MOONRIDERS WORKS(裏ムーンライダーズ作品)

このページではムーンライダーズのメンバーの鈴木慶一鈴木博文岡田徹かしぶち哲朗白井良明氏がプロデュースしたアーティスト達を特集します。水族館メトロトロンのレーベルに在籍したアーティスト達からテクノ歌謡の人達まで幅広くプロデュースしています。BoxWaxのレーベルにも他のムーンライダーズ派のアーティスト達がいます。


This page presents the artists produced by Keiichi Suzuki, Hirobumi Suzuki, Tohru Okada, Tatsuro Kashibuchi, Ryomei Shirai, the members of Moonriders. They produced broad range from the artists in Suizokukan & Metrotron labels to the singers of Techno Kayo (Japanese Idol Pop). Other Moonriders-related artists are in Box & Wax labels.

Suzuki, Keiichi(鈴木慶一)
Anri(杏里) | Bonchi, The(ザ・ぼんち) | Business | Chang, Agnes(チャン・アグネス) | Chris(クリス) | Cinema | Fuji, Mariko(藤真利子) | Halmens | Harada, Tomoyo(原田知世) | Hikaru, Ippei(ひかる一平) | Ishibashi, Kazuko(石橋和子) | ISSAY | Itoi, Shigesato(糸井重里) | Iwada, Mari(岩田麻里) | Kirishima, Karen(桐島かれん) | Kumiko(クミコ) | Lisa | Nomiya, Maki(野宮真貴) | Panta & HAL | Piggy 6 oh! oh! | Portable Rock | Real Fish | Saito, Tetsuo(斎藤哲夫) | Sharbet(シャーベット) | Sorbets(ソルベッツ) | Surf Coasters | Suzuki, Saeko(鈴木さえ子) | Takada, Wataru(高田渡) | Tokyo JAP(東京JAP) | Virgin VS | Watanabe, Minayo(渡辺美奈代)
Suzuki, Hirobumi(鈴木博文)
Aoyama, Yoichi(青山陽一) | Carnation | Cornets | Grandfathers | Hamada, Rie(濱田理恵) | Saito, Miwako(斎藤美和子) | Webb

Okada, Tohru(岡田徹)
Anri(杏里) | Boys Club | Chiroline(チロリン) | CM-DOLE | Drink | Dr. K Project | Eri, Chiemi(江利チエミ) | Fuji, Mariko(藤真利子) | Garland | Haruko Kuwana(桑名晴子) | Hayashibara, Megumi(林原めぐみ) | Honma, Tetsuko(本間哲子) | Lanpa | Matsuura, Yuki(松浦有希) | Miyahara, Mebae(宮原芽映) | Nav Katze(ナーヴ・カッツェ) UP! | Noda, Mikiko(野田幹子) | Nozaki, Tamiko(野咲たみこ) | Pearl Bros.(パール兄弟) | Platinum Kit(プラチナ・キット) | Princess Princess | PSY'S | Saito, Yuko(斉藤ゆう子) | Shitara, Risako(設楽りさ子) | Sahara(サハラ) | Saito, Yuko(斎藤ゆう子) | Yano, Yumi(矢野有美)
Kashibuchi, Tatsuro(かしぶち哲朗)
Eve(イヴ) | Hayama, Reiko(葉山レイコ) | Ikuine, Akiko(生稲晃子) | Ishikawa, Seri(石川セリ) | Kaneko, Mika(金子美香) | Mihara, Junko(三原順子) | Nakahara, Rie (中原理恵) | Rika | Okada, Yukiko(岡田有希子) | Shitara, Risako(設楽りさ子)

Shirai, Ryomei(白井良明)
Akaike, Haruko(赤池晴子) | BaBe | Begin(ビギン) | Cano, Caoli(かの香織) | Cascade | Chocolate(ショコラータ) | Daimon, Kazuya(大門一也) | Fuji, Mariko(藤真利子) | Fujimura, Miki(藤村美樹) | GD Flickers(GDフリッカーズ) | Go-Bangs | Hori, Chiemi(堀ちえみ) | Ito, Miki(伊藤美紀) | Kurosawa, Hitomi(黒沢ひとみ) | Matsuo, Kiyotaka(松尾清憲) | Markees(マーキーズ) | Ogawa, Mishio(小川美潮) | Ohno, Eri(大野えり) | Osaka Performance Doll(大阪パフォーマンス・ドール) | Pillows, The | Sawada, Kenji(沢田研二) | Shimizu, Satoko(清水咲斗子) | Sukanchi(すかんち) | Ton Nan Sha Pei、The(The東南西北) | Wada, Kanako(和田加奈子) | Zelda
Takekawa, Masahiro(武川雅寛)
Chiaki, Naomi(ちあきなおみ)
Other Productions
Wata No Kuni Boshi/Yumiko Oshima I「綿の国星/大島弓子I」 | Bright Young Aquarium Workers「陽気な若き水族館員たち」 | Bright Young Museum Workers「陽気な若き博物館員たち」 | Bikkuri Aquarium「ビックリ水族館」 | TO-Y | Wakatsuki Megumi No Takarabune World「わかつきめぐみの宝舟ワールド」 | FAST PRIZE | Non-Fiction | MOTHER | MOTHER 2 | International Avant-garde Conference Vol. 1 | International Avant-garde Conference Vol. 3 | International Avant-garde Conference Vol. 4
The Productions Of Moonriders(ムーンライダーズのイイ仕事!)
Pony Canyon(ポニー・キャニオン編) | Tokuma Japan(徳間ジャパン編) | Victor(ビクター編) | Universal Music I(ユニバーサルミュージック編 I) | Warner Music(ワーナーミュージック編) | Universal Music II(ユニバーサルミュージック編 II) | Crown(クラウン編) | Toshiba EMI(東芝EMI編) | Nippon Columbia(日本コロムビア編) | BMG(BMG編) | King(キング編)

Suzuki, Keiichi(鈴木慶一)

鈴木慶一氏はムーンライダーズ派レーベルの水族館のアーティスト達のプロデュースと育成を博文氏と共に行うかたわら、歌謡界のアイドルのプロデュースや楽曲提供をする。80年代前半のニューウェイヴ系ではやはり、ハルメンズ、シネマ、野宮真貴(かなり歌謡曲してますが)のプロダクションをベスト3としたい。メジャー系では杏里(『哀しみの孔雀』)、渡辺美奈代(数少ない売れたアイドル系)、原田知世のプロダクションが有名どころです。


While Mr. Keiichi Suzuki produced and developed the artists of Suizokukan who are Moonriders family label with Mr. Hirobumi Suzuki, he produced and provided songs of idol singers in Kayo (Japanese Pops) world. Among the new wave in early 80's, Halmens, Cinema and Maki Nomiya (though it is close to Kayo-song) are his best 3 productions. Among the major, Anri ("Kanashimi No Kujaku"), Minayo Watanabe (one of his few popular idol productions), and Tomoyo Harada are famous ones.

Anri(杏里)

Business(ビジネス)

鈴木慶一のプロデュースではありませんが(プロデュースはクレジットなし)、アルバム『ビジネス』の「うわきわきわき」は鈴木慶一のアレンジです。どれみは元「東京おとぼけキャッツ」の美空どれみのソウルフルなヴォーカルとニュー・ウェイヴ風レゲエがいけてました。後、美空どれみは巻上公一と『民族の祭典』で共演した。


While it is not produced by Keiichi Suzuki (no credit for production), 'Uwakiwakiwaki' in the album "Business" was arranged by Keiichi. Doremi Misora (ex Tokyo Otoboke Cats) 's soulful vocal with New-Wavy Reggae was cool. Later, Doremi Misora worked with Koichi Makigami for "Minzoku No Saiten".

Chang, Agnes(チャン・アグネス)

Fuji, Mariko(藤真利子)

テクノ歌謡〜テイチク編』のCD化続いて、テイチクが突然再発したニューウェイヴ色の強い3と4枚目のアルバムはムーンライダースとYMO人脈による豪華なサポート人です。最近ではドラマでの安達祐美の貧乏なお母さん役のイメージが強いですが、この時期はニューウェイヴな人でもありました。本人も微美杏里の名前で作詞をしています。


Following "Techno Ca-yo Collection Teichiku Version" CD, the New-Wavy 3rd and 4th albums were supported by deluxe artists related to Moon Riders and YMO. Recently, she is remembered as a poor mother of Yumi Adachi in the TV drama, but she was a very New Wavy person at that time. In the second album, she wrote lyrics under the name of Vivian Lee.

ISSAY

元Der Zibetのリーダー。映画『星くず兄弟の伝説』にも出ていた。鈴木慶一の共同プロデュースでソロ・アルバムをリリース。


He is a ex-leader of Der Zibet. He appeared in the movie "Hoshikuzu Kyodai No Densetsu". He released his solo co-produced by Keiichi Suzuki.

Itoi, Shigesato(糸井重里)

コピー・ライターを人気職業にした糸井氏は鈴木慶一、EXの梅林茂達の協力の元『ニュー・ウェイヴ+ヴェンチャーズ的歌謡曲』で歌手デビューを果たしました。


Shigesato Itoi who made copy writer a very popular job debuted as a singer with "New Wave + Ventures Kayo" with the help from Keiichi Suzuki, Shigeru Umebayashi in EX, etc.

Kumiko(クミコ)

Piggy 6 oh! oh!

Sharbet(シャーベット)

Sorbets(ソルベッツ)

Takada, Wataru(高田渡)

Tokyo Jap(東京JAP)

東京ジャップは筒美京平、船山基紀等のサポートのもとエスニックな歌謡ポップを聞かせました。アルバム『TOKI色外人倶楽部』はQ盤で復刻しています。83年の『数秒ロマンス』は慶一氏のプロデュースです。
<オクダケンゴ特派員>『摩天楼ブルース』で有名(?)な東京JAPには赤坂ヒッパレ泰彦がいましたねぇ。


Tokyo Jap delivered ethnic Kayo pop with the support from Kyohei Tsutsumi, Motoki Funayama, etc. The album "TOKI Iro Gaijin Club" is reissued as Q-Disk. "Subyo Romance" in '83 was produced by Keiichi.
<Correspondent Kengo Okuda> There was Yasuhiko "Hippare" Akasaka in Tokyo JAP known as "Matenro Blues".

Suzuki, Hirobumi (鈴木博文)

鈴木博文氏はチャクラの『マネキン』等の作詞家として仕事がメインだったが、メトロトロンではムーンライダーズのもう一つの側面であるカーネーションやグランドファーザーズ等のルーツポップ的アーティスト達をプロデュースした。


While Mr. Hirobumi Suzuki's job used to be mainly a song writer such as Chakra's "Mannequin", he produced Roots Pop-type artists such as Carnation and Grandfathers as the other side of Moonriders in METROTRON.

Okada, Tohru(岡田徹)

岡田徹氏は影の名プロューサーである。ブレイクする前のプリプリやサイズのプロデュースをし、ブレイクする伏線をつけたのは彼の功績である。アイドルもマイナー系バンドもプロデュースした。


Mr. Toru Okada is a talented producer in the shadow. It is his contribution to lead them to the success by producing Princess Princess and PSY'S before they broke out. He also produced idol singers and minor bands.

Chiroline(チロリン)

5人組みのガールズ・バンド。86年のムーンライダースのツアーにコーラスで参加。
<オクダケンゴ特派員>ボクの家にあった「コレクション」って人脈アルバム(岡田徹、サヨコ、くじら、沖山等参加)に島村夏美が参加してました。コノ人、チロリンの人らしいです。ライナーの解説より『雑誌"an an"などでモデルをしていた島村夏美ら仲良し5人組が讃美歌を歌ったのが'85年12月25日の聖夜のこと。感動した岡田徹がプロデュースを申しでて'86年6月21日SWITCH45RPMよりシングル「CHIROLINE」でデビュー。


A girls band quartet. They joined the Moonriders tour in '86 as chorus.
<Correspondent Kengo Okuda> Natsumi Simazaki joined the album "Collection" containing related people (Toru Okada, Sayoko, Qujila, Okiyama, etc.) I had at home. She appears to be a member of Chiroline. The liner note said "A friendly quartet consisting Natsumi Shimamura who was a model in the magazine "an an" and the others sung a hymn on X'mas day of '85. Toru Okada who was impressed by them offered to produce them and they debuted with the single 'Chiroline' from Switch 45 RPM in June 21 '86.".

Lanpa

Matsuura, Yuki(松浦有希)

ムーンライダーズのメンバーが絡む作品には、結構アニソン系のフィメール・ヴォーカリストがいますが、彼女のその一人のようです。お父さんは、テナーサックス奏者らしい。


The works involving Moonriders members have quite a few female vocalists in the field of Animation Song, and she seems one of them. Her father was a Tenor Saxophonist.

Miyahara, Mebae(宮原芽映) / Tiny Pumps(タイニー・パンプス)

岡田徹氏がプロデュースした元タイニー・パンプスの女性ヴォーカリスト。『マリーポーサ』はスペインをイメージした欧州ポップスです。
<nattomakiさん>宮原芽映さんというと、私が最初に認識したのは、大西結花さんの 「アラベスク・ロマネスク」。ちなみに、曲的には、カップリングの「春のコサージュ」のが私は好き。 どちらの曲も、宮原さんの作詞です。


An ex-Tinny Pumps female vocalist produced by Mr. Toru Okada. "Mari posa" is an European Pops with the image of Spain.
<Mr. nattomaki> I first recognized Ms. Mebae Miyahara with Yuka Ohnishi's song "Arabesque Romanesque". But, I prefered "Haru No Kosahju" coupled with it. Both of the lyrics were written by her.

Eri, Chiemi(江利チエミ)

Nav Katze(ナーヴ・カッツェ)

84年に結成されたハイテク・ガレージ・ポップを名乗るトリオ(後に古館が抜けデュオ)。ムーンライダースのツアーにも参加。


This is a trio (later duo) of what they call High-tech Garage Pop formed in '84. They joined the Moonriders tour.

Noda, Mikiko(野田幹子)

岡田徹のプロデュースでデビューし、3作目はムーンライダーズのメンバーが強力にサポートした。元ポータブル・ロックの鈴木智文とBlue Eyes Of Fortuneとして活動。


She debuted with the production of Toru Okada and her 3rd was supported by the Moonriders members strongly. She also acts with Tomofumi Suzuki of ex-Portable Rock as Blue Eyes Of Fortune.

Platinum Kit(プラチナ・キット) / Honma, Tetsuko(本間哲子) / Adi

テッチーこと本間哲子さんがムーンライダーズのツアーサポートをきっかけとしてクリスタルバカンスの金津宏氏と組んだユニット。PSY'S的テクノポップ・サウンド。その後テッチーはソロ、Adiで活動した。


This is a unit formed by Ms. Tetsuko Honma a.k.a Techie with Mr. Hiroshi Kanatsu of ex-Crystral Vacance after they supported the Moonriders tour. PYS'S like Techno Pop sound. Techie acted as solo and in Adi after that.

Kashibuchi, Tetsuro (かしぶち哲朗)

Nakahara, Rie(中原理恵)

Rika

YAMAHAのポプコン出身みたいですが、ムーライダーズ系ニューウェイヴ少女的でよろしいです。

ALL ABOUT JAPANにて『手工芸テクノ姫、RIKAさん』記事を2002年3月6日に掲載。


She appears to be originally from Yamaha's Popcon, but she is like a Moonriders New Wave girl.

Shitara, Risako(設楽りさ子)

Shirai, Ryomei(白井良明)

白井良明氏はアイドルからカスケード(80年代ニューウェイヴ的なのは彼の影響大と見ます)やピロウズ等のバンドまでこなす職人プロデューサーです。ショコラータ、小川美潮、赤池春子等のちょっとストレンジ・エキゾチック系も得意とします。


Mr. Ryomei Shirai is a professional producer covering from idol singers to the bands such as Cascade (I guess their 80's New Wave style is his influence) and the Pillows. He is also good at Strange Exotic Pop such as Cioccolata, Mishio Ogawa and Haruko Akaike.

Shimizu, Satoko(清水咲斗子)

The Productions Of Moonriders(ムーンライダーズのイイ仕事!)

ムーライダーズ・デビュー25周年記念です。『ロック画報』のムーンライダーズ特集に始まって、ムーンライダーズ周辺が密かに盛り上がっています。2001年の年末はニューアルバム、トリビュート・アルバムと盛りだくさん。裏ムーンライダーズ・コレクションというのを以前勝手に企画しました(でも、膨大な数から選ぶ作業のためタイトルのみつけて断念!)が、レーベル毎に10枚の裏ムーンライダーズ作品集が驚異のリリース。やっぱり、CBSソニーとFor Lifeはない。

予告にあったクラウン編は、発売されない模様。その代りに、ユニバーサル編 2がリリース予定。ポニーキャニオン編は現在発売未定。


It is the 25th anniversary of Moonriders debut. Starting with "Rock Gahou"'s Moonriders Special, things are going on around Moonriders secretly. In the end of 2001, they release a new album and also a tribute album, too. I have planned The Other Side Of Moonriders Collection (but, I gave it up after giving the title due to too much efforts to select from a huge list. In total 10 of the Other Side Of Moonriders Collection will be released by label. As expected, there is no CBS Sony and For Life.

Crown version that was announced earlier is not likely to be released. Instead, Universal version 2 will be released. Currently Pony Canyon version has no firm date for release.

Pony Canyon(ポニー・キャニオン編)

Tokuma Japan(徳間ジャパン編)

[2001] Vol. 2; P-Vine

01. Lisa(リサ): Mr. Sunshine
02. Miki Fujimura(藤村美樹): Dakitomete「抱きとめて」
03. Narumi Yasuda(安田成美): Totsuzen, Kare Wo Ubawarete「突然、彼を奪われて」
04. Takako Ohta(太田貴子): Ryusei Syndrome「流星症候群」
05. Haruko Kuwana(桑名晴子): Otoko To Onna No Iru Hodou「男と女の居る歩道」
06. ZIGZAG: Intro「イントロ」
07. Chakra(チャクラ): Mannequin「マヌカン」
08. Business(ビジネス): Uwaki Wakiwaki「うわきわきわき」
09. Scooters(スクーターズ): Tokyo Disco Night「東京ディスコナイト」
10. Dr. K Project(徳武弘文): Come Over To My House
11. Voice: Home Sick
12. Masataro Naoe(直枝政太郎): Torocco「トロッコ」
13. Morio Agata(あがた森魚): Natsu No Bishou「夏の微笑」
14. Wataru Takada(高田渡): Honto Wa Minna「ホントはみんな」
15. Masahiro Takwkawa(武川雅寛): Chika No Suisou「千佳の水葬] (from the soundtrack album "Inujini Seshimono「犬死にせしもの」")

当初収録予定されていた、.ポータブルロックと「春して・恋して・見つめて・キスして」とブッシュマン「キスラ・キスラ 踊るパンケーキ(ダブ・ヴァージョン)」 (ダブ・ヴァージョンなんてあったんですね)は割愛された。LisaやBusinessは初CD化ですね。


Portable Rock's "Haru-shite, Koi-shite, Mitsumete. Kiss-shite" and Bushman's "Kisula Kisula Odoru Pancake (Dub Version)" (I did not know there was a dub version) which were originally planned were omitted. Lisa and Business are the first time to be released as CD.

Victor(ビクター編)

[2001] Vol. 3; P-Vine

01. PANTA & HAL: Malacca「マラッカ」
02. Nobuyasu Okabayashi(岡林信康): Kiri No Highway「霧のHighway」
03. PANTA UNIT (Vo. by Keiichi Suzuki): White Rabbit
04. Real Fish(リアル・フィッシュ): Akai Ribbon Ni Goyoujin「赤いリボンに御用心」
05. Tsukasa Ito(伊藤つかさ): Cream Seijin「クリーム星人」
06. Yoshiko Miyazaki(宮崎美子): Ashita Wa Itakunai「明日は痛くない」
07. Sayaka Ito(伊藤さやか): Koi Wa Feel So Light De!「恋はFEEL SO LIGHTで!」
08. Damp Matsumoto(ダンプ松本): Gokuaku「極悪」
09. Mika Kaneko(金子美香): Mislead
10. Kumi Miyazato(宮里久美): Sayonara Wa Kinu No Veil「さよならは絹のヴェール」
11. Yoko Oginome(荻野目洋子): Tasogare No Neighborhood「黄昏のネイバーフッド」
12. Darie: Toki No Wasuremoto「時間の忘れもの」(from the comic image album "Pipyohro Ikka「ぴーひょろ一家」")
13. Lilly(リリイ): Modern Romance「モダンロマンス」
14. Spy(スパイ): Daddy's Kiss「ダディズ・キッス」
15. Seifukai(政風会): Wake Up! (from the comic image album "Wakatsuki Megumi No Takarabune World「わかつきめぐみの宝船ワールド」")

伊藤つかさの曲目が替わったものの、予告とほぼ同じリストです。タンプ松本の初CD化(?)とSpyの再発CDアルバム未収録曲(シングル『ファーストクラスハネムーン』のB面)が貴重と言えるか。Darie(濱田理恵)って、広末涼子と声質が似ていますね。


While Tsukasa Ito's track has been replaced, it is almost the same list as originally annouced. It may be valuable to have the first CD track of Damp Matsumoto and Spy's track which was not included in the CD album ("B-side of the single "First Class Honeymoon"). Darie's voice sounds like Ryoko Hirosue.

Universal Music I(ユニバーサルミュージック編 I)

[2001] Vol. 4; P-Vine

01. Seri Ishikawa(石川セリ): NOËL「ノエル」
02. Eve(イヴ): Shitaino「したいの」
03. Hiromi Kurosawa(黒沢ひとみ): Akikaze No Idol「秋風のアイドル」
04. Miyuki Kousaka(香坂みゆき): Paper Tiger
05. Zelda: Are You "Lucky"?「ラッキー少年のうた」
06. MAKOTO: Moonlight Twist
07. Riki Saeki(佐伯りき): Glass No Generation「ガラスのジェネレーション」
08. Exotics(エキゾティクス): Misty Misty
09. Keiko Mizukoshi(水越けいこ): Broken Flame
10. Rabi Nakayama(中山ラビ): Ijippari「意地っぱり」
11. Tokiko Kato(加藤登紀子): Nanpasen「難破船」
12. Seifukai(政風会): Rikki, Don't Lose That Number「リキの電話番号」
13. Mebae Miyahara(宮原芽映): Himawari「ひまわり」
14. Yukano Yamaguchi(山口由佳乃): Camouflage Dance「カモフラージュダンス」
15. Yuko Saito(斉藤ゆう子): Boku Mo Otoko Da - Gakkou-hen「僕も男だ〜学校編」

女性ヴォーカリスト・ファンには嬉しい内容です。いわゆるイヴちゃんはエロ系ですが、タイトルほどのエロスはなく、マニアックなアイドル歌謡です。他にもエロ系アイドルをジャケ入りで一挙に集めたページを作ろうと考えていた事もあるのですが...。


This is a pleasing content for the female vocalist fans. Eve is so called Erotic-idol, but it is not too erotic unlike the title and it's a maniac Idol Kayo. I was thinking about making the page to collect all the Erotic Idols with the cover arts one time...

Warner Music(ワーナーミュージック編)

[2001] Vol. 4; P-Vine

01. Pearl Bros.(パール兄弟): Kimi Ni Manyomanyo「君にマニョマニョ」
02. Taeko Nishino(西野妙子): Jun-aikyo Jidai「純愛狂時代」
03. Susan(スーザン): Jabon Doll「シャボン・ドール」
04. Rie Hatada(畠田理恵): Sonoki Ni Sasete「ソノ気にさせて」
05. Katsuhiko Nakagawa(中川勝彦): Yokaze Kara Beach Moon「夜風からビーチムーン」
06. Tomorowo Taguchi(田口トモロヲ): C.V. Groove
07. Propeller(プロペラ): Tsuite Nai「ツイてない」
08. Taeko Nishino(西野妙子): Junjo Karen De Gomennasai「純情可憐でごめんなさい」
09. Susan(スーザン): Koi Wa Dance「恋はダンス」
10. Katsuhiko Nakagawa(中川勝彦): DRIVE
11. Tomorowo Taguchi(田口トモロヲ): SIXTEEN
12. Pearl Bros.(パール兄弟): Taiyo Sauce「太陽ソース」
13. Techie: A Day A Girl
14. Toru Okada(岡田徹): Kiyoshi Konoyoru - We Wish A Merry Christmas「きよしこの夜〜WE WISH A MERRY CHRISTMAS」
15. Ken-ichi Nagira(なぎらけんいち): Sabishiki Wakare「さびしき別れ」

CBSソニーからワーナーに移籍してリリースした唯一のスーザンのシングルに、元ばちかぶりの田口トモロヲの炸裂する『SIXTEEN』等、聴きどころが多いオムニバスです。後にコムロギャルソンから「dos」としてデビューする西野妙子もいます。


This has several tracks worth listening to such as Susan's only single on Warner after leaving CBS Sony, exploding "Sixteen" by Tomorowo Taguchi of ex-Bachikaburi. There is also Taeko Nishino who debuted as "dos" from Komurogarson later.

Universal Muisc II(ユニバーサルミュージック編 II)

Toshiba EMI(東芝EMI編)

Nippon Columbia(日本コロムビア編)

BMG(BMG編)

King(キング編)

HOME | INDEX