Shi-Shonen(シ・ショウネン)
Real Fish(リアル・フィッシュ)/ Fairchild(フェアチャイルド) / Fukuhara, Mari (福原まり) / Yaguchi, Hiroyasu(矢口博康)/ Watanabe, Hitoshi(渡辺等) / Tomoda, Shingo(友田真吾) / Mio, Hirono (美尾洋乃) / Toda, Seiji(戸田誠司) / YOU / Ehara, Yukiko(江原由希子) / Fishermen Tit Tot

Shi-Shonen(シ・ショウネン)

Real Fish(リアル・フィッシュ)

Fairchild(フェアチャイルド)

Fukuhara, Mari(福原まり)

Yaguchi, Hiroyasu(矢口博康)

Watanabe, Hitoshi(渡辺等)

Tomoda, Shingo(友田真吾)

Mio, Hirono(美尾洋乃)

Toda, Seiji(戸田誠司) / TECH with Toda, Seiji(テック with 戸田誠司)

YOU / Ehara, Yukiko(江原由希子)

Fishermen Tit Tot

シ・ショーネンはフェアチャイルド以前に戸田誠司氏の率いるノン・スタンダードから出たバンド。「極東通信」というアマチュアバンドが母体らしい。シ・ショーネンはフェアチャイルドほどメジャーにならなかったけれども、テクノポップとしてはフェアチャイルドよりもシ・ショーネンの方が評価されるべきバンドである。CD化された2枚のフルアルバムはは廃盤となっているが、『テクノ歌謡〜テイチク編』で4曲収録されているのでぜひ聴いて下さい。また、戸田誠司氏の『ハロー・ワールド:)』(これも廃盤ですが中古で見つかること有り)というソロにCD−ROMが入っていてそのなかにシ・ショウネンとリアルライフの曲が幾つか入ってます。また、シ・ショーネンの「Lovely Singin' Circuit」とリアル・フィッシュの「Junk Beat Tokyo」の秘蔵ビデオが見れます。

フェアチャイルドは元シ・ショウネンの戸田誠司氏と現在はヴァラエティーの方が本業のユーと川口浩和氏の三人のユニット。ユーはフェアチャイルドが結成される前のシ・ショウネン末期にはすでにシ・ショウネンに加入していた。なおユーはフェアチャイルド以前は江原由希子と言う名前でアイドルとしてデビューした。テイチクからでた『Forever and ever』というアイドル・オムニバス・アルバムに1曲収録されています。1988年に『おまかせピタゴラス』デビューし1990年の『探してるのにぃ』がCM曲でヒットしメジャー入りした。ユーの高音は500の女の人にひとりぐらいいる声で戸田氏のバラエティあふれる職人的ポップなサウンドと川口氏の時々ハードロックするニュー・ウェイヴ的ギターと交錯し、歌謡曲紙一重のサウンドを作り上げた。

戸田氏は早瀬優香子、イリアなどのアルバムのプロデュース、テクノ歌謡系の作曲・編曲としても多くの秀作を残しています(詳しくShi-Shonen Worksを参照)。また、テレビCM、コンピューター・ゲーム関係の仕事も多い。テレックスのリミックスアルバム『Is Release A Humour?<We Love Telex>』で次の名言を吐いている。『テクノポップは1958〜1964年生まれの男性のみ強烈に支持されている音楽だ。東京タワーが建てられた年から、東京オリンピックが開催された年までに生まれた子供達。<俺もそうだぞ!>10年前、ロンドンにはパンクが東京にはテクノが確かに存在した。』同感です。

<MS氏>コロムビアから83年にシ・ショーネンは一度デビューしていることを追加しておいた方がいいと思います。コロムビアからはシングル2枚、12インチシングル1枚だったはずです。

<荒特派員>YOUのアイドル時代=江原由希子(えはら・ゆきこ)はアイドル(上記ディスコグラフィ−参照)とは言っても、全然ブリブリの衣装とかじゃないです。ジャケ写なんか、普段着っぽくて、見た印象はポップス系の感じです。
矢口博康氏は、ソロ・デビュー前に『観光地楽団』 というカセットブック(上記ディスコグラフィ−参照)を出してます。メンバーは、矢口博康(Sax)、鈴木さえ子(Dr)、小滝満(Key)、美尾洋乃(Vio)、中原信雄(B)、白井良明(G)。本の方は桑田佳祐、泉谷しげる、立花ハジメ、大沢誉志幸、鈴木慶一+鈴木さえ子など、共演アーティストらとの観光地をテーマにした対談等。尚、このカセットブックは冬樹社の「SEED」というシリーズの中のひとつで、他には細野さんの「花に水」、ムーンライダーズ「マニア・マニエラ」、井上鑑「カルサヴィーナ」などが出ました。


Shi-Shonen is the band led by Seiji Toda from Non-standard label before Fairchild. The amature band called "Kyokuto Tsushi" appears to be the base of Shi-Shonen. While Shi-Shonen did not became major like Fairchild, Shi-Shonen should be better appreciated than Fairchild in the context of Techno Pop. Their CD's of two full albums are already out of print, but you can still listen as 4 songs were contained in the compliation "Techno Ca-yo Collection Teichiku Version". Seiji Toda's solo work "Hello World :)" (it's also out of print, but can be found in the used shop) had a CD-ROM disk and it included some of Shi-Shonen & Real Fish's songs. You can also watch the hidden video of "Lovely Singin' Circuit" by Shi-Shonen and "Junk Beat Tokyo" by Real Life.

Fairchild is a unit by the three people; Seiji Toda formerly in Shi-Shonen, You whose main business became TV variety show and Hirokazu Kawaguchi. You joined Shi-Shonen during its last period before forming Fairchild. You debuted as an pop idol under the name of Yukiko Ehara before Fairchild. The omnibus album "Forever and ever" from Teichiku include one song of hers. They made a debut with "Omakase Pitagoras" in 1988 and they became major with a smash hit "Sagashiterunoni" used in TV Commercial in 1990. You has high-key voice which can be found one out of the 500 women and it created pseudo kayo-kyoku sound by scrabbling with Toda's diverse crafty pop sound and Kawaguchi's new wave guitar which often does hard rock.

Mr. Toda produced the albums for Yukako Hayase, Iria, etc. and left many superb works for Techno Kayo as a composer/arranger (pls. see Shi-Shonen Works for more details). He also has many works on TV commercials and computer games. He gave the following profound statement in the Telex Remix album called "Is Release A Humour? <We Love Telex>". "Techno pop is the music strongly supported by men who were born between 1958 and 1964. They are children born between the year Tokyo Tower was build and the year Tokyo Olympic was held. <Me, too!> Ten years ago there was Punk in London and there surely was Techno in Tokyo". I fully support his statement.

<Mr. MS> It should be noted that Shi-Shonen debuted from Columbia once around '83. I think they released two singles and one 12" singles.

<Correspondent Ara> Yukiko Ehara=YOU during Idol days was not costumed like frilled cloths. In the cover art, she looks like a Pops singer wearing normal cloths (see the above discography).
Mr. Hiroyasu Yaguchi released the cassette book "Kankouchi Gakudan" (see the above discography) before his official solo debut. Members are Hiroyasu Yaguchi (Sax), Saeko Suzuki (Dr), Mitsuru Kotaki (Key), Hirono Mio (Vio), Nobuo Nakahara (B), Ryomei Shirai (G). The book is about the interviews with the artists he collaborated with Keisuke Kuwata, Shigeru Izumiya, Hajime Tachibana, Kiyoshi Ohsawa, Keiichi Suzuki + Saeko Suzuki, etc with the theme of sight-seeing places. This cassette is one of a series of SEED by Touki-sha, and the others are "Hana Ni Mizu" by Mr. Hosono, "Mania Maniera" by Moonriders, Calsavina" by Akira Inoue.

HOME | INDEX