NAGOM RECORDS(ナゴム・レコード)

ケラが設立した自主レーベル。設立当初は、加藤賢崇、岸野雄一等の東京タワーズの人たちも関わっていたが、より孤立した集団京浜兄弟社として活動。ナゴムレコードのトレードマークであるアヤトリシアワセ印はゲルニカのメンバーであった太田螢一が作成した。レーベル・カラーとしては、有頂天や人生などのコミカルなテクノポップ的ものやばちかぶりの様なパンク(ポジパンも含む)、その他のたまや筋肉少女帯などの変なものが中心であったが、Carnation、Grandfathersなどの意外なバンドもナゴムからリリースしている。ナゴムの事がもっと知りたい人は、「ナゴムの話」(平田順子著)を読みましょう。


This is an independent label founded by Kera. At the point of establishment, Tokyo Towers members such as Kenso Kato, Yuuichi Kishino were also involved, but they became active as K-Hin Bros. Co. Ltd., a more closed group. "Ayatori Shiawase mark", a Nagom's trademark was created by Keiichi Ohta, ex-Guernica. The color of label is centered around comical Techno Pop such as Ucho-ten, Zin-Say, Punk (including Positive Punk) such as Bachikaburi, and other strange ones such as Tama, Kinniku Shojo-tai, but unexpected bands such as Carnation have releases on Nagom. If you want to know more about Nagom, I advice you read "Nagom No Hanashi" (written by Junko Hirata).

Arlequin(アルルカン) | Carnation | Grandfathers | Klara Circus(クララサーカス) | Karate Bakabon(空手バカボン) | Kato, Kenso(加藤賢崇) | Kera(ケラ) | Kinniku Shojo-tai(筋肉少女帯) | Min & Klina-Men(ミン&クリナメン) | Minca Panopica(ミンカパノピカ) UP! | Mishin(ミシン) | Model Plants | Mono Gramme | Peaters UP! | Picky Picnic(ピッキー・ピクニック) | Rossia Ballet Dan(ロシアバレエ団) | Shine Shine Dan(死ね死ね団) | Skooter | Synthesizers, The | Tokyo Towers(東京タワーズ) | Uchoten(有頂天) | Zin-Say(人生)
Omnibus
Atsumari「あつまり」 | Hajimari - Nagom Omnibus II「はじまり - ナゴム・オムニバスII」 | Omatsuri - Nagom Omnibus III[「おまつり - ナゴム・オムニバスIII」

Minca Panopica(ミンカパノピカ)

BOX大阪出身のヴォーカル以外は女性のテクノなパワーポップ・バンド。でも、『ハレはれナイト』にもカントリー&ウェスタン的曲収録。


This is a Techno Power Pop band consisting of women except vocalist from BOX Osaka. A Country & Western like song was included in the omnibus "Hare Hare Night" is.

Model Plants(モデルプランツ)

『おまつり』に参加した自称PSYENCE POPバンド。


This is the band in the omnibus "Omatsuri" who called themselves as PSYENCE POP band.

Mono Gramme(モノグラム)

<オクダケンゴ氏にからの情報>以前、ロンバケ関連のアイテムをそろえた店でジャケ買いしたのがモノグラムのセカンド「Under」(95年)だったんですが、そいつらは、どうやらナゴム出身だったようです。ナゴム傑作集3「おまつり」の中に「てみやげ」って曲が収録されてました。その時のメンバーはナカイ・トシフミとアキバ・タカシ の2人だったんですが、95年時はナカイ・トシフミとオダ・アキノブの2人になっていました。そして、このナカイ氏の詞曲の作り方、歌い方はすごく平沢に似ていて、Pモデル好きには気に入られるんではないかと思います。
ASTRO NOTEの上原さんからの情報>モノグラムのナカイ・トシフミはコPモデルというバンドで活動していて、P-MODELのコピーバンド大会「Errors of P-MODEL」で優勝したこともあります。ちなみにこの大会には千葉レーダやパラペッツも参加していました。


<Introduction by Mr. Kengo Okuda> The record I bought based on its attractive cover in the shop where I got the items related to Les Long Vacation was Mono Gramme's second album "Under". In the Nagom's compilation "Omatsuri", there was a track called "Temiage". At that point, they were two members; Toshifumi Nakai and Takashi Akiba, but they became Toshifumi Nakai and Akinobu Oda in '95. The way Mr. Naki make and sing songs is alike Mr. Hirasawa, and I think it's liked by P-Model fans.
<Info. from Mr. Uehara of ASTRO NOTE> Toshifumi Nakai of Mono Gramme played in the band "Co-P Model" and became the champion in the P-Model copy band contest "Errors of P-MODEL". Chuba Radar and Parapets also participated in this contest.

Peters / Peaters(ペーターズ)

大阪出身のおしゃれ系テクノポップ。Minca Panopicaのエイジがいたナゴム時代では、Peatersと綴っているが、BOXのオムニバスではPetersとなる。


This is a stylish Techno Pop from Osaka. During Nagom days when Eiji of Minca Panopica was a member it was spelled "Peaters", but it became Peters in the omnbus on BOX.

Picky Picnic(ピッキー・ピクニック)

<YO氏にからの情報>『おいらはブリキのロボット......』などと言うキッチュでちょっとすけべえ系のナンセンスな歌詞を歌い、バックはチープなおもちゃのラッパみたいな感じの音を出しているっす。もちろん曲によってデスメタルみたいなうなるような声も入ったりいろいろっすが。途中から玖保キリコ(しっとると思うっすが、もちろん漫画家の)が参加していたっす。Der PlanといっしょのATA TAKからリリースしてたっす。わかりやすくいうと(プラスチックス + Der Plan)*フォークル


<Info. from Mr. YO> They sing a little erotic nonsense songs with sound like cheap horn. It was released from ATA TAK the same as Der Plan. Simply saying, they are (Plastics + Der Plan)* Folk Crusaders.

Skooter(スクーター)

復活したナゴム・レコードからのシンセサイザーズに続くケラのプロデュースによる新人テクノポップ・バンド。


This is a new techno pop band produced by Kera following the Synthesizers from rejuvenated Nagom record.

Omnibus

Omatsuri Nagom Omnibus III(おまつり ナゴム・オムニバスIII)

[1987]

01. Kasutera(カステラ): Teiki Ga Kirechatta(定期がきれちゃった)
02. Erotica(えろちか): Hirusagari No O-himegoto(昼下がりのお秘め事)
03. Minca Panopica: M. Panopica(M・パノピカ)
04. Monogramme: Temiyage(てみやげ)
05. Grandfathers: Ishi No Usagi(石のうさぎ)
06. Nagom Gals & Boys with Nagom All Stars(観客withナゴムオールスターズ): Kakumei No Uta(革命の唄)
07. Klara Circus(クララサーカス): Bukura No Nikkori(ぼくらのにっこり)
08. Eppie Club(エピークラブ): Kokegane Society(コケガネソシエティー)
09. Model Plants(モデルプランツ): Boku No Basket Case(ぼくのバスケットケイス)
10. Itarou(痛郎): Boku Wa Kakera Wo Sagashiteru(ぼくはかけらを探してる)
11. Tama(たま): Sayonara Jinrui(さよなら人類)

ナゴム出身者としては一番ヒットしたアコースティックなたまの『さよなら人類』が収録されています。ライヴ録音された『革命の唄』の進行役は人生時代の石野卓球です。


This includes "Sayonara Jinrui" by acoustic Tama which is the biggest hit of Nagom-based artists. "Kakumei No Uta" live recording was expedited by Takkyu Ishino of Zin-Say.

HOME | INDEX