JAPANESE GAG

ラジオ番組として始まったスネークマン・ショーはYMOとのカップリング・アルバム『増殖』をYMOブームの最中に出すことによって一気に当時のニューウェイヴ世代を魅了しました。スネークマン・ショーはストレートではなく変化球、下手をするとストライクゾーンを外しているのですが、繰り返し聞いても耐えうるパワーを潜めています。ヴィジュアルがないぶんより聞き手の創造力をかきたてます。スネークマンショーに始まり現在まで幾つかのギャグ・プロジェクトが制作されましたが、スネークマンショーはその金字塔としてそびえ立ちます。

ALL ABOUT JAPANにて『スネークマンの蛇足』記事を2001年12月12日に掲載。


Snakeman Show which started as Radio Show attracted New Wave generation by releasing the album coupled with YMO tracks during the peak of YMO boom. Shakeman Show throws a curve not straight ball and sometimes does not hit the strike zone, but it has hidden power to be listened many times without boredom. No visuals enhances listeners' creativity. While several gag productions have been made after Snakeman Show, Snakeman Show is everlasting as Golden Tower.

Akarui Kazokukeikaku(明るい家族計画) | Bakusho-Mondai(爆笑問題) + Nagai, Hidekazu(長井秀和) | Geisha Girls | KOJI-1200/KOJI-12000 UP! | New Snakeman Show (Blue Film) | Modern Choki Chokies(モダンチョキチョキズ) | Radio Heaven | Rocketman | Shimizu, Michiko(清水ミチコ) | Snakeman | Snakeman Show | Snakeman Show Enfants | Super Eccentric Theater

Geisha Girls

教授と鄭東和氏がダウンタウンをプロデュースして生まれたスーパー・ギャグ・プロジェクト。「炎のミーティング」は教授+小室哲哉氏の作曲です。


Ryuichi Sakamoto and Towa Tei produced Down Town creating a super gag project. "Hono-o No Meeting" was composed by Ryuichi Sakamoto + Mr. Tetsuya Komuro.

KOJI-1200 / KOJI-12000

何故かテイ・トウワが気に入っている今田耕司のアルバム。ほかにも、ヤン富田、立花ハジメ、高野寛、野宮真貴と豪華なゲスト陣。題名通り、シングルにもなった『ナウ・ロマンティック』はもろニュー・ロマンティックスしてます。『アメリカ大リミックス』もあります。今度はKOJIー12000と改名して女子校生MAKIKOとテクノっぽい『DUET!!』をやってます。


The album by Koji Imada whom Tei Towa likes somehow. Very deluxe guest artists such as Yan Tomita, Hajime Tachibana, Hiroshi Takano, Maki Nomiya. As the title indicated, the single "Now Romantic" does New Romantics. "America Dai Remix" is also available. He is now doing techno-ish song "DUET!!" by renaming as KOJI 12000 with a high school girl MAKIKO.

HOME | INDEX