Denki Groove(電気グルーヴ)
Zin-Say(人生)/ Ishino, Takkyu(石野卓球) / Taki, Masaru(瀧勝) / Sunahara, Yoshinori(砂原良徳)

Denki Groove(電気グルーヴ)

Zin-Say(人生)

Ishino, Takkyu(石野卓球)

Sunahara, Yoshinori(砂原良徳)

Taki, Masaru(瀧勝)

『シャングリラ』のヒットで一躍メジャー化した電気グルーヴは所謂テクノ系のユニットであるが、そのルーツは明らかにテクノポップ・エレポップにある。『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』、『テクノボン』を読めば解ります。中でも、カルトQのY.M.O.特集で見事優勝した砂原のY.M.O.一直線は有名である。メジャー・デビューはTMNとの共演シングル『Rhythm Red Beat Black』でした。『シャングリラ』の入った最新盤『エース』は変化のある曲と曲のつながりがよくアルバムとしてよくまとまっている。『Shangri-La』は私は聴いたことがないが70年代ディスコのヒット曲『Silbertti/Spring Rain』 がサンプリングされてることで有名です。個人的にはますますポップ化して2000年に向けて日本のネオ・テクノポップを引っぱって欲しい。また、砂原加入前にいたCMJKはエレクトロ・ポップ・ユニット、コンフュージョンを結成した。マリン(砂原)電気を脱退!

ALL ABOUT JAPANにて『直撃!石野卓球さん 』記事を2001年5月9日に掲載。

<不明> 私が大学生のころ、電気のまだメジャーデビューをしていないころですが、良く友達に電気のCDを借りたり、電気のオールナイトニッポン2部を聞いていましたが、今の電気の勢いときたらすごいものがあります。系統図で、並列に人生と有頂天が並んでいますがここでナゴムレーベルが入っていないのはなぜでしょうか?(入れときます。)ケラさんがいて人生があったといってもいいと思うのですが。 また、ナゴムで筋肉少女帯がいたのですが、それも系統図の中にのせるべきでは?格が違うと言われますが、いわばYMOとシーナ&ロケッツの関係に似ていると思い ますが。

<荒特派員> LP『顔として・・・』がナゴムからソノシート付きで発売されてますが、人生曰く本体がソノシートで、LPがオマケだそう(^_^)。このソノシートがまたヒドくて・・・。まずオナラの音。で、ずっと無音。で、最後にまたオナラの音があって終わり。オムニバス作品として、『子どもたちのCity』、カセットブック『HI'LDE vol.4』、『今夜はラップダヨネ。』に参加。『今夜はラップダヨネ。』は95年なので電グルはあったのですが、なぜか人☆生名義。その人☆生の曲「四番打者なのダ!」は、後々卓球ソロ『ダヴ・ラヴズ・ダブ』の1曲目「ブルース・アンド・リズム」で同じトラックを使ってます。電気GROOVEの「ザ・ケトルマン」と「B.B.E」も収録されています。『今夜はラップが入ってないんだよネ。〜オリジナル・カラオケ』という、タイトル通り、全曲ラップを抜いてカラオケにしたという意味不明盤も出てます。


Denki Groove who became major with a hit single "Shangrila" is a so-called Techno unit, and their root music is obviously techno & electro pop. You can tell it if you read "All My Muscles Work Machine Like" and "Technobon". Sunahara who won a championship in Cult Q featuring Y.M.O. is known to be a Y.M.O. freak. Their major debut single was "Rhythm Red Beat Black" co-played with TMN. The latest disc including "Shangri-la" is very well done with good links between various tunes. "Shangri-la" is known to use the sampling of "Silbertti/Spring Rain" though I have not heard this yet. I personally want them to be further popper and lead Japanese Neo Techno Pop towards Year 2000. CMJK who used to be a member before Sunahara joined, formed electro pop unit, Confusion. Marin (Sunahara) left Denki!

<Unknown> When I was in college and Denki was before major debut, I was borrowing their CD's from my friends often and listening to Denki's All Night Nippon 2nd Part. Today's momentum of Denki is amazing. In the genealogy, Ucho-ten is lined up with Zin-Say, but why isn't there Nagomu Label? (I will.) In Nagomu, there was Kinniku-Shojo-Tai, I think it should be in the genealogy. While some may say they are in a different class, I think they are like the relationship between YMO and Sheena & The Rokkets.

<Correspondent Ara> LP "Kao To Shite..." was released with flexi-disc on Nagom, but according to Zin-Say, flexi-disc is a main one and LP is an extra. This flexi-disc is bizzare. It starts with wind-breaking sound, then no sound, and ended with wind-breaking sound. They also joined the omnibus albums such as "Kodomotachi No City", cassette book "HI'LDE vol. 4", "Konya Wa Rap Da-Yo-Ne". As "Konya Wa Rap Da-Yo-Ne" was in '95, it should be Denki Groove, but it was credited as Zin*Say. Zin*Say's track "4-ban Dasha Nanoda!" was used for the first track "Blues And Rythme" in Takkyu's solo "Dove Loves Dub". "The Kettleman" and "B.B.E" by Denki Groove were also contained. The meaningless version of Karaoke with no rap called "Konya Wa Rap Ga Haittenain Da-Yo-Ne" was also released.

HOME | INDEX