Menu(メニュー)
Radio Musik / Chiwaki, Mayumi(ちわきまゆみ) / Pink Tank

Menu / Radio Musik

Chiwaki, Mayumi(ちわきまゆみ)

Pink Tank

Pacific Ethno Techno(太洋民技)

Menuは83年5人で結成した(結成時はLe Menu)テクノポップ・バンド。ファースト・アルバム時点でちわきまゆみ嬢と星渉氏の2人組になる。 ベストアルバム発表後に解散する。Menuのサウンドはソロのちわきまゆみ嬢とは違いジューシィ・フルーツ的コミカルなテクノポップです。シ・ショーネンやピンクのメンバーのバックアップも受けています。グラム的女王として君臨したソロ活動もピンク人脈が強いみたいです。現在、ちわきまゆみ嬢はFM802のパーソナリティとして活躍。誰か、Menuの『ナンキンテリアでドテカボチャ』のリクエストをしてみてはどうでしょう?
初期Menuのメンバーであった鈴木正美氏と京極常世氏はアタラシ・キヨエ嬢をヴォーカルにPink Tankとして日本で初のスーパー・アイドル・ダンス・バンドのうたい文句にデビューしました。『午前0時のカフェバー・サウンド』というわけのわからないコピーが80年代です。越美晴が5曲程関わり、(たぶん沙羅の)中山純一が編曲で参加しています。

<元MENUの星渉氏>
Le MenuからMENUへの変遷とその後:
僕はバンドをやる上で日本語へのこだわりがあり、Le Menuの前に、東大生の恵志康成というヴォーカリストと「SHY」という歌謡ロックバンドをやってました。他のメンバーはベースの鈴木正美と後にBOOWYのドラマーとなった高橋マコトです。そして「ルイス」というアイドル系のバンドをやっていたドラムスの京極輝男と知り合い、SHYを脱退して「V-27」という3ピースバンドを結成しました。(その時のベースはやはり元ルイスの小路隆)。V-27のマネージャー役をやっていたのが、当時18歳だった「ちわきまゆみ」だったというワケです。V-27が解散した後、V-27で自分で歌いながらギターを弾くというのに疲れて、サウンド作りに集中したくなっていました。そこでマネージャー役だったちわきに注目して、「おまえ、面白いキャラなんだからヴォーカルやれよ」と煽て上げ、鈴木と京極を引き入れて「Le Menu」を結成したのです。ちなみに、鈴木と京極はLe Menuが分裂した後、「Pink Tank」を結成。これこそ歌謡テクノですね(笑)。そのPink Tankが解散して、二人はチュウヤをボーカルに、BOOWY解散後の高橋マコトをドラムスに迎え、「De-Lax」というバンドが生まれたわけです。

その他の出会い:
PINKに関しては、岡野ハジメが原マスミ君のアルバムに参加していたのが決め手でした。バナナも同様です。彼ら二人にMENUのレコーディングに参加してもらった結果、その他のPINKのメンバーとも知り合ったんです。戸田誠司との出会いは、Le Menuの頃。Shi-Shonenがまだ無名に近かった当時、彼らのライブを見て気に入った僕とちわきが話しかけたのが最初です。彼らもLe Menuを気に入ってくれて、特に戸田君は「Le Menuは面白い。Le Menuのためだったら何でも協力するよ」と言ってくれました。そういえば、斉藤ネコ氏もLe Menuのライブにいたく感激してました。ライブバンドの頃のLe Menuは変拍子なんかもあって、もっと過激なサウンドと曲でしたね。

参加アルバム、その他について:
セカンド・ミニアルバム「Raku Raku Kiraku」の発売日!にユピテルが倒産してしまったので、「Raku Raku Kiraku」は正規には店頭に出なかったはずです。どこからか流出したみたいで、中古レコード屋に多少出回った程度です。幻となったのは、シングル盤「みあげたニャンニャン」です。この曲は某チューハイのCMソングとして放映されましたが、ちわきと僕がモデルとして出演していました。初のシングルとして、ヒットさせるべく売り出すはずだった曲で、東芝に移籍後の「Re-Face」に入れました。
ユピテル時代のオムニバス盤としては「明るい家族計画」というスネークマンショウの二番煎じみたいな企画盤が存在しました。MENUとしてはオリジナルで2曲参加しています。また、「Technical Music Planning」という企画盤もあり、当時知り合った白浜久と僕とちわきの3人で覆面バンド「Radio Musik」を結成し、「ラジオスターの悲劇」へのオマージュとして1曲作りました。このアルバムには、バナナ、友田真吾、RA、原マスミ、EP-4の佐藤薫なども参加しています。
MENUは僅か数回ですがLIVEもやりました。元「Voice」の内田健太郎がベース、Shi-Shonenの友田真吾がドラムスで参加してました。健太郎とはその後も原マスミや白浜久のユニットで一緒に活動していました。

MENU解散後:
1985年にMENUは解散しましたが、僕は白浜久のセカンドアルバムやライブに参加したり、CMの仕事などやっておりました。白浜久は福岡出身でMODSのオリジナルメンバーで、MODS脱退後は少年院のセラピストを経験した後、東京に出てきてデモテープを作りためていたんです。MENUの「Raku Raku Kiraku」のレコーディング時に、当時のプロデューサーだった山田道成氏が彼をスタジオに連れてきたんです。そこで初対面となったわけですが、彼はかなりのトッド・ラグレンのマニアでもあり、ユーロビート系のロックをやってました。彼のテープを聴いて、僕のやりたいことにも近かったのでかなり気に入ってしまい、何とか彼のバックアップをしたいと思いました。僕はそれ以後、彼の本格的デモテープ製作に協力(見岳章のアレンジというのもありました)。その後、彼はビクターからソロデビューし、僕もライブでギタリストとして参加し、彼のセカンドアルバムにはプログラム&サウンドメイクとして全面的に関わりました。そして彼はARBのギタリストになった後、ソロに戻り、現在は楽曲提供やプロデューサーとして活躍してるようです。
ちなみに僕はと言えば、1988年にいきなり音楽活動を休止。楽器にも触れず、音楽もまったく聴かないという生活を10年以上続けていました。さて、そろそろ何かしたいなという今日この頃です。

<オクダケンゴ特派員>ちわきまゆみの『アタック・トリートメント』(岡野ハジメ・プロデュース)では、作詩外間&作曲赤城が二曲と作詩外間が一曲です(外間コーラス一曲)。このアルバムの演奏陣は、岡野、神山、矢壁、斎藤ネコ、バナナ、下山淳(神山と「ラエル」結成)、成田忍等と超豪華でした。『デンジャラス・イズ・マイ・ミドル・ネーム』(岡野ハジメ・プロデュース)では岡野(全編曲)、神山、矢壁、逆井オサム、衛藤、小松、成田、朝本、横山等と、コレも豪華でした。このアルバムの9曲目「HAPPY BIRTHDAY CEREMONY」の作曲者は赤城忠治(作詞:石川あゆ子)です。『エロティック&ペイン』のプロデユーサーは白井良明、高橋幸宏、寺田創一です。


This is a techno pop band formed by five members (Le Menu at that time) in '83. When releasing the first album, they became a duo of Mayumi Chiwaki' and Mr. Wataru Hoshi. They were disbanded after releasing the best album. The sound of Menu is a Juicy Fruits-esque comical Techno Pop that is very different from Ms. Mayumi Chiwaki's solo. Menu was backed up by the members of Shi-Shonen and Pink. Her solo as a Glam diva is also strongly connected to Pink. Currently, Ms. Mayumi Chiwaki is a personality in FM802. Why doesn't someone send a request to play Menu's "Nankinteria De Dotekabocha".
Messrs. Masami Suzuki and Tokiyo Kyogoku who were members of early Menu debuted with Pink Tank featuring Kiyoe Atarashi as a vocalist as the first super idol dance band in Japan. The meaningless copy saying "Cafe Bar Sound at 0:00 am" is very 80's. Miharu Koshi was involved with 5 songs and Jun-ichi Nakayama (probably of Sarah) arranged some.

<Mr. Wataru Hoshi, ex-MENU>
From Le Menu To MENU, and after:
I had a hitch on Japanese in doing a band, and I was doing a Kayo Rock band called "SHY" with a vocalist, Yasunari Eshi who is a student in Tokyo University before Le Menu. The other members are a bassist Masami Suzuki and Makoto Takahashi who later became a drummer in BOOWY. I formed a 3-piece band called "V-27" after leaving SHY as I got to know Teruo Kyogoku who was a drummer in an Idol band called "Lewis". (The bassist at that time was Takashi Komichi, ex-Lewis. A manager of V-27 was "Mayumi Chiwaki" who was 18 years old at that time. After disbanding V-27, I got tired of playing a guitar while singing, and I wanted to focus on sound production. Then, I flattered Chiwaki who was a manager saying "you should do a vocal as you have a unique character", and I formed "Le Menu" with Suzuki and Kyogoku. After Le Menu was separated, Suzuki and Kyogoku formed "Pink Tank". It's a real Kayo Techno. Pink Tank was disbanded later and the two formed the band "De-Lax" by having Chuya as a vocalist and Makoto Takahashi as a drummer after BOOWY was disbanded.

Other Relationship:
As for the relationship with PINK, it was driven by Hajime Okano joined the album of Masumi Hara. Same is true for Banana. As a result that these two joined the recording of MENU, I became to know the other members of PINK. I met Seiji Toda at the period of Le Menu. The first time was when I and Chiwaki who liked Shi-Shonen after seeing their live talked to them while they were almost unknown. They also liked Le Menu, and especially Toda said "Le Menu is interesting. I do anything for Le Menu". Mr. Neko Saito was also very impressed by Le Menu's live. Le Menu at the time of a live band, it had more radical sounds including some irregular rhythms.

Albums and others:
As Yupiteru went bankrupt on the release day of our second mini album "Raku Raku Kiraku", "Raku Raku Kiraku" was never officially brought to the shops. There are some in used record shops from somewhere. The plan became illusion was the single "Miageta Nyan Nyan". This track was on air as a TV commercial song for Japanese Liquor, and Chiwaki and I appeared as models. This was the first single aiming at a hit, and it was included in the album "Re-Face" after we moved to Toshiba.
As an omnibus during the Yupiteru days, there was Snakeman Show-esque album called "Akarui Kazoku Keikaku". We did 2 original tracks as MENU. There is also an omnibus album "Technical Music Planning", and I formed a masked band "Radio Musik" with Hisashi Shirahama who I became to know at that time and Chiwaki, and we made one track as homage to "Video Killed Radio Stars". In this album, Banana, Shingo Tomoda, RA, Masumi Hara and Kaoru Sato of EP-4 also appeared.
MENU also did just several lives. It was supported by Kentaro Uchida of ex-Voice as a bassist and Shingo Tomoda of Shi-Shonen as a drummer. I also worked with Kentaro for Masumi Hara and Hisashi Shirahama's unit.

After MENU:
While MENU was disbanded in 1985, I joined Hisahi Shirahama's second album and lives, and worked on TV commercials. Hisashi Shirahama is from Fukuoka and an original member of MODS. After he left MODS and later became a therapist in the juvenile prison, he started to make some demo tapes in Tokyo. Mr. Michinari Yamada who was a producer brought him to the studio when we were recording MENU's "Raku Raku Kiraku". It was the first time we met each other and he was a deep mania of Todd Rundgren and he was doing Euro Beat Rock. As I listened to his tape, I liked it very much as it was close to what I wanted to do, and I wanted to back up him somehow. I supported the production of more formal demo tape (there are some arranged by Akira Mitake). Later he debuted as a solo on Victor and I supported his live as a guitarist, and I was fully involved with programming and sound making in his second album. After he became a guitarist of ARB, I went back to a solo, and he is currently active as a song-writer and producer.
I stopped my musical activity in 1988 suddenly. I have not touching instruments and listening to music for more than 10 years. Well, it may be the time I feel like doing something.

<Correspondent Kengo Okuda> The album "Attack Treatment" (produced by Hajime Okano) of Mayumi Chiwaki had two songs written by Sotoma & composed by Akagi, and one song written by Sotoma (One song with chorus by Sotoma). Performers in this album was super deluxe including Okano, Kamiyama, Yakabe, Neko Saito, Banana, Jun Shimoyama (formed 'Rael' with Kamiyama), Shinobu Narita, etc. The album "Dangerous Is My Middle Name" (produced by Hajime Okano) also had deluxe performers such as Okano (all arrangement), Kamiyama, Yakabe, Osamu Sakasai, Eto, Komatsu, Narita, Asamoto, Yokoyama. The 9th track in this album "Happy Birthday Ceremony" was composed by Chuji Akagi (lyrics by Ayuko Ishikawa). "Erotic & pain" was produced by Ryomei Shirai, Yukihiro Takahashi, Soichi Terada.

HOME | INDEX