Chikada, Haruo(近田春夫)
Haruophone(ハルヲフォン) / Vibra-tones(ビブラトーンズ) / Vibrastone(ビブラストーン) / President BPM

Chikada, Haruo(近田春夫)

Haruophone(ハルヲフォン)

Vibra-tones(ビブラトーンズ)

President BPM

Vibrastone(ビブラストーン)

近田春夫は挑戦し続ける男である。プログレ・ロック(羅生門)〜パンク歌謡(ハルヲフォン)〜テクノ歌謡(ソロとジューシィフルーツ)〜ニューウェイヴ歌謡(ビブラ・トーンズ)〜日本語ラップ(プレジデントBPM&ビブラストーン)〜トランス(Afromix,SCSI−TR,No Chill Out)と見事に節操なく時代の流れを先取りしやり続けている。本当に偉い!98年に週間文春に連載していた『考えるヒット』を発刊した。色々悩みましたが、Vibraはヴィブラじゃなくてビブラのオリジナル日本語表記に統一しました。
<オクダケンゴ特派員の情報>窪田のあまりのプレイの上手さに惚れ込んで、近田が人種熱に入れてくれって懇願して、それが発展したのが「ビブラトーンズ」だったんじゃ。確か「ソリトン」の最終回(パール兄弟、戸川、野宮、慶一、近田出演!)でそんなことを言っていたような。ビブラの窪田は途中脱退し、パール兄弟へ。ビブラのキーボードは途中で矢野からホッピー神山に交代します。=>ピンクへ続く


Haruo Chikada is a guy who has been challenging. He has been doing once step ahead of the age amazingly without shame from Progressive Rock (Rashoumon) ~ Punky Kayou (Haruophone) ~ Techno Kayou (Solo and Juicy Fruits) ~ New Wave Kayou (Vibra-tones) ~ Japanese Rap (President BPM & Vibrastone) ~ Trance (Afromix, SCSI-TR, No Chill Out). Such a great guy! He issued "Kangaeru Hit" which he wrote in Weekly Bunshun in 1998.
<Info. from Correspondent Kengo Okuda> It was said that Chika begged to join Jinshu-Netsu due to fantastic performance of Kubota and it led to Haruophone. I heard about it in the last program of "SOLITON" (Pearl Bros., Togawa, Nomiya, Keiichi and Chikada appeared!). Kubota in Vibra left in the middle for Pearl Bros. Vibra's keyboarder, Yano, was replaced by Hoppy Kamiyama in the middle. => Continue to Pink

HOME | INDEX