TECHNO KAYO - 90'S FEMALE IDOLS
(テクノ歌謡ー90年代女性アイドル編)

このページは90年代アイドル系テクノ歌謡です。80年代アイドル系の継承者もいますが、ユーロ・ビート、テクノ・ハウス、ドラムンベースの影響も見えてきます。もし当てはまる曲があればメールください。


This page is for 90's Idol-related Techno Kayo songs. While there are successors of 80's Idol, you can start to see the influence by Euro Beat, Techno/House, Drum'n'Bass.

80'S FEMALE IDOLS(80年代女性アイドル編) | 90'S FEMALE IDOLS(90年代女性アイドル編) | 80'S MALE IDOLS(80年代男性アイドル編) | COMDIANS(コメディアン編) | KIDS(お子様編) | ONYANKO(おニャン子系) | J-EURO(ユーロ歌謡) | TK FAMILY(裏小室系) | TSUNKU FAMILY (つんく系) | TECHNO ENKA(テクノ演歌)

Adachi, Yumi(安達祐実) | Akistozeneko(アキストゼネコ) | Flip Flap | Fukada, Kyoko(深田恭子) | Fukatsu, Eri(深津絵里) | Hirosue, Ryoko(広末涼子) | Hosokawa, Fumie(細川ふみえ) | Kompeitow(こんぺいとう) | Makise, Riho(牧瀬里穂) NEW! | Minako | Mita, Airi(三田あいり) | Miyamae, Maki(宮前真樹) | Miyamura, Yuko(宮村優子) | Miura, Rieko(三浦理恵子) | Momoi, Halko(桃井はるこ) | Moritaka, Chisato(森高千里) | Morning Musume.(モーニング娘。) | Nakayama, Shinobu(中山忍) | Ochi, Shizuka(越智静香) | Shimazaki, Wakako(島崎和歌子) | Shinohara, Tomoe(篠原ともえ) | Shishido, Rumi(宍戸留美) | Tanaka, Ritsuko(田中律子) | Uchida, Yuki(内田有紀) | Uehara, Sakura(上原さくら) | Yamase, Mami(山瀬まみ) | Yoshikawa, Hinano(吉川ひなの) | YuriMari(ユリマリ)

Adachi, Yumi(安達祐実)

CoCo/ Miura, Rieko(三浦理恵子) / Miyamae, Maki(宮前真樹)

Flip Flap(フリップ・フラップ) / Akistozeneko(アキストゼネコ)

ユーコとアイコのテクノ双生児ユニットはCMJKに提供された曲シングル『たんぽぽ』でデビューし、アルバム『Jungle Django Jumbo』を98年4月にリリースしました。『虹』はテクノのコンピでカヴァーした電グルの曲。久々のテクノ系アイドルです。コカコーラのお茶のブランドの宣伝にでてます。
<吉田キョウセイ氏>1st『Jungle Django Jambo』は僕の90年代最高のテクノアイドルアルバム。王道アイドルポップあり、CMJKによるドラムンベース歌謡あり、立花ハジメの香りをただよわせたかと思えばVAN McCOYの「THE HUSTLE」のカバーが飛び出し、オリジナル発表に先がけてのアイドル演歌のリミックスヴァージョン(オリジナルは2nd収録)、そして「うちへ帰ろう」の坂本龍一的大河感にいたるノンストップ42分。残念ながらこのアルバム以降はテクノ度は下がり気味、ディスコ歌謡の度合いを高めております。コンサートでは矢野顕子の春咲小紅のカバー(編曲CMJK)なんか歌ってます。


Techno twins of Yuko and Aiko debuted with the song "Tampopo" provided by CMJK and released the album "Jungle Django Jumbo" in April '98. "Niji" is Denki Groove's song which they covered in the Techno compilation. They are Techno Idols after a long interval. They are on Coca Cola's tea brand TV commercial.
<Mr. Kyosei Yoshida> The first album "Jungle Django Jambo" is the best Techno Idol album of '90's. It's non-stop 42 minites with a mainstream Idol Pop, Drum'n'Bass Kayo by CMJK, smell of Hajime Tachibana, a cover of Van McCoy's "The Hustle", Idol Enka rimix version prior to the original release (in the 2nd), and "Uchi E Kaerou" which has feel of big river like Ryuichi Sakamoto. Unfortunately, Techno level tends to go down after this alum and more Disco Kayo. They cover Akiko Yano's "Harusaki Kobeni" in their concert.

Fukada, Kyoko(深田恭子)

All About Japanにて『侮れない深田恭子』記事を2002年5月29日に掲載。

Fukatsu, Eri(深津絵里)

All About Japanにて『侮れない深津絵里』記事を2003年1月29日に掲載。

Hirosue, Ryoko(広末涼子)

Hosokawa, Fumie(細川ふみえ)

Kompeitow(こんぺいとう)

Minako

Mita, Airi(三田あいり)

Miyamura, Yuko(宮村優子)

Momoi, Halko(桃井はるこ)

Moritaka, Chisato(森高千里)

Nakayama, Shinobu(中山忍)

Shimazaki, Wakako(島崎和歌子)

Shinohara, Tomoe(篠原ともえ)

Tanaka, Ritsuko(田中律子)

Yamase, Mami(山瀬まみ)

<松山氏のコメント>山瀬まみのアルバム『親指姫』から『親指姫ふたたび』にはサエキけんぞう、矢野顕子、奥田民夫、大槻ケンジ、吉田美奈子ほかが参加しています。『親指姫』の「ゴォ!」はイントロの部分だけなのですが、いまだにTVで流れてきます。『マイト・ベイビー』というアルバムは当時山瀬はフレンチロリータ風?の衣装でジャケ写に登場、それ以前のジャケ写も結構お気に入りなのです。正直言うとテクノ感は薄いですでもつながりを考えると要素は濃いような・・曲名の中に「ビートパンク小僧」とあるので想像つくでしょうか?個人的にはテクノのラインを踏んでいると考えています。


<Mr. Matsuyama's Comment> Kenzo Saeki, Akiko Yano, Tamio Okuda, Kenji Ohtsuki, Minako Yoshida, and so on, participated in Mami Yamase's albums from "Oyayubi-Hime" to "Oyayubi-Hime Futatabi". The song 'Go!' in "Oyayubi-Hime" is still played on TV though it's the introduction part only. Yamase appeared with French Lolita? look in the cover of "Might Baby". The covers before this are also of my taste. To tell the truth, it's not very techno, but the elements are there with the connections made. Can you guess with the song titled "Beat Punk Kozo"? Personally, it is on the line of techno.

Yoshikawa, Hinano(吉川ひなの)

YuriMari(ユリマリ)

HOME | INDEX