MODERN POP

このページではグラム・ロックとニュー・ウェイヴの狭間に隠れた70年代〜80年代初期の英国を中心としたモダンポップのアーティスト達を紹介します。パワーポップ、グラム・ロック、プログレ、ニューウェイヴとも一部重なりますが、どこかひねくれていて、こだわっている音楽性を共通点とします。テクノポップとエレポップのルーツ的なアーティストも多く、ある意味でバグルズは英国モダンポップのニューウェイヴ時代の集大成とも言えるでしょう。日本のモダンポップと言えば、ムーンライダーズ系の水族館BOXレーベルの人達です。英国モダンポップが好きなら、ストレンジ・デイズを買って読みましょう。


This page presents the artists of Modern Pop mainly from the U. K. in 70's and early 80's who are hidden between Glam Rock and New Wave. While there are some overlaps vs. Power Pop, Glam Rock, Progressive Rock, New Wave, they have twisted and maniac sound orientation in common. Many of them are considered to be the roots of techno pop & electro pop, and the Buggles can be said to be the success of British Modern Pop during the New Wave era. Japanese Modern Pop is led by the people on Suizokukan & BOX labels related to Moonriders. If you like British Modern Pop, let's buy and read "Strange Days".

ROOTS | PROGRESSIVE ROCK | GLAM ROCK | MODERN POP | ORCHESTRAL POP

Adventures, The | Albania | Be Bop Deluxe | Bright, Bette | Browne, Dancan | Buggles, The | City Boy | Café Jacques | Cockney Rebel | Data | Deaf School | Flash & The Pan | Furey, Lewis | Godley & Creme UP! | Grand Hotel | Hine, Rupert | Korgis, The | Langer, Clive & The Boxes | Maisonettes | Members, The | Metro | Monks, The | Movies, The | Mr. Average | Nelson, Bill | New Music | Newell, Martin | Orchestral Luna | Planets, The | Public Zone | Quantum Jump | Raise The Dragon | Sad Cafe | Sailer | Sinceros, The | Split Enz | Streets | 10cc UP! | Tempo, Steve | Thinkman | Voyage | XTC
Japanese Modern Pop
Box | Carnation | Cinema | Clever Rabbit | Films | Moonriders | Screen | Tights | Voice | Wakui, Koji With Moments(和久井光司 With モーメンツ)

Adventures, The

シンセも取り入れていますが、モダンポップ〜パワーポップの流れを汲むサウンド。スマッシュ・ヒットした「Two Rivers」は名曲。ジャケよし。


Modern Pop to Power Pop oriented sound while utlizing synths arrangement partially. "Two Rivers", their smash hit, was a masterpiece track. Nice cover art.

Albania

Deaf School系列モダンポップにニューウェイヴな無国籍感を味付けした独自のサウンド。ムーンライダース・ファンにお勧め。


They have their own unique sound combining Deaf School-esque Modern Pop with the spice of ethnic New Wave. Recommended for Moonriders fans.

Café Jacques

エキゾチックなアダルト・モダンポップ。イギリス的Steely Dan風サウンド。鈴木慶一もご推薦のCafe Jacques。


Exisotic Adult Modern Pop. British Steely Dan-esque sound. Keiichi Suzuki also recommended Cafe Jacques.

City Boy / Streets / Maisonettes

Maisonettesはシングル「Heartache Avenue」がスマシュ・ヒットした(英国チャート7位)バーミンガム出身の60’sポップのテクノ・リメイク的バンド。Lol MasonはCity Boyというバンドのヴォーカルでした。
<荒特派員>City Boyの音の方は、やっぱり10ccに似てます。でも、10ccよりバンドっぽくてハードな感じです。コーラスのブ厚さがすごい。「リッツ・ホテルの晩餐会」か「アース・コート・ファイアー」がスキですね。「Heads Are Rolling」はかなりハードになっててちょっとトゥーマッチですか。当時の雑誌評もけっこう褒めてるのが多いです。ちなみに「City Boy」の当時の宣伝コピーは、『10ccを凌ぐとさえいわれる都会派ロック』ですと・・・。Streetsはマイク・スレイマーがシティ・ボーイ解散後に結成したバンド。解散後、マイク・スレイマーはSteel House Laneというバンドを組んで2枚アルバムを発表しているそうです。ロル・メイソンはMaisonettes解散後、サマンサ・フォックス等に曲を書いてます。


Maisonettes is a Birmingham-based band that did techno-remaking 60's pop with a smash hit of the single "Heartache Avenue" (7th in the U. K. chart). Lol Mason used to be a vocalist with the band called "City Boy".
<Correspondent Ara> The sound of City Boy is more like 10cc. But, they have more "band" sound and harder than 10cc. Amazingly thick chorus. I peronally like "Dinner At The Ritz" and "The Day The Earth Caught Fire". "Heads Are Rolling" became quite hard, and maybe too much. Many magazines gave positive reviews at that time. The copy in the album "City Boy" said "Urban Rock exceeding 10cc". Streets is the band formed by Mike Slamer after City Boy was disbanded. After that, Mike Slamer formed the band called "Steel House Lane" and released two albums. Lol Melson wrote some songs for Smantha Fox after disbanding Maisonettes.

Deaf School / Langer, Clive & The Boxes / Mr. Average / Tempo, Steve / Planets, The / Bright, Bette (& The Illuminations)

デフ・スクール(聾唖学校)はリバプールのアート・スクール出身者中心に結成された9人編成の大所帯プレ・ニューウェイヴ的モダンポップ・バンド。その後メンバー達はBig In Japan、Clive Langer & The Boxes, the Planets、the Orginal Mirrors、Bette Bright(ソロ)として活動。88年には再結成ライヴを行った。Cliver LangerはAlan Winstanleyと組んで、Madness、Dexy's Midnight Runners等のプロデューサーとしても成功。

<荒特派員>POP IND'Sと、国内盤CDの解説を参考にしてまとめてみました。Deaf Schoolというバンド名の由来は、練習の場が聾唖学校だった事からきている。75年にはロンドンで開かれたメロディー・メーカー誌のコンテストに出演し、優勝している。僕は、1stが好きですね。ちょっとSailorぽかったり、10ccぽかったり。2ndの「Taxi」はすごく好きな曲です。3rdは急に音がすごく厚くなってますが、これはこれでカッコイイと思います。

Clive Langerはデフ・スクール出身者の中では最も有名になった人。アート・スクール時代には教師がイアン・デューリーだったという。解散後はClive Langer And The Boxesを結成。ほとんどが身内。『スプラッシュ』は日本盤で、ワーナーパイオニアから発売。その後はプロデューサーとして大活躍。主なものとして関係の深いマッドネス、エルビス・コステロ、ストラングラーズのヒュー・コーンウェル、ティム・フィン、モリッシー、チャイナ・クライシス、シュネル・フェンスター(元Split Enz)など他多数。

Enrico Cadillacは解散後は、Ian Broudie等とOrginal Mirrorsを組んで活動。その後、'83〜'84年にイタリアでディスコ・シンガーとして活動、'85年にはドイツでソロ活動。同年イギリスに渡り、エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズのキーボーディスト、スティーヴ・ナイーヴとザ・ぺリルス・オブ・プラスティックを結成し、2枚のシングルを発表。その後、再びソロに戻り、'87年にシングルを発表している。

Bette Brightは解散後はBette Bright & The Illuminationsとして5枚のシングルを発表(メンバーはClive Langerなど、身内中心のセッションバンド)。その後、ラスティ・イーガン(元ヴィサージ)やグレン・マトロック(元ピストルズ〜リッチ・キッズ)らとThe Illuminationsとしてツアーを行っている。ソロ・アルバム発表後、ピストルズの映画『グレイト・ロックンロール・スウィンドル』に出たり、ロンドンでモデルをしていたが、マッドネスのGraham Suggs McPhersonと結婚し、引退している。

Steve Lindseyは在籍中からシングルを出していたが、その後Big In Japan、Secretsを経て(アルバムは出てない)、The Planetsを結成している。当初はLindseyのソロ活動時にThe Planetsの名前を使っただけで、特にバンドという意識はなかった様子。『Goon Hilly Down』は大好きなアルバムです。・・・もしかしたらデフ・スクールのより好きかも。『スポット』は日本盤としてビクターから発売。ポリス等を手掛けたナイジェル・グレイが共同プロデュース。結果として非常にポリスっぽいレゲエ調の曲が多いです。解散後Lindseyはプロデューサーとして活躍。夥しい数のアルバムをプロデュース(演奏もしている)。中にはビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、二ール・セダカなんてのまで。

Tim Whittakerは解散後はいろんなバンドを転々としている。ピンク・ミリタリー〜ロリ&ザ・カメレオンズ、そして自分のバンド、ティム・ウイタカーズ・ゲイルフォースを結成。'86年にはセックス・ゴッズを結成。このバンドはエコバニを脱退したドラマー、ピート・デ・フレイタスとのパーカッション・ユニット。フレイタス脱退後、残ったメンバーはバルコニー・ドッグスと改名して、アイランドからデビューしている。

Ian Richieは解散後は、プロデューサーとして活躍。演奏参加作も数多い。有名なところではピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズによるザ・ブリーディング・ハート・バンドで中心的役割を果たしている。プロデューサーとしては、ヒュー・コーンウェル(クライヴも共同でプロデュースしている)の『ウルフ』、ピート・ワイリー、ビッグ・ディッシュ等を手掛けている。


Deaf School is a Pre-New Wave Modern Pop big band with 9 members formed by art school graduates in Liverpool. Later the members played in Big In Japan, Clive Langer & The Boxes, the Planets, the Original Mirrors and as Bette Bright (solo). In '88, they had a live with reunited members. Clive Langer succeeded as a producer of Madness , Dexy's Midnight Runners, etc. with his partner Alan Winstanley.

<Correspondent Ara> I summarized based on POP IND'S and Japanese CD liner notes. Deaf School came from the fact that they practiced in a deaf school. They won a championship in the contest held by Melody Maker in London in '75. I personally like the 1st album. It's a bit like Sailor and 10cc. I also like the song "Taxi" in the 2nd album. The 3rd album had much more thick sound, and it is also good in a different way.

Clive Langer is the most famous person among ex. Deaf School members. Ian Duly was his teacher in his art school. After disbanding, he formed Clive Langer And The Boxes. Most of the members came within his ex. band mates. "Splash" was released on Warner Pioneer in Japan. Later, he got fame as a producer. Key ones are Madness deeply associated with him, Elvis Costello, Hue Cornwell of the Stranglers, Tim Finn, Morrisey, China Crisis, Schnell Fenster (ex. Split Enz), and many more others.

Enrico Cadillac formed The Original Mirrors with Ian Broudie and others after disbanding. Then, he acted as a Disco singer in Italy in '83 - '84, and as a solo in Germany in '85. In the same year, he moved to the U. K. and played as a keyboardist in Elvis Costello And The Attractions, formed The Perils Of Plastic with Steve Naive releasing two singles. Later, he acted back as a solo and released a single in '87.

Bette Bright released 5 singles as Bette Bright & The Illuminations (a session band consisting ex.Deaf School members such as Clive Langer) after disbanding. Then, she had a tour as the Illuminations with Rusty Egan (ex. Visage), Glen Mattrock (ex. Sex Pistols/Rich Kids). After releasing a solo album, she appeared on the movie for Sex Pistols (Great Rock'n' Roll Swindle" and did modeling in London, but she retired after marrying with Graham Suggs McPherson of Madness.

Steve Lindsey released singles during Deaf School days, then formed the Planets after Big In Japan and Secrets (no albums released). It seems that the Planets' name was used as a Lindsey's solo project and it was not exactly a band. "Goon Hilly Down" is my favorite album. Maybe, I like it more than Deaf School's. "Spot" was released on Victor in Japan. It was co-produced by Nigel Grey who worked on Police. As a result, it has many very Policesque Reggae tracks. After that, Lindsey was active as a producer and produced (also performed) tons of albums including Billy Joel, Elton John, Neil Cedaka.

Tim Whittaker wondered around many bands after disbanding. From Pink Military, Lori & The Chameleons, and formed his own band Tim Whittaker's Gailforce. In '86, he formed Sex Gods. This band is a percussion unit with Pete de Fratus, a ex. drummer of Echo & The Bunnymen. After Fratus left, the remaining debuted as Balcony Dogs on Island.

Ian Richie was active as a producer and a performer after disbanding. As a known work, he was a center person of the Bleeding Heart Band by Roger Walters of Pink Floyd. As a producer, he worked on Hue Cornwell's "Wolf" (co-produced by Clive), Pete Wary, Big Dish, etc.

Flash & The Pan

スコットランド出身のヤングとオランダ出身のヴァンダ中心で結成された。彼等は元々ヴァンダ=ヤングというソングランティング・コンビとして60年代中期から活動し幾つかのヒット曲を生み出した。70年代ブリティシュ・ポップの流れをくむテクノポップ的なサウンドです。


This was formed mainly by Young from Scotland and Vanda from Holland. They originally worked together as Vanda = Young song-writing team since mid 60's and produced several hits. It's techno pop sound coming from '70's British Pop.

Hine, Rupert / Quantum Jump / Thinkman

70年代後半の英国カルト・バンドの元クアンタム・ジャンプに在籍したルパート・ハインはソロとしても活動したが、エレポップ・シーンを支えたフィックスやハワード・ジョーンズのプロデューサーとして大成した。

<荒特派員>Purpleでの2枚は、アコースティク・ギターとストリングスがフィーチャーされた、イギリスらしい牧歌的な音です。声がピーター・ハミル、音はアンソニー・フィリップス、というか。後にペンギン・カフェ・オーケストラで有名になる、サイモン・ジェフスなんかがいます。『イミュニティ』は唯一国内盤が出たソロ。『WAVING〜』は、僕が初めて聴いてぶっとんだ名曲、「ELEVEN FACES」を収録。教授の「サウンドストリート」で、'82年に幸宏さんをゲストに『WHAT, ME WORRY?』特集をしたときに、これをかけたんです。メっチャクチャかっこ良くて、そればっかり聴いてました。「アルコ堂EX」では、その時の放送を文字起こしして送りました。あと、「THE SET UP」という曲も入ってますが、この曲のプロモーション・ビデオではアクション映画みたいなことをやってました。・・・イメージ変わったなぁ。ルパート・ハインの公式ページでは、一部が見れます。『THE WILDEST〜』は一番好きなアルバムで、数あるエレポップの中でも確実に5本の指に入る傑作だ、と個人的に思ってます。ロバート・パーマーも参加。聴いてすぐわかる声ですね、この人は。サウンド自体も異常なほどカッコイイのですが、前作以上に楽曲そのものがすごくいいんです。ホント、いいアルバムなので是非多くの人に聴いてほしいです、これは。久々のソロ『THE DEEP END』は、ちょっと中途半端かな・・・・。

クアンタム・ジャンプの音は、さすがにニッチ。フュージョンやらファンクやら、ジャズ・ロックやら。とりとめがないです。 そして、'80年代中期に、またもバンドを組みます。それが、THINKMANです。ルパート・ハイン以外の4人がどれだけ貢献してるのかは、音を聴いたかぎりではわかりません。当時から言われてましたが、このプロジェクトはどうも、ルパート・ハインがルックスのいい若いヤツを連れて、アメリカ受けを狙ったバンドだ、と思うんです。大味な感じの普通のエレ・ポップです。他に'85年にA&Mから出たサントラ盤『BETTER OFF DEAD』ってのがあって、参加メンツが凄いんです。RUPERT HINE、CY CURNIN (THE FIXX)、MARTIN ANSELL、TERRI NUNN、THINKMAN、E. G. DAILY。RUPERT HINEが中心で作られてます。THINKMANは、このアルバムが初お目見えなんですね。  


Rupert Hine formerly in Quantum Jump that is a British cult band in late 70's performed as solo, but he became more successful as producer of the Fixx and Howard Jones who supported the electro pop scene.

<Correspondent Ara> The two albums on Purple have British farmer song sound. The voice is like Peter Hamil and the sound is like Anthony Philips. Simon Jeffs who became famous with Penguin Cafe Orchestra later was involved. "Immunity" is the only solo album released in Japan. "Waving..." contains the masterpiece song "Eleven Faces" which threw me away. In Ryuichi Sakamoto's "Sound Street", this was played when Yukihiro was invited for "What's Me Worry?" in '82. It was very very cool and I was listening to it only. I sent the script of this broadcasting to ALCO-DO EX. It also includes "The Set Up", and its promotion video was showing his act like Action Movie. His image changed. You can watch a part of this in Rupert Hine Official Home Page. "The Wildest..." is my favorite album and I personally think that it's one of the best 5 Electro Pop albums. Robert Palmer joined. You can tell it's him easily by listening his voice. The sound itself is abnormally cool, and the songs themselves are excellent exceeding the previous one. I want more people to listen to it as it's so good. I feel "The Deep End" was a bit half-cooked.

Quantum Jump's sound is niche. Fusion, Funk, Jazz Rock, it's hard to grasp. Then, he formed another band in mid '80's. That's Thinkman. It's hard to tell how much the other members except Rupert Hine contributed by listening it. While it was said at that time, this project seems like a band targetting the U. S. inviting nice-looking young guys. Big taste normal Electro Pop. In addition, there is the Soundtrack album "Better Off Dead" on A&M, and the members are great. Rupert Hine, Cy Curinin (The Fixx), Martin Ansell, Terri Nunn, Thinkman, E. G. Daily. The production is centered around Rupert Hine. This is the first appearance of Thinkman.

Metro / Public Zone / Raise The Dragon / Godwin, Peter / Browne, Duncan

ピーター・ゴッドウィンはダンカン・ブラウンと元メトロというバンドをやってました。メトロはロキシーにも通じるダンディさが売り物の英国モダンポップ・ユニットでした。彼等の『Criminal World』は後にデヴィッド・ボウイにカヴァーされました。解散後はニューロマ一派ともされるソロ・シンガーとして活動しました。ミッジ・ユーロやGeorg Kajanus(Sailer/Data)にプロデュースされた曲もありウルトラヴォックス的です。2枚のアルバムを発表後、シンガーとしては第一線から退き映画や英国のテレビに俳優として活動した。98年になって突然新録を含めたベストを発表した。フレンチ・ガールのエンジェル・ヴォイスをもったサシャとのデュエットしたアンビエント・ポップ的な『Rendezvous』をシングル・リリースしました。
Raise The Dragonは元MetroのSean Lyons(「Criminal World」の作者)がSpellmanと結成したアダルト・オリエンティッドなモダンポップ・ユニット。I.R.S.で活動した。後に、Intimate Strangersと改名。
<荒特派員>(ディスコグラフィー情報追加)


Peter Godwin used to play in the band called 'Metro' with Duncan Brown. Metro was a British modern pop unit which is very dandy like Roxy Music. Their "Criminal World" was covered by David Bowie. After disbanding he became a solo singer who is considered to be a part of New Romantics. The sound is Ultravox-ish and the songs produced by Midge Ure and Georg Kajanus (Sailer/Data). After he released two albums, he withdrew from the front scene as a singer and performed as a actor in the movies and British films. In '98, he suddenly released the best album including newly recorded tracks. He released the single "Rendezvous", an Ambient Pop which he did a duet with French girl Sasha with angel voice.
Raise The Dragon is an Adult-oriented Modern Pop unit formed by Sean Lyons (who composed "Criminal World") of ex-Metro and Spellman. They were on I.R.S, and later changed the name to Intimate Strangers.
<Correspondent Ara> (The discography information was added.)

Monks, The

リチャード・ハドソンとジョン・フォードのモダン・ポップ〜ニューウェイヴ・バンド。


A Modern Pop ~ New Wave band by Richard Hudson and John Ford.

Movies, The

10cc的モダンポップ・バンド。


A 10cc-esque Modern Pop band.

Newell, Martin

Andy Partridge(プロデューサー)やCaptain Sensibleが参加したとても英国的モダンポップ。竹下さんに譲ってもらう。


A very British Modern pop supported by Andy Partridge (as a producer) and Captain Sensible. I got it from Mr. Takeshita.

10cc / Godley & Creme

ホットレッグスを母体とする10ccはビートルズ無き後一番ビートルズ的スピリットを持っていた。70年代英国モダンポップの中心的存在です。正統派のスチュワート&グールマンと実験派のゴドレイ&クレームの絶妙の組み合わせである。『I'm Not In Love』と『愛ゆえに』は永遠のラヴ・ソング、『デッドロック・ホリディ(邦題トロピカル・ラヴ)』はレゲエ・ポップの名曲です。エリック・チュワートはソロやSad Cafeのプロデューサー、グラハム・グールマンはWAXとして活動。

Godely & Cremeは、元10ccのギズモ(ムーンライダーズの白井良明氏も購入したが・・・)を生み出した実験的ポップ・デュオである。エレクトロニクスの導入もはやく前衛ポップのお手本です。『クライ』はヴィデオ・イメージも含め名作である。


10cc stemming from Hot Legs is the band which had the most Beatles-like spirit after the Beatles were gone. They are the center of 70's British Modern Pop. Orthodox Stewart & Gouldmam and experimental Godley & Creme are best possible combination. "I'm Not In Love" & "The Things We Do For Love" are everlasting love songs and "Deadlock Holiday" is a reggae pop master piece. Eric Stewart worked as solo and producer of Sad Cafe, and Graham Gouldman worked as WAX.

Godley & Creme is an ex-10 cc experimental pop duo who invented Gizmo (Mr. Ryomei Shirai of Moonriders bought it....). It was early to utilize electronics, and they are the model of Avant-Grade Pop. "Cry" is their master piece including the video image.

HOME | INDEX