K-HIN BROS. CO., LTD.(京浜兄弟社)

このページは愛すべき「集団がきらいな人達が集まって作った音楽研究集団(岸野社長曰く)」の京浜兄弟社(メンタムの近江兄弟社とは関係ありません)関連のアーティスト達を紹介します。京浜兄弟社はか東京タワーズのファンクラブが母体となっており、系列は以下のようになってます。加藤賢崇率いる東京タワーズのプレインに一人が岸野雄一です。岸野雄一はエキスポのメンバーでもある松前公高等とコンスタンス・タワーズ(このバンドには常盤響もいた。)で活動します。もう一人のエキスポのメンバーの山口優はもすけさんにいました。また松前はきどりっこのお手伝いなども。ややこしいけど松前と山口は現在大活躍のハイポジにも参加していた。また、コンスタンス・タワーズとエキスポのメンバーが合体したようなケラとも活動したどくろ団というのもあります。また、パール兄弟とも関係あるリーマンズのメンバーも京浜兄弟社の人達が中心です。レコードショップであるManual of Errorsは京浜兄弟社が元となる。岸野社長の御好意により懐かしのハイパーカードで出来た『京浜購入ガイド1.0』(94年版)に基づき情報を追加させていただきました。


This page presents the artists related to K-Hin Bros. Co., Ltd. (not related to Ohmi Bros. Co. known for Mentum), a music studiest group made by the people who do not like groups (according to Mr. Kishino). K-Hin Bros. Co., Ltd. is based on the fan club of Tokyo Towers, and the series are as follows. One of the brain for Tokyo Towers led by Kenso Kato was You-ichi Kishino. Kishino played together in Constance Towers (Hibiki Tokiwa was in this band.) with Kimitaka Matsumae, a member of Expo. Another member of Expo, Suguru Yamaguchi was in Mothke-san. Matsumae also helped Kidorikko. To be complicated, Matsumae and Yamaguchi were also in Hi-Posi who is currently popular. There is Dokuro-dan which played with Kera consisting of the combination of Constance Towers and Expo. Rymans that has connected to Pearl Bros. is also centered around the people of K-Hin Bros. Co. Manual of Errors, a record shop, is originated from K-Hin Bros. Co. Thanks to President Kishino, I added the information based on "K-Hin Buying Guide" ('94) made with sweet memorial Hyper Cards.

Akira, Naomi(あきらなおみ) | Constance Towers(コンスタンスタワーズ) | Dokaben-Kagawa(どかべん香川) | Dokuro Dan(どくろ団) | Dominicks(ドミニクス) | Expo | Hasumi, Shigeomi(蓮実重臣) | Hayashi, Mosuke(林茂助) | Hi-Posi(ハイポジ) | Kato, Kenso(加藤賢崇) | Kishino, You-ichi(岸野雄一) | Klara Circus(クララサーカス) | Kurachi, Kumio(倉地久美夫) | Matsumae, Kimitaka(松前公高) | Mint Lee(船越みどり) | Monshirochos(モンシロチョーズ) | Mothke-san(もすけさん) | Rucks Beans(ラッカスビーンズ) | Organization | Rymans(リーマンズ) | Space Ponch | SYZYGYS(シジジーズ) | Tipographica(ティポグラフィカ) | Tokyo Towers(東京タワーズ) | Yamaguchi, Suguru(山口優) | Zypressen(ツィプレッセン)
Omnibus
Hare Hare Night(ハレはれナイト) | Chikai Munashiku「誓い空しく」 | Drive to Heaven, Welcome to Chaos NEW! | Trojan Horse「トロイの木馬」

Constance Towers / Space Ponch

京浜兄弟社の岸野雄一社長率いるラウンジ・モンド・実験バンド。渋谷のNYLON 100%を活動拠点とする。人気アーケードゲーム「ダライアス」のアルバムではコンスタンス・タワーズはアレンジで2曲参加。別にExpoのアルバムの後に発売されるはずだった幻のアルバムがあるらしい。コンスタンス・タワーズと同メンバーで、Space Ponchとして99年についにTransonicからデビュー!
<岸野雄一氏>アルファで出す予定だった幻のアルバムって、スペースポンチのアルバムにほとんど収録してるんだよ。あの時点でそれって自分的にはすごいことなんだけどなあ。


The Lounge Mondo Experimental band led by President You-ichi Kishino of K-Hin Bros. Co. Their base is NYLON 100% in Shibuya. The album for the popular arcade game "Darius" includes 2 tracks arranged by Constance Towers. Separately, there is an illusive album that was supposed to be released after Expo's album. Space Ponch debuted with the same members as Constance Towers on Transonic in '99!
<Mr. You-ichi Kishino> Space Ponch's album includes most of tracks to be included in the illusive album on Alfa. What we did was amazing to me at that point.

Dokaben-Kagawa(どかべん香川)

『どかべん香川サンプラー1』は『裏・誓い空しく』とも言うべきコラジューアルバムと紹介されています。どかべん本人からクレーム来なかったのか?


"Dokaben-Kagawa Sampler" is introduced as a collage album to be called "Flip Side Of Chikai Munashiku". I wonder if Dokaben made a claim for this. Later, it's renamed as Dominicks (likely with more members).

Dominicks(ドミニクス)

<渡辺兵馬氏>ドミニクスの母体となったユニットは、常盤響、蓮実重臣(ex.Pacific 231)、石沢ミチキ(山口優氏夫人)がやっていたロリータテクノポップバンド「ドカベン」でありまして、その後、蓮実氏と石沢氏でドミニクスを結成されたそうで、ドミニクスとドカベン香川は直接の繋がりは、無いと思います。 ちなみに「ドカベン香川」唯一の(?)作品、 「ドカベン香川サンプラーVol.1」には、ドカベンの曲も収録されています。


<Mr. Hyouma Watanabe> The unit spinned to Dominicks is a Lolita Techno Pop band "Dokaben" by Hibiki Tokiwa, Shigetomi Hasumi (元Pacific 231), Michiki Ishizawa (Suguru Yamaguchi's wife). Later Mr. Hasumi and Ms. Ishizawa formed Dominicks and Dominicks and I think Dokaben-Kagawa is not directly related. Dokaben's track is contained in "Dokaben-Kagawa Sampler Vol. 1" which is the only work by Dokaben-Kagawa.

Dokuro Dan(どくろ団)

コンスタンス・タワーズとエキスポの合体。


The combination of Constance Towers and Expo.

Expo(エキスポ)

エキスポは岸野雄一氏が社長の音楽研究者集団の京浜兄弟社系列にはいるユニットです。『銀星クラブ・テクノポップ』によると、液をスッポトとるという意味と英語の博覧会という意味からその名をつけたらしい。間違いのコンセプトをちりばめた現テクノ界屈指のユニットと紹介してある。確かに踏み外した感じわかります。エキスポはアルファからデビューし、エキスポに続いて、アルファからコンスタンス・タワーズのアルバムもリリースされる予定であったが、実現する事はなかった。現在松前氏は常盤響、岸野雄一氏等とスペース・ポンチで活動。


Expo is a unit related to K-Hin Bros. Co., Ltd., a music study group, which president is Yuuichi Kishino. According to "Silver Star Techno Pop", its name came from "Eki O Suppoto Toru" and Exposition in English. It was introduced as the finest unit of current Techno world with scattering concepts of error. Well, I can understand they failed to step in. Expo debuted on Alfa, and Constance Towers was supposed to release their album following Expo, but it never happened. Currently Mr. Matsumae is active in the unit "Space Ponch" with Messrs. Hibiki Tokiwa and Yuuichi Kishino.

Matsumae, Kimitaka(松前公高)

Hasumi, Shigeomi(蓮実重臣)

Everything Playにも演奏参加した蓮実氏の自主制作カセット。Pacific 231のメンバーです。


The below is an independent production cassette by Mr. Hasumi who also participated in Everything Play's performance. He is a member of Pacific 231.

Hi-Posi / Akira, Naomi(あきらなおみ)

元々は京浜兄弟社系で、現在はもりやばやしみほと近藤研二からなるデュオです。もりばやしは官能的なウィスパー・ヴォイスを武器に彼女本能的な歌詞を歌う。ターバンがトレード・マークの近藤はメトロトロンの栗コーダーカルテットでも活動。「テクノdeポップdeニューウェイヴィー」をコピーに99年リリースの『4n5』は90年代最高の出来とも言えるテクノポップ・アルバムです(もう一つはLaB LIFeの「Planet Headphone」)。YMOの「Multiplies」やThe No Commentsの「あの娘はウェスタン・ガール」を彷佛とさせるテクノ・スカ「実験ガール」は下ねた続発のおバカでグルーヴィーな映画「オースティン・パワーズ・デラックス」の日本用のPR曲でもあります。あくまでも、オリジナリティーを失う事なく、他にディーヴォ的、M(Pop Muzik)テクノポップ的な要素もあって楽しめます。プロデューサーとして、鄭東和、田中知之(F.P.M.の曲は「オースティン・・」のサウンドトラックでもありますね)、小宮山雄飛もサポート。
<オクダケンゴ特派員の追加情報>初期にはあらきなおみ、松前公高がいました。そして松前脱退の際に山口優が加入しました。


They are originally from K-Hin Bros. Co., Ltd, and currently a duo consisting of Miho Moribayashi and Kenji Kondo. Moribayashi sings her instinctive lyrics armed with her ecstatic whisper voice. Kondo with the trademark of Turban also plays in Kuri Corder Quartet. The album "4n5" with the copy "Techno & Pop & New-wavy" released in '99 is the best class Techno Pop album in the 90's (the other is LaB LIFe's "Planet Headphone"). "Jikken (=Experiment) Girl", a Techno Ska tune rejuvenating YMO's "Multiplies" and The No Comments' "Ano Ko Wa Western Girl" is used for a PR song in Japan for the movie "Austin Powers - A Spy Who Shagged Me" which is zany and groovy with a lot of dirty jokes. You can enjoy other Techno Pop essences like Devo and M (Pop Muzik) without losing their originality. As producers, Towa Tei, Tomoyuki Tanaka (F.P.M. tune is also a soundtrack for "Austin..."), and Yuhi Komiyama supported.
<Correspondent Kengo Okuda> In the early days, there were Naomi Akira and Kimitaka Matsumae. When Matsumae left, Suguru Yamaguchi joined.

Kato, Kenso(加藤賢崇)

東京ターワーズのリード・ヴォーカル又は映画『たんぽぽ』にも出演した性格俳優の加藤賢崇氏京浜兄弟社の総力結集してソロ・アルバム『若さひとりじめ』を発表した。彼のライフ・ワークである『いぬちゃん』もUFOキャッチャーとして登場予定。


Kenso Kato who is a lead vocalist of Tokyo Towers or a character actor who appeared on the movie "Tampopo" released his solo album "Wakasa Hitorijime" gathering all the power of K-Hin Bros. Co. His life work "Inu-chan" will appear as a UFO catcher.

Kishino, You-ichi(岸野雄一)

京浜兄弟社の社長、コンスタンス・タワーズのリーダー、ヒゲの未亡人、文筆家、スタデイストと数々の肩書きを持つ岸野雄一氏です。Virgin Mega StoreでAfter Hoursを立ち読みしていると(後に購入)、『追悼・岸野雄一』の文字が!エッ!京浜兄弟社の社長の岸野さんが死んだのか?『年が空けて間もない99年2月14日、街がバレンタイン・デーで賑わう中、ひとりの勉強家がひそっりこの世を去った。』という文章から始まる。エッ!この前、僕のサイトを見た岸野さんは電子メールをくれたばっかりなのに!『小腸ガン』とある。病床の中メールをくれたのか?だから、返事が返ってこないのか?(実はメールはバレンタイン以降に来たことが後に判明。)『ナイロン髭100%でお別れ会』とある。何故、髭が入っているのだ。『コニー・プランク、スネーク・フィンガーといった親友が数多く駆けつけた』とある。さすが、岸野さんだ。いや、ちょっと待て。二人とももう他界している。岸野さんは実践的な冗談芸を究める勉強家ということです。


Mr. You-ichi Kishino has many titles such as President of K-Hin Bros. Co., Ltd., a leader of Constance Towers, a widow with mastache, a writer, studiest. When I was reading After Hours in Virgin Mega Store (later I purchased it), I found the word "Mourning You-ichi Kishino". Wow! Mr. Kishino, a president of Kei-Hin Bros. Co., has gone? It started with the sentence "On February 14, 1999 soon after new year days, one hard worker discreetly passed away while the town was crowed on Valentine Day. Wow! Mr. Kishino who saw my site gave an e-mail to me not too long time ago! It says "small intestines cancer". He mailed to me on the bed? That's why he never responded to me? (Actually, I found his mail came after Valentine Day.) It says "a memorial service at Nylon Mustache 100%". Why Mustache? It says "His close friends such as Conny Plank and Snake Finger came to this.". Indeed, it's because of Mr. Kishino. Wait! Two of them have passed away. Mr. Kishino is a hard working studiest who pursues a practical joke art.

Klara Circus(クララサーカス)

ナゴムと京浜兄弟社は関係がありますが、デビュー・ソノシートはナゴムレコードからリリース。山口優・松前公高が全面サポート。


The debut flex-disc was released from Nagom Records while Nagom and K-Hin Bros. Co have relationship. Suguru Yamaguchi and Kimitaka Matsumae fully supported it.

Kurachi, Kumio(倉地久美夫) / Aja Crayons

倉地久美夫はオムニバス『ビックリ水族館』にも参加していた。彼のソロ・CDアルバムも見た覚えが...
<オクダケンゴ特派員>元アジャクレヨンズの倉地久美夫は、キキオンなど独特のリリースが話題のきなこたけレコードより99年3月アルバム『夏をひとつ』発表しています。


Mr. Kumio Kurachi was a part of the omnibus "Bikkuri Suizokukan". I remember seeing his solo CD album...
<Correspondent Kengo Okuda> Kumio Kurachi of ex Aja Crayons released the album "Natsu Wo Hitotsu" on Kinakotake Records which is known for unique releases such as Quikion.

Mint Lee(船越みどり)

コンスタンス・タワーズのメンバーでもあった船越みどりさんはMint Lee名義で自主制作カセットを発表。


Ms. Midori Funakoshi, a member of Constance Towers released an independent production cassette as Mint Lee.

Monshirochos(モンシロチョーズ)

Mothke-san(もすけさん) / Hayashi, Mosuke(林茂助)

林茂助さんは渋谷のNYLON 100%の店員だったらしい。映画『のど自慢』にも出演。


Mr. Mosuke Hayashi was told to be a store person of NYLON 100% at Shibuya. He appeared on the movie "Nodo Jiman".

Rucks Beans(ラッカスビーンズ)

独特の世界をもった緻密な構成の実験ポップと紹介されています。


Their sound was introduced as an fine-structured Experimental Pop with a unique world.

Rymans(リーマンズ)

加藤賢崇、ラッキー池田、手塚真等を擁した謎のサラリーマン・コスチュームのリーマンズ(スペルはRymansで正しいのだろうか?)はパール兄弟のサポートで88年に7インチ・シングル「リーマン革命」(パール兄弟の『完璧なベスト』及び『テクノ歌謡〜ポリドール編』に収録)を発表した。


Mysterious Rymans (is it spelled correctly?) with the costume of salary-man (=Japanese business-man) having Kenso Kato, Lucky Ikeda and Makoto Tezka, etc. released the 7" single 'Ryman Revolution' (included in Pearl Bros' "Complete Best" and "Techno Ca-yo Collection Polydor Version") supported by Pearl Bros. in '88.

SYZYGYS

ヴァイオリンと43分割した微分オルガンを駆使した前衛ユニット。


An avant-grade unit leveraging violin and 43 tone organ.

Tipographica(ティポグラフィカ)

数々のセッションに参加するギタリスト、今堀恒雄(山口優の義兄)率いる最強変則バンド。


This is the strongest irregular band led by Tsuneo Imahori (a law-in-brother of Suguru Yamaguchi), a guitarist who attend many sessions.

Tokyo Towers(東京タワーズ)

82年に結成されたサイバーメタルなジプシー殿様キングスというコンセプトのバンド。サエキけんぞうとインド大話術団を組んだ加藤賢崇がヴォーカルをとっている。また賢崇氏は漫画『いぬちゃん』の作者、性格俳優としても知られる。『ハレはれナイト』、『トロイの木馬』に収録。加藤賢崇はナゴムの設立にも協力した。


The band formed in 1982 with the concept of Cyber-metal Gypsy Tonosama Kings. Kenso Kato who did India Dai-Wajyutsu Dan with Kenzo Saeki took vocal. Kenso is also known as a writer of comic "Inu-chan" and a character actor. Their songs are contained in "Hare Hare Night" and "Trojan Horse". Kenso Kato also helped establish Nagom Records.

Zypressen(ツィプレッセン)

プログレ誌MARQUEE(現在はポスト渋谷系オルタナ誌)の制作した若手プログレ・バンドのオムニバス『Lost Years In Labyrinth』に参加。


They joined the omnibus album "Lost Years In Labyrinth" for young Progressive Band produced by a Progressive magazine MARQUEE (currently Post Shibuya-Style Alternative magazine).

Omnibus

Drive To Heaven, Drive To Chaos

[1989] WAVE

01. Henry Kaiser: Samma No Aji
02. Picky Picnic: Welcome To Heaven
03. Andreas Dorau: Höllen-Tingeltangel
04. Constance Towers: Great Budda Air Mail
05. Fred Frith: Wilder Tongues
06. SYZYGYS: Le Fonce(3)
07. Lost Gringos: Unter dem Vulkan
08. Laemonz: Béla Bodocampode
09. Henry Kaiser: Tokyo Boshoku
10. Henry Kaiser: Kohayakawake No Aki
11. Der Plan: Fackel der Sehnsucht
12. Tipographica: Rhythm Moutains - Tanker
13. Picky Picnic & Pyrolator: Murderer's Night Fever
14. Jumbo: The Boy From Ipanema
15. Expo: Ebi Combi
16. John Zorn: Purged Specimen
17. Fred Frith: Stay That Way
18. Pyrorator: Ritual
19. Henry Kaiser: Zange No Yaiba
20. Bun Itakura(板倉文): Lotus

漫画家の玖保キリコがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた、「Ata Tak meets 京浜兄弟社」的日・独・米同盟による画期的コンピレーション。元チャクラの板倉文が8分を超える大作で参加。


This is an epoch-making "Ata Tak meets K-Hin Bros. Co." compilation by Japan-German-American Alliance executive-produced by Kiriko Kubo, a cartoonist. Bun Itakura, ex-Chakra, also provided over 8 minitues long track.

Chikai Munashiku「誓い空しく」

[1991]

01. Hi-Posi: Jino Jino「じのじの」
02. Mothke-san: Tofu「豆腐」
03. Tipographica: Drive
04. Costance Towers: Sore Wa Kanazuchi De Naose「それはカナズチで直せ」
05. Dominicks: Tsukui-ko「津久井湖」
06. Organization: Bull Mark「ブルマーク」
07. Rucks Beans: Sotto Shiteoite「そっとしておいて」
08. Zypressen: Subete No Tatejima Wa Kosa Shitagaru「すべての縦縞は交差したがる」
09. Syzygys: Eyes On Green
10. Expo: The Planet Of Apes 6「猿の惑星6」
11. Monshirochos: Fuefuki Kettle「笛吹きケトル」
12. Art Core Funk: Tantsu「タンツ」
13. Klara Circus: Little Giant
14. Kumio Kurachi & Aja Crayons: Zaba Zaba「ざばざば」
15. Dokuro-dan: Uten Kekko ~ Yakyu Ohkoku「雨天決行〜野球天国」

京浜兄弟社初の大作オムニバス・アルバム。限定30枚のアナログ盤は中古市場で80万円程(ホント?)取り引きされる。


This is the first masterpiece omnibus album of K-Hin Bros. Co. 30 limited edition vinyls are priced at \800,000 (really?) in the used market.

HOME | INDEX