Devo
Mothersbaugh, Mark

Devo

Mothersbaugh, Mark

ディーヴォは米国のオハイオ州のアクロンという町で結成された。私はオハイオ州に住んでいたことがあるが、米国でも保守的な所でとても彼等の様な人間を生み出す素地はない。きっと保守からの反動で生まれた突然変異なのだろう。所謂テクノポップ系又はニュー・ウェーヴは少ない米国であるがディーヴォはB−52’sと並ぶ老舗である。『サティスファクション』のカヴァーのテクノアレンジはシンセ・ベースではないが秀逸かつ強烈であった。今までの汗臭い長髪のロックスターのイメージを根底から覆えしナーディーな(オタクな)アンドロイド的であった事も革新的であった。日本の初期のテクノポップ系の人たちのモデルでもあった。

<ベン>Mark Mothersbaughはもとはデイーヴォでした。彼はテレビや映画のプロジェクトのための音楽を作っています。最も知られたものは『Beakman's World』です。


Devo was formed in the town called Akron in Ohio in the U. S. I used to live in Ohio, but it is a conservative part of the U. S. and it has no basis to generate people like them. They are probably mutants as a result of reaction of conservatism. There are fewer techno pop or new wave artists in the U. S., but Devo is one of the few comparable to B-52's. The techno-arranged single covering "Satisfaction" was great and revolutionary though it is not much synth-base. They were also revolutionary by turning around the image of rock stars from sweating long haired one to nerdy android. They are the models for Japanese early techno pop people.

<Ben> Mark Mothersbaugh was originally in Devo. He writes music for television and film projects now - most notably "Beakman's World".

HOME | INDEX