JAPANESE RETRO POP
WONDER POP(不思議ポップ)

このページでは正式なジャンルではありませんが、日本のレトロ・ポップ系(私が勝手に命名しました)のアーティスト達を紹介します。レトロ・ポップの条件とは1)現代的でなく近代的(大正、昭和初期あたり)である、2)過去からの未来感を元にする、3)何処か日本的である、4)テクノな感じがする。あがた森魚やゲルニカがその原点でしょう。初期のShi-Shonen等もこの系ですね。村上ユカと大正九年は平成のレトロポップ。

↓はある意味でのレトロポップ...

ALL ABOUT JAPANにて『ルーツとしてのエキゾ歌謡』記事を2002年7月30日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『不思議ちゃんの系譜〜第1回』記事を2002年9月11日に掲載。


This page presents the Japanese Retro Pop (I named it) artists while it's not an official classification. Key conditions of Retro Pop are; 1). modernistic (around Taisho and early Showa periods), not present, 2). based on the view for the future from the past, 3). somehow Japanesesque, 4). techno-esque. Morio Agata and Guernica are probably the origins. Shi-Shonen in their early days also have this orientation. Yuca Murakami and Taisho-9nenn are Retro Pop in Heisei Era.

Agata, Morio(あがた森魚) | Akaike, Haruko(赤池晴子) | Apogee & Perigee(アポジー&ペリジー) | Chakra | Guernica | Hotatsu, Nami(宝達奈巳) | Hiuganatsu(ひうがなつ) | Killing Time | Murakami, Yuca(村上ユカ) | Nekomatsurihime(猫祭り姫) NEW! | Ogawa, Mishio(小川美潮) | Ohta, Keiichi(太田蛍一)| Shi-Shonen | Taisho-9nenn(大正九年) | Togawa, Jun(戸川純) | Ueno, Koji(上野耕路) | Virgin VS | Yano, Akiko(矢野顕子) | Yapoos | Yomo, You(四方由宇) | Youchu-sha = Larva House(幼虫社) NEW! | Yusei Mints(遊星ミンツ)

Akaike, Haruko(赤池晴子)

<ウエハラ氏>AXIAオーディション出身者です。「当世ロマン歌集」はゲルニカを連想させる、昭和歌謡を打ち込みで再現したようなレトロな打ち込みサウンドです。「当世ロマン歌集」のサウンド・プロデューサーは白井良明、シンセサイザー・プログラマーは松武秀樹という実に豪華なメンバー。1995年ごろはKeyboard Magazine誌に「はるこの嫁入道具」という打ち込み関係機材のエッセイを連載していました。


<Mr. Uehara> She is from AXIA audition. "Tosei Roman Ka-shu" is the sound which revived Showa Kayo (traditional Japanese pops) with techno like Guernica. It has deluxe supporting members like Yoshiaki Shirai for sound producer and Hideki Matsutake for synth programmer. Around 1995, she had a series of essay about programmed sound equipments called "Haruko's wedding tools" in Keyboard Magazine.

Hotatsu, Nami(宝達奈巳)

インド的なジャケに引かれて買ってしまった変なCD『宝達奈巳』。Green Energyという宗教団体のような名前のレーベルからリリース。細野晴臣氏のライヴに参加したこともあるらしいヴォーカリスト&マルププレイヤー。細野氏が「能登に宝達山という山がある。どんな山か知らないが、明日その近くに行くことになった。シャーマンの故郷だろうか?奈巳さんの声音にはそんな響きを感じる。」という言葉を添えている。誰も知らない話題曲「へび」では「へびのようにあなたの体に巻きつきたい。」と歌う。女の情念を感じる。


The strange CD "Hotatsu-Nami" which I bought due to Indo-esque cover art. It was released on the label called "Green Energy" which sounds like a religious group. She is a vocalist and multi-intrumental player. appeared in Haruomi Hosono's live. Mr. Hosono gave his words "There is a mountain called Hotatsu-san in Noto. Though I don't know what mountain it is, I will go somewhere near there. Is it the home ground of Shaman? Nami's voice sounds like it." She sung "I want to wind myself around your body like a snake" in the song "Like A Snake" nobody knows. It makes me feel women's deep emotion.

Taisho-9nenn(大正九年)

天才(?)宅禄テクノ系不思議少女。意味不明の言葉をたくみにあやつり、自分だけのポップワールドを構築。京浜兄弟社系に近いものを感じる。25曲も入ったアルバム『九階に在る食堂』に収録の「エレガール」では「テクノカットにしたよ、テクノカットにしたよ、テクノカットにしても、友達やめないでね」と歌い、テクノポップ・フリーク度大。『ありがとう、これからもよろしく頼む』ではNEO NEW WAVE系の人たちの名前(千葉レーダー、スカイフィシャー、ポリシックス、山田冷蔵庫王、等)がクレジットされている。


She is a genious (?) bedroom-recording Techno magical girl. She constructs her selfish Pop work manipulating meaningless words. I feel something close to K-Hin Bros. Co. In "Elegirl" in the 25-track album "A Restaurant at 9th Floor", she shows high level of Techno Pop freak singing "I did Techno Cut, I did Techno Cut, Even with Techno Cut, Don't stop being my friend". Neo New Wave people (such as Chiba Rader, Skyfisher, Polysics, Yamada Reizoukoou) are credited as special thanks.

Yomo, You(四方由宇)

プロデュース、作詞、作曲、編曲を一人でこなしている謎の人です。80年代初期矢野顕子を彷彿とさせる不思議系テクノポップです。村上ユカ、大正九年が好きな人にもお奨めです。


She is a person of mystery who did production, lyrics, composition, arrangement all by herlself. It's a Magical Techno Pop reviving Akiko Yano in the early 80's. Recommened for the people who like Yuca Murakami, Taisho 9-nenn.

Yusei Mints(遊星ミンツ) / Hiuganatsu(ひうがなつ)

HOME | INDEX