Halmens (ハルメンズ)
Shonen Homeruns(少年ホームランズ) / Pearl Bros(パール兄弟) / India Dai-Wajyutsu Dan(インド大話術団) / Saeki, Kenzo & The Eleki Massive(サエキけんぞう&ジ・エレキマッシヴ) / Kubota, Haruo(窪田晴男) / Sensui, Toshiro (泉水敏郎)

Halmens(ハルメンズ)

Shonen Homeruns(少年ホームランズ)

Pearl Bros.(パール兄弟)

India Dai-Wajyutsu Dan(インド大話術団)

Saeki, Kenzo / Saeki, Kenzo & The Eleki Massive(サエキけんぞう&ジ・エレキマッシヴ)

Kubota, Haruo(窪田晴男)

Sensui, Toshiro (泉水敏郎)

ハルメンズは唄う歯医者さん佐伯健三氏を始め、日本のテクノポップ、ニューウェイヴにおける重要人物を生みだした。佐伯健三、上野耕路、比賀江隆男、石野智広らが在籍した伝説の少年ホームランズと上野耕治、久保田真吾、泉水敏郎らが在籍した伝説の8 1/2を母体とする。またゲストも戸川純、野宮真貴等豪華である。鈴木慶一氏のプロデュースでデビューを果たし佐伯氏の独創的な歌詞がとてもニューウェイヴです。佐伯氏はその後元ビブラトーンズの窪田晴男氏と非テクノなニュー・ウェイヴ・バンド(重い器材を運びたくないという理由らしい)、パール兄弟を結成し又作詞、プロデュース、著作とは幅広い活動をしている。佐伯氏はムーンライダースの『9月の海はクラゲの海』、戸川純の『隣のインド人』等を作詞し、他に野宮真貴、イミテーション、鈴木さえ子、PSY'S、Shi-Shonen、ポータブル・ロック、TOPS等に曲を提供している。サエキけんぞう氏と東京タワーズの加藤賢崇の謎のユニット「インド大話術団」は私のお気に入りです。サエキけんぞう氏はPOP ACADEMYを雑誌で紹介、new wave BBSにも時々書き込んで下さり、感謝感謝です。
ASTRO NOTEのウエハラさん>サエキ氏はKENZO SAEKI & THE ELEKI MASSIVEとして『サーフ IN'TO ジャングル』ではジャングルに挑戦して、『LOVE On the BASS』ではエレクトロとマイアミベースに挑戦しています。
<オクダケンゴ特派員>『ブートレグだよ』が録音された90年7月26日の中野サンプラザを最後に、窪田はパール兄弟を勘当されています。つまり、おそらく2期と3期の間に窪田抜きの3人時代があったと思われます。ただ、ちゃんとしたアルバムは佐伯、松永、矢代編成の「大ピース」まで発表されていないので正確なことはわかりませんが。
<荒特派員>山屋清・窪田晴男名義の『ファンタスティック・シンセサイザー・シリーズ』は「さくらさくら」、「津軽じょんがら節」「おぼろ月夜」「夕やけ小やけ」などを収録した企画物です。僕にとってハルメンズはYMOと並ぶほど好きです。パール兄弟は高校時代の青春です。生まれて初めて好きになったギタリストが、窪田晴男氏でした。YMOとかで、ギターソロは邪魔だと思ってから、ギターって嫌いだったんですけどね。
(Halmensとパール兄弟のオリコンチャートとシングル&ヴィデオ・ディスコグラフィー追加)


Halmens created key persons in Japanese techno pop and new wave scene such as Kenzo Saeki, a singing dentist. They are formed from legendary Shonen-Homeruns which Kenzo Saeki, Koji Ueno, Takao Higae and Tomohiro Ishino belonged to and legendary 8 1/2 which Koji Ueno, Shingo Kubota and Toshiro Sensui belonged to. Their guests are also deluxe such as Jun Togawa and Maki Nomiya. They made debut produced by Keiichi Suzuki and Saeki's lyrics are very new-wavy. He later formed a non-techno new wave band (because he did not like to carry heavy instruments anymore), Pearl Bros. with Haruo Kubota, ex-Vibratones, and he is widely active as song writer, producer and writer. He wrote the lyrics of "Kugatsu No Umi Ha Kurage No Umi" for Moonriders, "Tonari No Indojin" for Jun Togawa, and also provided songs to Maki Nomiya, Imitation, Saeko Suzuki, PSY'S, Shi-Shonen, Portable Rock, TOPS, etc. "India Dai Wajyutsu Dan" a mysterious unit by Mr. Kenzo Saeki and Mr. Kenso Kato of Tokyo Towers is one of my favorite.
I would like to show my special thanks to Mr. Kenzo Saeki as he introduced POP ACADEMY in the magazines and wrote in new wave BBS.
<Mr. Uehara of ASTRO NOTE> Mr. Saeki as KENZO SAEKI & THE ELEKI MASSIVE challenged Jungle in the album "Surf IN'TO Jungle" and Electro & Miami Bass in the album "LOVE On the BASS".
<Correspondent Kengo Okuda> After recording "Bootleg Dayo" on July 26, '90 at Nakano Sunplaza, Kubota was disowned from Pearl Bros. I guess that there was a period of three members without Kubota, but I cannot tell it accurately as there was no album until "Dai-Peace" by Saeki, Matsunaga and Yashiro.
<Correspondent Ara> "Fantastic Synthesizer Series" by Kiyoshi Yamashita & Haruo Kubota is a novelty item containing "Sakura Sakura", "Tsugaru Jongara Bushi", "Oborozuki Yo", "Yuyake Koyake". I like Halmens as much as YMO. Pearl Bros, is my sweet youthful days back to high school. The first guitarist I became to like is Mr. Haruo Kubota though I did not like guitars when I felt that guitar solo is disturbing in YMO.
(Orginal Confidence chart rankings and single & video discographies were added for Halmens and Pearch Bros.)

HOME | INDEX