PAUL'S RECORD CRAZE DIARY #22-25
(ポールのバカ買い日記 第22〜25回)

ポールって誰だなんて言わないで下さい。ポール・フランクこと荒特派員です。僕も結構レコード買いますが、いゃ、もう凄いです。脱帽です。


(Sorry! Japanese Only)

第25回

<10/29/00 (日)>
 
BUGGLEさんが東京へ来てるというので、“ニッチ&モダンポップの大家”、たけしたさんも誘っていつもの「3バカ買いトリオ」(^_^)でレコハンへ。新宿LUMINE2の中にある青山ブックセンターで待ち合わせ。ちょっと早く着いたので色々物色しましたが、音楽本関係の品揃えは良いですね。かなりマニアックなモノもありました。音楽本コーナーの裏には「さぶ」もあったし(キャー)。で、買いそびれてたブツを発見。
その後、3人で下北沢へ。途中、電車の中でBUGGLEさん編集のコンピCD-R『BUGGLEESQUE』をいただく。これは、色んなアーティストによる「ラジオスターの悲劇」のカバー曲集。よくぞ集めたり。ベン・フォールズ・ファイヴがいい感じ。で、まずはやっぱり「ディスクユニオン下北沢店」へ。広くて探しがいがあります。
続いて、「イエロー・ポップ下北沢店」へ。ここでは毎回必ずと言っていいほど何枚か“当たり”に出会えるので嬉しい。メチャ高のレコもないし、全体的に良心的な価格。
店を出てから、たけしたさんにMDをいただく。
その後、「レコファン」へ向かう途中にあった古本屋「DRAMA」で色々と物色するも購入ブツはナシ。古音楽雑誌はけっこう充実してましたが。また、「レコファン」でも結局何もGETしませんでした。やはりココは長い時間探しても掘り出し物に出会う確率が低い。で、下北沢をあとにして、新宿へ戻り、「ディスクユニオン新宿」でしめましょう、ということで。まず7F。
次は6F。足元の安箱から\100盤3枚。
その後、メシを食いに、BUGGLEさんオススメの和風焼肉定食の店(と言っていいのかな)「ねぎし」でお食事。和風で落ち着いた感じのお店。店員のおねーさんのハキハキした対応にも高感度大(肌がキレイだった)。僕は“Wカルビ麦飯定食”を。美味し。テールスープというのは初めて食べたけど、美味いもんだなや。普段ラーメンとか回転寿司とか牛丼とかばっかりだから(^_^)、こういう「自分の知らない分野」のモノを食べれる、ってのはいいですね。まぁ回転寿司もたけしたさんに連れてってもらうまで入ったことなかったんですけど・・・。かなり濃いトークも全開。NEWプロジェクトの話も聞けましたが、ちょっと難しい部分もあってまだ完全に理解できず。詳細待つ。で、新宿駅でBUGGLEさんと涙のお別れ(ハンカチふりつつ)。で、たけしたさんと僕は「ヴァージンメガストア新宿店」まで。まだ行くのだった。

第24回

<10/09/00 (月)>
 
「ディスクユニオン北浦和店」へ。「テクノ/エレポップ」本の影響で、今まで何回も見てるのに買わなかった安レコ・エレポップを救ってあげようと思い、行きました。
<10/12/00 (木)>
 
yahoo!オークションにて落札したCDが到着。最初に入札してたヤツが出品者の方に質問していて、「交渉ですが、\2,500で早期終了していただけませんか」とかフザけたことをぬかしていたので、「こんなヤツに負けるか」と思って熱くなって高値になってしまった。でも嬉。
<10/14/00 (土)>
 
久しぶりに行った「BOOK OFF東村山店」にて(第7回分参照)。しかーし。前回行ったとき大量にあったレコが影も形もなくなってしまった(T_T)。LDはあったが。前回がたまたまだったのかなぁ。残念至極。しかたなくCD1枚で足早に退散。
<10/15/00 (日)>
 
「ディスクユニオン北浦和店」にて。帰りに「おたる」というチェーン店の回転寿司屋で飯を食う(さけとエビマヨが好きなのだ)。自宅からすごく近い。
<10/26/00 (木)>
 
hmv.co.jpで注文してたCDが到着。注文したのは22日。
次回は、BUGGLEさん&たけしたさんとの「3バカ買いトリオ」による、「下北沢徘徊編」です。乞う御期待!

第23回

<09/17/00 (日)>
 
「ディスクユニオン北浦和店」にて。アンダーワールドのDVDを買おうと思って行ったものの、どこにもない。売り切れたのかなと思ったら、どうやら延期した様子。ガッカリ。
<09/21/00 (木)>
 
music.tokyo-city.co.jpにて19日に注文したものが到着。
<09/22/00 (金)>
 
同じく、music.tokyo-city.co.jpにて19日に注文したものが続いて到着。
<09/23/00 (土)>
 
戸田市の「ドモン」までラーメンを食べに行った帰り、大宮の「ミスズレコード」へ。閉店時間間際だったので、シングル1枚で退散。どうでもいいけど「ドモン」って、行列が出来たり繁盛してるんだけど、半分食わないうちに飽きる味ですね。
<09/30/00 (土)>
 
久々に「ディスクユニオン新宿」へ。まず1F。
次は7F。新着中古盤が大量に入庫しており、ニッチものGET。ちょっと「アメリカかぶれ」のパブ・ロック系ニッチものが欲しかったので、嬉。
続いて6F。ノイズ系が大量入荷してた。いいセレクトだけど、みんな高い。ホルガー・ヒラー『腐敗のルツボ』の日本盤は、ちょっと迷ったけど却下。\3,800でした。
続いては高田馬場の「ROCK WORK SHOP」へ。ここは量が多い割りに、掘り出し物に出会う確率が非常に低い。アナログは聞いたこともないようなハード・ロックものが目白押し。当然アウト・オブ・ガンチューで(古いな)、他もロッド、エイジアなど定番品が多い。CDも未開封のサンプル盤ばっかり。別に気にしない、という方にはいいんですが。
<10/07/00 (土)>
 
昨日オープンした「ディスクユニオン池袋店」へ。ま〜混んでること。思ったほど広くもないし、そんなに期待したほどじゃなかったかな。
 <10/08/00 (日)>
 
日記の第19回分で、“やぎ”というバンドの『IL NEIGE』というアルバムを紹介したところ、たまにBBSで書き込みもなさってる奥山氏から「私、これのCDを探しているのですが全く見つかりません。MDかカセットにダビングしていただけないでしょうか?」というメールをいただき、それでは、と会ってきました。ともかく、“やぎ”などという、どマイナーなバンドにそんなに肩入れしてるというのが何ともよろしいではありませんか(^_^)。貴重な存在です。なんと、僕の家から自転車で10分くらいという近所に住んでる方でビックリ。実に腰の低い方でした。以下のCDは、『IL NEIGE』のMDのお礼に、2枚持ってるというので1枚いただきました。\300で買ったらしいです。あと、カセットのみでリリースしていた『月世界旅行』もMDにダビングしていただきました。こちらはかなりトラッド色が濃い。音も分厚く、一番力作かも(^_^)。

第22回

<09/09/00 (土)>
 
池袋サンシャイン・シティで中古盤セールがあるというので早速チェックに。
物色し終わって、「さぁそろそろ買って帰るか」というときにだれかが「あらさんあらさん」と声をかけてくるので、「ん?」と振り向いたら、たけしたさんでした(^_^)。セールがあると行く。考えることは同じ。今日のレコハン計画は池袋〜町田コースだったので、「僕これから町田行くんですけど」と言ったら、「僕は町田まではちょっと・・・」と断られてしまいました(T_T)。そりゃそーだわな。というわけで、新宿まで行ってから小田急線で町田まで。なぜ急に町田かというと、こないだ行ったらちょうど定休日だった「オスカー2号店」にムショーに行きたくなったからなのです。ここは結構掘り出し物に出会えます。この日記を初めてからはまだ行ってなかったですね。ここで以前買ったレコは、見岳アキラ「君は完璧さ」(7")\368、福沢もろ「7:00AM」(7")\367、ヴィサージ「モスクワの月」(7")\735、神谷重徳『ファラオの墓』(LP)\1,050、松武秀樹『ポップ・メモリーズ・オン・モーグV』(LP)\3,150など。全体的にはいい値段ですが、アート・オブ・ノイズの「イントゥ・バトル」の12インチが\2,000もしたりと、たまに妙に高いものもあります。ちなみにアナログオンリーのレコ屋です。行ってみそ。
その後、「オスカー1号店」の方にも行ったものの、特に収穫なし(こちらはCDもアリ)。もう6時ぐらいだったので、そろそろ帰ろかと思いいったん駅に向うものの、「ディスクユニオン町田」に行くのを忘れてたので引き返す。疲れてたし、大していいものないだろーなーと期待せずに行ったらニッチものがワンサカ。うひょーい。
<09/15/00 (金)>
 
今日は地元、埼玉から展開。まずは大宮まで行ってから東武野田線に乗り換え、春日部まで。この「A-1ミュージック」というレコ屋は、むかし車で来たことはありましたが、けっこう遠いので、電車でGOしました。ここはLPはダメです。定番品(ビリジョエとかAPPとか)やHR/HM系が多い。しかもほとんど\1,600前後するし。CDもメジャー・ヒットもの中心。だもんで、シングル中心に漁りました。シングルは安い。状態もいいし。しかし、店内BGMがELT〜安室の「BODY FEELS EXIT」だったのは、非常にキツかったです(TOTタスケテェ〜)。
続いて東部伊勢崎線に乗って越谷まで。「セカンド・マーケット・プレイス」というレコ屋。ここは初めて。駅からちょっと離れた、ちょっと閑散とした場所にチョコンとあります。小さいビルの2階にあります。1階はラーメン屋だったかな? 結構いいセレクトのレコ屋ですが、LPは全体的に高い。レアものをちゃんと知ってるな、という感じ。\2,000〜\3,000代のがかなりある。しかし“越谷”というと、どーしても「ホテル、ニュ〜越谷」というスネークマン・ショーのギャグが浮んでしまうな。
その後、南越谷まで行ってから武蔵野線で国立まで。「ディスクユニオン国立中古センター」へ。こないだ行ったときチラッと見かけた“7インチボックス”という、7インチシングルを収納するボックス、という段ボール箱が売ってて、それが欲しくて行ってきました。三つ買いました。シングル盤の整理が出来て快適。MADE IN USA。

第1〜7回 | 第8〜13回 | 第14〜17回 | 第18〜21回

HOME | INDEX