MAGAZINES

テクノポップまたはサブ・カルチャーに関する雑誌を紹介します。又一部参考文献としても使用させていただいてます。ちなみに私は雑誌フリークで、特に80年代物が大好きです。TV Bros.Game JamMac Fan InternetNifty Super InternetNikkei TRENDYJungle Life各誌では弊サイトが掲載されました。Barfout!ではウエハラ氏のインディー雑誌Astroも掲載されています。ちなみに現在、僕が欠かさず購読しているの雑誌はStrange DaysCD Journal音楽誌が書かないJポップ批評Lexiconです。


This introduces the magazines related techno pop or sub-culture. Some of them are also used as reference. I am a magazine freak and particularly like 80's stuff. TV Bros., Game Jam, Mac Fan Internet, Nifty Super Internet, Nikkei TRENDY, Jungle Life had the articles on my site. Barfout! featured Astro, an indie magazine by Mr. Uehara. My current regular subscriptions areStrange Days, CD Journal, Ongaku-shi Ga Kakanai J-Pop Hihyou and Lexicon.

Old Japanese Magazines(廃刊になった日本の雑誌)
宝島(Takarajima) | ビックリハウス(Bikkuri House) | サウンドール(Soundall) | キープル (Keyple) | NEWSWAVE | Music Steady | POP IND'S | Fool's Mate | Moga | REV(レヴ) | テッチー(TECHII) | ピコ・エンタテイメント(Pico Entertainment) | Clip | i-D JAPAN | Degital Boy | WHAT'S IN? ES
Current Japanese Magazines(発行中の日本の雑誌)
Music Magazine | CD Journal | Record Collectors | ロック画報(Japanese Vintage Rock'n Notes) | Eater(イーター) NEW! | Indies Magazine | Strange Days UP! | Studio Voice | Marquee | After Hours | Barfout! | Cookie Scene | THE DIG | Sound & Recording | Groove | di-git | Demagogue | 音楽誌が書かないJポップ批評(Ongaku-shi Ga Kakanai J-Pop Hihyou) | 音楽生活(Ongaku Seikatsu) | Quick Japan | Switch | Relax | Marker | GON! | TV Bros. | Game Jam | Mac Fan Internet | Nifty Super Internet | Nikkei TRENDY | Jungle Life | Astro
Current Overseas Magazines(発行中の海外の雑誌)
Lexicon | Interface

Old Japanese Magazines(廃刊になった日本の雑誌)

宝島(Takarajima)

現宝島社、元JICC出版局 (Takarajima-sha, ex JICC Publishing)

現在はアイドル兼エロ専門の雑誌と成り下がってしまったが、A5判サイズだった頃の70年代末から80年後期に於いては日本のサブ・カルチャーを牽引していた偉大な雑誌です。73年に創刊の『ワンダーランド』と言う雑誌を起源とし『宝島』と成ってからその後判型が移行するに従い内容もどんどん変わって行くのです。雑誌が生き残るためには必要であったかもしれないが日本でのテクノポップ/ニュー・ウェイヴ・ブーム期と重なる80年から86年ごろが『宝島』が一番生き生きしていたのです。現在この時期の『宝島』に相当する雑誌は見つからない。あえて言えば『Quick Japan』か。宝島社の『別冊宝島』、『VOW』のその片鱗を伺うのみです。これは私の希望企画ですが、この時期の『宝島』に記事を元にして『別冊宝島』から『テクノポップ大百科』とか出版すれば結構売れると思うのですが、どうでしょう。古書店では普通の号は五百円前後、人気のある号は千円以上の値が付いてます。
2000年3月から宝島が週刊化。時代とともに変遷していった宝島だが、今回のリニューアルではずばり下世話なSPA!。お勧め記事は自らB級ライターと名乗る『吉村智樹の夜の歌謡曲』。近田さんみたいに集まったら本にするのかな?


It became just a magazine on idols and eros, it used to be a great magazine leading Japanese subculture between the end of 70's and late 80's when it was in A5 size. Its origin is the magazine "Wonderland" published in '73. Since it became "Takarajima", the content changed a lot as the size changed. "Takarajima" had its peak time between '80 and '86 overlapping the boom period of Techno Pop and New Wave while the change may have been necessary to survive. Currently, I cannot find the equivalent magazine to "Takarajima". If I dare to say, it's "Quick Japan". I can see its essence in "Takarajima Extra Edition" and "VOW" from Takarajima-sha. I think they should publish "Techno Pop Encyclopedia" as "Takarajima Extra Edition" based on the articles in "Takarajima" during this period. What do you think? In the used book shops, the normal issues are sold around \500 and the popular ones are priced over \1,000.
From March 2000, Takarajima became weekly. Takarajima has been changing as years go by, and in this renewal it became low-blow SPA!. The recommended article is "Tomoki Yoshimura (who calls himself as a B-class writer)'s Night Kayokyoku". I wonder he plans to publish a book like Mr. Chikada.

ビックリハウス(Bikkuri House)

パルコ出版 (Parco Publishing)

1975年に創刊された10年間続いた『ビックリハウス』は、『宝島』と並ぶサブ・カルチャーの牽引者であった。Y.M.O.、鈴木慶一、糸井重里、桑原茂一をはじめとしたサブ・カルチャー的人材とビックリハウサーと呼ばれる一般読者の微妙なバランスによって一般雑誌の商業路線(広告が少ない)と一線を画していた。¥ENレコードからは、『音版ビックリハウス・ウルトラサイケ・ビックリパーティー』と『改訂版・音版ビックリハウス・逆噴射症候群の巻』が発売され、『¥EN BOX SET VOL.1』に含まれています。


"Bikkuri House" published in 1975 lasting for 10 years was also leading subculture with "Takarajima". It was different from ordinary magazines with commercialism (less advertising) with saddle balance between subculture people like Y.M.O., Keiichi Suzuki, Shigesato Itoi, Moichi Kuwahara and ordinary readers called "Bikkuri Houser". "Otoban Bikkuri House Ultra Psyche Bikkuri Party" and "Kaitei-ban Otoban Bikkuri House Gyakufunsha-Shokogun No Maki" were released from \EN Records, and "\EN Box Set Vol. 1" contains them.

サウンドール(Soundall)

学研 (Gakken)

学研といえば小学校の時を思い出します。『サウンドール』は中古雑誌市場で高値で取り引きされる真性テクノポップ誌です。『キープル』と言う雑誌もあったな〜。


Gakken reminds me of my days in the elementary school. "Soundoll" is the true techno pop magazine dealt with very high pricing in the used magazine market. There was also a magazine called "Keyple".

NEWSWAVE

Newswave

音楽雑誌で活躍されている(NU SENSATIONSの監修もされた)音楽評論家の小野島大氏が主宰していたパンク・ニューウェイヴ系インディー雑誌(ミニコミ)です。80年前後に創刊されて現在は休刊中ですが、NEWSWAVE ON LINEとしてウェブ上で展開中。小野島氏に弊サイトを『むかしの「NEWSWAVE」みたい。』とコメント頂き、嬉しくなってしまう私です。『コンパクトYMO』の編集者である吉村栄一氏も元NEWSWAVEのスタッフだったとか。


This is a New Wave/Punk indie magazine run by Mr. Dai Onojima, music critic who is active in music magazines (supervised NU SENSATIONS). It started around '80 and it's currently not active, but it is on the web as NEWSWAVE ON LINE. I was so pleased to get Mr. Onojima's comment saying "my site is like old NEWSWAVE". Mr. Eiichi Yoshimura, an editor of "Compact YMO", used to be a staff of NEWSWAVE.

Music Steady

ステディ出版 (Steady Shuppan)

80年に季刊誌として創刊された『ミュージック・ステディ』はニュー・ウェイヴからニュー・ミュージックまで日本のロック・ポップを扱った音楽専門誌です。


"Music Steady" published as a seasonal magazine in '80 is a music magazine covering Japanese Rock and Pop from New Wave to New Music.

Fool's Mate

フールズ・メイト (Fool's Mate)

現在は日本のヴィジュアル系ロック雑誌として存在しますが、80年代に於いては(83年に創刊)日本と海外のニュー・ウェイヴ系がメインのインディーズにも強い雑誌でした。レコード・レヴューも充実していました。


Currently, this exists as a Japanese Visual Rock magazine, but it was a magazine mainly covering Japanese and overseas New Wave in 80's (started in '83) with strength in Indies. Its record reviews were rich in content.

Moga

東京三世社 (Tokyo Sansei-sha)

86年に創刊した短命に終わったと思われる『宝島の少女版』とも言える少し遅れてきたニュー・ウェイヴ少女の雑誌です。


This is the late arrival magazine for New Wave Girls, "girl version of Takarajima" that was published in '86 with a short life.

REV(レヴ)

レヴ・プロダクト(Rev Product)

第3号しか持っていませんが、85年ごろに創刊されて第6号まで(刊行予定によると)発刊されているはずです。ニュー・アカデミズム(通称ニューアカ)系雑誌とでもいいましょうか。かげろう・レコードの宣伝もあります。


While I have on Vol. 3, the first issue was released around '85 and up to Vol. 6 should have been released (according to the pre-annoucement). It's a kind of New Academism magazine. There is a print advertising of Kageroh Records.

テッチー(TECHII)

音楽乃友社 (Ongaku-No-Tomo-sha)

『テッチー』はその名のとおりテッチーのための最後の切り札とも言える雑誌である。デジタル・エイジの新発見ポップス・ファイルの名の元に創刊されたが、長く続くことなくこの世から消えてしまいました。残念!


"Techii" is the last card for Techies. It was published as New Discovery Pops File for Digital Age, but it disappeared without lasting too long. It's a pity.

ピコ・エンタテイメント VOL.1(Pico Entertainment Vol. 1)

[1993] ソニー・マガジンズ (Sony Magazines)

Y.M.O.再生の時期に出版された結構中味が濃いテクノポップ特集ムックです。『Y.M.O.再生特集』、『Y.M.O.作品徹底解説』、『テクノ名盤100選』、『テクノ・ドル』等、強力な内容です。(私もVol.2をゲットしました!)
ASTRO WEBのウエハラ氏>ピコ・エンタテイメントは、Vol.2があります。「東京パフォーマンスドールwith大阪パフォーマンスドール」、「P-MODEL再凍結!!総力特集!!」、「制服向上委員会ALL ABOUT S.K.I」、「YMO再生!!それからどうした!?大特集」「愛とエクスタシーのTECHNO DOL」「テクノ名盤ごぞんじですか?」など、Vol.1におとらず強力な内容でした。


This is the mook featuring techno pop with full of contents issued when Y. M. O. was reunited. The key contents are; "Y. M. O. Reunion", "Y. M. O. Works Detailed Discography", "100 Techno Best Disks", "Techno Idol". (I got Vol. 2!)
<ASTRO WEB's Mr. Uehara> There is Pico Entertainment Vol. 2. It has very strong content comparable to Vol. 1 including "Tokyo Performance Doll With Osaka Performance Doll", "Refreeze P-MODEL!!", "All About Seifuku Kojo Iinkai", "YMO Reunion!! What Happened After That?", "Love & Xtacy TECHNO DOL", "Do You Know Techno Masterpieces?".

Club Life Clip

クラブハウス (Club House)

アルバイト・ニュースの学生援護会系の雑誌です。硬派から軟派の話題をクリップした少しサブカルっぽい(でもいまいちポリシーがわかりません)ニッチな雑誌です。所謂文化人も沢山出てます。


This is a magazine related to Gakusei Engo Kai known for Arbait News. This is a niche magazine with sub-culture flavour (but, I cannot tell their policy) clipping soft to hard subjects. A lot of so-called culture people appeared on.

i-D JAPAN

UPU Inc.

英国のi-Dの日本版として91年に創刊されましたが、残念ながら廃刊。スタジオ・ヴォイスの競合誌として頑張って欲しかったのですが。


Though this started as a Japanese version of Britsh magazine "i-D", it had been discontinued. I wanted them to be a good competitive magazine vs. Studio Voice.

Degital Boy

毎日コミニケーションズ (Mainichi Communications)

全て廃刊となった3大サブカル系コンピューター雑誌の中で一番気に入っていたのがデジタル・ボーイ(他はワイアードとCAPE X。Mac Bros.もよかったな〜)です。創刊号では『コンピューターミュージックの変遷』という特集がありました。2号と3号も探してます。


My favourite one among the 3 subcuture-oritented computer magazines which are all out of print is Degital Boy (The others are Wired and CAPE X. I also liked Mac Bros.). The first issue had the article on "The Road Of Computer Music". I am looking for 2nd and 3rd issues.

WHAT'S IN? ES

ソニー・マガジンズ (Sony Magazine)

数ある総合音楽雑誌のなかでは比較的テクノ&エレポップ情報が多いほうです。残念ながらESは廃刊に。


This tends to have relatively more information on Techno & Electro Pop among many general music magazines. Unfortunately, ES has been discontinued.

Current Japanese Magazines(発刊中の日本の雑誌)

Music Magazine

ミュージック・マガジン (Music Magazine)

途中『ニュー・ミュージック・マガジン』から変名しましたが、1969年から続く老舗音楽雑誌です。でも、もっともらしいアルバムの採点には個人的には異論がよくあります。


While it was renamed from "New Music Magazine", it is a long-lived music magazine from 1969. But, I often have strong personal opposition to their specious scoring for the albums.

CD Journal

音楽出版社 (Ongaku Shuppan-sha)

新譜のチェックのためには紹介レコード数が多く、とても役に立ちます。99年10月号ではYMO特集(あまり新ネタはありませんが)。


This is very useful to check out new releases as it introduces lots of records. YMO special in Oct. '99 (though there is not much new information).

Record Collectors(レコード・コレクターズ)

ミュージック・マガジン (Music Magazine)

60年代〜70年代中心でニューウェイヴ系は少ないですが、特集するアーティストによって買います。99年5月号はXTCなので買いです。


While it's mainly for 60's to 70's with little New Wave, I buy it depending on the artist it features. It's a buy as May '99 issue features XTC.

ロック画報(Japanese Vintage Rock'n Notes)

ブルース・インターアクションズ (Blues Interactions)

「テクノ歌謡マニアクス」を出した出版社ですね。2000年6月に「20世紀最後のはっぴいえんど特集(前編)」として創刊。9月10日発売予定の第2号では後編。どうせだから、第3号では「テクノ歌謡特集(マニアクス番外編)」でもやってほしい。


It's a publisher who released "Techno Ca-yo Maniacs". The first issue featuring "The Last Happyend Special In 20th Century (1st Part) was released in June 2000. The 2nd issue released on September 10 will feature 2nd Part. I want them to feature "Techno Kayo Special (Extra Edition Of Maniacs)" in the 3rd issue.

Eater(イーター)

テレグラフ・ファクトリー (Telegraph Factory)

Tokyo Rockersシーンの重要人物、地引雄一氏が編集する「すべてをむさぼる雑食性コア・カルチャー・マガジン」。7号が1999年のDRIVE TO 2000で売っていた記憶があるのだが、8号(戸川純のインタヴューあり!)は2001年4月に発行されるという雑誌界のKraftwerk。次号は2002年らしい。


This is "omnivorous core culture mangazine that eats all" edited by Mr. Yuichi Jibiki, a key person of Tokyo Rockers scene. While I remember that vol. 7 was sold at DRIVE TO 2000 in 1999, vol. 8 (including the interview with Jun Togawa!) in April, 2001. It's like Kraftwerk in the magazine field. The next issue is in 2002.

Indies Magazine

リットーミュージック (Ritto Music)

最近ネオ・ニューウェイヴ系の記事も増えています。


Recently, there are more articles on Neo New Wave.

Strange Days

音楽出版社 (Ongaku Shuppansha)

『CDジャーナル』の別冊として98年11月末に創刊されました。見た目はミュージック・マガジンのようですが、内容は70年代ブリティッシュ・ロック系超カルトです。何といっても8ページにわたる佐藤公稔氏によるバグルズの解説が読み物です。鈴木慶一、松尾清憲も参加のニッチ・ポップ・ベスト100では、B級英国ポップ満載です。ストレンジ・デイスをサポートするサイト(サポーターの一人です)も登場しましたので、皆さん応援しましょう。

ALL ABOUT JAPANにて『ストレンジ・デイズ 』記事を2001年4月11日に掲載。


It was published in November '98 as an extra edition of "CD Journal". Its look is like "Music Magazine", but its content is ultra cultic on 70's British Rock. 8-page article on the Buggles by Mr. Kiminori Sato is worth reading. There are full of B-class British Pop selections in Niche Pop Best 100 by people like Keiichi Suzuki and Kiyonori Matsuo. As the site to support Strange Days came up (I am one of the supporters), everyone let's support it!

Studio Voice

流行通信社 (Ryoko Tsushin Sha)

結構長く続いているお洒落なカルチャー月刊誌(Multi-Media Mix Magazineと言ってます)であります。以下のテクノポップ・ニューウェイヴ関連の特集はお勧めです。


This is a stylish culture monthly magazine (calling "Multi-Media Mix Magazine") that has been lasting long. I recommend the following issues on Techno Pop and New Wave.

Marquee

マーキー・インコーポレイティド (Marquee Inc.)

渋谷系、音響派、そしてなぜかプログレに強い音楽雑誌です。特集が充実しおり、グラビアもきれい。


This is a music magazine that is good at Shibuya-style, Sci-Fi and Progressive Rock somehow. They have very rich features and beautiful visuals.

After Hours

AFTERHOURS

一応音楽雑誌ですが、サブカル的匂いがします。『追悼・岸野雄一』特集あり。


This is a kind of music magazine, but it has a strong smell of sub-culture. There was a special articule on "Mourning Yuuichi Kishinio".

Barfout!

TCRC K.K.

これも正体不明のサブカル系音楽雑誌です。99年5月号(Volume 45)では盛り上がるネオ・ニューウェイヴ(東京ニューウェイヴ・オヴ・ニューウェイヴ)を特集。インディー雑誌『ASTRO』も紹介!上原さんよかったですね。


This is also a hard-to-explain sub-culture music magazine. The May '99 issue (Volume 45) features "Neo New Wave (Tokyo New Wave Of New Wave) which is booming. It also introduced the indie magazine "ASTRO". Congrat to Mr. Uehara.

Cookie Scene

Blues Interactions

Next Generationの著者でもあるFool's Mateの元ライターの伊藤英嗣氏が編集するギターポップ寄りの音楽雑誌。250 Mix Reviewsは結構参考になります。


This is a Guitar Pop-oriented music magazine edited by Mr. Hidetsugu Ito, an ex-writer of Fool's Mate who is an author of Next Generation. 250 Mix Reviews are pretty useful as reference.

THE DIG

シンコ−・ミュージック (Shinko Music)

ロックな分厚い音楽誌。21号では「日本のロック・ポップ幻の名盤100」というのがあったので買いました。安田ビル・コラム団地というのもあります。


This is a Rock'n thick music magazine. I bought No. 21 as it had "Japanese Rock/Pop Hidden Treasure 100". There is Yasuda Building Column Apartment.

Sound & Recording

リットー・ミュージック (Ritto Music)

まあ、自分でレコーディングしているわけではないので、それほど実用的ではありませんが、YMOとか書いてあると買いたくなります。


Though it is not much use for me as I am not recording by myself, I tend to buy it when I saw the names such as YMO.

Groove

リットー・ミュージック (Ritto Music)

テクノ系音楽雑誌です。98年5月号の特集は『ELECTRONIC MUSIC HISTORY』でした。


This is a music magazine on Techno. May '98 issue featured "ELECTRONIC MUSIC HISTORY.

dig-it(デジット)

シンコー・ミュージック (Shinko Music)

99年4月に創刊した隔月刊の音楽ネットワーク・マガジンです。コンピューターと音楽が半々という感じです。ヴィジュアル系が多めでもう少しカルト系にも力を入れてほしいです。


This is a bi-monthly Music Network magazine that started in April '99. The articles are 50/50 for computer/music. Visual-oriented artists are more, and I personally want them to push Cultic artists more.

Demagogue(デマゴーグ)

デマゴーグ (Demagogue)

99年12月に創刊したHyper-Pop Magazine。自殺行為に等しいと言われながらも創刊した心意気を買いたいです。


This is a Hyper-Pop magazine published in Dec., '99. I would like to acknowledge the spirit for publishing this type of magazine though it was told that it's almost suicide.

音楽誌が書かないJポップ批評(Ongaku-shi Ga Kakanai J-Pop Hihyou)

宝島社 (Takarajima-sha)

文庫本にもなっているから本なのかもしれませんが、一応雑誌分類となっていますので。吉村智樹氏の妄想歌謡曲評論、小暮秀夫氏のニューウェイヴ系評論、ABゲイボーイズのゲイの視点の評論(やっぱエレポップ系は好きなんでしょう)などが読み物としては面白いです。結構部数は出ているのでは?


While it may be a book as it became a paperback, it is classified as a magazine. Obsessive Kayo Critics by Mr. Tomoki Yoshimura, New Wave Critiscs by Mr. Hideo Kogure and Critics with Gays' Eyes by AB Gay Boys are interesting to read. I guess it has a good number of publications.

音楽生活(Ongaku Seikatsu)

シンコー・ミュージック (Shinko Music)

ミュージック・グッズ情報マガジンと自称する、盲点を突いたニッチな雑誌です。レコード収集家をターゲットにしているのでしょう。個人的にはコレクターのレコードラック拝見やアナログ魔境西新宿マップ等○です。


This is a niche magazine hitting a blind spot calling itself as Music Goods Information Magazine. I guess it targets record collectors. Personally, I like the articles such as Checking Out Collectors' Record Rack, Nishi-Shinjuku Vinyl Records Map.

Quick Japan

太田出版 (Ohta Shuppan)

90年代をリードするサブカル・マガジンです。『ナゴムの話』と言う強力な連載が新装刊の23号からスタートしました。


This is a subculture magazine leading 90's. A strong series called "The Story about Nagomu" started from renewed issue #23.

Switch

スイッチ・パブリッシング (Switch Publishing)

オクダ特派員が勧めるので、特集『さよなら歌謡曲』の2000年3月号買いました。つんく、小室哲哉、砂原良憲、松本隆のインタヴュー有り。写真も多い。


As Correspondent Okuda recommended, I bought March 2000 Issue featuring "Good Bye Kayo-kyoku". It includes the interviews with Tsunku, Tetsuya Komuro, Yoshinori Sunahara, Takashi Matsumoto. Many photos.

Relax

マガジンハウス (Magazine House)

現在の『ポパイ』は初期のポリシーを失いただの雑誌になったと思う僕には初期のポパイを90年代的にした感じで好感がもてます。DJ特集やgroovision特集などお勧めです。一度廃刊となりましたが、見事2000年1月に復刊。


I think current "Popeye" became just another magazine losing the early policy and I like "Relax" as it's like 90's version of the early "Popeye". I recommend the issue featuring DJ and groovision. While it was discontinued once, it came back in January, 2000.

Marker

JMD. CO. LTD

1600円と値段が張る雑誌です。創刊号とあったので雑誌なのでしょう。創刊号の特集は@シャツ、Aニューウェイヴです。ファッションと音楽がテーマみたいですね。3人の選者によりニューウェイヴなレコード達をリストアップ。Saint Etienneの日本滞在記なんかも有ります。


It's an expensive magazine priced at 1,600 yen. As it says the first issue, I guess it's a magazine. The first issue features 1). Shirts, 2) New Wave. Fashion and music appear to be the themes. New Wave records were listed up by three selectors. There is also Saint Etienne's diary during their stay in Japan.

GON!

ミリオン出版 (Million Shuppan)

99年11月号の99ページにて8-bits福田氏によるテクノ歌謡特集。特選ピコピコおもしろジャケ13。連載化希望!


Techno Kayo special by Mr. Fukuda of 8-bits on page 99 in Nov. '99 issue. Recommended Piko Piko cover art 13. Wish this becomes a series.

TV Bros.(テレビブロス)

東京ニュース通信社 (Tokyo News Tsushin-sha)

初めてメジャーな雑誌に僕のページを載せてもらったので嬉しいからこのページに入れちゃいます。99年1月9日号のネット探偵団で『まさに青春時代って感じです』というヘッドラインで紹介してもらいました。初めて読んだのですが、ちょっとサブカルなテレビカイドって感じで好感持てます。TV Bros.で公募したアーティストやインディーズを集めたコンピ『CD Bros.』も出してます。


I included this as it is the first major magazine featured my page. My page was introduced with the head line saying "Just like Youthful Days". Though it was the first time for me to read, I liked it as it's like a little subculture TV Guide. They also released the compilation "CD Bros." containing the artists from TV Bros, and indies.

Game Jam

Sony Magazines

ソニー・マガジンから発行されたゲームとミュージックが合体した企画物雑誌です。本サイトもFUNKY MUSIC SITE!!として紹介されています。でも、あまり小室系はないのですよ。TM Networkも再結成するので、裏小室系のページ作ってしまいました。。


This is a special issue maganize combining games and music published by Sony Magazines. This site was introduced as FUNKY MUSIC SITE!! But, there are little on Komuro-Family... I have made the page on the other side of Komuro-Family page as TM Network is reformed.

Mac Fan Internet

毎日コミニケーションズ (Mainichi Communications)

99年11月号でサエキけんぞう氏に紹介して頂きました。


My site was introduced by Mr. Kenzo Saeki in Nov. '99 Issue.



Nifty Super Internet

Nifty Corporation(ニフティ株式会社)

99年6月号のDr. Maniacloveのつぶやきと言うコーナーでテクノポップの1ページ特集があります。TECHNO WEB RINGのWEB RING 友達から5サイト紹介されています。『これ全部聴いてるんですか!』とあるので、答えます。広く浅く、リストされているアーティスト中の8割以上は何らかの音源で聴いて(所有して)います。どうしても手に入らないものもありますので、全部は無理です。

2000年1月号(99年11月発売)ではMac Fan Internetに続いて元ハルメンズのサエキけんぞうさんのお気に入りのサイトのひとつとして紹介されました。『・・・恐ろしきアーティストの数がアップされています。ボクの知る限り、世界的に見ても、ここまでの情報量をデータベース化したサイトはありません。・・・テクノポップ愛好者が知るようになれば、爆発的な人気を得るようになるのは間違いない。・・・・』とのコメントを頂きました。サエキさんのような人にそう言って頂いて本当に光栄。本当に爆発すればいいのですが...


There is one page featuring Techno Pop in the corner called "Dr. Maniaclove's Whisper" in June '99 issue. 5 sites were introduced from the Web Ring Friends of TECHNO WEB RING. Since it's asking if I listen to all of them, let me answer. I listen to (own) over 80% of the artists listed in available sources broadly and shallowly. It's impossible to listen to all as there are some items that are simply hard to get.

It was introduced as one of the favorite sites by Mr. Kenzo Saeki, ex. Halmens in Jan. 2000 issue (released in Nov. '99) following Mac Fan Internet. It got the comments saying "......Amazing number of artists are listed. As far as I know, there is no other site with this amount of data base in the world.......If more Techno Pop fans get to know, I am sure that this site will break out....." It's a great honor to hear like it from a person like Mr. Saeki. I wish it will break out.

Nikkei TRENDY(日経トレンディ)

日経ホーム出版社 (Nikkei Home Shuppan-sha)

99年12月号臨時増刊号(パソコン完璧ガイト)で元NEWSWAVEの編集長の小野島大氏に「キーマンが選ぶカリスマホームページ」として紹介して頂きました。


My site was introduced by Mr. Dai Onojima, ex. Chief Editor of NEWSWAVE in Dec. '99 Issue Extra Issue (Complete Guide Of Personal Computer) as "Calismatic Home Page selected by Keyman".

Jungle Life(ジャングル・ライフ)

Jungle Life

関西発のインディー・フリーペーパーであります。絶賛発売中の『DISKナウ!!VS.レコードやくざ』、『猟盤日記』、『進め!猟盤日記』も発行しています。ジャングル・ライフのサイトはこんにちわ!ジャングル・ライフですWeb Jungleです。35号(April & May 1999)の『Internet is DIY!』 特集で本サイトに関する記事を掲載。36号は『テクノ歌謡』特集で要チェック!


This is an indie free paper from Kansai. They also published "DISK NOW!! VS. RECORD YAKUZA", "RECORD HUNTING DIARY", "GO! GO! RECORD DIARY". The sites are available at Hello! This is Jungle Life.! & Web Jungle. The article about this site was on the special feature "Internet is DIY!" of #35 (April & May 1999). #36 features "Techno Kayo". Check it out!

Astro

Soulbus Productions

ASTRO WEBの上原氏が発行するインディーズ雑誌です。テーマは『テクノポップやニューウェイヴを新しくとらえなおそう』です。創刊号では、『Jellyfishのインタヴュー』、『ディスク&ブック・レヴュー』、『世界のテクノポップ』(僕の寄稿)等マニアな内容です。下北沢HIGH LINE RECORDSと吉祥寺shop33にて好評発売中です。雑誌『Barfout!』でも紹介されました。第2号は『Tokyo New Wave Of New Wave』特集。『テクノBOOK完全ガイド』では私も参加しております。第3号では私が書いた『誰も書かなかったFILMS』を特集しております。


This is an indie magazine published by Mr. Uehara of ASTRO WEB. The theme is "Recapturing Techno Pop & New Wave". The first issue contains maniac contents such as "Interviews with Jellyfish", "Disc & Book Review", "Techno Pop Around The World" (written by me) etc. It's available at Shimokitazawa HIGH LINE RECORDS and Kichijoji shop 33. It was introduced by the magazine "Barfout!". Issue #2 features "Tokyo New Wave Of New Wave". I also contributed to "Techno Book Complete Guide". Issue #3 features "Films Nobody Wrote About" written by me.

Current Overseas Magazines(発刊中の海外の雑誌)

Lexicon

Ninth Wave Records And Publishing

LEXICONは80年代ニュー・ウェイヴ物を専門に扱った米国のマニア季刊雑誌です。ページ数はだんだん増えており、内容はインタヴュー(ABC、Strawberry Switchblade、Heaven 17、Mari Wilson、Curt Smith、Holly Johnson、Peter Godwin、 Howard Johnson等)、完全ディスコグラフィー、レコード・レヴュー等と80年代マニアにはたまらないものです。LEXICONThe 80s Serverからオーダーできます。


LEXICON is an American seasonal magazine for maniacs specializing 80's New Wave. The number of page has been increasing, and the content such as interviews (ABC, Strawberry Switchblade, Heaven 17, Mari Wilson, Curt Smith, Holly Johnson, Peter Godwin, Howard Johnson, etc.) is very appealing to 80's maniacs. You can order from LEXICON or The 80s Server.

Interface

Interface Magazine Inc.

LEXICONと同じく米国の雑誌です。使命として、アンダーグラウンドとメインストリームの観点からエレクトロニック音楽とテクノロジーを網羅すると謳っています。80年代と90年代をバランスよく扱っています。14号の特集として『シンセポップの復活〜the resurgence of synthpop』は読み応えがありました。 


This is also an American magazine like LEXICON. The mission is to cover electronic music and music technology from both the underground and the mainstream perspectives. They have a good balance between 80's and 90's. Issue #14 featuring "the resurgence of synthpop" is worth reading.

HOME | INDEX