EP-4
R.N.A. Organism

EP-4

R.N.A. Organism

<TSさんからの情報>EP−4はテクノポップ・バンドではありません。貴HPで言う所のコンセプチュアルな部分は当てはまっています が、音は重たいファンクです。(残念ながら正統的に継承しているバンドはありません)

彼らを語る中で最も注目すべきことは、1983・5・21事件です。 「5.21 EP-4」のシール(名刺サイズ)が(東京では)原宿、渋谷と電信柱から看板、建物の壁、もちろん公衆電話ボックスと至る所に 貼り巡らされたのです。(シールはちょっとした社会現象にもなりました。)そして当日、12:00大阪、18:00名古屋、そして深 夜1:00(当初0:00の予定が延びた)と、早朝4:30東京で時間差ギグを行いました。東京では、深夜敢行ギグにもかかわらず、大 勢のおしゃれでスノッブな人たちが渋谷に集まりました。この日は、同時にLP(マルチレーベル・ホラーキー:インディーズ、 昭和崩御:メジャー)を発売する日でもありましたが、「昭和崩御」のタイトルがレコ倫に触れ、発売中止となり、マルチレー ベルホラーキーのみ発売になりました。「昭和崩御」は、後に「昭和大赦」と名づけ日本コロンビアから発売されました。た だ、「昭和崩御」のタイトルとジャケット写真をどうしても世に発表したいため、2曲再レコーディングし、LPサイズの薄い小 雑誌とともに「本」の扱いで、ペヨトル工房から発行されました。インディーズでは絶大なる人気を博していましたが、個人活動(特にBANANA)が多くなり、自然消滅しました。

佐藤薫氏は、ペヨトル工房とも縁が深く、夜想/EOSのバックナンバーからわかるように、活字メディアにも随分注 力していました。また、藤原新也氏とも関係があり、上記「昭和大赦/昭和崩御」のジャケ写は藤原氏によるものです。

<オクダケンゴ氏の質問>中島らもの「啓蒙かまぼこ新聞」ってのを読んでいたのですが、その中で「元EP4(Key)のSOU君」の写真が出てくるんです。コレはいったいどういうコト、誰なんでしょう。何かご存知ですか?


<Info. from Ms. TS> EP-4 is not a techno pop band. It meets the conceptual part mentioned in your HP, but their sound is not techno pop at all. It is heavy funk. (Unfortunately, it does not inherit funk in an authentic way).

The most remarkable thing about them is 1983.5.21 incident. The name care sized seal of +----+ was attached on electric-light poles, |5.21| billboard, walls of building, telephone booths and everywhere in Harajyuku and Shibuya (in Tokyo). On the day of event, they performed gigs with time lag at 12:00 in Osaka, at 18:00 in Nagoya, at 1:00 at night in +----+ (originally at 0:00), at 4:30 in Tokyo. The seal became a sort of social phenomenon. Despite mid-night gigs, many stylish and snobbish people gathered in Shibuya. At the same time, it was the day that they were supposed to released LP's (Multilevel Holarchy: Indies, Showa Demise: Major); however, "Showa Demise" infringed the regulation of record and Multi Label Horror Key was released only. Later, it was renamed as "Showa Amnesty and released as book with LP-sized thin small magazine from Indie.

Mr. Kaoru Sato is closely related to Peyotl Kobo and devoted to printing media as we can tell from the back numbers of Yaso/EOS. He is also related to Mr. Shinya Fujiwara and the above mentioned "Showa Amnesty" used the jacket picture by him.

<Question from Mr. Kengo Okuda> I was reading "Keimou Kamaboko Shinbun" by Ramo Nakajima, and the picture of "SOU of ex-EP-4 (Key)" appears in it. What is this? Who is he? Anybody knows anything?

HOME | INDEX