KRAUT ROCK (GERMAN ROCK)

このページはバカ買い日記でお馴染みのポール・フランクこと、荒特派員の独占コーナーです。荒特派員、次はジャーマンロック系統図を作ってください・
<荒特派員>僕はスネークマン・ショーのアルバムに収録されていたホルガー・シューカイの「ペルシアン・ラヴ」を聴き、それからカンを聴いてジャーマン・ロックに興味を持ち始め、高校の頃に「KBスペシャル」の'87年12月号に載っていた連載記事「京浜兄弟社PRESENTS テクノ恩返し」の第2回、ジャーマン・エレクトロ特集を読んで大ショックを受けて(特に、ファウストが解散コンサートでステージ上で卓球をしただけだったとか、クラスターはドイツ三大エレクトロ・バンドのひとつだがアルバムには凄いものなど一つもないぞとか、カンのダモ鈴木はレコーディング中に突然奇声をあげ走り去ったまま帰ってこなかった、という箇所に。まぁほとんどガセネタだったんですけど)、必死でレコードを探して聴くようになりましたが当時は中々手に入らなかったし高かったですね。でも今はほとんどCD化しましたし、ここ数年再びジャーマン勢の活動が活発化しており、信じられないようなアーティストが続々と来日したりと、嬉しい限りです。本国では若い人にはほとんど聴かれてないようで、日本のみのリリースという作品も多いのが少し寂しいですが、日本人としては嬉しい特権だと思います。ほとんどのアーティストが(いい意味で)常識ハズレな音楽ばかりをどんどんリリースしており、どれを聴いても少なからず衝撃を受けることは間違いないです。ホントに不思議な国ですね。ドイッチュランド万歳。それから、名プロデューサーであり名エンジニアであったコニー・プランクの偉大さも忘れてはなりませんね。この人の作った音こそがジャーマン・エレクトロ・サウンドと言ってもよいでしょう。尚、アルバム・リストは、ほとんどのアーティストが膨大な数の作品をリリースしているため、あくまでも“主要作品リスト”ということにしてあります。ですので、「あれが抜けてるぞ」とか「もっと出てるぞ」とか言わないよーに。


This page is the exclusive section by Correspondent Ara a.k.a Paul Frank known for "RECORD CRAZE DIARY". I want Correspondent Ara to develop the German Rock geneology next.
<Correspondent Ara> I became interested in German Rock after I listened to Holger Czukay's "Persian Love" contained in the "Snakeman Show" album followed by Can. I was shocked by the special feature article about German Electro in the 2nd "K-Hin Bros. Co. presents Techno's Graditude" from Dec. '87 issue of "KB Special" when I was a highschool student (Especially the parts such as "Faust did ping-pong only on stage in their final concert", "Cluster has no great albums while it's one of the 3 greatest German Electro bands", "Damo Suzuki in Can run away shouting suddenly during the recording and never came back". But. most of them were fake.). I listened to them searching desparately, but they were hard to get and expensive at that time. But, most of them have been reissued in CD, and German Rock people have been reactivated these days, and unbelievable artists came to Japan. It's so pleasing. In their home country, few younger people listened to this type of music, and it's a bit pity that many are released in Japan only, but it's a great privilege for Japanese. Most of the artists have been releasing out of ordinary (in a good meaning) works, and you will be shocked to some extent by listening any of them. It's a really magical country. Bravo Deutcheland! We should not forget the greatness of Conny Plank who was a celebrated producer and engineer. The sound created by this guy is real German Electro sound. The album list contain "main works" only as most of them have huge numbers. So, please do not comment like "That is omitted." or "More are released.".

KRAUT ROCK | NEUE DEUTSCHE WELLE | GERMAN TECHNO POP | ATA TAK | ZICK ZACK

Amon Duul | Amon Duul II | Ash Ra | Ash Ra Tempel | Baumann, Peter | Can | Cluster (Kluster) | Czukay, Holger | Die Engel Des Heren | Dinger, Thomas | Faust UP! | Gottsching, Manuel | Guru Guru | Harmonia | Kraftwerk | Kreidler | La Dusseldorf | La! Neu? | Moebius | Neu! | 1-A Dusseldorf UP! | Popol Vuh | Rother, Michael | Schnitzler, Conrad UP! | Schulze, Klaus |Tangerine Dream
Omnibus Albums
KRAUT 2000
Extra

Comments from Japanese Artists | Reference

Amon Düül

  • Members: Uschi [Maracas]、Helga [Congas, Vo]、Krischke [Dr, P]、Angelika [Dr, Vo]、Ulrich [B]、Rayner [G, Vo]、Eleonora Romana [Perc]
  • Albums:
    • Psychedelic Underground「恋歌」「サイケデリック・アンダーグラウンド」 [1969] Metronome/[1982] Polystar (Japan LP)/[1995] Captain Trip
    • Collapsing「崩壊」 [1969] Metronome/[1995] Polydor
    • Paradies Warts Duul「楽園に向かうデュール」 [1971] Ohr/[1995] Captain Trip
    • Disaster「ディザスター」 [1973] Basf/[1995] Captain Trip
    • Experimente「エクスペリメンテ」 [1984] Unrelesed Tracks; Time Wind Collection/[1995] Captain Trip
<荒特派員>'67年にミュンヘン(ベルリン説もあり)で共同生活をしていた十数人によるコミューンが発端。現実逃避の為にドラッグ漬けになりただ楽器を持って音を出してただけ、と言われるそのサウンドは原始的パーカッションがズンドコズンドコ鳴っていて、その上にギターがギャギャギャと鳴り、ドラッグでラリッているとしか思えないメンバーが「うぇ〜」とか「あ〜」とか言ってます。発狂しているような絶叫も聴けます。後でかなり音をいろいろいじくってるようで、エフェクト面から見ても面白いです。後期はアシッド・フォーク的な作風になってます。その後、「より音楽的な活動」を求めていた連中が抜けてアモン・デュールUとなり、「政治活動に感心が強い」連中が残りました。しかししばらくしてこちらは自然消滅してしまいました。サウンド面だけ見れば、ボアダムスあたりは非常に影響受けてるんじゃないかなと思われます。

<Correspondent Ara> It stemmed from the commune with a dozen of people in Munich (some believe Berlin) in '67. It's said that they just created the sound by instruments with drug addiction to escape from the reality. Primitive percussion beats, and guitar sound overrides and the members who appeared to be drug-addicted are shouting something meaningless. It's almost scream of the craze. They seem to manupilate the sound later and it's interesting effect-wise. The latter period is more like Acid Folk. After that, it became Amon Duul II losing the members who want to do music, and the people with political interest remained. But, it dissapeared naturally. From a sound standpoint, I think Boredoms were influenced heavily by them.

Amon Düül U

  • Members: '70〜'71 : Peter Leopold [Dr]、Shrat [Perc, Vo]、Renate Knaup [Vo]、John Weinzierl [G]、Chris Karrer [Violin, G]、Folk Rogner [Org]、Dave Anderson [B]
  • Albums:
    • Phallus Dei「アモン・デュール・ファースト」「神の鞭」 [1969] Liberty/[1972] Toshiba (Japan LP)/[1996] Captain Trip (Japan CD)
    • Yeti「地獄!」 [1970] Liberty/[1970] Toshiba (Japan LP)/[1996] Captain Trip (Japan CD)
    • Tanz Der Lemminge「野ネズミの踊り ロック共同体」 [1971] Liberty/[1971] Toshiba (Japan LP)/[1996] Captain Trip (Japan CD)
    • Carnival In Babylon「バビロンの祭り」 [1972] United Artists/[1972] Toshiba (Japan LP)/[1996] Captain Trip (Japan CD)
    • Wolf City「狼の町」 [1972] United Artists/[1972] Toshiba (Japan LP)/[1996] Captain Trip (Japan CD)
    • Vive La Trance「恍惚万歳」 [1973] United Artists/[1974] Toshiba EMI (Japan LP)/[1996] Captain Trip (Japan CD)
    • Live In London「ライヴ・イン・ロンドン」 [1974] United Artists/[1975] Toshiba EMI (Japan LP)/[1996] Captain Trip (Japan CD)
<荒特派員>ここに挙げたジャーマン・ロック・バンドの中で、一番「音楽的」なのがこのアモン・デュールU。かなり厳密に作曲、アレンジされた曲を演奏している、という意味で。中近東的なフレーズが多用されるサイケデリック・ロックで、特に『地獄!』と『野ネズミの踊り』はものすごく濃厚で力強いサウンドです。その後はアメリカを意識したようなポップなサウンドに変化、プログレ・ファンは無視。'80年代になると、本家が休止中にDave Andersonなど別のメンバー中心に「UK版アモン・デュールU」まで出てきて、ワケわからん状態に。'95年にはオリジナル・メンバー4人で再結成、『ナダに輝く月』を発表。打ち込みなども使用して賛否両論ありましたがこれはこれでかなりカッコイイ出来で好きです。来日もして『ライヴ・イン・東京』もリリース。また、同時期に『神戸復興』という日本だけのリリースのCDも出ました。阪神大震災の義援金の為にリリースされた初期音源のリミックス集で、収益の一部が寄付されたそうです。

<Correspondent Ara> The most music-oriented one among the German Rock bands I listed is Amon Duul II. They perform the tunes composed and arranged fairly seriously. It's Psychedelic Rock using Middle Eastern phrase a lot, and especially "Yeti" and "Tanz Der Lemminge" were very very rich and powerful sound. Later the sound became more pop probably for America consciously, and it was ignored by Progressive Rock fans. In 80's, "U.K. version of Amon Duul II" appeared centered around Dave Anderson and the other members while the original band was suspended. In '95, the original four members reformed the band, and released "Bada Moonshine #1". I personally like it though it was polarizing with the use of programming. They also released "Live In Tokyo" as they came to Japan. At the same time "Kobe (Reconstructions)" CD was released in Japan only. This is the remix compilation of early works to assist Hanshin Earthquake and some were donated.

Ash Ra Tempel / Ash Ra / Gottsching, Manuel

  • Members(Ash Ra Tempel): Manuel Gottsching [G, Vo, Electronics]、Hartmut Enke [Bass]、Klaus Schulze [Drums, Percussion](1st)、Wolfgang Muller [Drums](2nd)
  • Albums:
    • Ash Ra Tempel「ファースト」 [1971] As Ash Ra Tempel; Ohr/[1994] King (Japan)
    • Schwingungen「セカンド(振動)」 [1972] As Ash Ra Tempel; Ohr/[1994] King (Japan)
    • Seven Up「セブン・アップ」 [1972] As Timothy Leary & Ash Ra Tempel; Kosmische/[2000] King (Japan)
    • Join Inn [1972] As Ash Ra Tempel; Ohr
    • Starring Rosi「スターリング・ロジ」 [1973] As Ash Ra Tempel; Kosmische/[2000] King (Japan)
    • Inventions For Electric Guitar「インヴェンションズ・フォー・エレクトリック・ギター」 [1975] As Ash Ra Tempel; Kosmische/[2000] King (Japan)
    • New Age Of Earth「ニュー・エイジ・オブ・アース」 [1976] As Ash Ra Tempel; Isadra(France)/As Ash Ra; Virgin(U.K.)/[1978] Victor (Japan LP)/[1991] Virgin Japan (Japan CD)/[1997] Belle Antoque (Japan CD)
    • Blackouts「ブラックアウツ」 [1978] As Ash Ra; Virgin/[1978] Victor (Japan LP)/[1991] Virgin Japan (Japan CD)
    • Correlations「水平音響への誘導」「コーリレイションズ」 [1979] As Ash Ra; Virgin/[1979] Victor (Japan LP)/[1991] Virgin Japan (Japan CD)
    • Belle Alliance「ベル・アライエンス」 [1980] As Ash Ra; Virgin/[1991] Virgin Japan (Japan CD)
    • E2-E4 [1984] As Manuel Gottsching; Inteam/[1996] Belle Antique(Japan)
    • Walkin' The desert [1989] As Ash Ra; Navigator
    • Dream & Desire [1991] As Manuel Gottsching; Musique Intemporelle
    • Tropical Heat [1991] As Ash Ra; Navigator
    • Le Berceau De Cristal [1993] As Ash Ra Tempel; Soundtrack(Recorded in 1975)
    • Early Water [1995] As Hoenig-Gottsching(Michael Hoenig & Manuel Gottsching) ; (Recorded in 1976); Musique Intemporelle
    • Sauce Hollandaise「ソース・オランデーズ」 [1998] As Ashra(Live in Holland 1997); Manikin&kdm; Arcangelo(Japan)
    • Ashra 「ライヴ・イン・ジャパン'97」 [1998] As Ashra(Live in Japan 1997); Captain Trip
    • Gin Rose 「ライヴ・アット・ロイヤル・フェスティヴァル・ホール」 [2000] As Ash Ra Tempel (Live in London in 2000); Manikin/Belle Antique(Japan)
    • Friendship 「フレンドシップ」 [2000] As Ash Ra Tempel; Manikin/Belle Antique(Japan)
<荒特派員>最初はブルース・ロック・バンドSTEEPLE CHASE BLUESBANDを母体としてスタート、アシュ・ラ・テンペルと改名、初期ピンク・フロイドに影響を受けたアシッド・ロック・サウンドとなる。しかしシュルツは脱退(一時復帰)、エンケはドラッグで廃人になってしまい、ソロ・プロジェクト“アシュラ”として再スタート。スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラス、テリー・ライリーなどのミニマル・ミュージックに影響を受けた独自のサウンドに変化。『E2-E4』は、'88年にイタロ・ハウスのスエーニョ・ラティーノが「Sueno Latino」でサンプリングしたり、'92年にはデリック・メイとカール・クレイグによるリミックス・ヴァージョンが出たり、またカール・クレイグはペーパークリップ・ピープル名義で「Remake」というシングルを'94年にリリース。これはタイトル通り、『E2-E4』を“リメイク”したもの。また、モーリッツ・フォン・オズワルドは「Sun Rain」をリミックスしていたりと、デトロイト系テクノ・アーティストから一気に再評価されてしまったのです。その後、ヴァージン時代のベスト盤や、6枚にわたるデモ・テイク集CD『プライヴェート・テープス』シリーズが出たりしました。しかし本人の動向がいまいちよく分からなかったのですが、'97年にはめでたく来日。その後また音沙汰ないなと思ってたら、2000年にはクラウス・シュルツと“アシュ・ラ・テンペル”の名義を復活させて、ライヴ・アルバムとスタジオ録音の新作をリリースしました。また、最近ゴッチングと活動を共にしているドラマー、ハラルド・グロスコフのユニット、“サンヤ・ビート”も、タルいアシュラ・サウンドという感じでオモロイです。

<Correspondent Ara> They started based on Blues Rock band "Steeple Chase Bluesband", and renamed to Ash Ra Tempel that is Acid Rock influenced by early Pink Floyd. But Shulze left (then, came back at one time), and Enke became as good as dead due to drug addiction, and it was restarted as a solo project "Ash Ra". The sound became their own influenced by Minimal Music such as Steve Reich, Philip Glass, Terry Riley. In '88, Sueno Latino of Italo House sampled in "Sueno Latino". In '92, the remix verion by Derick May and Carl Graig was released. Carl Graig also release the single "Remake" under the name of Paperclip People. This is a remake of "E2-E4" as the title says. Mauriz Von Oswald remixed "Sun Rain" and they were re-appreciated by Detroit Techno artists. After that, the best compilation during Virgin days, 6-disc demo take CD "Private Tapes" series were released. While it was not certain how they were actually doing at that time, they came to Japan Japan finally. After some scilence, they released new live album and studio albums by riviving "Ash Ra Tempel" name with Klaus Schulze in 2000. "Sunya Beat", a unit by Harald Grosskopf who works together with Gottsching is also interesting like lazy Ash Ra sound.

Baumann, Peter

<荒特派員>彼は、あのタンジェリン・ドリームのメンバーだった人です。THE ANTSというバンドを脱退後、タンジェリンに加入。『Romance '76』は、タンジェリン・ドリーム在籍中に出されたファースト・ソロで、タンジェリンのサウンドをかなり薄味にしたようなシンセ・ミュージック。国内盤(たしか再発盤もあり)では、ライナーを、なんと坂本龍一氏が担当しています。3rd以降、この人は唐突にテクノ化するのです。マシュー・フィッシャーしかり、ニール・ヤングしかり、あがた森魚しかり。3rdは、ジャケットからしてゲイリー・ニューマンかミック・カーンか、ってな具合の爬虫類系メイク。プログレ・ファン切り離し宣言、ってことでしょうか。曲やヴォーカルも、ゲイリー・ニューマンを意識したと思しき感じ。プロデュースを、なぜかロバート・パーマーが担当しています。ロバート・パーマーといえば、ルパート・ハインがプロデュースした、『プライド』と、ゲイリー・ニューマン参加の『クルーズ』は、ホント好きですねー。名盤ですよ。彼はライヴで当時、ゲイリーの「カーズ」をカバーしてた、っていうくらいのテクノかぶれだったそうですね。4thでは、という5人編成になっており、ピーターはバック・ヴォーカルになってます。なぜか“PETER”が取れて“BAUMANN”名義になってます。このアルバムが個人的にはいちばん好きです。曲名もかなりわかりやすくて、「METRO MAN」、「TIME MACHINE」、「GLASS HOUSE」とか、ソソラレます(^_^)。絵に描いたようなピコピコぶりであります。近未来的です。「CASH」なんて曲は、『オー・ノー! ディーヴォ』あたりのディーヴォに非常に近い曲調なのではないでしょうか。Virginの3枚はたしか以前CD化されていた記憶がありますが、これはCDで見たことないです。96年になってなぜか急にリリースされたベストCDはVirgin時代の3枚からのセレクトで、プログレ期とテクノ期が一枚に。彼は、ソロ・アルバムを4枚発表後は<PRIVATE MUSIC>という、環境音楽というのか、いわゆるニュー・エイジ系のレーベルを設立し、表立ったミュージシャンとしての活動はしてないようです。


<Correspondent Ara> He used to be a member of Tangerine Dream. After leaving the band called "The Ants", he joined Tangerine Dream. "Romance '76" was his first solo album during his Tangerine days, which is Synth Music by thinning Tangerine sound. In the Japanese release (the reissue should be available), Mr. Ryuichi Sakamoto wrote a liner note. After the 3rd album, he suddenly becomes Techno. Just like Mathew Fisher, Neil Young, Morio Agata. In the 3rd album, he wore lizard-like make-up like Gary Numan or Mick Karn on the cover art. It's like his declaration to abandan Progressive fans. Somehow, it was produced by Robert Palmer. Speaking about him, I like "Pride" produced by Rupert Hine and "Cruise" Gary Numan joined. They are masterpieces. He seems to be a big Techno fan covering Gary's "Cars" in his live. The 4th album had five members, Peter became a back vocalist. It became just "Baumann" by eliminating "Peter". I personally like this album best. Song titles are easy to understand and attractive like "Metro Man", "Time Machine", "Glass House". It's very very Techno. Futuristic. The track "Cash" is close to Devo in "Oh! No! Devo". While I have seen 3 Virgin albums as CD, I have not seen this one as CD. The best CD suddenly released in '96 was selected from the 3 Virgin albums and Progressive and Techno periods in one. He founded his label for Ambient Music or New Age called "Private Music" after releasing 4 solo albums, and seems to not be active as a player.

Can 

<荒特派員>カンはPILやジュリアン・コープ、ザ・フォールなど、のちのニュー・ウェイヴ勢に大きな影響を与えた重要バンドです。ちなみにザ・フォールには「I Am Damo Suzuki」なる曲もあります。原始的なワン・コードの曲や、いかにもシュトックハウゼン門下生という感じの現代音楽的な曲などなど色々。特に好きなのは『タゴ・マゴ』と『フューチャー・デイズ』です。『フューチャー〜』にはテクノポップの源流とも言える感じの曲もあります。後期にはトラフィックのメンバーなどを迎え迷走気味に。'86年に初代ヴォーカル、マルコム・ムー二ーを含む8人が再び集まり、'89年になってようやく再結成アルバム『ライト・タイム』を発表。評判は芳しくありませんでした。'97年にはジ・オーブ、イーノ、カール・クレイグら大物たちによるリミックス・アルバムが発表され話題になりました。写真撮影で4人が再び結集したものの再々結成はなかった模様。また、ソロ活動も活発で、ダモ鈴木はドンクルツィッファーやダモ鈴木バンド、カローリはファントム・バンドとして、イルミンはサントラを数多く手掛け、ホルガーも近年再び活動が活発になってきました。2000年にはホルガーを除く3人それぞれのユニットによる「カン・ソロ・プロジェクト」での来日が予定されていたんですが急遽中止になってしまいました。残念。
ギタリストのミヒャエル・カローリは、'01年11月17日に53歳という若さでお亡くなりになりました。昔、ミヒャエルが行っていた学校の先生がホルガーで、クラシックや現代音楽ばかりだったホルガーにビートルズの「アイム・ア・ウォーラス」やソウル・ミュージックを聴かせたのがミヒャエルだったのです。そこからカンがスタートしたのでカン結成のきっかけとなった重要人物がミヒャエルだと言ってもいいでしょう。カンの中で最も若かったのに最初に逝ってしまうなんて残念です。もともとすごい酒飲みだったらしく、それが死因のひとつだったのかもしれません。余談ですが、ロキシー・ミュージックのアルバム『カントリー・ライフ』のジャケットの二人の女性のうち右側の人は、ミヒャエルの実の妹だとのことです。 

<Correspondent Ara> Can is an important band that strongly influenced New Wave groups such as PIL, Jullian Cope and The Fall. The Fall has the track "I Am Damo Suzuki". They have a variety of track such as primitive one-code tune, Stockhausen-follower type Modernistic Music. I especially like "Tago Mago" and "Future Days". "Future Days" includes some tracks to be the origin of Techno Pop. In the latter period, they tended to stray having an ex-member of Traffic. In '86, 8 members including Malcom Mooney, the original vocalist, gathered again and released the reunion album "Rite Time" in '89 finally. But it was not well accepted. In '97, the remix album by big guys like The Orb, Eno, Carl Graig was a hot topic. While 4 members were reunited for picture-taking, they appeared to have not actually been reunited. Their solo activities are also active, and Damo Suzuki acted as Dunkelziffer, Damo Suzuki Band. Karoli as Phantom Band. Irmin did a lot of soundtracks, and Holger became active recently. In 2000, they were supposed to come to Japan as "Can Solo Project" excluding Holger, but it was suddenly cancelled out. Pity.

Cluster (Kluster)

 <荒特派員>最初はコンラッド・シュニッツラーを含む3人編成の“Kluster”としてスタート。朗読なども含む現代音楽的なアルバムを2枚発表後、コンラッドが脱退して“Cluster”と表記を改め、再スタート。『Cluster』(再発時に『71』と改題)や『U』は轟音電子音響アルバム。『ツッカーツァイト』はそれまでとは異なり、ポップな世界を展開。冒頭の曲は、ヒカシューの「プヨプヨ」に影響を与えていることは明白です。ブライアン・イーノとの共作も2枚発表。イーノはこの共同作業でかなりの影響を受けたはずです。以後も活動を続けるものの、'80年代に入ってソロ活動が活発化。ローデリウスはいささかニュー・エイジ寄りの音楽になり、多数のアルバムを発表。一方モービウスも、共作含め多くのアルバムを発表していく。モービウスは相変わらず捕え所のない調子ハズれの電子音楽道を邁進。その後、'90年代に入りなぜか“Moebius+Roedelius”名義のアルバムを挟み、Clusterとしての活動を再開。とうとう来日(ボク行きました)。その後、再びそれぞれソロ活動に入り、ローデリウスも相変わらず色々なレーベルから気付かぬうちにニュー・エイジ的な新作を出し、モービウスは元ノイ!のミヒャエル・ローテルと共に来日し、素晴らしいステージを披露しました。

<Correspondent Ara> Intially they started as Kluster as a trio including Conrad Schnitzler. After releasing two Modernistic Music albums including poetry reading, Conrad left and they restarted as "Cluster". "Cluster" (renamed to "71" when it was reissued) and "II" are a loud Electronic Sonic Freak album. "Zuckerzeit" was different from the previous ones with the world of Pop. The first track obviously influenced Hikasu's "Puyo Puyo". They also released two collabration albums with Brian Eno. Eno must have been influenced with this collabration. While they continued, they were more active as solo in 80's. Roedelius became more New Age and released many albums. Moebius also released many album including collabrations. Moebius pursued out of tune Electronic Music that is hard to grasp as before. In 90's, they somehow restarted as Cluster having "Moebius+ Roedelius" album inbetween. They finally came to Japan (I went). Again, they went into solo activities, and Roedelius released New Age albums on various labels, and Moebius came to Japan with Michael Rother of ex-Neu! to have a fantastic stage.

Czukay, Holger

  • Albums:
    • Canaxis 5 [1969] As Holger Czukay, Rolf Dammers; Music Factory
    • Movies「ペルシアン・ラブ」 [1979] EMI Electrola/[1981] Trio (Japan LP)
    • On The Way To The Peak Of Normal「イマージュの旅人」 [1981] EMI Electrola/[1982] Trio (Japan LP)
    • Full Circle「舟海」 [1982] As Holger Czukay/Jah Wobble/Jaki Libezeit; Virgin/[1983] Trio (Japan LP)
    • Les Vampyrettes [1981] 12" Single; As Holger Czukay/Conny Plank; EMI
    • Persian Love〜Holger Czukay Best「ペルシアン・ラヴ〜ホルガー・チューカイ・ベスト」 [1983] Cassette; Apollon
    • Snakecharmer「スネーク・チャーマー」 [1983] As Jah Wobble/The Edge/Holger Czukay; Island/[1984] Polystar
    • Der Osten Ist Rot [1984] Virgin
    • Rome Remains Rome [1987] Virgin
    • Rome Remains Rome And Excerpts From Der Osten Ist Rot 「ローマ・リメインズ・ローマ」 [1991] 2in1 CD; Virgin; Virgin Japan (Japan CD)
    • Radio Wave Surfer 「レイディオ・ウェイヴ・サーファー」 [1991] Virgin; Vigin Japan (Japan CD)
    • Moving Pictures「ムーヴィング・ピクチャーズ」 [1993] Mute; Alfa (Japan CD)
    • Clash-USA Live 1997「クラッシュ」 [1998] As Holger Czukay vs DR.Walker; Sideburn
    • Good Morning Story [1999] Tone Casualtues
    • La Luna [2000] (Recorded 1996) Tone Casualitues
<荒特派員>ホルガー・シューカイは、短波ラジオからの音源を曲に利用し(ジョン・ケージっぽいアイデアですが)、一般的に“サンプリングの元祖”だと言われたことをやっていた元カンの才人。「ペシアン・ラヴ」はスネークマン・ショーの1stに収録され、またCMにも起用された代表曲のひとつ。デヴィッド・シルヴィアンとの共作も2枚発表しています。『Rome〜』収録の「Sudetenland」は後にちょっとしたブームになったブルガリアン・ヴォイスを早くもサンプリングしており、またそれがとにかくかっこ良くって、今聴いてもブッとびます(ちなみに原曲は、4ADからリリースされたCD『ブルガリアン・ヴォイス』収録の「婚礼」という曲です)。また最近は久々にアルバムを発表して活動が活発になってきた様子。エアリキッドのDrウォーカーとの共作『クラッシュ』は、モロにジ・オーブしてました。
 
<Correspondent Ara> Holger Czukay is a genious of ex-Can who was known to be the originator of "sampling" in general using the tracks from short wave radio (a kind of John Cage idea). "Persian Love" was one of the representative songs contained in the first album of Snakeman Show and used for TV commercial, He released two collabration albums with David Sylivan. "Sudetenland" in the album "Rome Remains Rome" sampled Bulgarian Voices that became booming later. It is so cool, and it blow me away even now (the original is "Svatra (The Wedding)" in the CD "Le Mystere Des Voix Bulgares"). He appears to be active again as he released a new album after a long interval. "Clash" collabrating with Dr. Walker of Air Liquide is very The Orb-esque.

Die Engel Des Heren

<荒特派員>ディー・エンゲル・デス・へレンは、「若い連中と、ラ・ドュッセルドルフを継続しようという試みで」クラウス・ディンガーが一時期結成していたバンド。音的にはラ・ドュッセルドルフと変わらない陽気なハンマー・ビート・パンク。「チャチャ2000」のセルフ・カバーや、「チャチャ3000」なんてのもあります。「天空〜」は、元々はドイツで通販のみで売っていたアルバムだそうです。

<Correspondent Ara> Die Engel Des Heren is the band formed by Klaus Dinger to continue La Dusseldolf with youngsters. The sound is happy Hammer Beat Punk comparable to La Dusseldorf. There are a self-cover of "Cha Cha 2000", and "Cha Cha 3000". "De Engel Des Heren" was the album that used to be only available in mail order in Germany.

Dinger, Thomas/1-A Dusseldorf

  • Members(1-A Dusseldorf):Thomas Dinger [Dr, Key, Guitar, Bass]、Nils Kristiansen [Guitar, Key, Vocal]、Viktoria Wehrmeister [Vocal; "Live" only; from La! Neu?]
  • Albums:
    • Fur Mich 「我が為に」 [1982] Teldec/[1982] King (Japan LP)/[1998] Captain Trip (CD; Japan only) as Thomas Dinger
    • Fettleber 「ファット・レバー」 [1999] Captain Trip (CD; Japan only)
    • Konigreich Bilk 「ビルク王国」 [1999] Captain Trip (CD; Japan only)
    • D.J.F. 「独日友好」 [2000] Captain Trip (Limited CD; Japan only)
    • Live 「生」 [2001] Captain Trip (Limited CD; Japan only)
<荒特派員>NEU!の3rd〜ラ・ドュッセルドルフのメンバーだったトマス・ディンガー(NEU!のクラウス・ディンガーの弟)は、本人がニューロマ的な青白いメイクを施したジャケが強烈な、唯一のソロを'82年に発表。内ジャケには色んなタイプのメイクをした写真がありますが・・・かなりコワイです。その後、15年以上も音信不通に。
1-Aドュッセルドルフ(なぜか国内盤はュッセルドルフではなくュッセルドルフという表記になっている)は、トマスが画家のニルス・クリスチャンセンと組んだユニットです。正直「まだ生きてたんだ・・・」と思いました。しかし、兄のクラウスが「NEU!+La Dusseldorf」で「La! Neu?」というフザけたユニットを組んだと思ったら、弟は「La Dusseldorf」の「La」を「1-A」に分解しただけの名前・・・。困ったちゃんです。なぜに画家と組むのか不可解ですが、音の方はもっと不可解で、帯には「ロウ・ファイ・テクノ」と書かれてますが、たしかにロウ・ファイではあるかもしれませんがテクノとはちょっと違うような気が・・・。ドイツのミュージシャンでありながら日本のみ限定リリース、しかもオリジナルなのに限定盤扱いだったりと、ちょっと悲しいです。ですので、5th『Live』はホールなどでのライヴということではなくスタジオ・ライヴのことなのです。あと、『D.J.F.』といっても別にハンマー・ビートは出てきません。サイケでヘロヘロな音です。

1-Aドュッセルドルフ(元ノイ!〜ラ・ドュッセルドルフ)のトマス・ディンガー氏は、'02年4月9日にお亡くなりになったそうです。キャプテン・トリップの小柳さんからの情報です。

<Correspondent Ara> Thmas Dinger who used to be a member of NEU! at the 3rd album and La Dusseldorf (NEU!'s Klaus Dinger's younger brother) released only one solo album which cover art is very impressive with New Romantic pale make-up on himself in '82. There are pictures with various make-up styles in the inner cover. It's quite scary. But, nothing had been heard for more than 15 years after this. 1-A Dusseldorf is a unit that Thomas teamed up with Nils Kristiansen, a painter. I felt "he is still alive.". But, elder brother Klaus formed a joking unit "La! Neu!" with "NEU! + La Dusseldorf", and younger brother named "1-A" by dividing "La" of "La Dusseldorf". They are puzzling. While it is hard to understand why they work with a painter, the sound is even harder to understand. The sleeve says "Lo-Fi Techno", and it is Lo-Fi for sure, but no sure if it's Techno. While they are German musicians, it was released only in Japan, and it's a bit sad that the original became limited disc. The 5th album "Live" is live at the studio not live at the hall. While it was called as "D.J.F.", there is no Hammer Beat. Psychedelic and loose sound.
Thomas Dinger of 1-A Dusseldorf (ex. NEU!. La Dusseldorf) passed away on April 19, '02. It's based on the information from Mr. Koyanagi of Captain Trip.

Faust

  • Members:
    • Faust ('71-) : Werner“Zappi”Diermaier、Hans Joachim Irmler、Arnulf Meifert、Jean-Herve Peron、Rudolf Sosna、Gunther Wusthoff、Kurt Graupner、Andy Hertel
    • Faust (90's): Werner“Zappi”Diermaier、Hans Joachim Irmler、Ulrike Helmholz、Steven Wray Lobdell、Lars Paukstat、Michael Stoll、Thomas E. Martin and Others
  • Albums:
    • Faust「ファウスト・ファースト・アルバム」 [1971] Polydor
    • So Far「ソー・ファー」 [1972] Polydor
    • Tapes「テープス」 [1973] Virgin
    • W「ファウストW〜廃墟と青空」 [1973] Virgin/[1974] Columbia (Japan)
    • Return Of A Legend〜Munic & Elsewhere [1986] Recommended
    • The Last LP [1988] Recommended
    • 71 Minutes Of「71分」 [1989] ReR Megacorp
    • Rien [1995] Table Of Elements; Produced by Jim O'Rouke
    • You Know Faust「ユー・ノウ・ファウスト」 [1997] Locus Solus
    • The Faust Concerts Vol.T [1994] Table Of The Elements
    • The Faust Concerts Vol.U [1994] Table Of The Elements
    • Edinburgh 1997 [1997] Klangbad
    • Faust Makes Nosferatu [1997] Klangbad
    • Ravvivando「ラヴィヴァンド」 [1999] Klangbad; Belle Antique (Japan)
    • The Wumme Years 1971-73「ファウスト・ボックス:ヴュンメ・イヤーズ1971-73」 [2000] 5CD Box; Locus Solus 
    • The Land Of Ukko&Rauni 「古代神の地(ライヴ・イン・ヘルシンキ)」 [2000] Live('00); Klangbad/Captain Trip(Japan;2CD)
<荒特派員>数あるジャーマン・ロック・バンドの中で、一番理解しにくいのがファウスト。ほとんどコラージュによって成り立っているものが多くて、非常に捉え所がないのです。ですから逆に何回も聴いてしまいますね。でも、なかなか頭に入らないという感じです。初期は非常に音楽的な内容で、ちゃんと楽曲とした成立してるものが多かったのですが、近年復活してからは、ライヴ写真だけ見るとノイバウテンとダブる感じで、ステージで電気ドリル使って火花散らすわ爆竹鳴らすわ、来日ライヴではテレビのブラウン管を叩き割ったり、終いには大量のスモークを客席めがけて噴出し、客が出口に殺到するという騒ぎもあったとか。ノイズというかインダストリアルな音ですが、ムチャクチャ好きです。ジム・オルークがプロデュースした『RIEN』は、もともとファウストが提示したテープをもとに加工して作れ、と言われたもののどうにも使えず、結局1曲を除きすべてジムが作った“ファウストのフェイク”によるアルバムなのだそうです(ミュージック・マガジン'98年12月号より)。また、一部ファウストにまつわる伝説で「解散コンサートではステージ上で卓球をしただけだった」というのがありましたが、実際は「シンセに接続されたピンボール・マシンが曲に合わせてピコピコ・ピヨーンと演奏された」というのが事実だそうです(『テープス』CDライナーより)。
 
<Correspondent Ara> The most difficult to understand band among many German Rock bands are Faust. It's so hard to grasp as many consists of collage. Because of this, I tend to listen to it many times. But, it's still hard to get into my brain. The early work is very music-oriented and many are proper music tracks, but they are more like Neubauten based on the live picture. They produced a lot of sparks with electric drills on stage, destroyed TV monitor in their Japan live, and shoot a lot of smoke to the audience and they tried to run away. I love them despite their orientation to Noise or Industrial. "Rien" produced by Jim O'Rouke was a "Faust-fake" album that Jim created except one track as he was not able to use the tapes Faust asked to process (from Music Magazine Dec. '98). There was the legend arond Faust that they just did ping-pong on stage, but the fact was the pinball machine connected to synths was peformed along with the track (from liner note of the CD "Tapes").

Guru Guru

  • Members:
    • Guru Guru (1st-3rd) : Mani Neumeir [Dr]、Uli Trpte [B]、Ax Genrich [G]
    • Guru Guru (97-) : Mani Neumeir [Dr]、Roland Schaeffer [S. G]、Luigi Archetti [G]、Peter Kuhmstedt [G]
  • Albums:
    • UFO [1970] Ohr/[1994] King (Japan)
    • Hinten「ヒンテン」 [1971] Ohr/[1994] King (Japan)
    • Kanguru「カングルー」 [1972] Brain/[1973] Teichiku (Japan LP)/[1995] Polydor (Japan CD)
    • Guru Guru「不思議の国のグル・グル」 [1973] Brain/[1974] Teichiku (Japan LP)/[1995] Polydor (Japan CD)
    • Don't Call Us, (We Call You) [1973] Atlantic
    • Dance Of The Flames [1974] Atlantic
    • Mani Und Seine Freunde [1975] Atlantic
    • Tango Fango「タンゴ・ファンゴ」 [1976] Brain/[1998] Captain Trip
    • Globetrotter [1977] Brain
    • Live「ライヴ」 [1978] Brain/[1998] Captain Trip
    • Hey Du! [1979] As Guru Guru Sun Band; Brain
    • The Story Of life [1980] Compilation
    • Mani In Germani [1981] GeeBeeDee
    • Neue Streiche [1983] Bieber
    • Live 1971 LP [1986]
    • Hot On Spot [1986] As Guru Guru, Inbetween(Split Album); United Dairies
    • Jungle [1987] Casino
    • 88 [1988] Casino
    • Shake Well [1993] ZYX Music
    • Guru Guru & Uli Trepte「グル・グル&ウリ・トレプテ」 [1995] Live '72+Studio '74; Captain Trip
    • Der Elektrolurch [1995] As Gurumania; Single CD; Rough Trade
    • Wah Wah「ワー・ワー」 [1995] Captain Trip
    • Space ship (Best Of Part T) [1996] Compilation; Cleopatra
    • Moshi Moshi「モシモシ」 [1997] Captain Trip
    • The Best Of Part U [1997] Compilation; Cleopatra
    • 30 Jahre Live「生誕30周年記念祭」 [1999] 3CD(Live '98+'71); Captain Trip
    • 2000 Gurus「2000回転!」 [2000] Captain Trip
<荒特派員>グル・グルというバンド名は、カエルの鳴き声から来ているらしく、日本語で言えば「ゲロゲーロ」ということになります。ちなみに結成当初は「グルグル・グルーヴ」というバンド名だったそうです。元々ジャズ系ドラマーだったマニ・ノイマイヤーを中心に、メンバーチェンジを繰り返しながら現在も活動を続けるグルグルのサウンドは、初期のへヴィーサイケ・アシッド・ロックばかりが好まれ取り上げられますが(ジャーマン・ロック集成やジャーマン・エレクトロ・リミックスでは中期以降がバッサリとカットされていて悲しくなった)、)、中期の変態ジャズ・ロック路線も個人的には楽しくて大好きなのです。'90年代はソロ・ユニットも含め精力的に活動、グルグル本体もかなり濃密なサイケデリック・ロック調のアルバムを発表し頑張っています。新作『2000回転!』は打ち込みも多用しており結構オドロキです。マニも、ソロやワールド・ミュージック系アンビエントなテラ・アンフィビアというユニット、現グル・グルのメンバーであるルイージ・アルケッティとのユニット“夜の野獣”、ピーター・ホリンガーとのユニット“ドラム超人”、またクラスターのモービウスとのセッション等にも参加。ウリ・トレプテも“スペース・ボックス”というユニットを組んで活動、あと一時期組んでいたバンド“キックビット・インフォメイション”のCDやソロ・アルバムをリリース。アクス・ゲンリッヒもサイケなソロを発表しています。現メンバーであるルイージ・アルケッティのソロ『キュービック・イエロー』(クラスターのモービウス参加)も奇天烈電子音楽でとにかく面白いです。

<Correspondent Ara> Guru Guru band name seems to come from a cry of frog, and it's "Gero Gero" in Japanese. Initially it was "Guru Guru Groove". Guru Guru has continued their activity with constant changes of members centered around Mani Neumeir who used to be a Jazz drummer. Heavy Psychedelic Acid Rock during their early days are typically quoted (I felt sad as there was no mentioning about them in "German Rock Collection" and "German Electro Remix".), but I personally love Strange Jazz Rock during their middle period. They were quite active as solo units in 90's, and Guru Guru itself also released deep Psychedelic Rock albums. Their new album "2000 Gurus" used a lot of programming, which was my surprise. Mani was active as a solo, Terra Amphibia that is World Music Ambient, "Tiere Der Nacht" that is a unit with Luigi Archetti, current members of Guru Guru, "Monster Of Drums" that was a unit with Peter Hollinger, and also joined the units like Meobius of Cluster. Uli Trpte was also active as Space Box, Kickbit Information and solo. Ax Genrich released Pychedelic solo albums. The solo album "Cubic Yellow" (Moebius of Cluster also appeared) by Luigi Archetti, a current member, was astonishing Electronic Music.

Harmonia

<荒特派員>ハルモニアは、クラスターの2人とノイ!のミヒャエル・ローテルによって結成されたユニット。1stはクラスター色が強いミニマル電子音楽という感じですが、2ndになるとグルグルのマニさんもゲストに加わり、タイトル曲は「アウトバーン」ソックリな明るい歌モノを披露していて驚き。他、シンセ度、テクノ度の高い曲が多くオススメです。'97年に突如リリースされた『Tracks&Traces』は、'76年にレコーディングされたままお蔵入りしていた未発表曲集で、ハルモニアの3人にブライアン・イーノが加わった“Harmonia 76”名義になっています。イーノの歌も聴けます。 

<Correspondent Ara> Harmonia is the unit formed by two members of Cluster and Michael Rother. The first album is Minimal Electronic Music with strong flair of Cluster, but the second album had a bright title track that is very similar to "Autobahn" with Mani from Guru Guru as a guest. Highly recommended as they have many Sythesized and Techno tracks. "Tracks & Tracks" released suddenly in '97 was the collection of unreleased tracks recorded in '76 under the name of "Harmonia 76" including Brian Eno. Eno also sings.

Kreidler

La! Neu?のメンバーが参加している比較的最近のユーモアあふれるクラフトワーク的テクノポップ・バンドです。
<荒特派員>KREIDLERの『WEEKEND』は、楽しくてカッコイイ電子音ロックです。演奏も達者。


This is a relatively new Kraftwerk-esque techno pop band with full of humour which the members of La!Neu? are joining.
<Correspondent Ara> Kreidler "Weekend" is a happy and cool Electronic Soundscape Rock. Very skillful.

La Dusseldorf

<荒特派員>ラ・ドュッセルドルフは、ノイ!解散後にクラウス・ディンガーが弟のトーマス、ノイの3rdにも参加していたハンス・ランペと共に結成したバンド。ノイのハンマー・ビート(ディンガーはアパッチ・ビートだと言っている)を継承し、さらに明るくパワフルになったサウンド。2ndはジャケのアートワークも含め、ノイの2ndに続く傑作とされています。『ネオンディアン』は当初はラ・ドュッセルドルフの4枚目としてリリースされる予定だったものの、結局ディンガーのソロとして発表された(CDでは“クラウス・ディンガー&ライニッタ・ベラ・デュッセルドルフ”名義に変わっている)。ジャケではディンガーがモヒカンになっています。

<Correspondent Ara> La Dusseldorf is the band formed by Klaus Dinger, his younger brother Thomas, and Hans Lampe that joined Neu!'s 3rd album after Neu! was disbanded. They succeeded Neu!'s Hammer Beat (Dinger calls Apatch Beat) with more brightness and power. The second album was considered to be the masterpiece after Nue!'s second album including its cover art. "Neondian" was originally planned to be released as the 4th album of La Dusseldorf, but it was released as Dinger's solo ("Klaus Dinger & Rheinita Bella Dusseldorf in CD). Dinger became mohikan haired in the cover art.

La! Neu?

<荒特派員>ラ!ノイ?という冗談みたいな名前の、クラウス・ディンガーの新バンド。ノイ!に通じるハンマー・ビートの曲もあれば、ディンガーの母、レナーテ・ディンガーが拙いピアノをバックにヨボヨボ声で歌う曲があったり、計4枚にわたる東京でのライヴCDをリリースしたり、メンバーのレンブラントの完全ソロ作やラ・ドュッセルドルフの5枚目として制作されていた音源までラ!ノイ?名義でリリースしたりと、ホントやりたい放題。メンバーはアルバム毎に流動的で、脱退したのかな、と思ったら次のアルバムでは参加してたりします。どうもディンガーの母や弟まで参加してたりと、ファミリー的なバンドのようです。しかし、このデタラメさに何故か惹かれてしまうのです。ボアダムスとか好きな人にオススメ。特に1stと『寅年』はカッコイイですぞ。

<Correspondent Ara> La! Neu? that sounds like a joking is a new band by Klaus Dinger. There are Neu!-esque Hammer Beat tracks, some tracks that Renate Dinger, Dinger's mother, sings with elderly voice along with poor piano play. They released 4-disc CD of live at Tokyo, and Rembrandt's solo and the album that was supposed to be released as the 5th album of La Dusseldorf was even released as La! Neu?. The members are flexible by each album and some members whom I thought left joined again. It's a kind of family band with Dinger's mother and brother. But I was attracted by this nonsense. Recommended for those who like Boredoms, especially the first album and "Year Of The Tiger".

Moebius (Solo & Collaboration)

  • Members:
    • Liliental; Moebius [Arp, Gitarre, Percussion], Asmus Tietchens [Moog, Schlagflugel], Okko Bekker [Arp, Keyboards, Percussion, Vocals,Singende Sage, Gitarre], Conny Plank [Arp, Gitarre, Vocals], Johannes Pappert [Altsaxophon, Schlagzeug, Bass, Flote], Helmut Hattler [Bass]
    • Space Explosion; Dieter Moebius(Cluster) [Synth], Mani Neumeier(Guru Guru) [Drums], Jurgen Engler(Die Krupps) [Synth,Talkbox,Guitar], Chris Karrer(Amon Duul U) [Violin, Sax], Zappi Diermaier(Faust) [Percussion], Jean-Herve Peron(Faust) [Bass, Vocals, Trumpet, Acostic Guitar]
  • Albums:
    • Liliental「未知への飛翔」 [1978] As Liliental; Brain/Teichiku(Japan)
    • Rastakraut Pasta [1979] As Moebius&Plank; Sky
    • Part Of Art [1980] Sesam
    • Material [1981] As Moebius&Plank; Sky
    • Blue Moon [1986] Soundtack; Sky
    • Strange Music [1982] As Moebius&Beerbohm; Sky
    • Tonspuren [1983] Sky
    • Zero Set「ゼロ・セット」 [1982] As Moebius-Plank-Neumeier; Sky/[1996] Platz (Japan CD)
    • Double Cut [1983] As Moebius&Beerbohm; Sky
    • Mirror Of Infinity [1985] X
    • Ersatz [1990] As Moebius&Renziehausen; Pinpoint
    • Ersatz U [1990] As Moebius&Renziehausen; Pinpoint
    • En Route [1995] As Moebius&Plank; NO-CD Records; (Recorded in 1986)
    • Other Places「アザー・プレイセス」 [1996] As Moebius,Neumeier&Engler; Captain Trip
    • Space Explosion「宇宙漂流」 [1997] As Space Explosion; Captain Trip
    • August [1993] Rocke
    • Ludwig's Law「ラドウィグス・ロウ」 [1998](Recorded 1983) As Moebius/Conny Plank/Mayo Thompson; Drag City/P-Vine(Japan)
    • Blotch「ブロッチ」 [1996] As D.Moebius; Scratch/Captain Trip(Japan)
<荒特派員>クラスターのモービウス(ここ数年はメビウスという表記が多いが、昔はモービウスという表記が多かった。レデリウスもローデリウスというのが多かったのです)は、相棒のローデリウスほど多作ではないものの、おもろいソロ作品や共作などがかなりあります。リリエンタルはモービウスとコニー・プランクを中心に結成された6人組。オリジナルと日本盤では別ジャケです。この他にも「Jetzt Ist Zeit Und Stunde Da」など3枚のアルバムが確認されていますが、モービウスもプランクもいませんでした(同名別バンドか?)。その後、モービウス&プランクとしてアルバムをリリース。「Rasta〜」と「Material」は2in1CDとしてリリースされているのでオススメです。グルグルのマニさんと作った『ゼロ・セット』は、CDが'94年にNMEのテクノ・チャートに一瞬ランクインしたというのだからスゴイ。その後、プランクが亡くなり、モービウスとマニさん、そしてディー・クルップスのユルゲン・エングラーとで制作された『アザー・プレイセス』は『ゼロ・セット』の続編という感じで楽しめます。スペース・エクスプージョンはジャーマン・ロック界の大御所が結集して制作されたフリーセッション・アルバムで強烈です。また、'83年にレコーディングされながらもずっとお蔵入りしていた『ラドウィグス・ロウ』は、2人とレッド・クレイオラのメイヨ・トンプソンとの合作で、完璧なニューウェイヴ・テクノポップ系サウンド。AONが使っていたスネアの音も登場します。同アルバムからメイヨの歌とギターを抜いてリミックスしたのが『EN ROUTE』という、これまたずっと未発表だった作品。サントラなんかもありますが、タンジェリンとは違ってまったくいつものモービウス節でした。新作『ブロッチ』は、ミヒャエル・ローテルと来日した際に披露された曲が収録されている傑作です。

<Correspondent Ara> Moebius of Cluster have not released as many albums as his partner Roedelius, but there are quite a few interesting solo and collaboration albums. Liliental is a 6-piece band formed by Moebius and Conny Plank. The original and Japanese releases have different cover arts. While there are 3 other albums such as "Jetzt Ist Zeit Und Stunde Da", it had no credit for Moebius nor Plank (is it a different band with the same name?). "Rasta..." and "Material" that were two in one CD were recommended. "Zero Set" CD made with Mani of Guru Guru was ranked for a moment in the NME Techno chart in '94, which is amazing. After than Plank passed away, and "Other Places" made with Engler of Die Krupps is amusing as part II of "Zero Set". Space Explosion is punchy free-session album made by the German Rock bigwigs. "Ludwig's Law" that had been put away after recording in '83 was the collaboration with Mayo Thompson of Red Clayora that is perfect New Wave Techno Pop. Snear used by AON also appears. "En Route" is a remix eliminating Mayo's singing and guitar sound is also the album that had been put away for a long time. While there are also soundtrack albums, it's very Moebius unlike Tangerine Dream. The new album "Blotch" is a masterpiece including the tracks performed when they came to Japan with Michael Rother.

Neu!

  • Members: Klaus Dinger [Dr,Vo]、Michael Rother [G]
  • Albums:
    • Neu!「宇宙絵画」 [1971] Brain/[1977] Teichiku (Japan LP)
    • 2「電子美学」 [1973] Brain/[1977] Teichiku (Japan LP)
    • Neu! 75「電子空間」 [1975] Brain/[1976] Teichiku (Japan LP)
    • 4 [1994]  Captain Trip
    • '72 Live!「'72ライブ!」 [1996] Live; Captain Trip
<荒特派員>いつまで経ってもCD化されないのがノイの諸作。版権をめぐる裁判の結果はどうなったんでしょう。ノイはCD化されないこともあってかなり過大評価されてる感もありますね。ノイは一時期クラフトワークのメンバーにもなっていた(ラルフが抜けてた時)クラウス・ディンガーとミヒャエル・ローテルによるバンド。ディンガーの♪どどダどどどダど♪という8ビートのドラムに、ローテルのギャギャギャギャペロ〜ンとしたギターが被さるというモノ。あとノイズっぽいものとかも。2ndのB面では、元の曲を倍速にしたり回転を遅くしたり、あと針飛び音などもあってムチャクチャ。“リミックスという手法の元祖はノイだ”という意見もありますが、率直に言うと「そういう見方もあるのか」と思っちゃいますけどね。本人たちはただ好き勝手にやってただけという感じもしますが・・。コ二ー・プランクがいたからこその音という気もします。ただ、ハマると抜けられないのも事実ですね、この音は。

<Correspondent Ara> Some Neu!'s works have not been released in CD. I wonder what happened to the result of copyright trial. I feel Neu! tends to be over-appreciated as no CD have been released. Neu! is the band by Kraus Dinger who was a one-time member of Kraftwerk (after Ralf left) and Michael Rother. Rother's guitar comes over Dinger's 8-beat drums. Some Noise sound, too. Side of the 2nd album doubled bpm of the original track, and some skipping of a record needle. While some say "Remix was invented by Neu!", I simply think that there is an opinion like it. I feel that they just did whatever they want. If there is Conny Plank, maybe a different story. But the fact is their sound is very addictive.

Popol Vuh 

  • Members: 1st, 2nd : Florian Fricke [Moog]、Holger Trulzsch [Perc]、Frank Fiedler [Synth]
  • Albums:
    • Affenstunde「原子帰母」 [1971] Liberty/[1995] King (Japan)
    • In Den Garten Pharaos「ファラオの庭で」 [1972] Pilz/[1994] King (Japan)
    • Hosianna Mantra「ホシアンナ・マントラ」 [1973] Pilz/[1994] King (Japan)
<荒特派員>ポポル・ヴーはフローリアン・フリッケを中心にしたユニットで、最初の2枚はムーグを用いたアンビエント・サウンドだったのですが、その後ムーグを手放し(クラウス・シュルツに譲ったのだとか)、3作目からは宗教音楽的なクラシカルな世界に転向。一時期アモン・デュールUのレナーテ・クナウプも参加していました。ヴェルナー・ヘルツォーク監督の映画音楽を多数手掛け現在も活動中。サントラが多いですが、オリジナル・アルバムでは最近はテクノっぽいこともやってたりしましたが、近作『オルフェオのミサ』はアンビエントというかニュー・エイジな感じのサウンドになってました。
フローリアン・フリッケは'01年12月29日にお亡くなりになりました。57歳でした。ポポル・ヴー=フローリアン・フリッケなので、もう活動再開は望めないでしょう。近作ではフリッケの息子さんが全面参加したりしていたようなのでもしや、ということ(タンジェリン・ドリーム的な)も考えられますが。せめて一度だけでも来日してほしかった。非常に残念です。 

<Correspondent Ara> Popol Voh is a unit centered around Florian Fricke. The initial two albums were Ambient sound using Moog, but from the 3rd album they became religious Classical sound leaving Moog (I heard that they gave it to Klaus Schulze). One time Renate Knaup of Amon Duul joined. They are still active with many soundtracks for the movies directed by Werner Herzog. There are many soundtracks, but they did Techno type sound in their original album recently. But the latest album "Messa Di Orfeo" became Ambient or New Age.

Rother, Michael

  • Albums:
    • Flammende Herzen「燃える心」 [1977] Soundtrack; Sky/[1982] Polydor(Japan LP)
    • Sterntaler [1978] Sky
    • Katzenmusik [1979] Sky
    • Fernwarme「熱地帯」 [1982] Sky/[1982] Polydor(Japan LP)
    • Lust [1983] Polydor
    • Sussherz Und Tiefenscharfe [1985] Polydor
    • Glanzlichter [198?] Polygram
    • Traumreisen [1987] Polydor
    • Radio〜Singles 1977-93 [1993] Singles & Remix Compilation; SPV
    • Esperanza [1996] Random Records 
<荒特派員>ノイ!やハルモニアのギタリストだったミヒャエル・ローテル(最近はミカエル・ローサーとかマイケル・ローターという表記もありますが)は、80年代以降はだいぶ音沙汰がなくなってしまいましたが、以前在籍していたバンドとは別傾向のソロ・アルバムを数枚発表しています。かなりシンプルな曲調で、音数も少ない穏やかな感じの曲が多いです。ジャーマン系としてはこのホノボノした感じはかなり異色でしょう。初期のアルバムにはカンのジャキ・リーベツァイトがレギュラー参加しています。'99年12月にはクラスターのモービウスとのユニットで来日。シンセやギターの他、パソコンやMD等を担当していました。全曲終了後に、ぎこちなく客席に手を振るローテル氏の笑顔は実にナイスでした。テクノ・ポップ好きの方にはあまり興味がわかない存在だと思われますが、試しに1stやベスト『Radio』に収録されている「Karussel(回転木馬)」という曲と、一風堂の「ジャーマン・ロード」を聴き比べしてみてはいかがでしょうか。プログレ好きの間でもあまり人気のある人とは思えませんが、“Progressive Station”の邪外さんとか、ハマってる人も意外といるようですね。

<Correspondent Ara> While not much news on Michael Rother who used to be a guitarist in Neu! and Harmonia have been heard after 80's, he released several solo albums that are different from the bands he used to be in. Many of them are simple tunes with less number of tones and calmness. It's quite strange as German. Jaki Libezeit of Can participated in the early albums. He came to Japan as a unit with Moebius of Cluster in December, '99. He was in charge of computers. MD, etc, onthe top of synths and guitars. Mr. Rother's smiling face waving his hands to the audience with shyness was really nice. While he may be the person of little interest for Techno Pop fans, I recommend that you compare "Kraussel" in the 1st and best album "Radio" with Ippudo's German Road". He is not so popular even among Progressive Rock fans, there are some people addicted by him such as Mr. Jage of "Progressive Station".

Schnitzler, Conrad

  • Albums:
    • Schwarz [1971] As Konrad Schnitzler; Edition Block
    • Rot [1973] As Konrad Schnitzler; Edition Block
    • Blau [1974] As Konrad Schnitzler; Edition Block
    • The Red Cassette [1974] Private Press
    • The Black Cassette [1974] Private Press
    • Eruption Box : Work In Progress [1976] Schwarz、Rot、Blau+30分テープのセット
    • Con [1978] Egg/[1979] King (Japan LP)/[1992] CD Title As 「Ballet Statique」; Spalax Music
    • Acon 「ACON」 [2001] As Roedelius/Schnitzler; Captain Trip(Limited 1000 Issued)
       <荒特派員>'01年、KLUSTER以来30年近いブランクを経てローデリウスとコンラッド・シュニッツラーが共演し、『ACON』をリリースしました。タイトルは、ローデリウスの愛称“アキム(ACHIM)”とCONRADのとの合成語だそうです。素晴らしい轟音電子音響作品でとにかくオススメです。'01年一番の目玉でした。
<荒特派員>元々はヨゼフ・ボイスのもとで勉強していたという人で、彫刻家らしく、“ミュージシャン”というよりは“アーティスト”な人。タンジェリンの1stに参加した後すぐ脱退し、クラスター(Kluster)の初期2枚に参加。その後ソロとなりものすごい数の作品をリリースしています。ほとんど自主制作盤で、中にはメールオーダーのみの「80本テープシリーズ」なんてのもあります。最近では、その80本テープに収録されていた曲から選曲したCDも数枚リリースされていました。この人の音楽は、資質としてはクラスターのディーター・モービウスに近い感じの電子音楽で、メロディーもなければコードもない、もちろん起承転結もない曲がほとんど。ただ、「とにかく電子音が好きなの!」という方には激オススメなのです。最近のテクノを聴いてる人には抵抗ないんじゃなかろかと思われます。最近では、シンセではなくピアノをメインにした(もちろん本人は弾けないそうで打ち込みでやってます)アルバムや、上野耕路氏あたりにも通じる、現代音楽的な超傑作『CON BRIO』('93)という素晴らしいアルバムもあって、この人の底知れぬパワーを感じます。何故こんな音楽が作れるのかホント不思議です。また、'80年にはクラウス・ノミみたいなメイクをして、メタリックなエレポップの12インチ「Auf Dem Schwarzen Kanal」なんてのもリリースしています。

<Correspondent Ara> He was originally studing under Joseph Beuys. He is very "artist" person rather than "musician" as he is a sculpter. He left Tangerine Dream quickly after joining their first album, and joined the initial two albums of Kluster. Then he became a solo and released a vast number of works. Most of them are on his independent label, and there is "80 Tapes Series" available in mail order only. Recently, several CDs selecting the tracks from this 80 Tapes. His music is an Electronic Music close to Dieter Moebius of Cluster in nature with no melody nor code nor structure for most of the tracks. But, strongly recommended to those who simply love Electronic sound. Recent Techno listeners may not have hesitation. In recent days, he has the album featuring piano (programmed as he cannot play) not synths, and Modernistic Music masterpiece "CON BRIO" that has some commonality with Koji Ueno. I feel mysterious power for him. It's magical why he can create such a piece of music. In '80, he had Klaus Nomi-like make-up and released metalic Electro Pop 12" single "Auf Dem Schwarzen Kanal".

Schulze, Klaus

  • Albums:
    • Irrlicht「イルリヒト」 [1972] Ohr/[1979] Teichiku (Japan LP)/[1995] Polydor (Japan CD)
    • Cyborg「サイボーグ」 [1973] Kosmische/[1978] Teichiku (Japan LP)
    • Picture Music「ピクチュアー・ミュージック」 [1973] Brain/[1976] Teichiku (Japan LP)
    • Blackdance「ブラックダンス」 [1974] Brain/[1975] Columbia (Japan LP)/[1991] Virgin Japan (Japan CD)
    • Time Wind「タイムウィンド リヒャルト・ワグナーに捧ぐ」 [1975] Brain/[1975] Columbia (Japan LP)/[1991] Virgin Japan (Japan CD)
    • Moondawn「ムーンドーン」 [1976] Brain/[1978] Teichiku (Japan LP)/[1995] Polydor (Japan CD)
    • Body Love [1976] Metronome; Soundtrack(Porno)
    • Mirage「蜃気楼」「ミラージュ」 [1977] Brain/[1977] Toshiba EMI (Japan LP)/[1995] Polydor (Japan CD)
<荒特派員>タンジェリン・ドリームの1stに参加後脱退、次にアシュ・ラ・テンペルに参加するもすぐ脱退(のちに一時復帰)。当時はドラマーでしたがソロとなりシンセを手にし、へヴィーでドラッギーでメディテイショナルなシンセ・ミュージックのアルバムを多数発表しています。'70年代にはパーカッショニストのツトム・ヤマシタのプロジェクト、“GO”にスティーヴ・ウィンウッドなどと共に参加。喜多郎が在籍していたファー・イースト・ファミリー・バンドのアルバムもプロデュースしています。他、アーサー・ブラウンやマニュエル・ゴッチングなどとのユニット、RICHRD WAHNFRIEDでも活動。なぜかエレポップ・バンド、アルファヴィルのアルバム『ブレステイキング・ブルー』もプロデュース。ゴッチングもギターで参加していました。'90年代にはアンビエント・アーティスト、ピート・ナムルックと“DARK SIDE OF THE MOOG”シリーズを開始、続々とアルバムを発表。その後もソロとして未発表曲や新曲などを収録した10枚組、20枚組、50枚組等、尋常じゃないリリース状況が続いております。先日出た新作も新録の10枚組でした。また、最近はクラウス・シュルツと“アシュ・ラ・テンペル”の名を復活させてアルバムをリリースしました。

<Correspondent Ara> He left Tangerine Dream after joining the first album recording, and left Ash Ra Tempel quickly after joining (then he came back one time). He was a drummer at that time, but he started to work on synths as a solo, and released many heavy, druggy and meditational Synth Music albums. In 70's he joined the project "GO" by Tsutomu Yamashita, a percussionist with Steve Winwood, etc. He produced Far East Family Band that Kitaro was in. Other than those, he was active in the unit Richrd Wahnfried with Arther Brown and Manuel Gottsching, etc. In 90's he started "Dark Side Of The Moog" series with Pete Namlook, an Ambient artist releasing a flow of albums. He continues to release as a solo such as 10-disc, 20-disc and 50-disc albums including unreleased and new tracks. The latest one released recently contained 10 discs. He released the album as Klaus Schulze & Ash Ra Tempel.

Tangerine Dream

<荒特派員>現在もニューエイジ・シンセ・バンドとしてシブとく活動を続けているタンジェリンは、初期は電子フリー・ジャズ的なグチャグチャなインプロでしたが、平沢進もフェイヴァリットに挙げる『フェードラ』で「簡易シーケンス・フレーズ+浮遊電子音」的スタイルを確立。フローゼのソロ『アクア』、『青ざめた虚像』(両方ともすんばらしい出来です)も同傾向のサウンドで実に気持ち良いです。その後はメロディアスなシンセ・ミュージックに移行、ヴォーカルも取り入れるなど試行錯誤の時期に。'90年からは、メンバーにエドガー・フローゼの息子、ジェローム・フローゼが加入して「二世代バンド」となる。サントラも数えきれないほど手掛け、オリジナル、サントラ、ライヴ、ベストなどを合わせると相当な枚数のアルバムをリリースしています(同じアルバムでも、再発時にジャケットをまったく変えたりするので困ってしまいます)。近年はTDI MUSICという自らのレーベルを立ち上げ、過去のライヴ音源やベスト盤などを呆れるぐらいに乱発して頑張っています。やはりヴァージンでの初期3作、エドガーのソロ2作がオススメ。'80年代のでは『タングラム』、『イグジット』、ライヴの『ロゴス』なんかも良いです。あと、脱退したピーター・バウマンのソロ3rdと4thはテクノ・ポップ化してるのでお試しあれ。

以前hymnさんにBBSで突っ込まれたタンジェリン・ドリームのディスコグラフィー完璧版(たぶん)。タンジェリンのLPやCDは計20〜30枚近く持ってますが、聴いてもあまり耳に残らないのが特徴ですね(^_^)。サウンドの質感(シンセの音色やニューエイジっぽい雰囲気)は残っても、昔からメロディー感覚は希薄なのです。さすがに僕も、最近のコンピ盤乱発にはついていけません(CGジャケもみんな似たような感じだし)。ですが、多作な人に弱いので、どうも気になります。

<Correspondent Ara> Tangerine Dream that is still active as a New Age Synth band was Electronic Free Jazz-esque implosion initially, but they established "Simple Sequence Phase + Floating Electronic Sound" style with "Phaedra" that is one of Susumu Hirasawa's favorites. Both Flroese's solo "Aqua" and "Epsilon In Malaysian Pale" (great works!) have the same type of sound that give really nice feeling. After that, they move to more melodic Synth Music, and had trials and errors by having vocals. In '90, Jerome Froese, Edger Froese's son, joined the band with the members of two generations. There are so many soundtracks, and a huge number of albums released including original, soundtrack, live and compilation albums (It's troublesome as they change the cover art when they reisse). In these days, they founded own label TDI MUSIC, and overissue past live and compilation albums. The early three albums on Virgin and Edger's two solo albums are recommended. "Tangram", "Exit" and live album "Logos" are also good. You should also try the 3rd and 4th albums by Peter Bauman that is Techno Pop.

This is almost complete discography of Tangerine Dream that Mr. hymn asked. While I have 20 to 30 LPs and CDs of Tangerine in total, it does not remain in my ears as its characteristic. The quality of sound (synth tone and New Age atomospher) may remain, but the melody is light and thin from their old days. Even I cannot follow crazy releases of the recent compilation (CG cover arts are all similar). But I tend to like the ones who do many releases.

Omnibus Albums

KRAUT 2000 in search of a new planet

[1997] PolyGram
CD1
01. Yamo: Seteromatic (Stereomagic)
02. FSK: Tel Aviv
03. GENF: Import/Export
04. Hip Young Things: 1 1/2 (Console remix)
05. To Rococo Rot: Autonachmittag
06. Tarwater: Rome
07. L@N: L@N Master 10 (Psycho TopicDrive)
08. Eight Miles High: Artgallery
09. Locust Fudge: Green
10. Bohren & Der Club Of Gore: Sade Beat
CD2
01. Kastrierte Philosophen: Radio Active (Page 62 space mix)
02. Microstria: Microlab: Endless Summer by Stereolab
03. FÜXA: Pangaea
04. Hans Platzgumer: The Rink
05. Nonplace Urban Field: Pan 13
06. Air Liquide: Part Of The Process
07. Workshop: I Wish I Had You
08. Solar Moon System: Outer Canal Street (airplay edit)
09. The Dark Side Of The Moog: Psychedelic Brunch Part III
10. First Things First: Retarding Field
11. Krone Der Gastlichkeit: Möchtern
12. The Perc Meets The Hidden Gentleman: Is There Anyone Curisin' Round The Garden
多分、2000年型クラウトロックという考え方でコンパイルされたオムニバス。クラウトロックというより、音響派、所謂テクノ的なものが主体となっている。でも、クラウトロックだと思って聴くと、クラウトロックのような気もする。要は、その周辺と言うのはクラウトロックがルーツであり、近いものだと言う事だろう。有名どころは、YamoとMicrostria位ですね。Locust Fudgeは初めてこれで聴きましたが、ポップなクラウトロックと言う感じで気に入りました。

Probably, this is the omnibus compiled with the idea of Year 2000 type Kraut Rock. Rather than Kraut Rock, Sonic Freak and so called Techno are main. But it sounds like Kraut Rock if I listen as Kraut Rock. In the other word, the scene around there has Kraut Rock as a root and they are close each other. Known ones are Yamo and Microstria. I heard Locust Fudge first time in this CD, and I really liked it as Pop Kraut Rock.

Comments from Japanese Artists

(Sorry Japanese only)

<荒特派員>テクノ・ポップ関係のアーティストによる、ジャーマン・ロックへのコメント。
細野 晴臣
「日常的にいろんなことが不安になったり、解放されたいとか思うようになった時期があって/それには生活を変えることが必要だ、と単純にそういう結論に達したんです。/そんな中で、最初は絵に描いたようなメディテイション・サウンドなんかを聞いたりもしてました。いろいろ聞いていって、ドイツのクラウス・シュルツとかタンジェリン・ドリームなどの音楽が一番気持良くなったんです。好き嫌いじゃなくて気持が良かった」(ニューミュージック・マガジン '79年11月号)
 
坂本 龍一
「それ(アウトバーンがヒットした時期)以前というと、ヴァージンやブレインといったレーベルのタンジェリン・ドリーム、クラウス・シュルツ、ファウスト、アモン・デュール、カンなどのレコードを聞いていました」「クラウス・シュルツなんかはわりとそういう(クラシック的な要素のある、頭で考えた音楽という)ところがありますね。現代音楽のロマン派に近い感覚がある。でも彼の場合は、論理的な音楽じゃないですね」(ニューミュージック・マガジン '79年11月号)
 
平沢 進
「『フェードラ』を聴いて、これじゃなきゃいけないって思いましたね」(電子音楽イン・ジャパン)
 特に平沢氏はジャーマン・ロック好きが「お」と思うようなフレーズ(言葉)を多用しています。
  • 「Drums」(『ワン・パターン』収録)の歌詞 ♪In Out エンブリオ カンブリア♪
     → 「EMBRYO」(胎児)という、アモン・デュールUとメンバーがダブるジャーマン・プログレ系バンドがいます(現在はワールド・ミュージック系)。ピンク・フロイドにも「EMBRYO」という曲がありますね。
  • 「Cluster」(『Big Body』収録) 
     → そのままです
  • 「Chevron」(『Big Body』収録)の歌詞 ♪止まるツァイト/転写するブレイン♪
     → ツァイト(Zeit、独語で「時間」の意)はタンジェリン・ドリームの3rdアルバムのタイトル。ブレインは同名のレーベルあり
  • 「PSYCHOID」(『P-MODEL』収録)の歌詞♪STRATOSPHERE〜♪
     → タンジェリン・ドリームに同名アルバムあり(ただし、タンジェリンのは『STRATOSFEAR』という表記)
  • 「デューン」(『時空の水』収録) 
     → クラウス・シュルツに同名のアルバムあり(元々は映画のタイトルだそう)
  • 「トビラ島(パラネシアン・サークル)」(『オーロラ』収録)には、“Dedicated To Tangerine Dream”の記述があります。

Reference

(Sorry, Japanese only)

<荒特派員>また、ジャーマン・ロックに関する本や、このページを作成するにあたって参考にした本・雑誌を紹介します。気になった方は一読を。
  • 「ジャーマン・エレクトロ・リミックス」 (中野泰博・編著) マーキー・インコーポレイテッド/星雲社
  • 「ジャーマン・ロック集成」  マーキームーン社
  • 「ドイツのロック音楽〜またはカン、ファウスト、クラフトワーク」 (明石政紀・著) 水声社
  • 「テクノデリック〜鏡でいっぱいの世界」 (椹木野衣・著) 集英社
  • 「DIGITAL GOTHIC〜A Critical discograophy of TANGERINE DREAM」 (Paul Stump著) SAF Publishing Ltd
  • 「KB SPECIAL 1987.12月号 京浜兄弟社PRESENTS〜寿博士のテクノ恩返し・第2回 ジャーマン・エレクトロ」 (岸野雄一、山口優、松前公高、常盤響・著) 立東社
  • 「別冊ミュージック・ライフ THE DIG 1997 No.11 プログレ解放戦線」 シンコー・ミュージック
  • 「MARQUEE 1995 vol.061 特集・SCI-FI PARTY」 マーキームーン社
  • 「MARQUEE 1995 vol.063 特集・GERMAN PSYCHEDELIA」 マーキームーン社
  • 「Arch Angel  5.1996 vol.4 特集1・AMON DUUL U」 ディスクユニオン
  • 「Arch Angel  8.1996 vol.5 特集1・ASH RA TEMPEL、ASHRA、MANUEL GOTTSCHING」 ディスクユニオン
  • 「レコード・コレクターズ 1998.3 U2、ファウスト」 ミュージック・マガジン 
  • 「レコード・コレクターズ 2000.6 ジャーマン・ロック」 ミュージック・マガジン 

HOME | INDEX