Erasure
Assembly, The / Clarke, Vince / Clarke & Ware Experiment, The / Family Fantastic / Yazoo (Yaz) / Moyet, Alison

Erasure

Assembly, The

Clarke, Vince & Quinn, Paul

Clarke & Ware Experiment, The

Family Fantastic

Yazoo (Yaz)

Moyet, Alison

デペッシュ・モードを脱退したヴィンス・クラークはYazooを結成。Yazooが正式名だが、商標登録の問題により米国ではYazと名乗っている。アルバムはたった2枚しか出さなかったが、『オンリー・ユー』と『ドント・ゴー』等のヒットを生んだ。ヴィンスのエレクトロ・サウンドとモイエのソウルフルなヴォーカルが見事に合体している。私の個人的に好きなパターンである。モイエのシングル・コンピレーションには『オンリー・ユー』はあるが何故か『ドント・ゴー』が入ってない。ヤズーを解散したヴィンスは、アゼンブリーというバンド名でシングルを発表するが、その後イレイジャーをアンディー・ベルと結成する。本国以外ではそれほどでないが、英国に於いては2枚目以降連続超ヒットを飛ばしている。音的にはエレポップ一直線で、又アバのカヴァー集アバエスクも発表している。アンディーは日本の雑誌のインタヴューで次の発言をしていた。『グループのサウンドはある日突然変わるものではない。常に新しい試みを期待されているバンドもいるけど、僕らはそうじゃない。』『僕はアウト・オヴ・デイトな音楽が好きみたいなんだ。だから、今流行っている音楽には疎いんだよ。』頑張れ頑固者イレイジャー! 実験的なThe Clarke & Ware Experimentに続いて、Vinceは70年代Discoリヴァイヴァル・エレポップをFamily Fantasticとしてリリース。
<サトル特派員>The Clarke & Ware ExperimentはErasureのVincent ClarkeとHeaven 17のMartyn Wareによるプロジェクトです。彼等のアルバム『Pretentious』ジャケ裏に「Head-phone music for three dimensions」と記載されていたので、MDに落として通勤時に聴いていましたが、3D感がよく分かりませんでした。ただし、ジャケットが箱入りのデジパック仕様でして、内側のCDが納められている実質的ジャケットを広げる(?)と立方体の箱状態になるんです。肝心のサウンドの方は、壮大なイメージというか、チル・アウト的というか・・・、一言で言うと「Experimental」なエレクトロ・インストゥルメンタルです。部分的にダンスビートっぽい箇所も出てきますが、全体的には'70年代シンセアルバム(ヴァンゲリス等)の現代版といった様な感じでもあります。あと、音響的に特殊なことをしているためか音がこもった感じなのが気になりました。「ヴィンスの新境地か?」といった期待と「何故、今頃この様な・・・」といった疑問が残ります。「THE NATIONAL CENTRE FOR POPULAR MUSIC」のロゴマークと建物の図面から察するに、この「THE NATIONAL CENTRE FOR POPULAR MUSIC」という施設に関する企画物なのでしょうか?


Vince Clarke who left Depeche Mode formed Yazoo. Yazoo is an official name of this band, but Yaz is used in the U. S. due to trademark issue. They issued only two albums, but they created big hits like "Only You" and "Don't Go". Electro sound of Vince and soulful vocal by Moyet united nicely. This is the pattern I personally like. Moyet's Single Compilation album does not contain "Don't Go" for some reason while containing "Only You". Vince who disbanded Yazoo released a single under the band name of the Assembly, but later he formed Erasure with Andy Bell. In the U. K., they have been constantly producing major hits since their second album though it was not as much outside of their home country. Their sound is electro pop all the way. They also release the cover collection of Abba, Abba-esque. Andy was saying the following in the interview in a Japanese magazine. "The sound of group does not change suddenly one day. Though there are bands who are expected to try new things all the time, we are not." "I seem to like out-of-date music. So, I am ignorant of the music that is in." Keep it up, Stubborn Erasure! Following an experimental unit "The Clarke & Ware Experiment", Vince released 70's Disco revival Electro Pop as Family Fantastic.
<Correspondent Satoru> The Clarke & Ware Experiment is the project by Vincent Clarke of Erasure and Martyn Ware of Heaven 17. As the back side of their album "Pretentious" showed "Head-phone music for three dimensions", I listened to it with my portable MD player, but I was not sure about 3-D. But, the cover was a degi-pack, the real cover inside become cubic as it's expanded. The sound is magnificent and chill-out. It's Experimental Electro instrumental. Partially with dance beat, but it's also like today's version of 70's Synth Music (Vangelis, etc.). I also noticed the sound is "closed" with some kind of sound effect. While people expect a new arena of Vince from this, there is a question why he does something like it now. Based on the logo "The National Centre For Popular Music", and the blue print of this building, I wonder if it's related to the building called "The National Centre For Popular Music".

HOME | INDEX