岩崎工
岩崎工氏はFILMSでの活動以前にROLANDのシンセサイザー・テープコンテストで4回の入賞を果たし、豪州へFAIRLIGHT CMI修得のため留学をした電子音楽の先鋭とも呼べる人である。キーボードマガジン誌ではシンセサイザー講座の連載を持っていた理論派でも有る。FILMS脱退後、83年に電子音楽集団TPOで活動する傍らソロ作も発表。岩崎氏とTPOの安西史孝氏とは、ROLANDのシンセサイザー・コンクール時代からの知り合いで、ツインキーボードで仕事していたという事である。話しは逸れるが、このROLANDのコンクールには、EP-4の川島バナナ氏や、鄭東和氏もよく参加していたらしい。岩崎工氏はまた数々の優秀なCM音楽を手掛け、CM界の鬼才クリエイターとしても知られる。現在はSwimming Bulletsというレーベルの主宰者でもある。

TPOの作品
グリーン・プロジェクト
が母体となって出来た岩崎工、天野正道、福永柏、安西史孝氏等からなるインスト中心のシンセサイザー・ミュージック集団。岩崎氏が渡豪したのは、TPOのレコーディング/活動で使うFAIRLIGHTの操作を、オーケストレーションのエキスパート天野正道氏と共に覚えた上で日本に持ち帰る為であった。結果的に日本国内第一号機となったこのFAIRLIGHTは、キーボード部分とかを機内持ち込みして帰ってきたとのことである。FAIRLIGHT社は、シドニーにあり、現地の一部音楽大学研究室や、レコーディング・スタジオで稼動していたが、FAIRLIGHT社での修行期間中に、チック・コリアとタンジェリンドリームの面々も来社していたらしい。なお、岩崎氏が参加したのはファーストの『TPO1』のみである。

TPO/アルバム『TPO1』83年 CBS Sony (LP/CD)
01/A1. Dawning
02/A2. The Jet Set
03/A3. Breakin' Up (interlude)
04/A4. Sundog
05/A5. Safari Bar
06/B6. Eye In The Night
07/B4. Tingle Ringing (interlude)
08/B1. Camacho Preguicosa
09/B2. Tragedy Monster
10/--. Jive Man <CD only>
11/A6. Noon
12/B5. Traffic Jams

13/--. Rouge Au Soir, Blanc Au Matin <CD only>
14/--. Web Of Time <CD only>
--/B3. Dori Twisted Her Smile <LP only>
(全曲の作曲:TPO)

アナログLP(写真上)と再発されたCD(写真下)で曲目曲順が違う。CDにはLPにない曲が3曲あり、LPにはCDにない曲が1曲だけある。クレジットがないので詳細は不明だが、「Safari Bar」他いくつかの曲をプロデューサーでもある本間柑治氏が作曲でも参加している。

TAKUMI(岩崎工)の作品

TAKUMI/アルバム『MEAT THE BEAT』83年 Sound Design Records (LP)
A1. Hauch Von Mir「僕の息吹」
A2. Snapshot
A3. Tokyoite「東京人」
A4. In The Ordinary Way「普通に愛して」
A5. Reproduced Functionalist「機能主義者、再び」
A6. A Cloudy Sky In My Yard「我が心いまだ晴れず」
B1. Myron
B2. Days Of Romance「去りしロマンの日々」
B3. Dear Dori...「親愛なるドリーへ」
B4. Mein Schatz「心の叫び」
B5. Wave Over And「波紋」
(全曲の作詞・作曲:岩崎工)
中原信雄(B)、鈴木智文(G)、石川まさはる(D)、矢口博康(Sax)、津村やすひろ(G)氏等の協力の元、TPOとしてのアルバム後にリリ−スされた。ヴォーカリスト&キーボーディストとしてのソロ・デビュ−作である。JAPANやULTRAVOXの渋めのNEW ROMANTICSに通じるデカダンな香が漂います。全て外国語で唄われ、「僕の息吹」と「心の叫び」はドイツ語詞である。

TAKUMI/ミニアルバム『FRAGMENTS OF TIME』84年 Sound Design Records (12" EP)
A1. Dawn
A2. Fragments Of Time
A3. Wave Over And「波紋」 (remixed version)
B1. Wayane Karnu「ワヤン・カルヌー」 (extended version)
(全曲の作詞・作曲:岩崎工)

CM音楽クリエイター、キーボーディスト、ヴォーカリストとしての岩崎氏がキャノンのTV-CMタイアップ(『MEAT THE BEAT』収録の「Wave Over And」のリミックス以外の3曲)で制作した45回転ミニアルバム。ジャケットはCMと同じく『アキラ』の大友克洋氏のイラスト。鈴木智文(G)、中原信雄(B)両氏も参加。
A面1曲目の短いインストに続くタイトル曲「Fragments Of Time」は全盛期のUltravoxを彷佛とさせる日本人離れしたセンスが感じられるナンバー。
B面はYMO中期にも通じるサウンドと無国籍感がただよう。

岩崎工/サウンドトラック・アルバム『この愛に生きて The Heart Is A Lonely Hunter』94年 Media Remoras (CD)
01. EIEN NO PUZZLE ~Overture
02. The Touch Of Love ~Orchestra Version
03. Daily Gambilin' Man
04. It Rains..., Still Love Grows (TRISTEZZA) ~Orchestra Version
05. IF ~Orchestra Version
06. Solitude
07. O Amor Paralelo
08. Bown Beat Boogie
09. The Touch Of Love
10. An Angle Next To Me ~Orchestra Version
11. EIEN NO PUZZLE ^ Orchestra Version
フジテレビ系木曜劇場『この愛に生きて』(この番組の事を知っている方、情報求む)のサウンドトラック。

TAKUMI/アルバム『Beyond Nights & Days』94年 Prosper Music (CD)
01. Must Be A Sweet Surrender
02. Let's Light The Fire
03. Some Fantasy
04. So Far Away
05. Daydreamer
06. Life Behind
07. All The Young Dudes
7曲目はDAVID BOWIEがプロデュース・曲提供をしたMOTT THE HOOPLEの曲のカヴァー。邦題は「すべての若き野郎ども」でした。

岩崎工関連作品
岩崎氏がプロデューサー、作曲家、編曲家、キーボーディストとして関わった主な作品をリストしました。他、本木雅弘(御存知、元シブガキ隊)、NOKKO(元レベッカ)、麻倉晶(現ROMANTIC MODE)、井上睦都実(渋谷系アイドル)プロデュース。作曲家、編曲家、キーボーディスト及びプログラマーとしては中村あゆみ、SALON MUSIC(「Past Glories」のオルガン)、本田理沙(「Lesson 2」の作曲・編曲)、HALO(「TIDE」のキーボード)、SEX(ブラボー小松氏の項参照)等に参加している。

巻上公一 + みそらドレミ/アルバム『恋愛二重奏』84年 SWITCH (LP)
共同プロデューサーとキーボード奏者として参加。みそらドレミ嬢は元東京おとぼけCATSBUSINESS(レゲエっぽいニューウェイヴ=日本のPOLICE?)のハスキー・ヴォイスのヴォーカリストです。

門あさみ/アルバム『BELLADONNA』8?年 Teichiku (LP/CD)
09. 闘魚(ランブルフィッシュ)
10. 緑色の饗宴

上記2曲の編曲を担当。

TOKYO FACES/シングル『Turning』 c/w 『Picasso Moderato』87年 Japan Records (7" EP)
資生堂メンズムースのCFに使用されたアルバムにも収録されていない貴重な曲。A面のヴォーカルはSteve Deg氏。両面とも岩崎氏の作曲・編曲。

TOKYO FACES/アルバム『TOKYO FACES』92年 Hoshizora Records/Warner Music (CD)
プロデューサでもある星空一郎を中心に87年に結成された謎の多国籍集団TOKYO FACESに於いて、岩崎氏は作曲、編曲、サウンド・プロデュースを務めた。無国籍都市東京から発信する都会のBGMです。

岡崎葉/アルバム『DAMAGE』95年 Pony Canyon (CD)
アルバムの9曲中5曲は岩崎工氏(残りは如月弥生嬢)のよる作曲・編曲です。フレンチーXジャジーXファンキーな女性ヴォーカルアーバン・ポップです。

さやか/ミニアルバム『?Imaginal?』98年 Swimming Bullets (CD)
岩崎工氏がプロデュース・作曲・編曲を手がけた女性ヴォーカリストさやか嬢です。得意の無国籍アーバン・ポップです。

:ginette:/ミニアルバム『g』98年 Swimming Bullets (CD)
:ginette:は岩崎工氏がヴォーカリストAZをフィーチャーしたユニット名です。パリ〜イスタンプール〜アンマン〜死海〜アカバ〜ベイルートで採取された『音』をちりばめた無国籍アンビエント・ポップ。