OVERSEAS EXTRA

このページではその他の海外のニュー・ウェイヴ、オルタナ、ワールドミュージック系、分類不可能なアーティスト達を紹介します。


This page presents the other overseas artists related to New Wave, Alternative, World Music and non-categories.

Afraid Of Mice | Airstrip One | Babylon Zoo | Band Of Holy Joy, The | Beat Club | Belouis Some | Blitz Brothers, The | Chumbawamba | Dalbello | Das Pop | Gruppo Sportivo | EMF | Frazier Chorus | Hampster Dance | Jesus Jones | Johnny Hates Jazz | Nits | Plytas, Nick | Red Box | Re-flex NEW! | Scuba | Sex Clark Five | Sour | Stone Roses, The | Technique | Waterboys, The

Afraid Of Mice

Tony ViscontiがプロデュースしたBowie風サウンド。
<スティーヴ>特にシンセなバンドではないけど、80年代初期にいくつかのいいシングルを出しました。「At The Club」と「I'm On Fire」は持っているけど、「Transparents」が欲しいのです。彼等はカリズマ・レコーズにいて1〜2枚のアルバムを出したはずです。


This is Bowiesque sound produced by Tony Visconti.
<Steve> They weren't a particularly synthy band but had some great singles in the early 80's. I've got "At The Club" and "I'm On Fire", but really want "Transparents" single. They were on Charisma Records and I believe they had an album or two.

Airstrip One

<スティーヴ>特にテクノなバンドではないけど、もう一つシングルをポリドールから82年にリリースしてます。


<Steve> They had another single on Polydor in 1982 though they were not overly techno. 

Babylon Zoo

リーヴァイスのテレビ宣伝で使用された『スペースマン』が超ヒットした。ジャスマン率いるネオ・グラムの一発屋です。ファースト・アルバムは中古屋の特価コーナーの常連ですね。セカンドはこけたみたい。


"Spaceman" used in TV commercial of Levi's became a super hit. This is a Neo Glam one-hit wonder led by Jas Mann. The first album is often put in bargain price section in used record shops. The second album appears to have failed.

Band Of Holy Joy, The

84年にロンドンでデビューしたのシンセ+ストリングス・サウンドでアレンジしたトラッド・フォーク的バンド。テスト・デプトのメンバーも在籍した。マーティン・ハネットも『Evening World Holiday Show』と言う曲をプロデュースしています。


This is a London-debuted Traditional Folk band arranged with synth + strings sound. A member of Test Dept was also in the band. Martin Hannet produced the song called "Evening World Holiday Show".

Beat Club

Belouis Some

セカンドシングル「Imagination」がヒットしたNevile Keighleyのソロユニット。ヒプノシス系のグリーン・バック・フィルムスが「Imagination」のためにセクシャルなミュージック・ヴィデオを製作。


This is a solo unit by Nevile Keighley who had a hit with the second single "Imagination". Green Back Films stemmed from Hypnosis produced a sexual music video for "Imagination".

Blitz Brothers, The

Chumbawamba

ロンドンで買った80年代から活動してるチャンバワンバの新譜です。シングルの『Tubthumping』がUKトップ10チャートに入ってました。その後、米国でもシングル2位アルバム5位とブレイク中。音は、ダンス系ちゃんこ鍋で、エレクトロ、ヒップホップ、何でもありで結構ポップです。ちなみに政治的に過激な(左翼系無政府主義者的)発言を得意としている。また、辛辣な批評をされており面白いことに彼等のホームページにも紹介されている。メッセージの是非はともかく注目のバンドです。


This is the new album by Chumbawamba active since 80's which I bought in London. The single "Tubthumping" was in the top 10 in the U. K. chart. Later, they broke out in the U. S. with the 2nd position for the single and 5th position for the album. Their sound is dance "chanko-nabe" (mixed pot) with everything such as electro, hip hop and pretty pop. They like to make politically radical statements (lefty anarchist like). They often get terrible critics and interestingly they are introduced in their home page. Taking their message aside, it is the band with attention.

Dalbello (Dal Bello, Lisa)

「テクノポップ/エレポップ」本に掲載されていたカナダ出身の女性シンガー。Nenaの「99 Red Balloons」の作詞をしてことでも知られる。


A Canadian female singer who was listed in the book "Techno-Pop/Ele-Pop". SHe is known to write the lyrics for Nena's 99 Red Balloons".

Das Pop

ベルギー発の名前の通りポップの路線まっしぐらのバンドです。ビートルズ的ルーツにエレポップ、ギターポップの要素を混ぜ合わせたサウンド。ヴィジュアル的にもひねくれています。あえて言えば、Denimとかに近いかも。


This is a Belgian band pursuing the straight course of Pop as the name suggests. It has the sound blending the elements of Electro Pop and Guitar Pop on the top of Beatlish roots. They are visually twisted. They may be close to Demin if I quote anyone.

Gruppo Sportivo

オランダのキュート&チープなニュー・ウェイヴ・バンド。


This is a Dutch cute & cheap New Wave band.

EMF

EMFはジーザス・ジョーンズの真似っ子と言われながらも『アンビリーバブル』で全米1位を達成した悪ガキ達集団です


EMF is gangsters who achieved the number one in the U. S. with "Unbelievable" though they were called as the copy of Jesus Jones.

Frazier Chorus / Scuba / Technique

Frazier Chorusはストリングス・アレンジが利いた耽美的エレポップ。4ADからヴァージンにデビュー後間もなく移籍した。元Frazier ChorusのKate Holmes(美人だと思う)は、ソロ・プロジェクトのScubaを経て、女性エレポップデュオのTechnique(New Orderが好きなのね)で活動。


Frazier Chorus is an aesthetic Electro Pop with nice strings arrangement. They moved from 4AD to Virgin Records soon. Kate Homes of ex-Frazier Chorus (I think she is beauty) is working as a female Electro Pop duo called Technique after her solo project Scuba.

Hampster Dance

<サイトウ嬢>私はかなりニューウェーブだと思っています。


<Ms. Saito> I personally think this is quite New Wave.

Jesus Jones

89年に『リキタイザー』でデビューしたジーザス・ジョーンズはメタリックなギターとエレクトロ・ダンス・ビートを組み合わせグルーブ感溢れるサウンドを生み出した。今や、中古屋の特売コーナーに並んでいる。


Jesus Jones who debuted with "Liquidizer" generated groovin' sound combining metallic guitar and electro dance beat. Their albums are now in the bargain section in used record shops.

Johnny Hates Jazz

『Shattered Dreams』は、ちょっとAORっぽい哀愁のライト・エレポップ。かなりのヒットになったのでは?


"Shattered Dreams" is a bit AOR-like melancholic Light Electro Pop. I think it was a big hit at that time.

Nits

<Harry Mook特派員>70年代末から活動している超ユニークで超メロディックなオランダのコンボ。「Work」(1980年)のような初期のアルバムはかなりシンセ・ミニマリスト。彼らはまた80年代中期にサンプラーのとても革新的な使い方をした最初のバンドの一つです。最近では中年症候群なのか、ビートルズ調になってきました。


<Correspondent Harry Mook> Totally unique and ultramelodic Dutch cult combo that has been going since the late 70s. Early albums like "Work" (1980) were quite synthminimalist - they were also one of the first bands to use samplers in a really innovative way in the mid-80s. Lately they've hit middle-age crisis and become more Beatle-y.

Plytas, Nick

  • Albums :
    • Who Likes Jazz? [1986] CBS Sony; Produced by Robin Scott(1,7,8), B.E.F.(2,3,5,6,9), Nick Plytas(4)
    • Heart Of The City [1988] CBS Sony
    • Rare「レア」 [1989] CBS Sony
    • F.M. Shuffle「F.M.シャッフル」 [1991] CBS Sony

<荒特派員>ニック・プリタスは、教授とロビン・スコットの共作「アレンジメント」の作詞担当としてクレジットされていた人。ZTTの女性歌手、アン・ピガールのアルバムでもほとんどの曲を書いていました。もともとアンとニックはvia vagabondというユニットを組んでいて、そのユニットでリリースしたのが「Who Likes Jazz?」のシングルでした(日本ではニックのソロ名義に変えられてしまった)。ニックは他にもティナ・ターナー、デヴィッド・ボウイ、リーナ・ラヴィッチ、B.E.F.やへヴン17など多数のセッションに参加。'70年代にはルーガレーター(Roogalator)というバンドに参加、'75年にはライヴにセックス・ピストルズが前座として出たという。また、ミック・ジョーンズからの「クラッシュへ入らないか」という誘いを断ったという過去もあるとか。その後、当時ルーガレーターを発掘し、そのマネージャーをやっていたロビン・スコットがバンドのために設立したのがDO IT RECORDSだったのです。ニックはMの最初のシングル「Moderne Man」にも参加しています。1stアルバム『Who Likes Jazz?』はロビン・スコットが3曲、B.E.F.が5曲、本人が1曲プロデュースを担当。音は打ち込みの、ちょっと歌が入ったジャジーでオシャレなBGMという感じ。タイトル曲が車のCMに使われ小ヒット、本人はその後オンワードのCMにモデルとして登場してしまいました。アルバムを出すごとに普通のAORっぽくなっていってしまったのは残念。


<Correspondent Ara> Nick Plytas is a person credited for lyrics for "Arrangement" that is the collaboration album by Ryuichi Sakamoto and Robin Scott. He also wrote most of the songs in the album by Anne Pigalle, a female singer on ZTT. Originally Nick formed the unit called via vagabond, and "Who Likes Jazz?" was the only release by this unit (in Japan it was changed to Nick's solo.). Nick also participated in many sessions such as Tina Turner, David Bowie, Lina Lavich, B.E.F. and Heaven 17. In the 70's he was in the band called Roogalator and Sex Pistols did an opening act for them in '75. I also heard that he rejected the offer to join Clash by Mick Jones. DO IT RECORDS was founded by Robin Scott who discovered and managed Roogalator for them. Nick also joined M's first single "Modern Man". The first album "Who Likes Jazz" includes 3 tracks produced by Robin Scott, 5 by B.E.F. and 1 by himself. The sound is programmed Jazzy stylish BGM with a bit of singing. The titled song was used for TV commercial and became a small hit. He later appeared as a model on the commerial for Onward. As he releaes more albums, it's a pity that it became more AOR.

Red Box

レッド・ボックスは郷愁のあるメロディーが特徴の民族的ポップ・デュオです。『リーン・オン・ミー』、『アメリカ』が80年中期にスマッシュ・ヒットした


Red Box is a ethnic pop duo with melody of nostalsia. They have smash hits of "Lean On Me" and "America" in the mid 80's.

Re-flex

<Harry Mook特派員>80年代中期に2・3の記憶に残る華やかなシングル(「Praying To The Beat」と「Politics Of Dancing」)をリリースした英国のバンド。

<荒特派員>フィクスとデュラン・デュランとウルトラヴォックスが合体したような、'80s直球エレポ・サウンドがとにかく素晴らしいバンド。たった1枚だけのアルバムを残して解散してしまったのが惜しまれます。かなりお気に入りです。85年、Paul Fishmanがトンプソン・ツインズのツアーに参加するため脱退、活動停止。2nd『Humanication』はお蔵入りしてしまったそうです。バンド解散後、Paul FishmanとRoland Vaughan Kerridgeの2人は、The Adventures『Sea Of Love』('88)やSam Brown『Stop』('88)のアルバム等に参加。またRoland Vaughan Kerridgeの方はVitamin Zの2nd『Sharp Stone Rain』('89)にも参加しています。Nigel Ross-Scottは元Gloria Mundi(Eddie & Sunshineの前身バンド)で、2nd『Word Is Out』もJohn Punterのプロデュースでした。トーマス・ドルビーの紹介でメンバーになったらしいです。バンド解散後はMidge Ureの『Gift』やNina Hagenのアルバムなどに参加しています。

This is an excellent band with 80s straight Electro Pop sound combining The Fixx, Duran Duran and Ultravox. It's a pitty that they were disbanded after releasing one album. I like it a lot. In '85, Paul Fishman left to join the tour of Thompson Twins, and they stopped the activity. The second album "Humanication" was never released. After disbanding, Paul Fishman and Roland Vaughan Kerridge joined the albums such as The Adventure's "Sea Of Love" (1988) and Sam Brown's "Stop" (1988). Roland Vaughan Kerrdge also participated in Vitamin Z's the 2nd album "Sharp Stone Rain" (1989). Nigel Ross-Scott used to be Gloria Mundi (proto-Eddi & Sunshine), and the 2nd album "Word Is Out" was produced by John Punter. He became a member with the introduction by Thomas Dolby. After disbanding, he also participated in Midge Ure's "Gift" and Nina Hagen's albms.

<Correspondent Harry Mook> British band that released a couple of memorably pompous singles ("Praying To The Beat" and "Politics Of Dancing") in the mid-80s.

Sex Clark Five

<ドナ>Sex Clark Fiveはケルト風サイケのストラム(楽器を下手に鳴らす)&ドラム音楽をするアラバマ出身のクールなバンドです。SC5はThey Might Be Giantsの短い曲のようなストラミーでメロディックなポップです。おかしくひねくれたねじれた歴史的題材です。私のお気に入りはWW1チベット解放に関するSarajavoや爆発したスペースシャトル51Lに関するWehrmachts Lamentの歌です。
<Brent>Sex Clark FiveはBBCで凄くかっこいい曲を聴いた新譜CD『Crimson Panzer』を出しました。マルクス兄弟の映画に出てくるようなアシッドなEverly Brothersです。今までこんなの聴いた事ない。


<Donna> Sex Clark Five are a cool band from Alabama that do strum and drum music sort of Celtic Psychadelic. Real short songs like They Might Be Giants, SC5 are strummy and melidic pop. Funny quirky lots of skewed historical themes. Some of my faves are Sarajavo about WW1 Liberate Tibet about you know what, The Wehrmachts Lament songs about exploding space shuttles 51L, Accelerator.
<Brent> SC5 has a new CD, Crimson Panzer that I've heard some terrific tracks on the BBC. These guys are the Everly Brothers on acid in a Marx Brothers Movie. Unlike anything I've ever heard.

Sour

<バンドのメンバー> 米国のLAからのテクノ・メタル・ポップ。


<a member of the band> Techno Metal Pop from LA in the U. S.

Stone Roses, The

マンチェスター・ブームの頂点に立ったストーン・ローゼズは解散しシーホーセズとイアン・ブラウン(顔がこわいぞ!)として活動しています。


The Stone Roses which stood at the peak of Manchester boom was disbanded and they are now active as Seahorses and Ian Brown (His face is a bit scary!).

Waterboys, The

Mike Scottを中心としたスコットランド出身バンド。『The Whole Of The Moon』は、Simple Mindsを思わせるエレポップ。


A Scottish band centered around Mike Scott. "The Whole Of The Moon" is an Electro Pop reminding Simple Minds.

HOME | INDEX