Lio

Lio

リオはベルギーのRomanticというNew Waveシーンで活動し、テレックスのMarc Moulinの強力なバックアップの元に弱冠16歳でデビューした。デビュー・シングル『バナナスプリット』はソフト・マシーンのも在籍したソロとしてカルトな人気を持つケヴィン・エアーズに捧げられたものである。また、リオはElli et Jacnoの母体となったフレンチ・パンク・バンドのStinky Toysのファンであった。ElliとJacnoは彼女に初期のStinky Toysの曲「Lonely Lovers」を提供する。「Amoureux Solitaries」と改題されたこの曲は80年のヨーロッパでの最大のヒットとなる。他、日本では倉田まりこが「恋はAMI AMI」をカヴァーしました。元祖テクノポップ・アイドルである。96年のアルバム『Wandatta』では日本の民謡のビートを取り入れた実験的作品にも挑戦した。彼女のジャケはどれも見のがせんません。


Lio was from Belgian New Wave scene called Romantic, and made debut at the age of 16 with strong back-up by Marc Moulin of Telex. The first single "Banana Split" is dedicated to Kevin Ayers who is formerly in Soft Machine and has cultic popularity as solo. Lio is also known as a fan of Stinky Toys, a French Punk band which will become the basis of Elli et Jacno. Elli & Jacno gave their early Stinky Toys number "Lonely Lovers". This song retitled as "Amoureux Solitaries" became the biggest European hit in 1980. Mariko Kurata in Japan covered "Amicalement Votre". She is the original Techno Pop idol. In the album "Wabdatta" in '96, she challenged an experimental pop incorporating Japanese Traditional Song (Minyou)'s beat. The cover arts of her albums cannot be missed.

HOME | INDEX