JAPANESE INDIES EXTRA

他のページで紹介できなかった日本のインディーズ・シーンで活動するアーティストを集めました。


This collects the artists in Japanese Indies scene whom I did not list in the other pages.

Bleur | DORF | F.O.E.D. | SOL
Omnibus
Channel Kyoto on CH/C DISC

Bleur

<オクダケンゴ特派員>hybrid recordsからリリースしているテクノ・ヒーリング・ジャズ・ユニット。「Luv U Luv U Luv ME」では、LUV RINGという女性シンガーを迎え、タイトル曲にもなっているポップダンスナンバーを展開している。


<Correspondent Kengo Okuda> This is a Techno Healing Jazz unit released on hybrid records. In the album "Luv U Luv U Luv ME", they invited a female singer called LUV RING and did the titled Pop Dance number together.

DORF

<DORFの奥野晃成氏>1990年に結成。何度かのメンバーチェンジを経てマイペースに活動している正当派?テクノポップバンド。現在まで数種類のカセットと2枚のCDをリリースしている。またライブ活動も行ない現在は主に秋葉原CLUB GOODMANでテクノポップ・ライブイベント「TECHNO PLANS」を主催し、ライブ活動の拠点としている。TV番組「えびす温泉」に出演し、あまりのテクノポップ臭にゲストのピエール瀧にコケにされつつも喜んでもらえた経歴アリ(苦笑)。


<Mr. Terushige Okuno of DORF> Formed in 1990. It's an orthodox-style Techno Pop band which is performing on our pace after several member changes. We have released two CDs and several cassette tapes to date. We also do live performance and currently promote the Techno Pop live event "TECHNO PLANS" mainly at Akihabara CLUB GOODMAN where our gigs are based. We appeared on the TV program "Ebusu Onsen", and we pleased Pierre Taki who came as a guest due to too much Techno Pop smell though we are laughed at.

F.O.E.D.

1998年にmodern-greyでの活動を経た2人がよりアグレッシブなビートを 求めてF.E.O.D.を結成。
<F.O.E.D.の堀宣良氏>もともとは、ドラムの僕とベースの今井2人だけで始めました。2人とも打ち込みをやるし、それだけでフロアーを踊らせる音楽を制作できると思ったからです。リズム中心の音楽を......。1stをリリースして、当時P-Modelや宇多田ヒカルなどのプログラマーをやっていたmomo氏と出会い、意気投合して、3人となったのです。
F.E.O.D.という名前は今となってはあまり意味はありませんが極東の歪んだ奴らという意味で付けました。FAR EAST OVER DRIVEだったと思います。僕は、このバンド以外にもいろいろとサポートなどもやっています(Scudelia Electro etc....)。去年は森岡賢さんのレコーディングや、globeのアレンジなど、仕事でも幅が広がりました。


The two who played in modern-grey formed F.E.O.D. to pursue more aggressive beat in 1998.
< Mr. Hori in F.O.E.D.> Originally, I, a drummer, and Imai, a bassist, started. The two does programming, and we thought we could produce dance music on the floor just with it. Music centered around rythmn.... We released the 1st album and we became three by meeting Momo who did programming for P-Model and Hikaru Utada. F.E.O.D. does not mean much now, but it's named after Far East Over Drive. I do various support beside this band (Scudelia Electro, etc.). Last year, I had broader experience with the recording for Mr. Ken Morioka, and the arrangement for globe.

SOL

元OAD(アート・リンゼイや元This Heatのチャールズ・ヘイワードと共演)のサックス奏者、松下一夫氏と作曲家の石川智久氏、ドラマー、河塚敦氏による関西発の前衛的エレクトロニカ・ユニット。京都CLUB METROにて初ライヴ。神戸ファッション美術館にて行われた「wie-ge」の春・夏コレクションの音楽を担当。


This is an Avant-Garde Electronic unit from Osaka by Mr. Kazuo Matsushita, an ex-OAD (collaborated with Art Lindsey and Charles Heyward of ex-This Heat) sax player, Mr. Tomohisa Ishikawa, a composer, and Mr. Atsushi Kawatsuka, a drummer. The first live at Kyoto Metro Club. They worked on Spring-Summer Collection for "wei-ge" conducted at Kobe Fashion Museum.

Omnibus Albums

Channel Kyoto

[1998] CH/K DISC

01. Pippi 2000: Fancy The Wizard
02. Pippi 2000: Fancy Wheels Of Confusion
03. Satoshi Naemura「苗村聡」: Fire Mans Mans World
04. Satoshi Naemura「苗村聡」: Shigure Bana「時雨花」
05. Zon Ito「伊藤存」: Topwater Excitement
06. Banaroa: Spectol~Yo No Hate No Tabi「スペクトル〜夜の果ての旅」
07. Kyowdai「兄弟」: Unison Hotel「ユニゾン・ホテル」
08. Kyowdai「兄弟」: Boku No Tabibito「僕の旅人」
09. Duet Maniacs: Gogatsu No Bianki「5月のビアンキ」
10. King And Prince: Aibou Machine Mustard Kyoon「相棒マシンマスタードキューン」
11. King And Prince: Weather Report
12. Something Grip「グリップの」: Thinking About Midnight 1&2「真夜中に考える1と2」
13. Internazionale Hoso-Pong: Kimi Ni Iitakatta Koto「君にいいたかった事」
14. Internazionale Hoso-Pong: Start Chiten「スタート地点」
15. Yukiya Kaneiwa「金岩幸也」: How To Make A Kodomofuku「ハウ・トゥ・メイク・ア・子供服」

ゆるいアコースティック系〜実験ポップ系〜ヒップホップ系等が混ざったヴァラエティに富んでいる宅録コンピです。個人的には個性が光るKing And Princeが気に入りました。
<チックディスクの中司氏>去年、宅録レーベルを始めて、 オムニバスCD『CHANNEL KYOTO』(¥1200です)というのを製作しました。 すべてのユニットが演奏、録音からミックスまで手がけています。 個人的には、完成度よりも素人のリアルな感覚を感じてくださればと思います。 とりあえずホームページでデモが聴けますので皆さん遊びにきてください。 販売はメール(katchy@alles.or.jp)でも電話(090-4765-6887)でも受け付けています。その他、これから映像制作やいろんなジャンルのイベントなどにも 関わっていくつもりです。参加希望も歓迎します。 また、録音ノウハウや流通事情を教えていただけるところとか、リンクしていただける方とか興味本位でもなにか言ってくださる方とかお気楽に連絡してください。 風通しよいです、一緒に過ごしましょう。


This is a home-recording compilation with wide variety mixing the elements of loose Acoustic, Experimental Pop, Hip Hop. I personally liked King And Price which shines with some unique characteristics most.
<Mr. Nakatsukasa of Chic Disc> I started my home-recording label last year and produced the omnibus CD "CHANNEL KYOTO" (priced at \1,200). All the units do from playing, recording and mixing. Personally, I would like you to feel the real sense of amatures rather than perfection. Pls. visit our home page as you can listen to the demo tracks. We accept the order via mail (katchy@alles.or.jp) or phone (090-4765-6887). I plan to be involved with various activities such as film making. Your participation is welcome. I am looking for those who can tell recording technique, distribution channels, the webmasters who can link to my site, whoever can comment on my work. We are very open, let's work together.

HOME | INDEX