so much, Kenickie should break, too. According to UK BEAT EXPRESS, unexpectedly Lauren expressed they will disband during their gig in Oct. 10 '98. Later, one of the member acts in a unit called "Rosita"

Republica

ナイジェリア出身の女性ヴォーカリスト、サフロンをフィーチャーしたテクノ・パンク系バンド。結構80年代テクノを感じさせます。


This is a Techno Punk band featuring Saffron, s Nigeria-born female vocalist. It has a feel of 80's Techno.

Space

あまり期待をしないで何となく手にいれた気色悪いジャケのファースト・アルバム『スパイダース』ですが、聴けば聴くほどはまってしまいました。ジャンル分けが出来ないほど無節操なテクノでサイケではちゃめちゃなサウンドですが、不思議にキャチーなマニアック・ポップです。ダサさを超越すると一周回ってカッコ良くなる〜そんな感じです。『おま得ら、サウンドにポリシーと言うものがないのか?』と言えば、『ヘヘヘ。。。そんなもんあるかいな。わしら好きなことやって何処が悪い。』ときっと居直るのでしょう。日本オリジナル盤の『Invasion Of The Spiders』の原曲をわざと破壊したようなチープなリミックはすごいの一言です。彼等は某『O』から始まる英国バンドと違いとても控えめです。メンバー自身が『屁みたいなバンド』と言っています。皆さん、愛すべき変態英国バンド『スペース』を応援しましょう。


Though I initially bought their first album "Spiders" with bizarre jacket without expecting much, I got more addicted, the more I listened. It is unprincipled sound with techno, psyche and chaos which makes it impossible to classify, but I would like to call it maniac pop which is strangely catchy. Their oddity made them so cool as they are too odd. If someone ask "Don't you have any policy for the sound?", they would answer "Ha. Ha. Ha. We don't have such a thing. What's wrong with doing what we want.". I felt just wonderful for the cheap remixes which destroy the original songs in the Japanese original release "Invasion Of The Spiders". They are very humble unlike the other Brit band starting with "O". They call themselves as "shitty (I don't know if I am back-translating the original statement well) band". Everyone, support this lovable odd Brit band "SPACE"!

Space Monkeys, The

<DOC嬢>バリバリいいです。大阪のビニールジャンキーというレコード屋さんで、とてもとてもお世話になって、色々な音楽に出会いこれはいまだに大好きです。アルバムも出てるのですが、おすすめはシングルで一枚目のやつです。ジャンルは何ていっていいか解らないが、センスあふれるUKロック好きでテクノまではいかず…のりのよさは抜群なのです。


<Ms. DOC> Terrific. I met various kinds of music in the record shop called Vinyl Junky in Osaka, and this is still my favorite. While they released an album, my recommendation is the first single. Though I do not know how to classify, it's for U.K. Rock fans with full of sense, but not to the extent of Techno. It's very groovy.

Suede

ネオ・グラム系ブリットポップ・バンド。バーナード・バトラー脱退後のアルバム『Coming Up』に収録のシングル「Trash」はソニーのMDの宣伝で良く聴いた覚えが。


This is a Neo-Glam Brit Pop band. I remember hearing the single 'Trash' contained in the album "Coming Up" after Bernard Butler left the band a lot on TV commercial for Sony MD.

White Town

ホワイト・タウンはインド出身のジョティ・ミシュラのソロ・プロジェクトです。アコーティックなインディー・レーベルからのファースト・アルバムからよりエレクトロに変身したセカンド・アルバムに収録されている『ユア・ウーマン』は97年の全英1位に輝いた。8トラックの宅録であるが、エレポップ、ネオアコ、テクノ、ドラムン・ベースの要素を混合した何処かで聴いたような懐かしいポップなアルバムに仕上がっています。あえて言えば80年代をルーツとした90年代的サウンドを持ったライトニング・シーズ、スペース等に通じるものがあります。

<White TownのJyoti Mishraにインタヴュー>
貴方の音楽はオルタナと分類されるかもしれませんが、80年代のにニューウィエヴ的なものを感じます。特にどんなアーティストが好きか気になります。
オー、イエス、もちろん!僕の大好きなバンドは今でもKraftwerkです。1981年に初めて首っ丈になりました。まだ、15歳で、「Computer World」を買い、感動しました。20年後の今でも感動できるアルバムです。

他のお気に入りは、Gary Numan、Heaven 17、Depeche More、The Passage、Duran Duran、Fashion、The Cure、Soft Cell、ABC、The Human Leagueです。あの頃のチャートは製造されていないバンドがもっと居ました。もうすぐ出るトリビュート・アルバムでOMDの「Message」のカヴァーをちょうどしました。彼等もまた僕のヒーローです。

僕がちょっと有名だった頃、出来るだけそれを利用してVince Clarke、Daniel MillerやMartyn Wareにリミックスをしてもらいました。ドイツでラジオ・ツアーをしている時、Wolfgang Flurにも会う事が出来ました。Vinceとは面識がありませんが、DanielとMartynはとてもよく知っており、今でも付き合いが有ります。

もちろん、「Your Woman」のヴォーカル・サウンドは、僕の大好きな「Video Killed The Radio Star」から頂戴しました。


White Town is a solo project by Jyoti Mishra originally from India. "Your Woman" in the second album which became more electronic vs. the first album with acoustic sound from Indie reached the number one in the U. K. chart. While is is in-house recording with 8-tracks, the album was made with the beloved pop songs which I feel I heard somewhere with the mixture of Electro Pop, Neo Acoustic, Techno and Drum'n'Bass elements. Its sound resembles the band with the 90's sound and 80's roots such as Lightening Seeds and Space.

<Interviews with Mr. Jyoti Mishra of White Town>
While your music may be classified to Alternative, I do feel something from 80's New Wave. I do wonder who you especially like.
Oh yes, of course! My favourite band is still Kraftwerk and I first fell in love with them in 1981. I was only 15 and I bought "Compterworld" and it amazed me. It's still an amazing album now, twenty years later.

Other stuff round then that I loved would be Gary Numan, Heaven 17, Depeche More, The Passage, Duran Duran, Fashion, The Cure, Soft Cell, ABC, The Human League. The charts back then seemed more full of non-manufactured bands. I've just done a cover version of OMD's "Messages" for a tribute album coming out and they were also my heroes.

When I had my brief fame, I abused it as much as possible and got remixes done by Vince Clarke, Daniel Miller and Martyn Ware. I also got to meet Wolfgang Flur when I was doing a radio tour in Germany. Although I've never met Vince, I got to know Daniel and Martyn quite well and still know them now.

And of course, I nicked the vocal sound for 'Your Woman' from 'Video Killed The Radio Star', one of my favourite ever songs.

Younger Younger 28's

久しぶりに突如登場したとてもとても下世話で、とてもとてもキャッチーなU.K. NEO NEW WAVEとも言うべきバンド。NME誌曰く彼等を『Human League+Aqua+Pulp+B-52's』と評したそう。確かにヴォーカルのJoe NorthernはもろPhilip Oakey。二人の女の子のヴォーカルは60年代サウンドに載ってB-52'sしています。この二人カクテル・バーで働いていたウエイトレスだったらしく、Human League(「Don't You Want Me」の歌詞参照)を思い起こします。確かにちょっとEuro Beatが入ってAquaしてますが、根底には80年代エレポップが流れています。お勧めです。


This is a a band to be called as U.K. NEO NEW WAVE who showed up suddenly. They are very very commonly said, but very very catchy. NME called them "Human League+Aqua+Pulp+B-52's". Certainly, Joe Northern, a vocalist, resembles Philip Oakey exactly. The two girls are like B-52's on the 60's sound. They used to waitresses working at a cocktail bar which resembles Human League (check the lyrics in "Don't You Want Me"). It's a bit Aqua with Euro Beat, but their foundation is 80's Electro Pop. Highly recommended.

HOME | INDEX