TECHNO KAYO - COMEDIANS + NOVELTIES
(テクノ歌謡ーお笑い編+ノヴェルティ編)

このページはお笑い編テクノ歌謡です。コメディアンとテクノポップはユーモアを共有する相性のいい関係です。音源として手に入れにくい物も多いですが、P-VINEレコードからテクノ歌謡のオムニバスがシリーズでリリースされていますので『P-VINE』のページを参照してください。オクダ特派員からはコメディー系テクノ歌謡も収録した『過去恥部オムニバス』を紹介してもらいました。オクダ特派員によりますと『ドレがテクノ歌謡だって云われるとその定義がわからないんで、少々困りますが、「たこでーす。」、「ひょうきんパラダイス」、「世界最強の愛のテーマ!!」はまぁテクノ歌謡であるといえるでしょう。ぜひ、一度聴いてみてください。』との事。もし当てはまる曲があればメールください。


This page is for Comedy-related Techno Kayo songs. Comedians and Techno Pop are good friends commonly sharing the sense of humour. While there are many recordings which are hard to get, P-Vine Records are releasing a series of Techno Kayo omnibus albums. Please refer to "P-VINE" Page. Mr. Okuda who is my special agent introduced "Shameful Past Omnibus" including Techno Kayo. According to him, "While it is hard to define what is Techno Kayo, I think 'Tako Deesu', 'Hyokin Paradise' and 'Sekai Saikyo Ai No Theme' deserve to be Techno Kayo. If you know any songs, pls. let me know via mail.

80'S FEMALE IDOLS(80年代女性アイドル編) | 90'S FEMALE IDOLS(90年代女性アイドル編) | 80'S MALE IDOLS(80年代男性アイドル編) | COMDIANS(コメディアン編) | KIDS(お子様編) | SPORTS(スポーツ編) | ONYANKO(おニャン子系) | J-EURO(ユーロ歌謡) | TK FAMILY(裏小室系) | TSUNKU FAMILY (つんく系) | TECHNO ENKA(テクノ演歌) | WHO ELSE DID TECHNO POP?(他に誰がテクノポップしたか?)

Ago & Kinzo(アゴ&キンゾー) | Baracuda(バラクーダ) | Beat Takeshi(ビートたけし) | Bonchi, The(ザ・ぼんち) | Bushman(ブッシュマン) | Conte Akashingou(コント赤信号) | Haru, Yasuko & Keiko(春やすこ・けいこ) | Hip Up(ヒップアップ) UP! | Hyokin Directors(ひょうきんディレクターズ) | I.M.O BAND | Kataoka, Tsurutaro(片岡鶴太郎) | Kobouzu-tai(こぼうず隊) | Miss Hanako(ミス花子) | Ohtake, Makoto(大竹まこと) | Papi(パピ) | Reishinkai(零心会) | Saito, Yuko(斉藤ゆう子) | Shimada, Shinsuke & Akashiya, Samma(島田紳助・明石家さんま) | Tako, Hachiro(たこ八郎) | Tamagawa Quartet(玉川カルテット) | Tanabe, Ikkaku(田辺一鶴) | Kamon, Tatsuo(嘉門達夫) | Tokoro, George(所ジョージ) | Tunnels(とんねるず) | Unazuki Trio(うなずきトリオ) | Yamada, Kuniko(山田邦子)
Omnibus
Chinpindo: Shitteru? Sonnakoto Mo Arimashita(珍品堂:知ってる?そんなこともありました) | Chinpindo: Ug! Anohito Ga Konna Uta Wo...(珍品堂:うっ!あの人がこんな歌を・・・。) | Chinpindo: Et! Anohito Ga Konna Uta Wo(珍品堂:えっ!あの人がこんな歌を・・・。) | Chinpindo: Ngt! Anahito Ga Konna Uta Wo...(珍品堂:んっ!あの人がこんな歌を・・・。) | Utau Star-tachi(歌うスター達)

Ago & Kinzo(アゴ&キンゾー)

Baracuda(バラクーダ)

Beat Takeshi(ビートたけし)

Bonchi, The(ザ・ぼんち)

Bushman(ブッシュマン)

Conte Akashingou(コント赤信号)

Haru, Yasuko & Keiko(春やすこ・けいこ)

Hip Up(ヒップアップ)

Hyokin Directors(ひょうきんディレクターズ)

I.M.O BAND

Kamon, Tatsuo(嘉門達夫)

Kobouzu-tai(こぼうず隊)

Miss Hanako(ミス花子)

Ohtake, Makoto(大竹まこと)

Papi(パピ)

Reishinkai(零心会)

Saito, Yuko(斉藤ゆう子)

Shimada, Shinsuke & Akashiya, Samma(島田紳助・明石家さんま)

Tako, Hachiro(たこ八郎)

Tamagawa Quartet(玉川カルテット)

Tanabe, Ikkaku(田辺一鶴)

Tokoro, George(所ジョージ)

Tunnels(とんねるず)

Unazuki Torio(うなずきトリオ)

Yamada, Kuniko(山田邦子)

Omnibus Albums

Chipindo: Shitteru? Sonnakoto Mo Arimashita(珍品堂:知ってる?そんなこともありました)

[19??] VAP

<オクダケンゴ特派員>アゴ&キンゾーの「世界最強の愛のテーマ」、たこ八郎の「たこでーす。」」収録。


<Correspondent Kengo Okuda> This includes Ago & Kinzo's "Sekai Saikyo No Aino Theme" and Hachiro Tako's "Tako Deesu".

Chinpindo: Ug! Anohito Ga Konna Uta Wo...(珍品堂:うっ!あの人がこんな歌を・・・。)

[1992] Pony Canyon

<オクダケンゴ特派員>「ひょうきんパラダイス」(作詞:伊藤アキラ、作曲:小杉大五郎、編曲:大谷和夫)、大竹まこと「俺の背中に火をつけろ!!」(TINNIE PUNXの「建設的」に収録、作詞:いとうせいこう、作曲:ケラ、編曲:有頂天)、うなずきトリオの「UNAZUKI MARCH」やパピの「WUPER DANCING」収録。
加えて…映画「ゴースト・バスターズ」テーマ曲の片岡鶴太郎によるエレポップ的カバー「ゴースト・ブスターズ」(作詞作曲:RAY PARKER Jr.、日本語詞:秋元康、編曲:山川恵津子)も収録。時折挿入される拡声器によると思われるブス批判が、YMO「体操」っぽいかも。
同じく秋元康作詞、山川恵津子アレンジ(作曲も山川恵津子)による、西川のりお&小林千恵の「おじさんの気持ちも知らないで 〜哀愁のシイタケ族〜」も収録。エレクトロなバックトラックにのせて延々と怒鳴り続ける西川のりお。それは、エレクトロヒップホップと思えないコトもない。


<Correspondent Kengo Okuda> This includes "Hyokin Paradise" (written by Akira Ito, composed by Daigoro Kosugi, arranged by Kazuo Ohtani), Makoto Ohtake's "Ore No Senaka Ni Hi Wo Tsukero!!" (included in Tinnie Punx's "Kensetsu-teki", written by Seikou Ito, composed by Kera, arranged by Ucho-ten), Unazuki Trio's "Unazuki March" and "Wuper Dancing" Papi.
In addition, it includes an Electro Pop-like cover of "Ghost Busters" (written/composed by Ray Parker Jr., Japanese lyrics by Yasushi Akimoto, arranged by Etsuko Yamakawa) of the theme song of the movie "Ghost Busters" by Tsurutaro Kataoka. His criticism for plain-looking women with a megaphone inserted sometimes is a bit like YMO's "Taiso".
It also contains Norio Nishikawa & Chie Kobayashi's "Ojisan No Kimochi Mo Shiranaide - Aishu No Shiitake-zoku" written by Yasushi Akimoto and arranged (also composed) by Etsuko Yamakawa. Norio Nishikawa just shouts along with Electro back track. It is a kind of Electro Hip Hop.

Chinpindo: Et! Anohito Ga Konna Uta Wo(珍品堂:えっ!あの人がこんな歌を・・・。)

[199?] CBS Sony

<オクダケンゴ特派員>伊武雅刀の「子供達を責めないで」収録。CBS SONYからリリース。


<Correspondent Kengo Okuda> This includes Masato Date's "Kodomotachi Wo Semenaide". It was released by CBS Sony.

Chinpindo: Ngt! Anohito Ga Konna Uta Wo(珍品堂:んっ!あの人がこんな歌を・・・。)

[199?] For Life

フォーライフ編です。イモ欽トリオの「ハイスクール・ララバイ」やザ・ぼんちの「恋のベンチシート」を収録。


For Life version. This includes Imokin Trio's "High School Lullaby" and The Bonchi's "Koi No Benchseat".

HOME | INDEX