Moonriders(月光下騎士団)
Suzuki, Keiichi(鈴木慶一) / Suzuki, Hirobumi(鈴木博文) / Mio Fou(ミオ・フー) / Suzuki, The(ザ・スズキ) / Art Port(アート・ポート) / Okada, Toru(岡田徹) / ya-to-i / Kashibuchi, Tetsuro(かしぶち哲朗) / Shirai, Ryomei(白井良明) / Takekawa, Masahiro (武川雅寛) / Gakan & Ryomei(ガカン&リョーメイ)

Moon Riders(ムーンライダース)

Suzuki, Keiichi(鈴木慶一) / Tokyo Taro(東京太郎)

Suzuki, Hirobumi(鈴木博文)

Mio Fou(ミオ・フー): Hirobumi Suzuki(鈴木博文)& Hirono Mio (美尾洋乃)

Suzuki Hirobumi Project Carnation Seifukai (鈴木博文プロジェクト・カーネーション政風会)

Suzuki, The(ザ・スズキ): Keiichi Suzuki (鈴木慶一)& Hirobumi Suzuki(鈴木博文)

Art Port(アートポート)

Okada, Toru(岡田徹) / Life Goes On / ya-to-i

Kashibuchi, Tetsuro(かしぶち哲郎 )

Shirai, Ryomei(白井良明) / Surf Trip(サーフトリップ)

Takekawa, Masahiro (武川雅寛)

Gakan & Ryomei(ガカン&リョーメイ)

私はムーンライダースをこよなく愛し尊敬するフリークです。Y.M.O.も好きだけど、やっぱりMR派です。ヒット曲がない無冠の帝王です。ムーンライダースまたの名を月光下騎士団はいろいろな顔を持つのでテクノポップバンドとは言い難いが、はちみつぱいの時期のアメリカン・ロックから、プログレ、パンク、ニューウェイヴ、テクノへと変遷しモダン・ミュジックと呼ぶべき路線は時代の最先端を行っていた。残念ながら、ごく一部の先進的な且つ良心的人達を除いて日本の大衆は最期までムーンライダースに追い付けなかった。XTCにも通じるひねくれた大衆をあざ笑うかのようなポップさは、痛快である。とにかく過去から現代の音楽のエッセンスを見事に吸収し音楽的密度が濃いのである。私は彼等のアルバムはほぼ揃えているが、ベストものには含まれない名曲も多いのでアルバムとしては全部それが無理なら、『青空百景』と『A. O. R.』を先ずおすすめする。各メンバーはソロ活動、別ユニット活動(ビートニクス、ミオ・フー、ザ・スズキ、サイコ・パーチス、アート・ポート)やプロデュース活動(パンタ&HAL、シネマ、ハルメンズ、パール兄弟、ヴァージンVS、PSY・S、プリンセス・プリンセス、等)も盛んにやっている。また彼等は「陽気な若き水族館員たち」のプロジェクト等での若いミュージシャンの発掘にも積極的であったことを功績として称えたい。

ALL ABOUT JAPANにて『きいてアロエリーナ♪』記事を2002年1月23日に掲載。

<荒特派員>(シングルディスコグラフィー追加。)


I am a freak who loves and respects Moon Riders from the bottom of my heart. I like Y.M.O., too, but I am a MR supporter. They are the king without crown and hit singles. Moon Riders is hard to simply classify as techno pop band since it has various elements. They moved from American Rock during Hachimitsu Pie period to Progressive Rock, Punk, New Wave and Techno and they were in the cutting edge of era with Modern Music approach. Unfortunately Japanese public except very few progressive and conscientious people were not able to catch up with Moon Riders. Their twisted pop-ness ridiculing the general public which is comparable to that of XTC is so delightful. Anyway, their music is very dense by absorbing the music from yesterday to today. I have most of their albums. I recommend you buy all of them or at least "Aozora Hyakkei" and "A. O. R." if not possible. Each member is active as solo, separate unit (Beatniks, Mio Fou, The Suzuki, Phyco Pearches, Art Port) and producer (Panta & HAL, Cinema, Halmens, Pearl Bros., Virgin VS, PSY'S, Princess Princess, etc.). I also show my appreciation to their contribution in exploring young musicians with the project like "Brightest Aquarium Workers".

<Correspondent Ara> (Single discography was added.)

HOME | INDEX