LEXICON

Alternative(オルタナティヴ) | Bubble Gum(バブルガム) | Club(クラブ) | Disco(ディスコ) | Electric Body Music(エレクトリック・ボディ・ミュージック) | Euro Beat(ユーロ・ビート) | Gothic(ゴシック) | Industrial(インダストリアル)Neo-Psychedelic(ネオ・サイケデリック)Neue Deutsche Welle(ノイエ・ドイチェ・ヴェレ) | New Romantics(ニュー・ロマンティクス) | New Wave(ニュー・ウェイヴ) | Power Pop(パワー・ポップ) | Techno(テクノ) | Techno Cut(テクノカット) | Techno Kayo(テクノ歌謡) | Techno Pop(テクノポップ) | 12 Inch Singles(12インチ・シングル) | Zolo(ゾロ) NEW!

Alternative(オルタナティヴ)

オルタナティヴ、略してオルタナはいろいろな意味で気分的に使われる厄介な用語である。80年代前半においては実験的な手法を取り入れたニュー・ウェイヴの発展型を指すが、もともとニュー・ウェイヴ自体がそのようなものを指しているので区別が難しい。また、インディー・レベール系のアーティストを指す場合もあるが、彼等がメージャー化するに従い意味を持たなくなった。Public Image Limited、Pop Group、Joy Division、Cabaret Voltaire等が初期オルタナティヴある。その後ブリティシュとアメリカンに枝別れし、ブリティシュ・オルタナティヴといった場合、The Smiths、The Cure、New Order、The Stone Roses、Happy Mondays、Primal Scream、Blur、Oasis等で、アメリカン・オルタナティヴといった場合、R. E. M.、Nirvana、Beck、Nine Inch Nails、Ministry、Beastie Boys、Sonic Youthという感じです。


Alternative is a confusing term which is used for multiple meanings by feeling. In early 80's, it meant the expanded type of New Wave utilizing experimental methods, but it is hard to make a clear distinction as New Wave itself is like what Alternative meant. Alternative is also used for the artists from indie label, while this definition eventually lost the meaning as they became major. Early Alternative are Public Image Limited, Pop Group, Joy Division, Cabaret Voltaire, etc. Later, it divided into British and American. British Alternative are The Smith, The Cure, New Order, The Stone Roses, Happy Mondays, Primal Scream, Blur, Oasis, etc. and American Alternative are R. E. M., Nirvana, Beck, Nine Inch Nails, Ministry, Beastie Boys, Sonic Youth, and so on.

Bubble Gum(バブルガム)

別名キャンディ・ポップ。代表的なバブルガム・ポップと言えば、the Archiesの『シュガー・シュガー』でしょう。バブルガムは70年前後のティーンエイジャー向けのキャッチーなポップを指します。The Archiesに加え、モンキーズ、パートリッジ・ファミリー、オズモンズ、Tommy Roe、the Ohio Express等がバブルガム勢です。アメリカ版歌謡曲といえばわかりやすい。ダラーはエレクトロ・バブルガムの代表選手です。


Also known as Candy Pop. The most known Bubble Gum Pop would be "Sugar Sugar" by the Archies. Bubble Gum is catchy pop aiming at teenagers around 1970. In addition to the Archies, the Monkeys, the Partridge Family, the Osmonds, Tommy Roe, the Ohio Express, etc. are Bubble Gums. It would be easy to understand if I call American version of Kayou Kyoku. The Dollar is a representative player of Electro Bubble Gum.

Club (クラブ)

特に日本では、クラブという言葉が一つのアイコンとして比較的最近使われているが、本質的にはディスコである。クラブミュージック、クラブシーン、クラブカルチャー、クラバーというと何となくかっこいいけどまた将来ディスコの逆襲もあるかも。デレビでおじさんのクラブと若者のクラブのイントネーションの違いを説明していて笑えた。


Especially in Japan, the word of Club is used as an icon relatively recently, but it is essentially Disco. The words like Club Music, Club Scene, Club Culture and Cluber are somewhat cool today, but in future Disco may come back. It was funny to watch the TV program explaining the intonation difference of old men's Club (with hostess) and younger's Club.

Disco or Discotheque(ディスコ)

70年代にディスコ・ブームは始まりジョン・トラボルタのサタデー・ナイト・フィーバーで絶頂期を迎え『フィーバー』という言葉が流行した。80年前後のテクノポップ全盛の頃一時、一部のニューウェイヴ・ディスコではソウルフルな曲の代わりにテクノポップをながしていた。記憶が定かではないが大阪のキタにはSPUNKYというディスコがありなかなかいい曲をながしていた。ゲーリー・ニューマンの『カーズ』、シーナ&ロケッツの『You May Dream』、Y.M.O.など。残念ながら長くもたなっかた。もしSPUNKYに行ったことがある珍しい人がいればおたよりください。ペットショップボーイズもディスコ又はディスコティカは好きです。ニュー・オーダーもミスター・ディスコで、テレックスもモスコウ・ディスコウで、U2もディスコティークやってますね。


Disco boom started in the '70's and peaked at John Travolta's Saturday Night Fever and the word of "Fever" was very popular. Around 1980, when Techno Pop was in, some New Wave Disco played Techno Pop instead of soulful music. Though my memory is not good, SPUNKY, a discotheque in Osaka Kita (North Down Town) played good music such as Gary Numan's Cars, Sheena & The Rokkets's You May Dream and Y.M.O.'s. Unfortunately, they did not last long. If there are any rare human being who have been to SPUNKY, please give me a mail. Pet Shop Boys like Disco or Discotica. New Order does Mr. Disco, Telex does Moskow Diskow and U2 does Discotheque.

Electronic Body Music(エレクトロニック・ボディ・ミュージック)

エレクトリック・ボディ・ミュージック又は単にボディ・ミュージックと呼ばれることもある。EBM(エレクトロニック・ボディ・ミュージック)はドイツのDAF、オーストラリアのジム・フィータス、アメリカのミニストリー等をルーツとしたインダストリアル系ダンス・ミュージックである。ハウスにも繋がりニュー・ビートとも重複する。『Body To Body』を発表したベルギーのア・プレイ・イット・アゲイン・サム・レーベルのフロント242がその提唱者とされる。ベルギーでは、フロント242に続き、a;Grumh、Click Click、The Neon Judgment、Skinny Puppyが登場する。他にも、フロント242とミニストリーのメンバーが参加したRevolting Cocks、ヒップホップと融合したMeat Beat Manifesto、サンプリングを駆使したGreater Than One、ミュートのNitzer Ebb、イタリアのPankow、米国のThe Weathermen、Lead Into Gold、The Young Gods等がEBM系である。アルファから90年にア・プレイ・イット・アゲイン・サム・レーベルのバンドのコンピレーションCD+ヴィデオ、エレクトロニック.ボディ・ミュージック・ボックスがリリースされてます。EBM系バンドはインダストリアルのページを参照してくだい。


It's alternatively called Electric Body Music or simply Body Music. EBM (Electronic Body Music) is Industrial Dance Music stemming from German DAF, Australian Jim Foetus, American Ministry. It is linked to House and overlapped with New Beat. Belgium Front 242 from A Play It Again Sam Label who released "Body To Body" is considered to be an advocate. In Belgium, following Front 242, a;Gramh, Click Click, The Neon Judgment and Skinny Puppy showed up. In addition, Revolting Cocks which the members of Front 242 and Ministry joined, Meat Beat Manifesto mixed with Hip Hop, Greater Than One which leveraged sampling, Mute Label's Nitzer Ebb, Italian Pankow, American the Weathermen, Lead Into Gold, The Young Gods are EBM-related. Alfa released the compilation CD + Video for A Play It Again Sam Label's bands. Please refer to the page of INDUSTRIAL for EBM bands.

Euro Beat(ユーロ・ビート)

80年代の終わりからユーロ・ビートは日本のディスコを席巻しました。ジュリアナもエイヴェックス・トラックスもユーロ・ビートに支えられました。しかし、ユーロ・ビートはあまり尊敬されてません。コンピレーションものが中心であまりアーティスト単位で語られません。単調な4ビートに16ビートが加わるワンパターンに走りがちです。エレポップが欧州で退化したようです。でもバナナラマ、デッド・オア・アライヴ、リック・アシュトレイ等をプロデュースしたストック・エイトキン・ウォーターマンな様な名プロデューサーもいました。皆さん、あまりユーロ・ビートを苛めないでおきましょう。


Euro Beat conquered Japanese Disco from late 80's. Juliana (Disco) and avex trax (label) were supported by Euro Beat. But, there are few who respect Euro Beat. Compilation albums are main and the artists themselves are rarely talked about. It tends to go with square 4 beat with 16 beat. It's like an Electro Pop which was devoluted in European Continent. But, there is a master producer like Stock Aitken Waterman who produced Bananarama, Dead Or Alive, Rich Ashtrey, etc. Everyone, don't look down Euro Beat too much.

Gothic(ゴシック)

ゴシックまたはゴスと呼ばれ、ダークウェイヴ、ポジティヴ・パンクやネオ・サイケとクロス・オーヴァーしているが、特徴として秘密結社的且つ宗教的である。 代表的なゴシック・バンドはゴスの王と呼ばれるSister Of Mercy、Sistersの分裂したThe Mission、名前がだんだん短くなったThe Cult、シンプルな美学を構築したThe Cure、Alien Sex Fiend、Death In June等である。BauhausやJoy Divisionもゴシック的である。ゴシック系バンドはNEO-PSYCHEのページを参照してくだい。


It is called Gothic or Goth. It crosses over with Dark Wave, Positive Punk and Neo-Psychedelic and its characteristic is Secret Organization-like and religious. Representative Gothic bands are Sister Of Mercy called as the king of Goth, The Mission spinned off from Sisters, The Cult which name became shorter and shorter, The Cure which pursued the beauty of simplicity, Alien Sex Fiend, Death In June, etc. Bauhaus and Joy Division are also Gothic-like. Please refer to the page of NEO-PSYCHE for Gothic bands.

Industrial(インダストリアル)

インダストリアル・サウンドの名称はスロッビング・グリスルのインダストリアル・レーベルから来たとされる。また、ノイズという言い方をされることもある。パンクでもニュー・ウェイヴの枠を超えてインダストリアル・サウンドを追及した。スロッビング・グリスル(サイキックTV、クリス&コージーへと分裂)とキャバレ.ヴォルテールがインダストリアルの2大バンドとされる。英国のClock DVA、This Heat、Nocturnal Emissions、Test Dept.、ドイツのDie Krupps、Einsturzende Neubauten、Tommi Stumpff、Die Todliche Doris、米国のMinistry、豪州のJim Foetus、SPK等が主要なバンドである。また、Nine Inch NailsやPIG等はネオ・インダストリアルと呼ばれる。ポジティヴ・パンクやエレクトリック・ボディ・ミュージックも広義のインダストリアルであろう。インダストリアル系バンドはインダストリアルのページを参照してください。


The term of Industrial Sound is considered to come from Throbbing Gristle's Industrial Label. It was also called Noise. They pursued Industrial Sound going beyond the boundary of Punk and New Wave. Throbbing Gristle (split to Psychic TV and Chris & Cosey) and Cabaret Voltaire are two big Industrial bands. Other key bands are Clock DVA, This Heat, Nocturnal Emissions, Test Dept. from the U. K., Die Krupps, Einsturzende Neubauten, Tommi Stumpff, Die Todliche Doris from Germany, Ministry from the U. S., Jim Foetus, SPK from Australia. Nine Inch Nails, PIG, etc. are called Neo-Industrial. Positive Punk and Electric Body Music would be broad definition of Industrial. Please refer to the page of INDUSTRIAL for Industrial bands.

Neo Psychedelic(ネオ・サイケデリック)

ネオ・サイケデリックとは60年代後半から始まったサイケデリックの流れを汲む80年代以降のニュー・ウェイヴ的解釈である。サイケデリックと言うとヒッピー、ペイズリー柄、ヴェルベットのスーツ、ボディ・ペインティング、ラヴ&ピース、サンフランシスコのハイト・アシュベリーが思い浮かぶが、本来の意味は幻覚剤によって生じる不可思議な精神的究極状態を指す。元祖となるサイケなアーティストはビートルズ(66〜67年の『リボルバー』、『サージェント・ペッパー・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、『マジカル・ミステリー・ツアー』)、ドーアーズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ピンク・フロイド、ジェファーソン・エアープレイン、グレートフル・デッド、ジミヘン等である。ファズ・ボックスを利かしたギーター音きかしたり、インド的であることが多いですです。代表的ネオ・サイケデリック・バンドはリヴァプールの御三家のエコバニ、ティアドロップ・エクスプローラーズ、アイシクル・ワークス、それから、キュアー、コムサット・エンジェルズ、ダンス・ソサイエティ等です。米国のクロームも忘れてはいけません。やっぱりサイケデリック・ファーズもいれときます。XTC、スクリッティ・ポリッティ、初期のデッド・オア・アライヴもサイケ的要素を取り込んでいます。プリンスもいれときます。90年代では、インド大好きのクラー・シェイカー、スペース何かもサイケです。ゴシック(またはゴス)やポジティヴ・パンクとも重なりがあります。ネオ・サイケ系バンドはNEO-PSYCHEのページを参照してくだい。


Neo-Psychedelic is new wave interpretation since '80's stemming from Psychedelic which started in the latter half of 60's. Psychedelic reminds me of hippies, paisley pattern, velvet suits, body painting, love & piece, Haight Ashbury in San Francisco, but the original meaning is magical extreme metal status caused by drugs. The original Psychedelic artists are the Beatles ("Revolver", "Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band", "Magical Mystery Tour" in '66 to '67), Doors, Velvet Underground, Pink Floyd, Jefferson Airplane, Grateful Dead, Jimmy Hendrix, etc. Many used guitar sound effected by Fuzz Box and Indian-like sound. Representative Neo-Psychedelic bands are Echo & the Bunnymen, Teardrop Explorers, Icicle Works known as Liverpool's Three, and the Cure, the Comsat Angels, Danse Society, etc. American Chrome should not be forgotten. Well, I should include Psychedelic Furs. XTC, Scritti Politti, early Dear Or Alive also have Psychedelic elements. Well, I should include Price. In '90's, Kula Shaker who loves India, Space are Psychedelic. Gothic (or Goth) and Positive Punk have some overlaps. Please refer to the page of NEO-PSYCHE for Neo-Psychedelic.

Neue Deutsche Welle(ノイエ・ドイチェ・ヴェレ)

ノイエ・ドイチェ・ヴェレ系アーティストはNEUE DEUTSCHE WELLEのページを参照してくだい。っその定義と由来に関しては以下のような意見が寄せられています。

<CAPTAIN TRIP RECORDSの小柳カヲル氏>ノイエ・ドイチェ・ヴェレという呼称はNenaのような本来本国ドイツに於いてメジャーな万人受けする商業ポップスの登録商標として使用されていました。Nena以外ではJoachim Witt、Ideal、Spider Murphy Gang、Vera Kaa、Markus、Zaza、Neonbabies等が典型的なノイエ・ドイチェ・ヴェレ系アーティストと考えられます。何故か日本ではマイナーな実験的なアーティスト達を中心にこの呼称が使われています。最初にノイエ・ドイチェ・ヴェレが日本に紹介された80年代初頭からいまだに解かれる事もなく現在に至っています。では、より実験的な自主作品群はなんと呼んだら良いかといいますと、ジャーマン・ニュー・ウェイヴが適切なのだそうです。この呼称には外国から見たドイツのムーヴメントというような意味あいがあるからだそうです。私がコンタクトしている80年代ドイツのミュージシャンの多くからは『ノイエ・ドイッチェ・ヴェレ』という呼称にはわだかまりがある。多分「マスコミが作り上げた虚像」といったイメージがあるのでしょう。

<ドイツ在住のカール>80年代の初めにインダストリアルやニューウェーヴなサウンドでドイツ語で歌うことはとてもまれでした。ドイツではドイツ語で『Schlager』と呼ばれるドイツ語で歌われたものでポップソングの様なサウンドはよくありました。これらのドイツのニューウェイヴな曲は『ノイエ・ドイチェ・ヴェレ』と呼ばれ(「ノイエ」は新しいを意味し、新しいサウンド、今まで聞いたことのないようなサウンドと捉えます)、初期においてはEinsturzende Neubauten、Die Krupps、 Trio、DAF、Ton、Steine、Scherbenの様にとてもインダストリアルでした。これらのグループの成功によりメジャーのレーベルは大衆のためにデザインされたグループを生みだし、全てはより商業的です。Nena、Hubert Kah、Markus、Rheingoldがその一部です。私の意見では全てはNDWグループです。違いはサウンドで、商業的なものもあり、ほとんどの初期のグループはインダストリアルでニューウェイヴです。


Please refer to the page of NEUE DEUTSCHE WELLE for Neue Deutsche Welle artists. As for its definition and origin, the following opinions have been obtained.

<Mr. Kaoru Koyanagi of Captain Trip Records> The term "Neue Deutsche Welle" was originally used as trademark of major commercial pops for the mass such as Nena in the home country Germany. Joachim Witt, Ideal, Spider Murphy Gang, Vera Kaa, Markus, Zaza, Neonbabies are considered to be typical Neue Deutsche Welle artists beyond Nena. Somehow, in Japan this term has been used mainly for the minor and experimental artists. This misunderstanding has not been corrected since early 80's when Neue Deutsche Welle was introduced to Japan. German New Wave is an appropriate term for more experimental indie works. This term has meaning of German Movement from outside Germany. Many musicians I contacted have strong reservation that our music is called as Neue Deutsche Welle. Probably, it has the image of a virtual image made up by mass media.

<Karl in Germany> At the beginning of the 80's it was very unusual to sing in German and to sound industrial or wave. In Germany it was usual, for German sung titles, to sound like a pop song, in Germany they are called "Schlager". These German wave songs are called "Neue Deutsche Welle" (Neu means new, which I see as a statement to sound new or sound like never heard before) and at the beginning they sound very industrial, like Einsturzende Neubauten, Die Krupps, Trio, DAF & Ton, Steine, Scherben. By the success of these groups many major labels create groups which are designed for the masses and all titles are more commercial. Some of these groups are Nena, Hubert Kah, Markus, Rheingold, etc. I think they are all NDW Groups, the only difference is the sound, some are commercial and most of the earlier groups sounds industrial/wave.

New Romantics (ニュー・ロマンティックス)

ニュー・ロマンティックスはクラブから始まりエレクトロなポップなダンスビートとグラムロックに由来する派手なファッションが結び付き、MTVの視覚的なメディアを通じてブレイクした。別名フューチャリストとも呼ばれインディーズでのフューチャリスト・チャートというのも存在した。代表的なバンドとしては、デュラン・デュラン、カジャグーグー(しかしこの名前は馬鹿っぽい)、ヴィサージ、二次ウルトラボックス、初期トークトーク、スパンダー・バレエ。ある程度のルックスがともなわないと、真性ニュー・ロマンティックスとは呼んでもらえない。


New Romantics started in the Club scene and it popped out by combing electronic pop dance beat and showy fashion stemming glam rock via the visual media of MTV. It was alternatively called "Futurist" and there was a Futurist chart in Indies. Representative bands are Duran Duran, Kajagoogoo (such a silly name), Visage, the second period Ultravox, the early Talk Talk, Spandau Ballet. The only ones with the look above a certain level can be called as true New Romantics.

New Wave (ニュー・ウェイヴ)

1970年代後期にパンク・ムーヴメントの終焉にともない、ニュー・ウェイヴは始まった。ニュー・ウェイヴはかなり広範囲にそれまでのジャンルにはまらない新しいものを吸い込んでき、ブリッティシュ・インヴェイジョン以来の大きな流れとなった。実際、英国ミュージシャンの台頭が目立ったので第二次ブリッティシュ・インヴェイジョンと成っていく。ニュー・ウェイヴに含まれるサブ・ムーブメントは、ニュー・ロマンティックス、エレクトロ・ポップ、ゴシック、スカ(またはツー・トーン)、ロカビリー、パワー・ポップ、ホワイト・レゲエ、ブルー・アイド・ソウル等である。またアメリカでの成功は、MTVと切り離すことができない。1985年のバンド・エイド・プロジェクトを頂点にその勢いは衰え役割を終える。


In the late 70's, new wave started with the end of punk movement. New wave absorbed diverse new things which cannot be categorized into the existing and it became the biggest music wave after British invasion. In fact, it was led by British musicians and it became the second British invasion. New wave includes new romantics, Electro Pop, goth, ska (or two tone), rockabily, power pop, white reggae, blue-eyed soul, etc. as sub-movement. The success of new wave cannot be disconnected with MTV. It peaked at the Band-Aid project in 1985 and it finished the role.

Power Pop(パワー・ポップ)

最近再評価されてるパワーポップですが、パワーポップのルーツはビートルズに有りき。ハーモニー、メロディーライン、リフが揃ったポップである。キンクス、フー等の英国勢もルーツとされる。元祖パワーポップ・バンドはビートルズの再来と言われた米国のラズベリーズと英国のバッド・フィンガーでしょう。他米国勢ではビッグ・スター、チープ・トリック、英国勢ではグラム・ロックともオーヴァーラップするスレイド、スィートである。70年代後半から80年代前半にかけては、ナック、レコーズ、フォトーメーカー(元ラズベリーズ)、ロマンティクス、ツーリスト(後のユーリズミックス)、ヴェーパーズ、コーギス等である。パワーポップ勢はザ・◯◯◯というバンド名を好む傾向があります。個人的にはXTC、ライトニング・シーズなんかもパワーポップ的だと思います。こうして見ると私は結構パワーポップ好きである。


White Power Pop is reappreciated recently, The root of Power Pop is the Beatles. It's pop music with harmony, melodic line and riffs. Brit bands like the Kinks and the Who are also considered to be the root. The original Power Pop bands are American Raspberries and British Bad Finger who are said to be the revival of the Beatles. The others are Big Star, Cheap Trick in the American and Slade, Sweet in the British who are overlapped with Glam Rock. From late 70's to early 80's, there were Knack, the Records, Fotomaker (ex Raspberry), the Romantics, the Tourist (later Eurythmics), the Vapors (known for "Turing Into Japanese"), the Korgis etc. Power pop people like to name themselves "The ***. Personally, I think XTC and Lightning Seeds are Power Pop-like. As I see them, I recognize I like Power Pop.

Techno (テクノ)

テクノとテクノポップは違う。現在テクノと呼ばれているのは、80年中期に発祥したデトロイトテクノをルーツとする(これを再定義するジェファーソンのコメントを読んでください)。ただし、デトロイトテクノのDJ達の多くはYMOやクラフトワークに影響を受けている。日本のテクノの先駆者の電気グルーヴもYMOフリークとして知られる。その後、英国に飛び火し80年代末期にセカンド・サマー.オブ・ラブと呼ばれたレイヴ・カルチャーのブームを迎える。90年初期には一度失った勢いを取り戻し現在のブームに至る。広義のテクノとしてはブレークビーツ(プロジディー、ケミカルブラザーズに代表される)、ドラムンベース、ゴアトランス等を含む。テクノ系バンドはテクノのページを参照してくだい。

<シカゴ在住のJefferson Crawford氏>デトロイト・テクノは70年代の英国・欧州の音楽、もちろん80年代のテクノポップにとても影響を受けています。私はシカゴ出身で80年代初期にどのくらい強くヤズー、クラフトワーク、他の英国・欧州のバンドがハウスシーンにおいてDJや聴衆に影響を与えたか見てきました。いろんなことが起こっていた82ー84年頃に私はそこに居り、ヤズー、デペッシュ・モード、クラフトワーク、クリス&コージー、ヴィサージなのレコードをハウス・パーティへ持って行ってました。83ー84年時のミニストリーはデトロイト・テクノやハウスと考えられるものをやっていました。クリス&コージーやキャバレー・ヴォルテールやたくさんの名の知られないバンドと同様かれらのサウンドはすでにデトロイト以前にテクノを実践していたにも関わらず、残念なことにこれらのグループはインダストリアルのレッテルを貼られました。デトロイトはまだ70年代からのファンクや初期のラップをやっていました。


Techno is different from Techno Pop. Detroit techno is said to be the starter of Techno defined here (pls. see Jefferson's comment to redefine this). However, a lot of DJ's of Detroit techno are influenced by Techno Pop artists like YMO and Kraftwerk. Denki Groove known as the pioneer of techno in Japan are known as YMO freaks. After that, techno leaped to the U. K. and it peaked with rave culture boom called as "Second Summer of Love" in the end of 80's. In the early 90's, techno regained the momentum lost once and it is booming again today. The broad definition of techno include breakbeats (represented by Prodigy and Chemical Brothers), drum'n' bass, Goa Trance, etc. Please refer to the page of Techno for Techno artists.

<Mr. Jefferson Crawford in Chicago> Detroit techno was heavily influenced by 70's British/Euro and of course 80's Techno Pop. I'm from Chicago and in the early 80's, and I saw how Yazoo and Kraftwerk and other Brit/Euro bands greatly influenced the "HOUSE" scene DJ wise and audience. I was there when it all happened '82-84. I'd bring record to house-parties such as Yazoo and Depeche mode, Kraftwerk, Chris and Cosey, Visage and so on. Even Ministry in '83-84 was doing what is considered Detroit Techno or even House. The groups unfortunately are always put under the class of "INDUSTRIAL" even though their sound changed such as Chris and Cosey, Cabaret Voltaire and thousands of less well known bands were already making the sound long before anyone in Detroit. Detroit was still into funk and some early rap and disco from the 70's.

Techno Cut (テクノカット)

1980年前後、日本ではテクノ少年たちはテクノカットをしていた。私もしていたし、友達もしていた。長髪がカッコ良かった時代が終わったのを実感した。でもパンクな頭はちょっと度胸がいる。もみあげをきれいに剃りあげるのは普通っぽいが何かカッコいいのだ。これなら保守的な大人たちも騙せる。やっぱり、YMOがモデルだったと思う。クラフトワークもディーヴォもそれっぽかった。新潮文庫の東京ファッション・ビートによると代官山にBijinのヘアメイク・アーティストの本多三記夫氏がテクノカットの創始者と紹介されている。彼はY.M.O.のヘアメイクに関わっていた。創始者か導入者か意見が分かれる所であるが日本におけるテクノカットのブームに一役買ったことは間違いない。


Around 1980, techno boys had techno cut in Japan. I had it and my friends had it. I felt that the age that long hair style was cool was over. But, punky hair style needs a gut. Shaving the sideburns up cleanly looks normal, but somewhat cool. We can disguise conservative older people. I think YMO was the model for them. Kraftwerk and Devo are also alike. According to Shincho Bunko's Tokyo Fashion Beat, Mr. Mikio Honda, a hair make artist of Bijin in Daikanyama is introduced as the creator of techno cut. He was involved with Y.M.O.'s hair make. While it's debatable if he is a creator or explorer, it is true that he play a major role of techno cut boom in Japan.

Techno Kayo(テクノ歌謡)

歌謡曲とは日本において西洋のポップスを吸収して出来上がった流行歌である。日本のバブルガム・ポップである。非常に曖昧な定義であり、その実態はつかみにくい。実体がない分、いろいろなものと合体します。テクノポップと歌謡曲が合体したのがテクノ歌謡ですが、その他、ムード歌謡、ディスコ歌謡、エレキ歌謡(又はサーフ歌謡、ヴェンチャーズ系)、ソウル歌謡(又はR&B歌謡)、ラテン歌謡、ロック歌謡となんでもあり。ニューウェイヴ歌謡やユーロ歌謡(又はHI-NRG歌謡)はテクノ歌謡とクロスオーヴァーします。その中でも私として注目したいのは80年代アイドル系歌謡曲である。特筆すべきは80年代初期からY. M. O.やムーンライダース等の日本のテクノ・ニューウェイヴ系のアーティスト達の協力のもと、歌謡曲のテクノ・ニューウェイヴ化が始まるのである。また、筒美京平、船山基紀のような歌謡曲畑の作曲家・編曲家もその影響をうけ、テクノ歌謡を生み出した。これは旧体制とされてきた歌謡曲史における画期的出来事である。また、近田春夫がプロデュースしたジューシィ・フルーツや、「浮気なぼくら」でのYMOの様にニューウェイヴ側からのテクノ歌謡のアプローチも忘れてはいけない。詳しくはTECHNO KAYOを参照していただきたいが、数え切れないテクノ歌謡が存在する。さて、ここで悩むのがどうしたらテクノ歌謡が聴けるのかである。先ずは、P-VINEからリリースされた「テクノ歌謡」シリーズをお勧めします。同じくP-VINEより2000年9月からリリースされた「おしえてアイドル」でも、テクノ歌謡な楽曲が含まれています。それでも、飽き足らない人は、EPを中心に中古アナログを探していくしかありません。


Kayo-kyoku is a popular song by absorbing western pops in Japan. It's a kind of Japanese Bubble Gum Pop. It has vague definition and it is hard to grasp what it is. As it is vague, it can be combined with various types of music. Techno Kayo is Techno Pop meets Kayo-kyoku, and there are many others such as Mood Kayo, Eleki Kayo (or Surf Kayo, Venturesque), Soul Kayo (R&B Kayo), Latin Kayo, Rock Kayo. New Wave Kayo and Euro Kayo (or Hi-NRG Kayo) cross over Techno Kayo. In the field of Kayo-kyoku, I would like to pay a special attention to Idol Kayo-kyoku, Importantly, Japanese Idol Kayo-kyoku started to be influenced by Techno & New Wave with the cooperation of Japanese Techno & New Wave artists such as Y. M. O., Moonriders. Composers and arrangers in the Kayo-kyoku field such as Kyohei Tsutsumi and Motoki Funayuma also created Techno Kayo under these influences. This is an epoch making happening for Kayo-kyoku which was considered to be conservative. The approach to Techno Kayo from the New Wave side such as Juicy Fruits produced by Haruo Chikada and YMO in "Uwaki Na Bokura" should not be forgotten. While more details are shown in TECHNO KAYO, there are countless number of Techno Kayo songs. How can you listen to Techno Kayo? I recommend that you first get "Techno Ca-yo Collection" released on P-VINE. "Oshiete Idol" released since September 2000 on the same P-VINE also include Techno Kayo tracks. If you still want more, you need to look for used vinyls mainly EPs.

Techno Pop (テクノポップ)

ここではテクノポップをシンセサイザー、リズムボックス、シークエンサー、サンプラー等のテクノロジカル(科学技術的)又はエレクトロノニック(電子的)な楽器を利用するメロディーラインがポップな音楽と定義する。テクノであっても根底にポップさがなければいけないし、ポップであってもテクノロジーの利用がなければならない。ここ最近ブレークしている所謂テクノの中でも、ポップ性があればテクノポップと呼んでもいいだろう。ポップの定義は感覚的かつ主観的であり、かつ音楽とは実験的なものなので、かなり広義にとらえようとしている。これはかなり拡大解釈したテクノポップの定義であるが、人によりクラフトワークや初期Y.M.O.に代表するサウンドに限定する。元祖としては、やはりクラフトワークとするのが定説である。テクノポップのムーヴメントはニューウエィヴの中心として70年代後期にパンクに替わるものとしてメージャーになる。重要なことに、テクノポップは日本も含めて全世界的の質的に大きな差が無い状態で同時進行していった最初のムーヴメントだった。テクノポップの呼称は特に日本では一般的だが、ここではエレクトロポップ(80年代英国物中心に呼ぶことが多い)も含んでいる。欧米では、シンセポップと呼ばれる事が多い。

テクノポップの呼称は日本人起源説として高橋幸宏説、細野晴臣説、坂本龍一説、ロックマガジン編集長(元演歌歌手でもある)の阿木譲説があります。確かに日本で一番テクノポップという言葉は大衆化しました。個人的には、阿木譲説を推します。

<はにわ氏>坂本龍一とユーミンの対談でユーミンが『四畳半フォークって私がつけた』の発言に対し坂本龍一が『テクノポップは僕がつけた』との発言を読んだことがあります。坂本龍一のハッタリかもしれませんが<テクノポップという言葉を発明したのは誰>説としては有力なのではないでしょうか?阿木譲元演歌歌手説はロックマガジン、ノイ等の活動を知っているので、本当ならアチャ〜って感じです。(パブロックのドラムをやってたとは聞いていましたけど)

広義のテクノポップと考えれば、エレポップと良く似たものであり、狭義のテクノポップと考えれば、厳密にはエレポップとは違うとも言えます。狭義のテクノポップはどちらかと言えば、カルトでキッチュな傾向があります。極端に言えばテクノポップは変な感じがします。エレポップは英国的なニュー・ウェイヴ調が多いです。例えば、Y.M.O.、プラスチクッス、クラフトワーク、テレックス、ディーヴォ(あまりシンセを使ってないけど)等はテクノポップです。バグルズ、ニュー・ミュージックとなるとテクノポップでもあり、エレポップでもあります。デュラン・デュラン等のニュー・ロマンティック系やデペシュ・モードになるとエレポップでしょう。

このサイトでもかなり幅の広いアーティスト達を紹介しています。実際の所全てを広義の意味でもテクノポップ(エレポップ、シンセポップを含む)呼んでしまうのはとても乱暴な気がします。シンセサイザー、サンプラー等を使ったポップミュージックをテクノポップと呼べば、80年代以降のポップミュージックのほとんどがテクノポップになってしまいます。私の意見として、はっきりした境界線は引けません。それよりテクノポップの進化と退化を捉えることが重要と考えます。テクノポップ自体は突然変異とは考えません。テクノポップの発生にはクラフトワークに代表されるジャーマン・エレクトロ、デヴィット・ボウイやロキシー・ミュージック等のグラムロック、マーティン・デニーのエキゾッチク・サウンド、古くはビートルズそして10cc等のブリティッシュ・モダンポップ、レジデンツ等の前衛ポップ、英国系及びドイツ系プログレシッブ・ロック、ニュー・ウェイヴにつながったパンク・ロック、ソウル・ミュージック、ジオルジオ・モロダー等の70年ディスコ・サウンドそしてレゲエや東洋的なものも含むワールド・ミュージックが複雑に影響を与えています。汎用されるようになったシンセサイザーに代表される新時代のエレクトロニックな楽器は幅の広い素材を活用できるだけの革新的技術だったのです。影響の度合はアーティストによってかなり違います。又シーナ・アンド・ロッケッツのように本質的にはロックン・ロールですが、別分野からテクノポップへ接近したアーティストも沢山います。テクノポップとしての進化は80年代前半でほぼ終わります。この期間の作品に秀逸なものが多いのは当然と言える訳です。一度行き詰まったテクノポップはここでいくつかの方向へと拡散(場合によっては退化)して行きます。日本ではジューシィ・フルーツまたはいも欽トリオや女性アイドル等のテクノポップ系のプロデューサーのよるテクノ歌謡が生まれます。そもそもダンス・ミュージックとは深く結び付いていたテクノポップ・エレポップはよりダンス指向を高めユーロビート(デッド・オア・アライヴはその中間的存在である。)、ハウス、テクノへと80年代後半へと向かって行く。この流れの中でニュー・オーダー、ペット・ショップ・ボーイズ、セイント・エティエンヌ等は評価に値する個人的には思います。又、別のベクトルとしてさらなる前衛音楽、アンビエント、ワールド・ミュージックへ向かって行った。逆にアーティストによってはアコーステックへの回帰現象も起きる。90年代後半の日本の音楽業界を制した小室サウンドは古くはTMネットワークのユーロビート的歌謡曲をルーツとした大衆的ダンスミュージックと考える。


Here Techno Pop is defined as music with pop melody lines which utilizes technological or electronic instruments such as synthesizer, rhythm box, sequencer, sampler. It is not Techno Pop if is not pop in foundation even with the use of electronic instruments. It is not Techno Pop if it does not utilize electronic instruments even with pop-ness. Among 'techno' which is breaking out for the recent years, there can be some that may be categorized as Techno Pop if they have enough pop-ness. Since the definition of 'pop' is sensual and subjective, and music is experimental in nature, I'd rather define Techno Pop in a broad sense. This is pretty expanded definition of Techno Pop and some people define Techno Pop more narrowly as the sound represented by Kraftwerk and early Y.M.O. It is an established theory that the origin of Techno Pop is Kraftwerk. The movement of Techno Pop became major as core of 'new wave' replacing 'punk rock' in late 70's. Importantly, Techno Pop is the first musical movement which simultaneously occurred without major differences in quality globally including in Japan. While the term of Techno Pop is popular in Japan, here it includes Electro Pop (mainly used for British ones in 80's). Synth Pop is often used in Europe and America.

There are a couple of opinions as to Japanese origin of Techno Pop terminology; Yukihiro Takahashi, Haruomi Hosono, (Ryuichi Sakamoto, too), Yuzuru Agi, a chief editor of Rock Magazine (he used to a Enka singer). Japan is the country which the term of Techno Pop became the most popular. I personally support Yuzuru Agi as the originator of Techno Pop.

<Mr. Haniwa> In the talk between Ryuichi Sakamoto and Yumin', I have read Ryuichi's comment saying "I named Techno Pop" for Yumin's comment saying "I named 'Yu-jo-han' Folk". It could be Ryuichi's bluff, it is quite possible that he originated the term of Techno Pop. As I know Yuzuru Agi's activity on Rock Magazine and Neu, I would be shocked if he used to be an Enka singer. I heard that he was a drummer in Pub Rock.

Techno Pop is quite similar to Electro Pop if I use the broad definition of Techno Pop, but strictly speaking, Techno Pop can be different from Electro Pop if I use the narrow definition of Techno Pop. Techno Pop in the narrow definition tends to be cultic and kitsch. Extremely speaking, Techno Pop feels somewhat weird. Electro Pop tends to be more like British new wave. For example, Y. M. O., Plastics, Kraftwerk, Telex and Devo (though they are not synth-heavy) are Techno Pop in that sense. Buggles and New Musik are Techno Pop as well as Electro Pop. New Romantics like Duran Duran, and Depeche Mode are more Electro Pop.

I am introducing fairly wide range of artists. In fact, I feel that it is a bit rough to introduce all the artists even with the broad definition of Techno Pop (including Electro Pop and synth pop). If all the pop music using synthesizers and samplers is called as Techno Pop, a majority of pop music in the 80's and after become Techno Pop. In my opinion, it is impossible to draw a clear line. Rather than doing it, it is more important to grasp the evolution and devolution of Techno Pop. Techno Pop itself is not a mutant. The birth of Techno Pop are influenced by German Electro represented by Kraftwerk, Glam Rock such as David Bowie and Roxy Music, Exotic Sound of Martin Denny, British Modern Pop by the Beatles originally and 10 cc, etc., Avant-grade Pop by the Residents, etc., British and German Progressive Rock, Punk Rock leading to New Wave, Soul Music, 70's Disco Sound by Giorgio Moroder, etc, and World Music including Reggae and Oriental in a complex manner. Electronic instruments represented by synthesizers which became popular was a revolutionary technology which enabled the wide range of materials. The degree of influence was quite different by artist. The band like Sheena & The Rokkets is essentially Rock'n' Roll, but there are many who approached to Techno Pop from the other fields. The evolution of Techno Pop almost completed at the early 80's. During this period, it is quite natural that there are many excellent works. Techno Pop which stuck once here started to spread (devaluate in some cases). In Japan, Techno Kayo was born such as Juicy Fruits, Imo-Kin Trio and other female idols produced by Techno Pop producers. Some Techno Pop which were closed related with dance music became more danceable and moved towards Euro Beat (Dead Or Alive is somewhere in between.), House, Techno after mid-80's. In this flow, I personally think we should regard New Order, Pet Shop Boys and Saint Etienne, etc. Also, there are other vectors to further Avantーgrade Music, Ambient, World Music. Some artists moved back to Acoustic. "Komuro" Sound which ruled the Japanese music industry after mid-90's is considered to be Dance Music for mass with the roots of Euro Beat-like Kayo by TM Network.

Twelve Inch Single (12インチ・シングル)

ディスコやクラブでかかるリミックス・ヴァージョンである。ビニール盤ではリミックスは通常のシングルより長いので(6分を超えるものが多い)12インチ必要なのである。12インチ・シングルの王者といえば、ニュー.オーダーである。エレクトロ・ポップのアーティストは12インチ・シングルを大概出している。ちなみにドイツで買ったフラッシュ・バックという12インチ・シングルのみの2枚組CDは私のお気に入りのコレクションである。でも、日本のアーティストの12インチ・シングルはディスコやクラブであまりかからないので残念である。


This is a remix version used in Disco and Club. With a vinyl disc, 12" is needed as the remix is longer than normal single (many exceed 6 minutes). The king of 12" single is New Order. A majority of Electro Pop artists release 12" singles. I have a favorite collection of 2-disc CD called Flash Back containing 12" singles only which I bought in Germany. However, it's pity that 12-inch singles by Japanese artists were rarely played in Japanese Disco or Club.

Zolo

<Chad A.特派員>ゾロという言葉は音楽サウンドのようなバカっぽい抽象的なブロックおもちゃから来ています。ゾロは幅広い音楽的ジャンルというより特徴的なサウンドを指します。実際のところ、複数の音楽ジャンル(プログレ、ニューウェイヴ、アヴァン・ロック、ジャズまでも)をクロスオーバーしています。分かりやすく言うと、プラスチックスの『ロボット』、『GOOD』とか一風堂の『ラジオ・ファンタジー』は優れたゾロのニューウェイヴの例です。サボテンの『Low Chair』、Luna Park Esembleの『Scramble Suite』(両者とも『Welcome to Dreamland』コンピより)はゾロのアヴァン・ロックの例です。新しいeX-Girlからの『Wipe Out』もフィットします。Split Enzは音楽以上に衣装がゾロです。この用語はあまり広がっていません。1990年ごろに作られました。もし、ゾロ系音楽を聴きたければ、僕のKVRXでのラジオ番組(スケジュール・チェックしてね)を聴いてください。


<Correspondent Chad A.> The word "Zolo" comes from a zany abstract building toy that looks like the music sounds. Zolo is more a specific sound than a broad musical genre. In fact, it seems to cross a few musical genres (Prog, New Wave, Avant-Rock, even Jazz). To bring it a bit closer to home, Plastics' "Robot" or "Good", or Ippu-Du's "Radio Fantasy" are fine New Wave examples of Zolo, while Saboten's "Low Chair" and Luna Park Ensemble's "Scramble Suite" (both from the "Welcome to Dreamland" compilation) are Avant-Rock examples of Zolo. Even "Wipe Out" from the new eX-Girl album fits in. Split Enz really have more Zolo in their clothes than in their music. The term itself has yet to spread very far. It was coined around 1990. If you'd like to hear Zolo music, I have a radio show at KVRX --just check the schedule.

HOME | INDEX