Japan
Sylvian, David / Karn, Mick / Dali's Car / Dolphin Brothers / Rain Tree Craw / Jansen=Barbieri / Porcupine Tree / JBK

Japan

Sylvian, David

Karn, Mick

Dali's Car

Dolphin Brothers

Rain Tree Craw

Jansen=Barbieri

Porcupine Tree (featuring Richard Barbieri)

JBK (Jansen, Barbieri & Karn)

ジャパンは遅すぎたグラム・ロッカーかつ早すぎたニュー・ロマンティクスで有る。英国ではパンク全盛のときデヴューしたジャパンは本国では相手にされずなんとかドイツのハンザ・レーベルからファーストを出す。幸運なことに先見の明の有った日本の女子校生のおかげで(笑)彼等は徐々に注目を浴び、ニュー・ロマンティクスの時代にともない彼等もまともな評価と注目を浴びるようになった。また、坂本龍一、土屋昌巳等との交流もありジャパンという名前はだてではない。所謂『ビッグ・イン・ジャパン』の代表格である。『ライフ・イン・東京』という日本のミュージシャン(Luna Seaの隆一とスギゾー、スクデリア・エレクトロ等)によるジャパンのトリビュート・アルバムもある。現在の日本のヴィジュアル系ロックバンドのルーツ(サウンドとしてではないが…)とも言える存在である。

ALL ABOUT JAPANにて『渋いぞデビシル、地雷ZERO』記事を2001年5月23日に掲載。

<荒特派員>(ディスコグラフィー追加。)やはり、JAPANは日本でミーハー人気があったので、オリコン・チャート情報を提供します。JAPANの日本盤シングルは邦題が素晴らしい。


Japan is Gram Rocker who came too late and New Romantics who came too early. Japan who debut in the U. K. during the Punk era, nobody cared them and they released the first album from German Hunza label. Luckily they started to get attention steadily thanks to foresighted Japanese school girls (smile!) and they finally got proper evaluation and attention as it moves to the New Romantics era. They also collaborated with Ryuichi Sakamoto and Masami Tsuchiya and they deserve to have the name of Japan. They are the representative so called "Big In Japan". Life In Tokyo", the tribute album to Japan by Japanese musicians (Ryuichi and Sugizo in Luna Sea, Scudelia Electro, etc.) is also available. They are the root (not in a sense of sound) of current Japanese visual rock bands.

<Correspondent Ara> (The discography was added.) As Japan had strong popularity in Japan, I provides the chart information in Oricon. The Japanese titles of Japan's singles are speechless.

HOME | INDEX