JAPANESE ULTRA MINOR

このページはメインのコーナーで扱えなかった80年代を中心とした愛すべき超マイナー・アーティスト(単に私の情報不足の場合もあります)を紹介します。もし貴方が知っていたらメール下さい。BOXK-HIN BROS. CO., LTD.(京浜兄弟社)NAGOMSUIZOKUKAN(水族館)TROUBADOURWAXTRIGGER等のインディー・レーベル(正確にはメジャー・レーベル傘下のものもありますが)は超マイナーの宝庫です。


This page presents 80's ultra minor artists which I cannot cover in the main corner (often due to the lack of information in my side). Let me know if you know about them. Indie labels (to be accurate, some are under major labels) such as BOX, K-HIN BROS. CO., LTD., NAGOM, SUIZOKUKAN, TROUBADOUR, WAX, TRIGGER are treasure houses of ultra minor ones.

Alpha, The | Comet Club | CP-02 | Du-Plex | Earthling | E.S. Island | Fay's | Fruits Paradise | Hero UP! | Imasara Israel(いまさらイスラエル) | Jullan(ジュラン) | Neo Museum | Panacist(パナシスト) | Pegmo | Peking Ducks(北京ダックス) | Phonogenix | 3dl (San-Decilitre) | Sarah(沙羅) | Shichifukujin(七福神) | SPICA | Targets, The | Yagi

Alpha, The

デジタルっぽいジャケに惹かれて、500円だった(以前2,000円以上だった時は、見送る)ので買った一枚。確かにエレポップ的なサウンドなのですが、ちょっとマニアック度の低いダンスビート。「Special Thanks to Chage & Asuka」とクレジットが入っているので、30点減点。

<DONA嬢>ALPHAデビュー当時はメルダック(もう倒産しましたが)期待の星で結構CMとかでライブやLP(古い)の宣伝してました。しかしシンセ系では当時ALPHAとT.Mネットワークが競いあい、あっさりと売れセンを書いたT.Mに抜かれました。その後、メルダックではまったく期待されていなかったバンド「ブルーハーツ」がブレイクし、レコードの発売契約を切られに89年4月に活動停止になってしましました。


This is an album I bought with its digital-looking cover art as it's priced at \500 (I did not buy when it was over \2,000). Though it is certainly Electro Pop-styled sound, it's Dance Beat with low level of maniac-ness. It's minus 30 due to "Special Thanks to Chage & Asuka".

<Ms. DONA> Alpha was a star with a lot hopes on Meldac (bankrupted) at their debut, and their lives and LP were advertized by commercials. Alpha and T.M. Network competed as Synth-oriented ones at that point, but they were easily surpassed by T.M. who aimed at the mainstream. Later, Blue Hearts who were not expected much outbroke, and Alpha lost the contract and stopped the activity in April '89.

Comet Club

<速瀬れい特派員>「恋する人形」というシングルを持っています。ジャケットに「サントリー・ワイン・レゼルブ・CFイメージソング」。作詞・作曲が大友邦彰、編曲が大友邦彰と(あの?)ジミー中山。B面は「寒気する程トロピカル」で、詞はほんとうに寒気がします、


<Correspondent Rei Hayase> I have the single "Koi Suru Ningyo". The cover shows "Suntry Wine Reserve CF Image Song". It was written and composed by Kuniaki Ohtomo and arranged by Kuniaki Ohtomo and (that?) Jimmy Nakayama. Side B's lyrics feels very cold as the title says.

CP-02

「テクノ歌謡マニアクス」でも紹介されている謎の男女デュオ。A面は男女掛け合いのエレクトロ・ラップと言おうか。男の台詞が情けない。


This is an unidentified male/female duo that was also introduced by "Techno Ca-yo Maniacs". Side A is a kind of Electro Rap between a male and female. Guy's part of lyrics is quite helpless.

Du-Plex

ウエハラ氏がテクノ歌謡ファンページでも紹介していた、G. I. Orangeの「サイキック・マジック」(アレンジはマライアの笹路正徳)をカヴァーしたブラック・アイド・ソウル+エレポップ風デュオ。シングルは両方ともスズキ「アルト」のイメージ・ソング。アルバムではプロデューサーのJohn Adams氏(なんか聞いた覚えが…)が、「カモシカのような2人の若者が東の国からやって来た。彼等は黒人の声をもっていた。」と紹介している。大内氏はのちにソロとなり、義昭と名乗る。もう一人のメンバーの名前がちゃんとクレジットされていないので自信ありません。


This is a Black-Eyed Soul + Electro Pop duo who covered "Psychic Magic" (arranged by Masanori Sasaji of Mariah) of G. I. Orange. Mr. Uehara also introduced them in Techno Ca-yo Fan Home Page. Both of the singles are image songs for Suzuki "Alto". In the album, Mr. John Adams (I feel like I heard his name somewhere) introduced them as "Two young men like antelopes came from the East. They had voice black boy.". Mr. Ohuchi became a solo singer as Yoshiaki Ohuchi. Another member's name was not credited clearly, and I am not certain.

Earthling

東京ドリームスのイヴェントにも参加していたエレポップ系バンド。海外でもツアーをやったらしい。ファースト・アルバムは立川直樹氏がプロデュースし、全曲英語で歌っています。


This is an Electro Pop band which played in the event called "Tokyo Dreams". They also did an overseas tour. Their first album was produced by Mr. Naoki Tachikawa. All the songs were sang in English.

E.S. Island

テクノ歌謡・ポリドール編』に収録されている「テクテク・マミー」は細野晴臣監修の沖縄民謡エスノ・テクノポップ。ヴォーカルの高橋早苗は元ジュンとネネのネネ。ニューウェイヴ感覚のレゲエ色が強いアルバムはテクノ歌謡DXとして、奇跡の再発を果たした。
ホッピー神山がE.S. Islandのレコーディングに参加していたとの記事を読んだ事だ有りますが、未確認です。


'Tech Tech Mummy' contained in the album "Techno Cayo Polydor Version" is an Okinawan Ethno Techno Pop supervised by Haruomi Hosono. Sanae Takahashi, a vocalist of the band, is Nene of Jun & Nene. The album which has a strong color of Raggae in a New Wave fashion was re-issued as a series of Techno Cayo DX unexpectedly.
I read the article saying that Hoppy Kamiyama joined the recoding for E.S. Island, but it was not confirmed.

Fay's

よく中古屋でシングルやアルバムを見たのですが、男性グループというの外す確率が高いのでずっと買いませんでした。50円という値段では、買わないわけにはいきません。水着のおねえちゃんのジャケのセンスはいまいちですが、サウンドもヴォーカルもソフトなエレポップとして聴き応えのある内容。松本隆と森雪乃丞の作詞曲もあり。


While I often saw their singles and albums in the used shops, I had not bought any as male groups have a high chance to be out of my acceptance. But, I cannot help buying at \50. Though the sense of cover art with a girl with swimming suits is kind of poor, both sound and vocal are sufficient to listen to as soft Electro Pop. There are some tracks written by Takashi Matsumoto and Yukinojo.

Fruits Paradise

タイトルのロゴがデジタルなので、ジャケ買いをしました。フルーツ・パラダイスは第10回フレッシュ・サウンド・コンテスト(何なのでしょう?)のグランプリに輝いたらしい男女のデュオ。サウンドはPink Tank系のテクノ歌謡。A面はサエキけんぞう・作詞、吉田唯人・作曲(誰?)、山川恵津子・編曲です。

メールを頂いた吉田さんへ返事のメールを送りましたが、メールが帰ってきてしまいます。メール・アドレスをお知らせください。


I bought it as the cover art had a digital logo. Fruits Paradise is a male/female duo that won championship in the 10th Fresh Sound Contest (what is it?). The sound is Pink Tank-like Techno Kayo. Side A was written by Kenzo Saeki, composed by Yuito Yoshida (who?) and arranged by Etsuko Yamakawa.

Hero(ヒーロー)

<オクダケンゴ特派員>元あんぜんバンド/バーズ・アイ・ヴューの長沢ヒロが元マーシャンロードのメンバー等と結成しました。長沢ヒロだからヒーローです。ちなみに長沢ヒロは、明石家さんま・島田紳助が歌った「い・け・な・い・お化粧マジック」(『うっ!あの人がこんな歌を・・・。』に収録 )の作詞作曲編曲を手がけています。

<英雄氏>まず、「HERO」ですが、高橋 誠は「BOØWY」に、ホッピーはご存知のように欧州に、長沢は作曲家・プロデューサーにとウルトラマイナーからウルトラメジャーに転身してしまいました。ポリドールからの”HERO’S GIFT”後は、長沢のテクノ化推進派と従来のアナログヘビメタ派が対決し、逆に煮え切れない、いい感じのサウンドになっていました。コロムビアから企画でジャッキーチェーンの映画「酔拳」の主題歌を英雄(HERO)と言う名でやりましたが、この音がその頃の煮え切れないテクノロックの音でした。あのまま行けば、ウルトラメジャーバンドにもなっていたかも知れません。

そして、メンバーは煮詰まりと生活のためにそれぞれ副業をするようになります。所謂、バックバンドって奴でして、これが金にはなるんですがスケジュールが合わずにLIVEが組めなくなっていきます。それで、とうとうHERO自体丸投げで、某超アイドルタレントのバックになってしまいました。しかし、あまりの忙しさで自分達の活動は余計に出来なくなり、一抜け、二抜けと散々してしまい、「HERO」は自然消滅してしまいました。

当時、浦和ロックンロールセンターと言う団体がよくフォローをしてくれていて一昨年に何周年かの記念イベントで再結成された話も聞きました。また、「四人囃子」も森園が戻り企画LIVEをやっているようです。そんなバンドがまた戻ってきてくれると楽しいのですが・・・・。


<Correspondent Kengo Okuda> This was formed by Hiro Nagasawa ex Anzen Band & Birds Eye View with ex-members of Marshan Road. Hero came from Hiro Nagasawa. Hiro Nagasawa wrote, composed, arranged the song "I-Ke-Na-I Okesho Magic" by Samma Akashiya and Shinsuke Shimada (included in "Ut! Ano Hito Ga Konna Uta Wo...").

<Mr. Hero> Starting with "HERO", Makto Takahashi went to BOØWY, Hoppy went to Europe as you know, and Nagasawa became ultra-major from ultra-minor as a composer/producer. After "HERO'S GIFT" on Polydor, Nagasawa's Techno-oriented sect and conventional Analogue Heavy Metal sect competed each other and it created non-overboiled but nice sound as a result. The theme song of Jacky Chen's movie "Suikyo" on Columbia was done under the name of Eiyuu (HERO), and this sound was non-overboiled Techno Rock at that time. If we went all the way, we may have become ultra-major.

Then, the members started to do side jobs for deadends and living. So called back-band, and it becomes good pay, but we were not able to schedule lives due to the conflicts. Finally, we became backing for a certain ultra Idol singer throwing away HERO. It became even tougher for us to do our own activities as we were so busy, and HERO disappeared naturally.
At that time, the group called Urawa Rock'n' Roll Center supported us, and I heard that it was reunited for the memorial event two years ago. Honinbayashi is also doing lives again having Morizono back. It will be fun if these bands come back again.

Imasara Israel(いまさらイスラエル)

結構謎に包まれている北海道の80年代のニューウェイヴ・シーンにいた自らポエトリーポップと名乗るエレアコなバンド。でも、とてもニューウェイヴであったりもします。ライナーノーツにもあるように『Beginnings』辺りのポータブルロックを感じさせるが、同時にD-Dayなんかにも通じる感受性豊かな女性ヴォーカルが素晴らしい。バンド名にも秘めたるポリシーを感じさせるが、曲名も「ふれきしペンシルヴァニア」「太陽カラパース」等、意味不明なるも詩的感覚が溢れます。お勧めです。

ALL ABOUT JAPANにて『いまさらイスラエル』記事を2002年10月23日に掲載。


This is an Electronic Acoustic band which they call Poetry Pop in 80's New Wave scence in Hokkaido covered by mistery. But, they are also very New Wave. As the linernotes say, it reminds Portable Rock in the period of "Beginnings". At the same time, very sensitive female comparable to D-Day is fantastic. The band name seems to have some hidden policy, and the song titles such as "Flexi Pensilvania", "Taiyo Caraparse" have a lot of poetry feel while they sound meaningless. Recommended.

Jullan(ジュラン)

<KK氏>Japanese Indexのなかに「ジュラン」がないのは? 坂本のサンストのデモテープコーナーでも取り上げられたグループです。UKの"Melody Maker"誌で絶賛されたとかしないとか...。私が持っているレコードは1stの"Imaginary Doll"という奴です。この中の"Enough To Dance"はモロ、トニマン(Simmons Drumのフィルイン)+フォックス(エフェクトがかかったギターのカッティング)です。
<平野氏>Jullanは何かの化粧品のCFにタイアップされた記憶があります。15年もまえですが、ヘヴン17の『Temptation』に似た感じでしたね。聞くところによると某一橋大学の学生が中心につくったバンドらしいですが・・・・レコードやさんでリップスティックをモチーフにしたジャケットを拝見した記憶があります。
ASTRO NOTEのウエハラ氏>メンバーはヒロシとアツシの二人です。コーセー化粧品の84年秋のイメージソングに「ビコーズ・オブ・ラブ」が採用されています。彼らはイギリスの「メロディ・メーカー」に送ったデモテープが絶賛されて、レコード・デビューしました。彼らがイギリスを訪れたとき会ったボーイ・ジョージが「Jullanこそが日本から世界に飛び立つグループだ」と賛辞を送ったとか。曲調はメロディックなエレポップです。
<おやぢ氏>好きでした・・・・・「JULLAN」。サンストで「エレクトリック・デイ」を聴いた時から、「YMOの後に日本のテクノをショッテ立つのは彼らだ!!」と思っていました(笑)。その予想はみごとにハズレましたが・・・・・(笑)化粧品のCMソングになった時は、やっぱりキタカか・・・・と思ったのですが・・・・・・
<匿名希望>Jullanのメンバーの1人は私の高校の同級生(同じクラス)でした。確かに一橋大学へ進学して、在学中にユニットを組み、コーセーのCFで曲が流れたので同級生の間で結構話題になりました。英国で評判になったのも、記憶にあります。現在どうしているかは、残念ながら私も知りません。
<荒特派員>(Jullanシングル・ディスコグラフィー追加。)


<Mr. KK> Why is there no "Juran" in Japanese Index? This is the group which was picked up by the Demo Tape corner of Ryuichi Sakamoto's Sound Street. While it is not certain, it was said that they were extolled by UK's Melody Maker. The album I own is the first one called "Imaginary Doll". "Enough To Dance" in this one is just like Tony Mansfield (Simmons Drums' fill-in) + John Foxx (Guitar cutting with effect).
<Mr. Hirano> I remember that Juran was tied up with commercial for some cosmetic product. Though it was 15 years ago, it was like "Temptation" of Heaven 17. I heard that the band was formed mainly by the students of Hitotsubashi University. I remember seeing the record jacket with the motif of lipsticks.
<Mr. Uehara of ASTRO NOTE> The members are Hiroshi and Atsushi. "Because Of Love" was used as an image song for Kose Cosmetics' Fall '84 campaign. The demo tape they sent to British "Melody Maker" was extolled and they made a record debut. When they visited the U. K., it's said Boy George praised that Jullan is the group which can fly from Japan to the world. Their sound is melodious electro pop.
<Mr. Oyadi> I liked.......JULLAN. After I heard 'Electric Day' in the radio program "Sound Street", I thought that they are the one who will lead Japanese Techno Pop after YMO :). That expectation has never come true.... althought I thought it's coming when their song was used for TV commercial of cosmetics.
<Anonymous Info.> I was in the same class as one of the member of Jullan. I think he entered Hitotsubashi University and formed the unit while he was in the university. As their song was used for Kose's TV commerical, it was a popular subject to talk among the classmates. I recall that they got some attention in the U. K. Unfortunately, I do not know what he is doing now.
<Correspondent Ara> (The single discography on Jullan was added.)

Neo Museum(ネオ・ミュージアム)

テクノポップ+プログレ+アジアの民族的文化。
<O氏>「JAPANESE ULTRA MINOR」のコーナーにNeo Museumが有ったので懐かしくて情報提供します。私はNeo Museumのレコードを持っています。たしかテレグラフ系のレーベルからEP−4の佐藤薫がプロデュースして1983年か1984年に発売されました。当時の宝島等に記事がよく出ていました。インナーディレクツの宮部智彦氏のお気に入りでもありました。


Techno Pop + Progressive Rock + Asian Ethnic Culture.
< Mr. O> I'd like to submit the information as I found Neo Museum in "Japanese Ultra Minor" corner. I own Neo Museum's record. If I recall correctly, it was released from Telegraph-related label with Kaoru Sato in EP-4 as producer in 1983 or 1984. Takarajima at that time often had their articles. It was also the favorite of Tomohiko Miyabe in Inner Direct.

Panacist(パナシスト)

隠れたファンが多そうなパナシスト。しかし、パナシストとは意味は何だろう?
<竹下特派員>Epic Sonyの名盤復刻シリーズのオムニバス「Beatfile Index 1」にもボーナス・トラックとして収録されてます。CDの解説によれば、『彼らは自宅でレコーディングする夫婦デュオ。テクノポップ・ブームの前後らしく4トラックのMTRで自宅録音した曲をそのままリリースするというハウス的アプローチをしていた。セカンド・シングル「ヒナタのビーチボーイ」をリリース後活動停止。』と書いてあります。なお、このセカンドはテクノでないのでご注意を。


Panacist appears to have hidden fans. But, what the hell Panacist means?
<Correspondent Takeshita> This is contained as a bonus track in the omnibus "Beatfile Index 1", a masterpiece reissue series on Epic Sony. According to this CD, "They are a married duo who do bedroom recording. They took the House-type approach by releasing the songs recorded with 4-track MTR at home at the booming period of Techno Pop. They stopped their activity after releasing the second single "Hinata No Beach Boy". Be careful as this second is not Techno.

Pegmo(ペグモ)

オムニバス『ひらけ!ポンキッキ』に収録された「SOSペンペンコンピューター」という曲を発表した四人囃子等の元プログレ畑の人が中心のバンド。
<オクダケンゴ特派員>元エレクトリック・パーカッション・グループ、四人囃子、クイズの岡井大二、元四人囃子の坂下秀実、元ハルヲフォンの恒田義見、元あんぜんバンド、バーズ・アイ・ヴュー、ヒーローの長沢ヒロ等が82年に結成。


This is a band formed mainly by ex Progressive Rock band members such as Yonin Bayashi that released 'SOS Penpen Computer' contained in the omnibus "Hirake! Ponkikki".
<Correspondent Kengo Okuda> It was formed by Daiji Okai fomerly in Electric Percussion Group, Yonin Bayashi, Quiz, Hidemi Sakashitaof ex Yonin Bayashi, Yoshimi Tsuneda of ex Haruophone, Hiro Nagasawa fomerly in Anzen Band, Birds Eye View, Hero, and so on in '82.

Peking Ducks(北京ダックス)

Phonogenix(フォノジェニックス)

83年に結成された花本彰と津田治彦からなるギター&エレクトロ・ユニット。『ハレはれナイト』に収録。
<MS氏による情報>彼らの母体は新月というプログレバンドです。1979年に新月は1stアルバムを発表しますが、(今でこそ評価が高いものの)当時は評価されず、メンバー脱退の末解散してしまいます。プログレは日本では売れない事、イギリスのニュー・ウエーブの動きに刺激を得たことがフォノジェニックス結成のきっかけになったようです。乱暴な表現をすれば、「平沢進氏と同様に、プログレは売れないからテクノをやってみよう」と言ったところのようです。最近、元新月の北山真氏が北山真with新月プロジェクト名義でアルバムを発表、津田氏が全面的に参加しています。
<TK氏>最終的にドラムとパーカッションで亜子ちゃん(元ゼルダ)が参加しプロレスのテーマ曲を集めたオムニバスに参加しストーン・ウォーリアーズに捧げた曲を提供しました。


A guitar and electro unit consisting of Akira Hanamoto and Haruhiko Tsuda which was formed in 1983. Their song is contained in "Hare Hare Night".
<Mr. MS> Their foundation is a progressive rock band called Shingetsu. While Shingetsu released the first album in 1979, it was not much critically appreciated (though it's highly appreciated now) at that time and they were disbanded after losing some members. The fact that progressive rock is not sold well in Japan and British New Wave movement triggered the formation of Phonogenix. In expressing violently, they started techno because progressive can not be popular like Susumu Hirasawa. Recently, Makoto Kitayama, ex Shingetsu released the album with the name of Makoto Kitayama with Shingetsu Project, and Tsuda participated in it.
<Mr. TK> In the end, Ako-chan ex Zelda joined as drums and percussion, and they joined the omnibus album for the theme songs for professional wrestling with the song dedicated to Stone Warriors.

Sarah(沙羅)

バグルズのプロダクション(想い出のエルストリーとか)にも参加した中山純一氏率いるデュオ。バグルズの影響が窺える(イエス的と言ったほうが適切かもしれない)未来的プログレ・エレポップです。全曲英語で歌ってます。中山純一氏は同じKing RecordsのPink Tankのアルバムでも作曲・編曲で参加。


This is a duo led by Jun-ichi Nakayama who joined the production of the Buggles (such as "Elstree"). Their sound is a futuristic progressive electro pop where the influence of the Buggles can be found (may be more appropriate to say Yes-esque). All tracks are sung in English. Junichi Nakayama supported the album of Pink Tank in the same King Records for compostion and arrangement.

3dl (San-Decilitre)

荒特派員にレコード屋で教えてもらって買いました。名前は10ccみたいですが、和製Art Of Noiseを目指したらしい。87年と言うテクノ不景気時代の「AON meets 歌謡曲」というコンセプトは評価すべし。


I bought this in the used record shop as Correspondence Ara taught me about it. While the name is like 10 cc, they aimed at Japanase Art Of Noise. During Techno depression period in '87, the concept of "AON meets Kayo-kyoku" should be appreciated.

Shichifukujin(七福神)

「テクノ歌謡マニアクス」でも紹介されているエレクトロ・エスノ・グループ。LPに掲載されていたプロフィールによると、コズミック・インヴェンションのドラマーであった森岡みま穣(当時20歳)がパーカッション・ヴォーカルを担当(福田さん、噂は本当です)。七福神加入前、彼女はDIOという女性3人のテクノバンドで楽器キャンペーンを兼ねて世界ツアーをしていたらしい。もう一人のヴォーカル担当の女性、MARI嬢は東京芸術大学打楽器科を卒業。Jimiは上智大学に留学した2mのアメリカの黒人ミュージシャン。B面1曲目の「ええじゃないか」はファンキーなチャクラといった感じでよし。ラストの「Electrical Parade」は赤城忠治氏の作詞。


This is an Electro Ethno group that was also introduced by "Techno Ca-yo Maniacs". According to the profile in the LP, Ms. Mima Morioka (20-years-old at that time), ex-drummer of Cosmic Invention, was in charge of percussion and vocal (Mr. Fukuda, the rumour is true). She did a world tour for music instruments campain as DIO, a 3-girls Techno band. Mari, the other female vocalist, graduated from Tokyo Art Collage Percussion Department. Jimi is a 2 m tall American black musician who studied abroad to Sofia University. The B-1 track "Eejanaika" is nice like funky Chakra. The last track's lyrics were written by Mr. Chuji Akagi.

SPICA

BBSでも話題となったSPICAです。いかにもB級なジャケからするとサラリーマン崩れの男性と3人の女性(一人は香坂みゆき似で残りは姉妹の様)の4人組。音は、ニューウェイヴを目指したかもしれないけど変なプログレ風味歌謡。唯一の救いはテクノ歌謡とも言える「新宿小町」。


This is SPICA that became a topic in BBS. According to very B-class cover art, it's quartet consisting of an ex-business man look guy and 3 girls (one looks like Miyuki Kosaka and the other two looks like sisters). Their sound is weird Kayo with Progressive Rock flair while they may have aimed at New Wave. The only track worth mentioning is "Shinjuku Komachi" that can be said to be Techno Kayo.

Targets, The

テクノ歌謡・テイチク編』に収録されている幻のテクノポップ・男女デュオ。


This is an illusive Techno Pop duo contained in the compilation "Techno Ca-yo Collection Teichiku Version".

Yagi(やぎ)

<オクダケンゴ特派員>あがた森魚プロデュースによる北海道の繊細なテクノ・アコースティック・バンド。


<Correspondent Kengo Okuda> This is a delicate Techno Acoustic band from Hokkaido produced by Morio Agata.

HOME | INDEX