NASA
Henzel & Thors

NASA

Henzel & Thors

荒特派員がポールのバカ買い日記で絶賛しているスウェーデンのエレクトロポップ・デュオ。アメリカのNEW WAVE雑誌のCDサンプラーに収録されていた「Back To Square One」の超キャッチ‐なメロにノックアウトされました。彼等のサウンドはずばりNew Musik2000年版。アルバム収録の曲にもトニー・マンズフィールドがプロデュースしたのではと思わせる曲が...それも、今だCD化がされていないNew Musikの『WARP』直系サウンド。海外では、そこそこ評判になったらしく、上記リンクにも幾つか紹介しました。不思議なのは、NASAとNew Musikの『WARP』の関係について指摘したものを見たことがない(見つけた人がいたら教えてね)。海外ではNew Musikを聴いている人はほんの一握りなんだろうか。

てっきり、NASAは90年代に登場したネオ・シンセポップだと思っていました。気になったのでちょっと調べてみると意外な真実が…。NASAは83年にサウンドトラックで最初のリリース後85年からシングルとアルバムをリリースしていた。でも、『Remembering The Future』の音の完成度を考えると納得のいく話です。また、Henzel & Thorという別名義でもリリース。

1987年頃、NASAは、本当はコロンビアから全米デビューする筈だったんです。でも、プロデューサーが代わって、あえなく水の泡。ちょうど、スペースシャトルの悲劇とも重なって、NASAの悲劇。

(↑NASA Tシャツと愛用するなっち☆苦情があれば速やかに差し替えます!)

地道な荒特派員と僕の努力が実ってか、少ないけれども着実に日本においてもNASAフリークは増えています。NASAフリークからの熱い賞賛をお待ちしております。

ALL ABOUT JAPANにて『NASA「Remembering The Future」』記事を2001年3月28日に掲載。

(↑NASA Tシャツ裏面☆画像提供 by hymn特派員)


This is an Swedish Electro Pop duo which Correspondent Ara extoled in Paul's Record Craze Diary. We are knocked out by super-catchy melody of "Back To Square One" included in the CD sampler of American New Wave magazine "Lexicon". Their sound is exactly 2000 version of New Musik. There are some songs which makes me feel that Tony Mansfield produced. It's directly linked to New Musik's "WARP" that has not been released in a CD format. Outside Japan, it pulled some attention to some extent and I introduced some in the above links. Strangely, there are no articles I found pointing out the relationship between NASA and New Musik's "WARP" (If you find, please let me know.). There may be too few listeners of "WARP" overseas.

I thought NASA is a Neo Synth Pop unit that appeared in 90's. As I was concerned, I discovered the unexpected truth.... NASA made the first track in the soundtrack album in '83 followed by the releases of singles and an album in '85. But, it makes sense as I think about the level of perfection in sound for "Remembering The Future". They also released under the name of Henzel & Thor.

Around 1987, NASA was supposed to debut on Columbia Records in the U. S. However, the producer was changed and it's gone. It's the tragedy of NASA overlapping the tragedy of Space Shuttle.

As a result of persistant efforts by Correspondent Ara and myself, there are still not many, but NASA freaks are steadily increasing in Japan. Hot messages from NASA freaks are very welcome.

HOME | INDEX