FACTORY RECORDS
LTM (Les Temps Modernes)

マンチェスターの音楽シーンを支えたファクトリー・レコーズのアーティスト達を紹介します。ミュートの看板がデペッシュ・モード+イレイジャーだとすれば、ファクトリーの看板はニュー・オーダーです。詳しくは『From Joy Division To New Order - The Factory Story』と言う英語の本がありますので読んでください。又、ファクトリーの編集物『Too Young To Know, Too Wild To Care...』やMartin Hannetプロダクションを集めた『And Here Is The Young Man』を聴いてください。

Factory Records関係のコレクターであったAdam J-Short特派員より、エレクトロ系中心に厳選して、アーティストを追加してもらいました。New Orderメンバーのお仕事も多し!


This page presents the artists of Factory Records which supported the music scene in Manchester. If Depeche Mode + Erasure are Mute's engines, New Order is Factory's engine. I recommend that you read the English book called "From Joy Division To New Order - The Factory Story". I also recommend that you listen to Factory compilation "Too Young To Know, Too Wild To Care..." and Martin Hannet's production compilation "And Here Is The Young Man".

Correspondent Adam J-Short who was a Factory Records collector provided the artist list focusing on Electro. There are many works by New Order members.

Le Disque Du Crepuscule

Abercedarians | Cath, Carrol | Certain Ratio, A | Durutti Column, The | Electronic | 52nd Street | Happy Mondays | Hood, The | Joy Division | King, Marcel | Minny Pops | Names, The | New Order | Nyam Nyam | O.M.D. | Playgroup | Pleasure Crew | Quando Quango | Red Turns Too | Revenge | Section 25 | Shark Vegas | Stanton (Dali), Miranda UP! | Streetlife | Thick Pigeon | Vermorel | Wake, The
Omnibus
Too Young To Know, Too Wild To Care... | And Here Is The Young Man | The Night Watch

Abercedarians

『Too Young To Know, Too Wild To Care...』に85年にリーリスされた『Smiling Monarchs』と言う結構かっこいいエレクトロな曲収録されているグループですが詳細わからず。


This is a group whose pretty cool electronic song "Smiling Monarchs" released in '85 is in "Too Young To Know, Too Wild To Care...". No detailed information is available.

Cath, Carrol

<Adam J-Short特派員>イギリスのヴォーカリスト(元Miaow〜ファクトリーのネオサイケ系バンド)。妥当な点として、上の作品は英国シェフィールドのFon Force(初期WARPレコード)によってプロデュースとプログラミングがなされています。『Beast』は、このレコードの全ての基礎となる素晴らしい生のシンセベースで出来上がっています。『Moves Like You』は、Eighth Wonderや初期Pet Shop Boys(ハイ・エナジーでない)系とも通じるクラシックなエレクトロ"ポップ"です。アルバムは、打ち込みリズム・セクションで出来たよりジャズ?ラテン系。シングルが重要です。


<Correspondent Adam J-Short> An english vocalist (ex Miaow, Factory Neo Psychedelic type band). What's relevant is that the above works are produced and programmed by the Fon Force of Sheffield UK (Early WARP records). Beast has an excellent raw synth bass which is the basis of the whole record. Moves like you is classic piece of electro 'POP' similar to Eighth Wonder/Early Pet Shop Boys (not Hi NRG) type track. The album is more jazz?latin with programmed rhythm sections. Notable for the singles.

Certain Ratio, A

ブライアン・イーノの曲をその名の由来とするア・サーティン・レシオはファクトリーから1979年にデビューした。彼等のサウンドは『Sextet』に代表されるパンク的なファンクであり、次第にエレクトロ寄りに進化して行った。一番最近のアルバム『サンプラー』はニュー・オーダーのマネジャー・ロブ・グレットンのレーベルであるロブズ・レコードからリリースされ、エレクトロニックや808ステートの協力の下、過去の作品のリミックスで構成されている。


A Certain Ratio whose name came from the song of Brian Eno debuted from Factory in 1979. Their sound is punky funk represented by "Sextet" and gradually evolved to more electronic. Their latest album "Sampler" was released from New Order Manager Rob Gritten's Rob's Records and consists of remixes of their past works with the contribution from Electronics and 808 State.

Durutti Column, The

ファクトリー・レーベルからリリースされたヴィニー・ライリーのポスト・パンク的アンビエント・プロジェクト。


This is a Post-Punk Ambient project by Vini Reilly released from Factory Label.

52nd Street

<Adam J-Short特派員>Bemusic(バーニー)がシンセのプログラミングをしたイギリスのソウル・バンド。上の2つのシングルはJohn Jellybean Benitezによってリミックスされ、だからして80年代中期に彼がプロデュースした初期エレクトロディスコ・サウンド的です。両方ともローランド SH101とMC202でプログラムされた繰り返すシークエンスしたベースラインで出来ています(彼等のライヴを1984年に見ましたが、これらが唯一語るに値する曲です)。バーニーがプロデュースした(またシンセも演奏)この二つの曲以前にファクトリーで別のシングルがあります。初期A Certain Raito系ファンク・サウンドです。


<Correspondent Adam J-Short> An english soul band with Bemusic (Bernard Sumner) programming the synths. Both the above single were remixed by John Jellybean Benitez and therefore have that early Electro Disco sound that he produced in the early to mid 80's. Both the singles have repetitve sequenced bass-lines programmed on Roland SH101 and MC202 (I saw them live in 1984 and these are the only tracks worth mentioning). The rest of their material is very Soul type sound of the early 80's. One other single on Factory prior to the two above produced by Bernard (also playing synths); a much early A Certain Ratio type funk sound.

Happy Mondays

ファクトリー・レーベルのグルーヴ感溢れるハッピー・マンデイズはマンチェスター・ブームをストーン・ローゼズとともに支えた。


Happy Mondays full of groovin' feel from Factory Lable supported Manchester movement with Stone Roses.

Hood, The

<Adam J-Short特派員>アーサー・ベーカーによってプロデュースそしてプログラミングされたアメリカのバンド。シングルは典型的なアーサー・ベーカーらしいエレクトロダンス系定番(ローランドのシークエンサーとTR808)。アルバムは典型的なアーサーベーカーらしい標準以下のあまりダンス系でない曲(ベーカーのダンスものはいいけど、それ以外はいまいち)。『サルベーション』はファクトリーレコード?が過ってリリースした映画のタイトル曲。でもサウンドトラック・アルバムは、Cabaret Voltair、New Order、Paul Haigの曲で構成されており(クレプスキュールより)、Cabaret Voltairの曲はチェックする価値あり。


<Correspondent Adam J-Short> An Amereican band produced and programmed by Arthur Baker. the singles are typical Arthur Baker electro dance type classics. (Roland sequencers and TR808). The album has less dance-type tracks which are typical Arthur Baker substandard (ie, Bakers dance stuff is good, the rest isn't really up to it). Salvation is the title track to a film by Factory Records ? ever released; however a soundtrack album is available with Cabaret Voltaire/New Order/Paul Haig tracks (available on Les Disques du Crepescule) and worth checking out for the Cabaret Voltaire tracks.

King, Marcel

<Adam J-Short特派員>マーセル・キングは70年代ソウル・グループのシンガーでした。バーニー(New Order / Bemusic)がプログラミングとプロデュースを担当。とてもソウルフルに聴こえますが、明白にバンドとしてもエレクトロニックで、素材的にもとてもエレクトロニックです。


<Correspondent Adam J-Short> Marcel King used to be singer for ****** 70's soul group. Bernard Sumner (New Order/Bemusic) programmed and produced these tracks. Although very soul sounding it is obviously very electronic in nature as well as Electronic the band!!

Minny Pops / Streetlife

<Adam J-Short特派員>80年代初期のベルギーのグループ。よりネオサイケですが、ミックスでドラムマシーンとシークエンサーをちょっと使う傾向がある。このシングルは多分最もギター志向が低い。


<Correspondent Adam J-Short> Early 80's Belgian group. More Neo Psychedelic but tended to use drum machines and sequencers very low in the mix. this single is probably their least guitar orientated.

Names, The

ファクトリー・ベネルックスからリリースされたネオ・サイケ系バンド。


This is a Neo-Psychedelic band released from Factory Benelux.

Nyam Nyam

<Adam J-Short特派員>もう一つのフッキー(Bemusic)がプロデュースとプログラミングを手掛けた曲。モロダーっぽいローランドSH101シークエンスが曲全体に使われているところだけに注目。チェックする価値はあるけど、このグループの残りの作品は、よりネオサイケ。


<Correspondent Adam J-Short> Another Peter Hook (Bemusic) produced and programmed track. Only notable for a Moroderesque Roland SH101 sequence running throughout the track. Definitely worth checking out, but the rest of the groups work was more Neo-Psychedelic.

Playgroup

<Adam J-Short特派員>ファクトリー・ベネルクス・レコードからのアメリカのエレポップ系シングルは予想できなければいいシンセ・シークエンサーのプログラミングで出来ています。ヴォーカルは典型的なアメリカン(80年代のヨーロッパのニューロマに聴こえる。アメリカ人はいつも2〜3年遅れていて、つぼを押さえていないと思いません?)。


<Correspondent Adam J-Short> A USA electro-pop type single on Factory Benelux Records has good if not predictable synth/sequencer programming. The vocals are typical American (they sound early 80's European New Romantic, the Americans always were a few years behind and never quite got it did they?)

Pleasure Crew

<Adam J-Short特派員>多分、Wham!のエレクトロニック版を思わせるイギリスのグループ。インスパイアされないヴォーカルにエレクトロ・ラテン打ち込み。


<Correspondent Adam J-Short> UK group probable resembling an electronic version of Wham!?! ie. Electro latin programming with uninspiring vocals.

Quando Quango

New OrderのBernard Sumnerがプロデュースしたマンチェスターのファクトリー系ダンス・ポップ・ユニットです。Mike Pickeringは後にM Peopleで成功を収める。


This is a Factory dance pop unit from Manchester produced by Bernard Sumner of New Order. Mike Pickering had success with M People later.

Red Turns Too

<Adam J-Short特派員>フッキー(Bemusic/New Order)がプロデュースしたマンチェスター出身のイギリスのバンド。とても顕著なフッキー型のベースの上にシンセとシークエンサーという点で初期OMDを思わせるサウンド。噂として、これはRevengeかMonacoの最初のラインナップであったとのこと。


<Correspondent Adam J-Short> Produced by Peter Hook (Bemusic/New Order) UK band from Manchester. This sounds like early OMD (Orchestral Manoeuvres in the Dark) with regards to synths and sequencers, with a very prominent Peter Hook type Bass Guitar over the top. Rumours are that this was the first line up of "Revenge or Monaco".

Section 25

ニュー・オーダーと同じくセクション25はファクトリーのエレクトロ・ポップ系バンドである。また、ニュー・オーダーのサポートもやっていたらしい。ニュー・オーダーは又『Bミュージック』の名前で彼等をプロデュースした。ファクトリーのコンピレーションCD『Too young to know, too wild to care』では、アンジェラの脱力感あふれるヴォーカルの『Looking from a Hilltop』が聞けます。


Section 25 is an electro pop band from Factory same as New Order. It was heard that they also supported New Order. New Order also produced them with the name of "B Music". The Factory's compilation CD "Too young to know, too wild to care" includes their single "Looking from a Hilltop" featuring non-energetic Angela's vocal.

Shark Vegas

<Adam J-Short特派員>フッキー(Bemusic/New Order)がプロデュースしたドイツのバンド(ほとんど知らない)。このシングルのいい所は単純なアナログのモノラルのローランド・シークエンサーで出来たパワフルだがシンプルなシンセベース・ライン。強調されたスネアとキックが効いたローランドTR808によるリズム。Human Leagueの1981年のサウンドに匹敵する。とても太いベース・ライン!彼等はNew Orderのストリングパッドのような(Monacoの最初のシングルに似た)『Pretenders Of Love』というクレプスキュールのコンピに1曲提供している。アルバムも存在するが(ファクトリーではない)、僕は何も知らない(誰か助けて?)。


<Correspondent Adam J-Short> A German band (I know very little about) produced by Peter Hook (Bemusic/New Order). What is so good about this single is the powerful yet simple synth bass line with simple analogue monophonic Roland sequencers over the top. Rhythm provided by Roland TR808 with reinforced Snare and Kick. Comparable to 1981 Human League type sound. Such a fat bass-line! They also have a track on a Crepescule compilation called Pretenders of Love which is more New Order string pads (similar to first Monaco single). An album was available (not Factory), but I know nothing about this ( can anyone help me?)

Thick Pigeon / Stanton, Miranda

<Adam J-Short特派員>TPはアメリカ出身の実験的・オブスキュアー・ジャッズ的二人組みとでも説明します。ヴォーカルは常にミランダによるもので、他のメンバーが散発的に音楽を提供する。上のアルバムは、New OrderのGillianとStephen(とGillianの妹)がプログラミング・キーボードとリズムを提供した点で、実際ユニークです。クラッシクなNew Order調キーボードとシークエンス。もろシンセポップではないがシンセである。


<Correspondent Adam J-Short> TP could usually be descrided as experimental/obscure/jazz duo from USA. Vocals always supplied by Miranda with other members joining sporadicaly to provide the music. The above album is unique in the fact that Gillian and Stephen (and Gillians sister) from New Order, have provided the programming/keyboards and rhythms. Classic New Order keyboards sounds and sequences. Not exactly synth pop, but definite synth.

Vermorel

<Adam J-Short特派員>カナダの歌手であるJulie Cleeが歌っている。スローなバナナラマの曲(イギリス80年代のPWLポップグループ)のように聴こえる。この曲は特に良い訳でないが、全体がエレクトロニックという理由だけで挙げました。


<Correspondent Adam J-Short> Sung by Julie Clee a Canadian Session singer. Sounds like a slow Bananarama track (a PWL female pop group from UK 80's). This track is nothing outstanding and is only mentioned because it is totally electronic.

Wake, The

グラスゴー出身の女性一人を含む4人組みのネオサイケ・ユニットです。ちょっとニュー・オーダーっぽいです。


This is a Glasgow-based Neo Psychedelic quartet including one female. They are a little like New Order.

Omnibus

Too Young To Know, Too Wild To Care 1978 - 1992

[1997]

01. Joy Division: New Dawn Fades
02. The Durutti Column: For Belgian Friends
03. A Certain Ratio: And Then Again
04. New Order: Age Of Consent
05. The Wake: Talk About The Past
06. The Railway Children: Brighter
07. James: Hymn From A Village
08. Abercedarians: Smiling Monarchs
09. Marcel King: Reach Out For Love
10. Section 25: Looking From A Hilltop
11. Quando Quango: Genius
12. Happy Mondays: WFL (Think about the Future Mix)
13. Northside: My Rising Star
14. Cath Carroll: Moves Like You
15. Electronic: Getting Away With It

ロンドンのタワーレコードで買いました。ニュー・オーダー系列とハッピー・マンデーズ以外はあまり有名でありませんが、ファクトリーを把握するにはいいオムニバスです。セクション25も聴けます。パート2もリリースされたはずです。


I bought it at Tower Record in London. This is a good omnibus to grasp Factory while they except New Order related and Happy Mondays are not very known. You can also listen to Section 25. Part II has been released, too.

The Night Watch

[2001] 2CD (Section 25's "Illumius Illumina" as a bonus CD); LTM

01. The Names: Nightshift
02. Josef K: Chance Meeting
03. Crispy Ambulance: Concorde Square
04. Paul Haig: Somewhere In Between
05. Berntholer: You Grtabbed Me By The Hand
06. Ultramarine: Saratoga
07. Section 25: Looking From A Hilltop
08. Paul Haig: Paradise Angel
09. Steven Brown & Blaine L. Reininger: The Lorelei/Overture
10. Crispy Ambulance: Brado Plane
11. Jazz: The Tether Ends Here
12. Tuxedomoon: Shelved Dreams
13. Minny Pops: She Said Go Go
14. William S. Burroughs: On The Nova Lark
15. Jean Cocteau: La Toison D'or
16. Jacques Derrida: Deconstruction & Necessity
17. Tuxedomoon: I Was An Apple In The House Of Orange

LTM(Les Temps Modernes)というインディー・レーベルのコンピレーションです。LTMは1984年にJames Niceによって設立されたレーベルのようですが、Factoryともコネクションがあったみたいで、実際このページに掲載されているFactory系そしてCrepuscule系のアーティストもこのコンピに収録されています。割りと地味なアルバムですが、質は高いと言えるでしょう。面白いことに、ボーナスCDとしてSection 25の『Illuminus Illumina』という18曲入りアルバムが収録されてます。


This is the compilation of an indie label called "LTM (Les Temps Modernes)". LTM appears to be a label founded by James Nice in 1984, and it seems to have had some connection with Factory. In fact, the artists on Factory and Crepuscule are included in this compilation. While it's a relatively quiet album, I can say it has high quality. Interestingly, Section 25's album "Illumiuns Illumina" containing 18 tracks is included as a bonus CD.

HOME | INDEX