JAPANESE EXTRA ARTISTS

このページではその他の日本の80年代から現在に至るニュー・ウェイヴ、テクノ、アヴァンギャルド、その他シンセ系のアーティスト達を紹介します。カテゴリが出来次第、移動する事も有ります。数が集まれば、日本のテクノ・ハウスで分割予定。


This page presents the other Japanese 80's to current New Wave, Alternatve, Techno, Avant-Garde and other Synth-related artists. As their category is defined, they may move to new pages. If I got enough entries, I will create a new page JAPANESE TECHNO/HOUSE.

Ali Project(蟻PROJECT)| Andrew | Apache 61 | ATP | bom'boco(梵鉾) | Bulbous Kitchen | canariya | Concretes(コンクリーツ.) | Der Zibet | Doopees | Dream Dolphin | Eccentric Opera, The | Frank Chickens | Garden | Hasebe, Novko(ハセベ・ノヴコ) | Hidero(日出郎) | Hohki, Kazuko | Kahondo Style | Kino-Moderno | Kireina Koumori(きれいなコウモリ) | Koda, Miyako(甲田益也子) | Kojima, Noeri (小島乃江里) | Lolita Complex | Mac Donald Duck Eclair | MANTA | Maywa Denki(明和電機) | Mode-ID | Mon Mon Club | Mute Beat | Meobius | 99 1/2 | No Comments, The | Petit Mit | Plus(プラス) | POiSON GiRL FRiEND | Pom Pon Dahlia | Psychodelicious | Qujila(くじら) | Shirayukihime Band(白雪姫BAND) | Silver Stars(銀星団) | Still | Tables, The | Tomita, Yann(ヤン富田) | Vanilla/8(8分のバニラ) | Yukiseimeitai(有機生命体) | YU-RA | Zerospectre

Ali Project(蟻PROJECT)

藤原カムイのヴィデオのサントラも手掛けていたらしい。「Some Girls - Rebel Street IV」に参加。調査の結果、荒特派員の報告にも有りますように、それほど超マイナーとは言い切れないという事が判明しました。
<荒特派員>オムニバス・アルバム『SOME GIRLS』ではAri Projectと表記されていましたが、アルバムの方はすべてAli Projectという表記になっています。細かく言えば1stは「蟻プロジェクト」、『ダリ』は「アリ・プロジェクト」、他は「ALI PROJECT」という表記になっています。
'88年に、CSVが主催した第一回サンチューン・ミュージック・バトルロイヤルにて「細野晴臣特別賞」を受賞したユニットです。藤原カムイという漫画家のファンだった友人が『幻想庭園』を持ってたので、借りて聴いたのが最初です。ですから何か藤原カムイとの繋がりはあったのでしょう。片倉三起也の作る曲はいかにも「音楽の勉強をしてました」という感じです。詞とヴォーカル担当の宝野アリカは、初期ライヴではお人形さんのような衣装を着てて、かなり自分の世界に入ったMCをなさっておりました。作家では夢野久作とかが好きだそうです。1stの『幻想庭園』はメチャクチャ好きで、未だによく聴きます。よくゲルニカと比較されたりしますが、あちらが「昭和初期」ならこちらは「中世ヨーロッパ的」だとかいう形容を聞いたことがあります。アルバムを出すごとに徐々にヒットを意識したような普通っぽい曲が増えていって残念です。片倉三起也はアニメのサントラも多く手掛けているようで、そちら方面から来たファンも多いとか。個人的にはアニメは苦手な分野で(偏見もありますが)、『Norblerot』のアニメチックなジャケにはかなり抵抗がありました。

They composed the video soundtrack by a catoonist, Kamui Fujiwara. They participated in "Some Girls - Rebel Street IV". As a result of some searches, they turned out to be not too ultra-minor as Correspondent Ara reported.
<Correspondent Ara> While it was spelled as Ari Project in the omnibus album "Some Girls", it was spelled as Ali Project in their original albums.
They are a unit who got "Haruomi Hosono Special Prize" in the first Suntune Music Battle Royal sponsored by CSV in '88. The first time I met is when I borrwed "Le Gardin Fantasique" from my friend who was a fan of Kamui Fujiwara, a catoonist. So, there must be some connection to Kamui Fujiwara. The songs composed by Mikya Katakura is the ones by a person who studied music. Arika Takarano who write lyrics and sing was doing MC of her own world wearing doll-looking outfits in their early lives. She likes Kyusaku Yumeno, a writer. I like the first album "Le Gardin Fantasique" a lot and still listen today. While they are often compared vs. Guernica, I heard that Guerica was more like "early Showa period" vs. "Medieval Europe". It was my disappointment that they had more normal tracks for popularity as they release albums. Mikiya Katakura does many animation soundtracks, and there are many fans from that field. As I am not good at animation (with my personal bias), I had resistance for animatic cover art of "Norblerot".

Andrew

<JETCOASTERイベント・オーガナイザー>ANDRIEWというホリプロ所属のエレポップというか、テクノポップというか、なんていったらいいかわからないのですが、テペッシュモードをこよなく愛するバンドがいます。うちのイベントでよくお世話になっているバンドです。


<the Event Organizer of Jet Coaster> There is a band called Andrew, a kind of Electro Pop or Techno Pop band in Hori Production, who loves Depeche Mode to the death. It's the band that often appears in our events.

Apache 61

細野晴臣氏のDaisyworldレーベルからでたロンドン在住のシミズ・エリコさんのドラムン・ベース・ユニット。アルバム『Apache 61』にはミック・カーンも参加している。 


This is a Drum'n' Bass unit by Eriko Shimizu who is living in London from Haruomi Hosono's Daisyworld label. Mick Karn joined the production of the album "Apache 61".

ATP

Secret Secretのロブの紹介で、ヴォーカリストのTaataさんとメールを交わすことになる。最初、名前しか知らなかったので、てっきり男性だと思っていたのですが、女性ヴォーカルのご本人と後に認識。ATPとは何の略だろうと思っていたのですが、アデノシン3リン酸(Adenosine Tri-Phosphate)という意外な由来。彼女はサイエンスです。1996年頃には雑誌、テレビでもそのユニークな音楽姿勢が注目されたらしい。2000年になり、MP3.comにて1年間に30万本という日本のアーティストとしては、記録的なダウンロード数を達成する。2001年からは、Lizardのモモヨとの活動も始まった。


I started to exchane mails with Ms. Taata, a vocalist, based on the introduction by Rob in Secret Secret. In the beginning, I knew her name only, and I thought she is male, but I realized she is a female vocalist. I was wonder what ATP stands for. ATP is for Adenosine Tri-Phosphate. She blinded me with science. Their unique attitude to the music got attention from the magazines and TV around 1996. In 2000, they achieved the record downloads, over 300,000 per year on MP3.com as a Japanese act. In 2001, they started some collaboration with Momoyo in Lizard.

bom'boco(梵鉾)

近藤等則 IMAに在籍したキーボーディストの富樫春生が率いるテクノ・ファンクバンド。ベーシストの小山時江さんは謎の美女。SONY内のRobin Discからリリースしたミニアルバム『ラップたらちね』では戸川純、小川美潮、東京スカパラ、Demi Semi Quaverのメンバー等の参加のもと東洋宇宙的不思議な世界を創っています。


This is a Techno Funk band led by HAL-Oh Togashi, a keyboardist of ex-Toshinori Kondo IMA. Ms. Tokie Koyama, a bassist, is a mysterious beauty.  The mini album "Rap Tarachine" on Robin Disc within Sony created a oriental cosmic mystery world with the support from Jun Togawa, Mishio Ogawa, some members of Tokyo Ska Paradise Orchestra, Demi Semi Quaver, etc.

Bulbous Kitchen

b-KITCHEN RECORDSのオムニバス『eletic, eletic』にも参加した90年代のテクノポップ・ユニット。オリジナル・アルバムの元ナイス・ミュージックのナイス佐藤のプロデュースでリリースしたはず。


This is a 90's Techno Pop unit who joined the omnibus album "eletic, eletic," on b-KITCHEN RECORDS. They also should have released the original album produced by Nice Sato of ex Nice Music.

canariya

Concretes(コンクリーツ.)

Der Zibet

<NOB氏>アルバム「DER☆ZIBET」は岡野ハジメ氏のプロデュースの元、彼の楽曲が12曲中6曲含まれています。決してテクノポップではないのですが、つながりを考えると「あぁ、そうかもね」と感じることもあります。当時MTVのJapan Artistのコーナーで見た「Only "You", Only "Love"」のビデオが未だに印象的です。今聴くと全体的に「GLAY」風味です。


<Mr. NOB> The album "Der Zibet" was produced by Mr. Hajime Okano, and 6 out of the 12 songs are his tracks. Though they are not Techno Pop, you may feel that they may be considering the connection. The video "Only "You", Only "Love"" which I saw on Japan Artist program of MTV is still impressive to me. As I listen now, it's like GLAY overall.

Dream Dolphin

ドリーム・ドルフィンはFOA RECORDSと言うアンビエント&ワールド・ミュージックなレーベルから96年より作品を乱発しています。このレーベルからは他に細野晴臣、コシミハル、ワールド・スタンダードが作品をリリースしており何だかノンスタンダード・パート2って感じです。基本的にはアンビエント・ポップだと思いますが、『Happy Do LuLu Dee!』ではスキャット&ヨーデルを交えた完全にユーロビート状態という暴挙に出ています。


Dream Dolphin has been releasing many works since '96 from FOA RECORDS, Ambient & World Music label. From this label, Haruomi Hosono, Miyaru Koshi and World Standard also released their works and it's like Non Standard Part II. They are fundamentally Ambient Pop, but they are freaking out with Euro-beat songs with Scat and Yodelin "Happy Do LuLu Dee!".

Eccentric Opera, The

1995年にOperaを母体として結成され、現在は女性二人のユニットとなる。80年代オペラ系アヴァンギャルド・ポップ言えばショコラータですが、彼女等はテクノ・ハウスを通過した90年代的サウンドです。ヴィジュアル的訴求、音大卒と言うところでも、共通点がありますね。
<The Eccentric Operaの書上奈朋子嬢>メンバー二人の共通する好きな音楽はLes Rita Mitsukoやら、ポーティスヘッドやらビョークです。私はMolokoやらステレオラブ、Donna Rejginaが好きです。もっともはじめは音響系テクノというかノイズ、トランス系出身ですが....。好きとお仕事のハザマで苦労します。今後おそらくもう少しお仕事と個人二人の共通する音楽で大幅に路線は変わるか、なんかするでしょう。ただ今いろいろ二人で考え中です。


They were formed in 1995 based on Opera, and currently, they are a female duo unit. While 80's Operatic Avant Garde Pop is Cioccolata, they have 90's sound after going through Techno & House. There are some commonalities in visual appeal and degree in Music Collage.
<Ms. Nahoko Kakiage of the Eccentric Opera> Two of us like Les Rita Mitsuko, Portishead and, Bjork in common. I like Moloko, Stereolab and Donna Rejgina while I started with Sci-Fi Electronica, Noise, Trance. It's struggle between what I personally like and what I work on. In future, our direction may change drastically based on what we want to work on and the common orientation two of us have, maybe. Currently, we are thinking a lot.

Frank Chickens / Hohki, Kazuko / Kahondo Style

日本が世界に誇るミュージック・パフォーマンス・ユニット、フランク・チキンズであります。78年に渡英した法貴和子嬢は82年にグループを結成した。「We Are Ninja」は日本人として最初に英国インディー・チャートTOP 10入りしたラップ風テクノなノヴェルティ作品。少年ナイフ、チボ・マット等の海外成功型女性バンドの先駆け的存在。


Frank Chickens are the music performance unit which Japan is proud of for the world. Ms. Kazuko Hohki who moved to the U. K. in '78 formed the group in '82. "We Are Ninja" is a Rap and Techno novelty song which reached top 10 in the U. K. Indie chart first as Japanese. They are piorneers of female bands who enjoyed overseas success followed by Shonen Knife and Chibo Matto.

Garden

Pom Pon Dahliaとスプリット・シングルをリリースしたエレポップ・バンド。


An Electro Pop band that released a split single with Pom Pon Dahlia.

Hidero(日出郎)

Kino-Moderno

一時BBSでも話題となっていたキノ・モデルノです。『日本発の3Dハウスミュージック』と帯に書いてあるので、ハウスなのでしょう。クラフトワークしてます。


Kino-Moderno which was a topic in BBS one time. As the "OBI" says "the first Japanese 3D House Music", I guess it's House. Very Kraftwerk-esque.

Kireina Koumori(きれいなコウモリ)

<よしのたろう特派員>社長、坂川、コバ、プリン、太田さんの5人組。ただし、坂川さんとコバさん以外は、誰も姿を見た方はいません。ライヴでは坂川さんがキーボード、コバさんがシンセベースです。公表データによると以上のオリジナルアルバムが発売されています。ただし現時点で存在が確認されているのは、 「枝毛がいっぱい」と「稲妻compact」のみです。きれいなコウモリは、1993年頃、新宿のライヴハウス「HEAD POWER」で精力的にライヴ活動をしていました。1993/12/23日に行われたライヴでは坂本龍一「戦場のメリークリスマス」のカバーなども披露していました。


<Correspodent Taro Yoshino>A 5-piece group consisting of Shachou, Sakagawa, Koba, Purin, Ohta. But, nobody except Sakagawa and Koba were seen. In their live, Sakagawa plays a keyboard and Koba plays synth bass. According to the publicized data, the above albums have been released. But, "Edaga Ga Ippai" and "Inazuma Compact" were the only ones which I confirmed their presence. Kireina Koumori were doing live performance aggressively in the live house "HEAD POWER" in Shinjuku around 1993. On Dec. 23, 1993, they covered "Merry Christmas Mr. Lawrence".

Kireina Koumori(きれいなコウモリ)

<よしのたろう特派員>社長、坂川、コバ、プリン、太田さんの5人組。ただし、坂川さんとコバさん以外は、誰も姿を見た方はいません。ライヴでは坂川さんがキーボード、コバさんがシンセベースです。公表データによると以上のオリジナルアルバムが発売されています。ただし現時点で存在が確認されているのは、 「枝毛がいっぱい」と「稲妻compact」のみです。きれいなコウモリは、1993年頃、新宿のライヴハウス「HEAD POWER」で精力的にライヴ活動をしていました。1993/12/23日に行われたライヴでは坂本龍一「戦場のメリークリスマス」のカバーなども披露していました。


<Correspodent Taro Yoshino>A 5-piece group consisting of Shachou, Sakagawa, Koba, Purin, Ohta. But, nobody except Sakagawa and Koba were seen. In their live, Sakagawa plays a keyboard and Koba plays synth bass. According to the publicized data, the above albums have been released. But, "Edaga Ga Ippai" and "Inazuma Compact" were the only ones which I confirmed their presence. Kireina Koumori were doing live performance aggressively in the live house "HEAD POWER" in Shinjuku around 1993. On Dec. 23, 1993, they covered "Merry Christmas Mr. Lawrence".

Kojima, Noeri (小島乃江里)

Lolita Complex

<NT氏>ヴォーカルのtoccoは日北欧のハーフで帰国子女。beatsのjunneはスタジオミュージシャン出身。年令は23~24歳。junneはUKミュージックシーンの影響と日本の'80テクノの影響を受けているらしい。そうすると、土屋昌巳さんが参加しているのも納得できます。もともと土屋さん目当てで買ってしまったので...。 昨年アルバム購入直後、渋谷で土屋さんとtoccoが一緒の所を偶然にも目撃してしまいました。土屋さん、全くお変わりなくカッコよかったです。toccoは小柄Lolita系でかなり可愛い娘でした。 尚、新作レコーディング中とオフィシャルサイトで本人達が言っていました。でも発売日とか詳細は不明。Liveとかその他の情報求めてるのですが、ほんとに情報薄です。


<Mr. NT> A vocalist, tocco, is a Japanese-Scandinavian half who studied abroad. junne for beats started as a studio musician. Their ages are 23 to 24. junne appears to be influenced by UK music scene and Japanese 80's Techno. If so, it makes a perfect sense that Mr. Masami Tsuchiya supported them. I originally bought it for Mr. Tsyuchiya. Soon after I bought the album last year, I saw Mr. Tsuchiya and tocco together in Shibuya by accident. Mr. Tsuchiya was still quite stylish as before. tocco was a transister lolita - very cute. They said that they are currently recording in the official site. But, the release data and other details are unknown. There are very little information available while I am looking for the information such as lives.

Mac Donald Duck Eclair

8月12日に行なわれた『FUTURETRON SAMPLER NIGHT』で多くの音楽マニアを唸らせたMac Donald Duck Eclair。ライヴの後、レコードを探す人達(荒特派員も僕も)、かなりいるのではないでしょうか?今、確実に買えるのは『FUTURETRON SAMPLER』だけ(それも時間の問題)。渋谷系のページに入れようか迷ったが、やっぱり違うと思い、このページへ。『Many Many Sweets』ではロリピコ系と紹介されている。21世紀のフェアチャイルドとなって欲しい。


Mac Donald Duck Eclair convinced many music maniacs at the live "FUTURETRON SAMPLER NIGHT" on Aug. 12. I guess many are searching for their records (including Correspondent Ara and myself). The one you can buy for sure right now is "FUTURETRON SAMPLER" only (but until it's sold out). I initially struggled if I should put them to Shibuya-Style, but I felt it's not, and put it here. "Many Many Sweets" introduced it as Lolita Pico (Techno). I want them to be Fairchild of the 21st century.

MANTA

<MANTA氏>以下の3人のメンバーからなるユニットです。MANTA(本職=編曲家)作編曲、コンピュ−タプログラミング、キ−ボ−ド。MIQUI (本職=作詞家)作詞、ボ−カル。B・B (本職=ストリ−トファッション店経営)ダンス、ラップト−キング。

1998年10月にMANTA結成。1999年9月にヴィレッジレコ−ドより1stアルバム「Starter」を発売。その後月1回のクラブ・イベントに参加。今年、1年半ぶりに2ndアルバム「SuperGazpacho」をA.Eレコ−ドよりリリ−スした。このアルバムでは、スペシャルゲストとして村上ポンタ秀一が参加している。他に、夏発売予定のPCゲ−ム「Assassin Ann」のテ−マソングも収録されている。ジャケットのMANTAアニメは、そのゲ−ムのキャラとしてゲ−ム中に出てくる。今後の活動としては、TV、ライブ、クラブなどを考えている。(TVは、現在TV東京でプロモVをオンエア−中です)


<Mr. MANTA> A unit consisting of the following three. MANTA (arranger) for composition, arrangement, computer programming, keyboards. MIQUI (lyricist) for lyrics and vocal. B.B (street fanshion shop owner) for dance, rap, taking.

MANTA was formed on October, 1998 and released the 1st album "Starter" on Village Records on September, 1999. We participated in Club events once a month after that. This year, we released the 2nd album "Super Gazpacho" on A.E Records after one and a half year interval. Shuichi Ponta Murakami joined as a special guest in this album. The theme song for the PC game "Assassin Ann" that will be released this summer is also included. MANTA animation on the album cover appears as characters for this game. We plan activities in TV, lives and club events. (Promotion TV is on air on TV Tokyo.).

Maywa Denki(明和電機)

テレビ(『たけしの誰でもピカソ』の審査員)に出たり、本を出したり、新聞の連載をしたり、かなりメジャーな活動をしています。土佐正道(社長)と土佐信道(副社長)兄弟からなる『中小企業発明家』は自ら考案した楽器で芸術活動を行ってます。魚器(ナキ)を発売し企業活動も行います。自らをツクバ系と呼んでいますが、90年代の日本のディーヴォと呼んであげたい。ちなみにフランスのファッション・デザイナーのアニエス・ベーは彼らのファンらしい。
<Nick Kent氏>彼らの父親は廃業してしまった明和電機という本当の電機会社をやっていたというのを何かで読みました。だから、ファミリービジネスと屋号を再度クレームしている。


Their activities are quite major as they are on TV (as judges of "Takeshi's Everyone Can Be Picasso"), publish books, write a series of columns in major newspaper. The "small-scale company inventors" consisting of Mr. Masamichi Tosa (President) and Nobumichi Tosa (Vice President) brothers are performing art with the instruments they invented. They are also active in business by selling fish looking equipments called "NAKI". While they call themselves as Tsukuba-style, I would like to call them as 90's Japanese Devo. By the way, French fashion desinger, anes b, is a fan of them.
<Mr. Nick Kent> I read that their father had a real electric appliance manufacturing company called Maywa Denki that went out of business. So they sort of reclaimed the family business and name.

Moebius∞(メビウス)

大阪の八尾市の自主レーベルm.o.e. productsからリリース。テクノポップに思い入れがありそうな変な普通の人達。


They are released on m.o.e. products, an indie lable in Yao City in Osaka. Strange ordinary people who appear to have strong obsession for Techno Pop.

Mode-ID

Mode-IDの朝倉光洋は90年になってブラボー小松とSEX結成。


Mitsuhiro Asakura of Mode-ID formed SEX with Bravo Komatsu in 1990.

Mon Mon Club

モダチョキのリーダー矢倉邦晃さん、音楽評論家の安田謙一さん、イレメさん等が参加している。歌謡曲+唱歌。


Mr. Kuniaki Yagura, a leader of Modern Choki Chokies, Mr. Kenichi Yasuda known as a music critic, Ireme-san, etc. joined. Kayo-kyoku + songs for school chidren.

Mute Beat(ミュート・ビート)

世界に誇る情熱の日本のダブ・バンド。メジャー・デビュー前にショコラータらと共に西麻生系カセットマガジン「TRA」でリリース。屋敷豪太はソウル・・ソウルを経て、シンプリー・レッドのドラマーとして世界的に活躍する。また、同じミュート朋友の小玉和文とKODAMA & GOTAとしても活動。朝本浩文もドラムン・ベースのram jam worldで活動。
<オクダケンゴ特派員>小玉和文、屋敷豪太らで構成されていた「ルード・フラワー」が、メンバー再編した後「ミュート・ビート」に発展。メンバーその後:北村は「じゃがたら」へ、内藤は「ARB」再結成に参加、松永は現「ラブジョイ」。屋敷は「メロン」、「Bomb The Bass」、「Soul II Soul」、「Simply Red」等参加の後「Gota & The Low Dog」を結成。ちなみに、宮崎はコイズミ仕事などで活躍。坂本は「すかんち」のコスチュームなどを担当。


This is the Japanese dub band with passion which we should be proud of for the world. Before their major debut, they released from Nishiasabu-styled Cassette Magazine along with Cioccolata. Gota Yashiki was globally active as a drummer of Simply Red through Soul II Soul. He also played with Kazufumi Kodama, Mute friend, as KODAMA & GOTA. Hirobumi Asamoto played as Drum'n'Bass unit ram jam world.
<Correspondent Kengo Okuda> "Rude Flower" consisting of Kazufumi Kodama, Gota Yashiki, so on progressed to "Mute Beat" after reorganization. Activities of key members after Mute Beat: Kitamura joined "Jagatara", Naito joined reunited "ARB", and Matsunaga is currently "Love Joy". Yashiki formed "Gota & The Low Dog" after played in "Melon", "Bomb The Bass", "Soul II Soul", "Simply Red", etc. By the way, Miyazaki was involved with Kyoko Koizumi productions. Sakamoto was in charge of costume of "Sukanchi".

99 1/2, The (Ninety Nine And Half, The)

<オクダケンゴ特派員>初期にはメンバーにシンセベース/キーボード奏者もいました。P.J.とストリートスライダーズの蘭丸こと土屋公平を中心にしたこのユニット、音的にはソウルやレゲエやヒップホップなどの黒人音楽のスパイスと骨太ロックのダンスフロアでの融合といった感じです。


<Correspondent Kengo Okuda> In the early days, they had synth bass and keyboard players. This unit centered around P.J. and Kouhei Tsuchiya a.k.a. Ranmaru in Street Riders blends Black Music spice such as Sound, Reggae, Hip Hop and Heavy Rock at dance floor.

No Comments, The

<H・カワモト氏>大阪のインディーズ出身だったと思います。ウエスタン風スカですね。


<Mr. H. Kawamoto> This is from Osaka Indies. It's Western Ska.

Petit Mit

Plus(プラス)

POiSON GiRL FRiEND

Pom Pon Dahlia / Hasebe, Novko(ハセベ・ノヴコ)

Pom Pon Dahliaは、モダチョキで濱田マリさんとフロント・アクトを務めた長谷部信子さんがいたバンド。サウンドは、戸田誠司ファンとしても知られる長谷部さんならではの、水谷パティさんのキュート・ヴォイスを生かしたテクノポップ。TVで見たとの証言あり。2000年にリリースされたソロ・ミニアルバムもテクノポップ。


Pom Pon Dahlia is a band with Ms. Novko Hasebe did front acts with Ms. Mari Hamada in Modern Choki Chokies. The sound is Techno Pop leveraging Ms. Patty Mizutani's cute voice by Ms. Hasebe known as a Seiji Toda fan. There is a witness who saw them on TV. Her solo mini album released in 2000 is also Techno Pop.

Psychodelicious

<オクダケンゴ特派員>96年に発表した「BIG LOVE」というMAXIシングルを田中フミヤ&山本朗生及びAUDIO ACTIVEによるMIXをお目当てに買ったのですが、ORIGINAL ヴァージョンもなかなかテクノな高揚感があるロック作品でアタリでした。サイコデリシャスはレッドウォリアーズの木暮武彦(シャケ)を中心にしたプロジェクトのようでVocal/Backing VocalでHONEY☆Kも参加していたのですが、なるほどそのテクノ化には元シネマの小滝満が関わっていました。


<Correspondent Kengo Okuda> I bought the maxi single "Big Love" for the mixes by Fumiya Tanaka & Yoshio Yamamoto and Audio Active, and the original version is also a good Rock song with Techno sensation. Psychodelicious seems to be a project centered around Red Warriors' Takehiko Kogure. Honey K also joined as a vocal and backing vocal, and Mitsuru Kotaki, ex. Cinema, was involved for Techno sound.

Qujila(くじら)

シンセも多用したジャパネゲエ(日本的レゲエ)ポップを得意とします。


They are good at Japaneggae (Japanesque Reggae) Pop using synthesizers.

Shirayukihime Band(白雪姫BAND)

紹介するべきか躊躇するのですが、Cosmosも紹介してしまったので…。6人の中高生ぽい女子のバンド。その内3人はシンセ担当。奥慶一がサウンド・プロデュースし、「慕情」とかのカヴァーをしています。物好きな人は買いましょう。


I was hesitant to introduce this, but I have already introduced Cosmos... A band consisting of 6 junior high or high school girls. 3 of them play synthsizers. Keiichi Oku produced it, and they covered "(I don't know the original title)". A good for someone with special taste,

Silver Stars(銀星団)

ハードロックからテクノ〜ニューウェイヴへの回答。Bow Wow(後にVow Wow)のメンバーが中心となった覆面バンド。
<鈴木氏>僕、実は当時銀星団と同じ事務所でバンドをしていました。元々はBOW WOWがライバルを求めていて、いろいろさがしていた頃で、「それじゃあ自分たちでライバルを作っちゃおう」ということになり、覆面をして「銀星団」を演っていた頃、レコード会社トリオから「新しいレーベルを立ち上げるので、手を貸してくれ」、という声がかかり、事務所社長がそこの第一段として「銀星団」を作りました。(ちなみにそのレーベルの第2段はパープルですよ。変なの。)僕は、銀星団はBOW WOWと田代マキさんだと思っています。田代マキさんがいたのでは、というのは僕の想像ですが、この方は実際に恭司さんのネム音楽院時代の友人です。
セカンド以降は、事務所にいたBOW WOWの当時のローディー連中、後のパリテキサスである彼等です(ヴォーカルを除く)。最初は「ライブ用のメンバーとインタビュー用のメンバーが違う」とか、「十数人の人間が拘わっている」とか、いろいろ噂がありましたが、セカンド以降は実体のあるバンドとして活動し、サウンドはロックンロールベースのヘビメタです。しかしファーストほど売れなかったので、社長の鶴の一声があって、後、内田裕也さんのもとへ引き取られていきました。三原康可という名前で、そのサイドギターが、現在俳優業もしています。彼等は毎年ニューイヤーロックフェスで内田裕也・安岡力也両氏のバックを十数年前から務めています(ノーギャラだそうです)。最近恭司さんがあちこちでちょろちょろ漏らしていたり?ソロライブの開演前の会場で「銀星団」が流れていたそうです。
銀星団の他にも、当時の事務所ではギズモという、BOW WOWの「弟バンド」がありました。このギズモのギターが、後に(セカンド以降)SSSでギターを弾く柴田さんで、キーボードにはあの小室哲哉がいました。(両氏共に18歳でした。)このバンドは日比谷野音などいくつかのステージ踏んだ後、空中分解。小室は事務所を離れて大学生。柴田はデビュー予備軍に戻りました。


This is the answer from Hard Rock to Techno & New Wave. A masked band based on the members of Bow Wow (later Vow Wow).
<Mr. Suzuki> I was doing a band in the same office as Silver Stars. Bow Wow was looking for their rivals, and they decided to create the rival by themselves and they were playing as Silver Stars with masks. At that time, Trio asked to get some help to start a new label and the president of this office produced Silver Stars as the first one. (By the way, the second one is Purple. Strange.) I think they are Bow Wow plus Maki Tashiro. It's my imagination that Maki Tashiro was there, but he was a friend of Kyoji during Nemu Music Academy.
From the second album, they are rowdies of Bow Wow at their office that become Pris Texas (except vocalist). There were some rumours like "They are different for lives and interviews" and "A dozen of members were involved", but they acted as a real band from the second album, and their sound is Heavy Metal based on Rock'n' Roll. But, the following releases were not as successful as the first, and they went to Yuuya Uchida's place after the president's call. A side guitarist is doing an actor with the name of Yasuka Mihara. They have been doing backing support for Yuuya Uchida and Rikiya Yasuoka at New Year Rock Festival every year (without money). Recently, Kyoji is leakling about it? In his solo live, "Silver Stars" was played prior to the live.
There are a younger brother band of Bow Wow called Gizmo in the same office. The guitarist in Gizmo is Shibata who played a guitar in SSS (from the second album), and Tetsuya Komuro was also doing keyboards. (Both are 18-year-old.) This band was disbanded after doing lives at Hibiya Yaon, etc. Komuro went to the collage leaving the office. Shibata went back to the status of pre-professional musician.

Still

82年に活動を始めた紅一点としえさんのヴォーカルをフィーチャーしたネオサイケ系ギターポップ・バンド。「Some Girls - Rebel Street IV」に参加。


This is a Neo Psyche Guitar Pop band featuring Toshie, a female vocalist, that started in 1982. They participated in "Some Girls - Rebel Street IV".

Tables, The(ザ・テーブルズ)

元々ギター・バンドとしてスタートしたが、テクノ・デュオとなった。中野薫子の歌詞のセンスに注目。


They originally started as a Guitar band, but ended up with Techno duo. Kaoruko Nakano has a remarkable sense in her lyrics.

Tomita, Yann(ヤン富田) / Doopees

ウォーター・メロン・グループにも参加していたスティール・ドラム奏者のヤン富田氏です。ヤン富田氏は『若いこだま』にも参加してます(これがソロ・デビューでしょうか?)。Caroline Novac(キュートです)をフィーチャーしたドゥーピーズの『Doopee Time』は、判りやすいラウンジ系ですが、ソロは判りづらいアヴァンギャルド系。


This is Yann Tomita, a steel drum player, who joined Water Melon Group. Yann Tomita also joined the album "Echoes Of Youth" (is this his solo debut?). While "Doopee Time" by Doopees featuring Caroline Novac (she's cute) is easy to listen Lounge Music, his solo works are hard to listen Avant-Garde Music.

Vanilla/8(8分のバニラ)

アヴァンギャルドな面もかいま見れる90年代型テクノポップ・デュオ。ちょっとテーブルズやハイポジのセンスにも通じるところがある。セカンド・アルバムは元アーバンダンスの成田忍氏のプロデュース。
<近藤氏>「8分のバニラ」というユニットをご存知でしょうか?音はテクノポップ/ニューウェーブです。ボーカルは、いわゆるロリータ系なんですが、詞はかなりシュールで難解な世界でして、アルバム全体はけっこうコンセプチュアルな作りです。


This is 90's style Techno Pop duo with some avant-garde element. It has some similarity in sense to the Tables and Hi-Posi. The second album was produced by Mr. Shinobu Narita, ex-Urban Dance.
< Mr. Kondo> Do you know the unit called "Vanilla/8"? Their sound is Techno Pop/New Wave. While the vocal is lolita-ish, lyrics are deep in meaning, and the album is pretty conceptual.

Yukiseimeitai(有機生命体)

<オクダケンゴ特派員>有機生命体は80年代末頃から活動していたバンドでゴシックかつメルヒェンな世界観が魅力。また、ボーカルのパーム・ルージュ・マリリンの歌唱も戸川純からの影響がみてとれます。


<Correspondent Kengo Okuda> Yukiseimeitai is a band which as been active since late 80's, and their gothic and fantasic world has unique apeal. Parm-Rouge-Maririn, a vocalist, seems to be influeced by Jun Togawa.

YU-RA(ユラ)

Cocteau TwinsのRobin Guthrieがプロデュースした京都出身の女性デュオ。「Love Chemistry」は4AD的ラップという面白い試み。


This is a female duo from Kyoto produced by Robin Guthrie of Cocteau Twins. "Love Chemistry" is an interesting attempt to make Rap in 4AD style.

Zerospectre(ゼロスペクター)

<オクダケンゴ特派員>ルースターズを83年に脱退したドラマー、池畑潤二らにより結成された「レッド・スティック&スペクター」から発展。曲調はグラスバレーなどに近いいわゆる英国風エレポップでして、軽くナルシスティックです。


<Correspondent Kengo Okuda> This is stemmed from "Red Stick & Spectre" formed by Junji Ikehata, a drummer who left the Roosters in '83. Their sound is British-style Electro Pop which is close to Glass Valley with light narcissism.

HOME | INDEX