NEW ROMANTICS
FUTURISTS / ROMO

このページでは80年代初期に全世界にブームを生んだニュー・ロマンティックス又はフューチャリスト系アーティスト(Duran Duranフォロワー的アイドル・バンド、ロモ・リヴァイヴァル系を含む)を紹介します。何処から何処までニューロマかは意見が別れる処だが、ポップなダンスビートと派手なグラム・リバイバル的ファッションが決め手でしょう。その大半はエレポップ的である。詳しくはLEXICONを参照してください。

<Harry Mook特派員>90年代中期のロンドンのロモ・シーンに興味があるみたいですね。その場所にいたことから、記憶をたどってみます。このシーンはArcadiaとClub Skinnyという二つの小さなロンドンのクラブを中心に起こりました。DuranやBowie等の分かり易い選択から、プレイ・リストはより一般的でないPete Shellly、Propaganda、さらにDollarなんかも含んでいました。お客は明日は無いような格好をしていましたが、それはユーモアとしてで、驚くべき事にぴりぴりした雰囲気での暴動はほとんどありませんでした。

一般に言われている事に反して、Romoのブームはロンドンの外に波及する事はありませんでした。あまりにも両性具有でオアシスっぽくなかった。ロモ宣言によってトラジショナル・ロック・ファンをただいらつかせたかったTaylor ParkesとSimon Price(ロモのDJ)というメロディー・メーカーのジャーナリストが中心に仕掛けたものです。僕的にはOKでしたけど。2・3のレコード会社は踊らされて、Plastic Fantasticのようなバンドは高額の契約金をせしめました。全てはとりとめも無い事で、後悔もない。皆楽しんでロンドンのポップ・シーンにはカラフルでグラマラスで巧妙なカンフル剤となりました。


This page introduces New Romantics or Futurist artists who created the boom worldwide in early 80's (including Duran Duran follower Idol bands and Romo revivial). While there are differences in opinions to define from where to where New Romantics are, keys are pop dance beat and showy glam-revival fashion. A majority of them are electro pop. For more details, please refer to LEXICON.

<Correspondent Harry Mook> You were also curious about the London ROMO scene of the mid-90s. Here's what I remember, having been there or thereabouts. The whole scene was centred around two smallish London clubs: Arcadia and Club Skinny. Alongside the obvious choices like Duran and Bowie the playlists had room for more obscure stuff like Pete Shelley, Propaganda and even Dollar. People certainly dressep up like there was no tomorrow, but it was mostly done in good humour and there were surprisingly few outbreaks of uptight posing.

Despite what you might have read, the Romo craze was never in any danger of spreading outside London - too androgynous, too non-Oasis. The hype was chiefly whipped up by Melody Maker journalists Taylor Parkes and Simon Price (a regular Romo DJ) who basically just wanted to annoy Traditional Rock fans with their Romo Manifesto. Which was fine by me. A few record companies were fooled and bands like Plastic Fantastic walked off with hefty advantage payments. It was all fairly insubstantial, but no regrets - fun was had by all and the London pop scene had a most welcome injection of colour, glamour and artifice.

Adam And The Ants | ABC | Berlin Blondes | Bloomsbury Set, The | CaVa CaVa | Classix Nouveaux | Cuddly Toys | Culture Club | Departments | Duran Duran | Eddie & Sunshine | Faith Assembly | Flock Of Seagulls, A | G.I. Orange | Godwin, Peter | Grey Parade | Griff, Zaine | Hollis, Mark | Human League | Japan | Kajagoogoo | La Danza Moderna | Landscape | Lover Speaks, The | Noakes, Terry | National Pastime | Panache UP! | Party Hula | Passion Puppets | Platinum Blonde | Red Lipstique |Savage Garden | Shock | Soft Cell | Spandau Ballet | Spoons | Talk Talk | Ultravox | Visage
Romo
Dexdexter | Hollywood| Orlando |
Plastic Fantastic | Romania | Sexus
Omnibus Albums
Silly Not To Terpsichore | Methods Of Dance | Methods Of Dance Volume 2 | Club The New Romantics | 80's ele-GROOVE Luxury

Berlin Blondes

<スティーヴ>黒いルージュの完全なフューチャリストです。

<荒特派員>シングルのジャケにはカマの如きどぎついメイクをしたメンバーが4人写っていますが、アルバムのクレジットでは正式メンバー3人+ゲスト、という風に書かれています(担当楽器のクレジットはナシ)。サウンドは初期ウルトラヴォックスや『CHIMERA』時代のビル・ネルソン、シンセのフレーズはゲリマンを思わせる感じ。ヴォーカルはヌメッとしたニューロマ系。デヴィッド・ボウイ〜マーク・アーモンドあたりの感じ。ギターとベースは生ですが、全曲でリズム・ボックスを使用。安っぽいザラッとした音質のリズム音は、教授の「サウンドストリート」のデモテープ特集でよく聴かれたような音で好感触。機械依存度はとても高く、音もかなり厚い。演奏は粗いですがそれもまた良し。

メンバーのJim Spenderは、Berlin Blondes解散後、Altered Imagesに参加

<Steve> They were complete futurists in black lipstick.

<Correspondent Ara> While 4 members with vivid make-up appear on the single cover, 3 official members plus a guest were credited in the album (no credit for performance). It sounds like the early period of Ultravox! and Bill Nelson during "Chimera" period, and Gary Numan for synths phrase. The vocal is wetty New Romantic somewhere around David Bowie and Mark Almond. While guitars and a bass are played, all the tracks use rythme box. Cheap rough quality rythmes make me feel good like the sound heard in the demo tape special in Ryuichi Sakamoto's "Sound Street". It highly relys on the machine and the sound is quite thick. While playing part is rough, it's also good in a sense.

Jim Spender joined Altered Images after Berlin Blondes was disbanded.

Bloomsbury Set, The

<スティーヴ>英国で『Hanging Around With The Big Bop』というトップ60に入る小さいヒット曲があります。彼等はデュラン・デュランに成りたく思っていたと思います。


<Steve> They has a small top 60 hit in the U. K. with "Hanging Around With The Big Bop". I think they'd have liked to have been Duran Duran!

CaVa CaVa

<Steve>82ー83年にかけてリガードレコーズから3つのシングルを出してます。デビュー・シングルの『Where's Romeo』は大ヒットしてもよかった超キャチーなシンセポップです。シンガーは特異な声の持ち主でした。
<荒特派員>ちょっと前にBBSで盛り上がったバンド。ハイジ・ファンテイジーやワン・ザ・ジャグラーなどがいたリガード・レコーズからデビューした、ボーンマス出身の4人組。「サヴァ・サヴァ」とはフランス語で「ハーイ、元気?」という
意味だそう。「デュラン・デュランとかトーク・トークなんて重複したグループ名が流行していたので、すぐにこの名前しかないって思ったんだ」(スティーヴン)とのこと。ルックスはカジャグーグーやG.I.オレンジを思わせるアイドル系。


<Steve> They had 3 singles on Regard Records in '82-'83. The debut single "Where's Romeo" was incredibly catchy synth-pop that should have been a big hit. Singer had an unusual voice.
<Correspondent Ara> The band which became a hot topic in BBS. They are quartet from Bonemath (?) debuted on Regards Records which Hayze Fantayzee and Won The Jugler (?) also were on. "Cava Cava" is supposed to mean "Hi, how are you?" in French. Steven said "I thought this name is it as double names were popular like Duran Duran and Talk Talk. Their looks are idol-like that reminds Kajagoogoo and G. I. Orange.

Cuddly Toys

<荒特派員>クラシックス・ヌヴォーに一時期在籍していたポール・ウィルソンがヌヴォー参加前にいたバンドがカドリー・トイズです。1st発表時の写真を見ると、初期JAPANっぽい、ネオ・グラム系お化粧バンドという感じ。このバンドのドラマーのパディ・フィールド(パディ辻野)は実は日本人で、1st発表時には同時にプレ・ニューロマ的バンド、パナッシュにも参加していました。1st発表後は一時的に解散し、その後、ヴォーカルのシーン・パーシルを残して全て新メンバーで再スタートしました。 

<David Hood氏>Cuddly Toysの前のギタリストであったTerry Noakesは現在スコットランドに住んでいて、音楽ビジネスで今も活動中です。peoplesoundから『Power To Zero』というCDをリリースしました。

<元Cuddly ToysのTerry Noakes氏>悲しい事に、Sean Purcellは1996年に37歳の若さにて脳腫瘍のため他界しました。Cuddly Toysの元ドラマーだったRobert Barkerは、アイルランドのミュージシャンと『It's A Shame』のトリビュート版をレコーディングしました。Seanはアイルランドに住んでいる間に亡くなりました。コピーはRobertから通販できます。僕は『Power To Zero』に続くアルバムを2002年の初めのリリースに向けてレコーディング中です。


<Correspondent Ara> Paul Wilson, one-time member of Classix Nouveaux, used to be in Cuddly Toys before joing Nouveaux. As I look at the picture at the point of the 1st album, it looks like a Neo Glam cosmetic band like early Japan. Paddy Phield (Paddy Tsujino), a drumer of this band is actually Japanese, and he was also a member of pre-New Romantics band "Panache" when the 1st was released. They were dispanded once after releasing the 1st, and restarted with all new members except Sean Purcell.

<Mr. David Hood>Terry Noakes Former guitarist with Cuddly Toys is now living in Scotland and still active in the music buisness. He also has a new CD 'Power to Zero' available through peoplesound

<Mr. Terry Noakes of ex-Cuddly Toys>On a sad note Sean Purcell died in 1996 from a brain tumour at the age of thirty seven. Robert Barker ex drummer of the Cuddly Toys has recorded a moving tribute version of 'it's s shame' with Irish musicians, Sean was living in Ireland at the time of his death. Copies are available by mail order from Robert. I am in the process of recording a follow up to "Power to Zero" with a release date in early 2002.

Culture Club / George, Boy

ニュー・ロマンチックから生まれたカルチャー・クラブはボーイ・ジョージという個性的なキャラクターで注目されたが、今聞き直すとその原点はつぼを抑えたクオリーティーの高いポップ・サウンドにある。98年には再結成されました。


Culture Club who was born from the New Romantic scene got attention with strong character of Boy George, but its basis is really a high quality pop sound which captures sweet spots. It was reunited in '98.

Departments

<Harry Mook特派員>ニューロマのムーヴメントと漠然と関連していた80年代初期の英国のバンド。「Going Left Right」はお勧めのシングル。ヴォーカリストは、ロンドンのクラブシーンでは知られた存在でAIDSにより後に他界。


<Correspondent Harry Mook> Early 80s British band vaguely associated with the New Romantic movement. Recommended single: "Going Left Right". The vocalist and well-known London club scenester Vaughn Toulouse later died of Aids.

Dexdexter

<Harry Mook特派員>他のロモのバンドと比べアーティでどんがっています。リリースがあったかは定かでありませんが、メロディー・メーカーのロモのテープに収録されたテープがあったかも知れません。多分、どこかへやってしまいました。ライヴでの大のお気に入りは「Another Car, Another Crash」です。素晴らしいタイトル。


<Correspondent Harry Mook> Artier and spikier than the other Romo bands. Not sure if they ever got to release anything, but there might have been a track on a Melody Maker Romo tape which I seem to have misplaced. I believe the big live favourite was called "Another Car, Another Crash". Great title.

Faith Assembly

英国の90年代のニューロマ系エレポップ・バンドです。


This is a British 90's New Romantic-like Electro Pop band.

G. I. Orange

G.I. Orangeは<私とサイキック・マジック>と言う題でウエハラさんがテクノ歌謡ファンホームページで紹介したU. K.のアイドル的パワーポップ・バンド。お子様向けニューロマということでちょっと無理がありますが、ここで紹介します。G.I. Orangeというへんてこな名前はG.I. Lookでオレンジ色に髪を染めていた事に由来する。ジャケットには写っていない第5のメンバーとしてIan RitchieがSaxとFairlightのプログラムとしてクレジットされているが、Deaf SchoolのIan Ritchieだとすれば大発見(Deaf SchoolでもSax担当だったから可能性大)。HollyさんはCDを持っているらしい。日本ではdu-plexと言うデュオが「サイキック・マジック」をカヴァーした。


G. I, Orange is a British Idol Power Pop band introduced by Mr. Uehara as "I and Psychic Magic" in Techno Ca-yo Fan Home Page. I included them here as New Romantics for kids though it's not the exact. A strange name "G.I. Orage" came from orange-dyed hair with G.I. look. As the fifth member who are not in the cover art, Ian Ritchie was credited as Sax and Fairlight programming. If this is Ian Richie of ex-Deaf School, it's a new big discovery (I think it's probably as he was doing sax in Deaf School). Mr. Holly has an CD. In Japan, the duo called "du-plex" covered "Psychic Magic".

Griff, Zaine

ニュージーランド出身デンマーク人の美系の両性具有的エレポップ・シンガー。
<浅川氏>日本デビューアルバム"FIGVRES"(年代不明、邦題「フィギュアーズ」となってましたから本当は"FIGURES"だと思うのですが、わざと"V"にしたのか?)を持ってました。YMO(高橋幸宏)と親交があったようです。
<平野氏>Zaine Griffの声はユキヒロ氏のソロ「What Me Worry?」の「THE STRANGE OBSESSION」で聞けます。本人が歌っているもんで。
<サトル特派員>結構好きなんですが、あまりにも知名度が低い様なので.....デビュー当時は第2のデヴィッド・ボウイと言われてたのになぁ・・・。セカンドアルバム「フィギュアーズ」のライナーから抜粋。「デンマーク人の両親を持ち、ニュージーランドはオークランド生まれ。〜'73年渡英、Baby Faceというバンドにヴォーカリスト兼ギタリストとして加入。この間にリンゼイ・ケンプに弟子入り。その後 元テン・イヤーズ・レイターのバーナード・クラーク、元ストライダーのマーク・ピンダーと共に Screemer を結成。キンクスの'78年のアルバム「歪んだ鏡像(Misfits)」やデヴィッド・ボウイのレコーディングにベーシストとして参加した。」サウンド的にはNew Wave〜New Romantics〜Electric Popかなぁ。特にセカンド「フィギュアーズ」は、ゲストに高橋幸宏、Warren Cann (Ultravox)、Kate Bush、ジャケットワークはPeter Saville (Joy Division, New Order, OMD, Ultravox等)という豪華さ。是非CD化して欲しいものです。浅川さんのご指摘通り、アルバムジャケットの"U"の表記は意図して全て"V"になっています。(YVKIHIRO TAKAHASHI とかね)


Danish beautiful androgynous-like electro pop singer from New Zealand.
<Mr. Asakawa> I had his Japanese debut album "FIGVRES" (years unknown, as Japanese title said "Figures". it should be "FIGURES". I wonder if they intentionally used "V".). He had some connection with YMO (Yukihiro Takahashi).
<Mr. Hirano> You can listen to Zaine Griff's voice in Yukihiro Takahashi's "The Strange Obsession" track in "What Me Worry?" album. She is singing the song.
<Correspondent Satoru> While I like him pretty much, the awareness to him appears to be too low.... I guess he was called as the second David Bowie at the debut. According to the liner note in the 2nd album "Figures". He has Danish parents, and was born in Auckland in New Zealand. He moved to the U. K. in '73, and joined the band called "Baby Face" as a vocalist and guitarist. During that time, he studied under Lindsey Kemp. Then, he formed Screemer with Barnard Clarke of ex. Ten Years Later, and Mark Binder of ex. Strider. He joined as a bassist for the recording of "Misfits" by Kinks in '78, and David Bowie. The sound seems to be New Wave ~ New Romantics ~ Electric Pop. In the second "FIGURES", deluxe line-up of guests appeared such as Yukihiro Takahashi, Warren Cann (Ultravox), Kate Bush, and cover art by Peter Saville (for Joy Division, New Order, OMD, Ultravox, etc.). I wish it will be reissued as CD. As Mr. Asakawa pointed out, "U" was shown as "V" intentionally (like YVKIHIRO TAKAHASHI).

Hollywood

<Harry Mook特派員>女性デュオ。イギリス人のキーボード奏者とスェーデンのシンガー(ペルシャの詩人のようにステージのテーブルの上に座り、ちびちびとワインを飲んでいた)。音源としては上記の平均的なシングルしか知りません。解散する前にそれ以外をリリースしたかは分かりません。


<Correspondent Harry Mook> Female duo. English keyboardist, Swedish singer (who used to sit at a table on stage and sip wine like some Parisian poet). The only recorded evidence I have is the fairly average single as above. I don't know if they released anything else before splitting up.

La Danza Moderna

Lover Speaks, The

元ユーリズミックスのアニー・レノックスもカヴァーしたニュー・ロマンティックス系です。


This is New Romantics whose song was covered by Annie Lennox, ex Eurythmics.

National Pastime

デュラン・デュラン的ルックス(サウンドは?)のニューロマ・アイドル・バンド。カジャ・グー・グーの全英ツアーをサポートをした。

<荒特派員>JAPANのマネージャーだった人が日本向けに売り出そうとしたという、ルックスからしてカジャグーグー〜G.I.オレンジ直系バンド。そう考えるとこのバンド名もかなり狙ったものなのでは。 前述の2組に比べればエレポ度は低いです。本人らが演奏してるのは分かるもののちょっとテクはユルめ。でもサラリと転調したり、メロディーはポップでいいです。


They were a New Romantics idol band of Duran Duran-esque look (? sound) and supported Kaja Goo Goo's British tour.

<Correspondent Ara> It is a Kajagoogoo - G.I. Orange direct descent band, considering looks. The person who was the manager of Japan tried to win publicity for Japan. It is what also aimed at this band name considerably when thought so. If compared with the 2 above-mentioned sets, the degree of Electro is low. Although it turns out that they are actually performing, their technque is loose. But a melody is pop in modulating entirely and it is good.

Spoons

トロント出身のニューロマ系のバンド。北米的なウルトラヴォックスと言っておきます。
<Michelle Matzkeさん>80年頃に結成されたカナダのバンド。トロント出身でニュー・ウェイヴ・シーンでスタートした。彼等のファースト・アルバム『Stick Figure Neigbourhood』は81年にリリースされ、彼等の他のよりポップな作品と比べて暗い感じです。その後はよりニューロマかつエレポップ路線になりました。83年頃にカナダでかなり人気が出てメインストリーム・ポップとなりました。最近再結成しツアーで昔のヒット曲を演奏しています。


This is a New Romantic band from Toronto. I call them as North America styled Ultravox.
<Ms. Michelle Matzke> They were a Canadian band formed about 1980. They are from Toronto and started in the new wave scene. Their first album "Stick Figure Neigbourhood" came out in 1981 and is rather obscure compared to their other, more pop sounding, work. After the release of their first album they went more New Romantic and synth. They became quite popular in Canada about 1983 and then went quite mainstream pop. They recently reformed to tour and play old hits.

Orlando

90年代中盤のRomoというニューロマ・リヴァイヴァル的ムーヴメント中から生まれたバンドです。
<Harry Mook特派員>文筆家のDickonがバンドを脱退した事をご存知かもしれませんが、Timは土臭い”ソウル・レヴュー”のようなサウンドでバンドを続けています。


This is a band born from Romo, a New Romantic revival movement in mid-'90's.
<Correspondent Harry Mook> You might know that wordsmith Dickon has left the band, but Tim is carrying on with an earthier "Soul Revue" kind of sound.

Panache / Party Hula / Y? / Getting The Fear / Into A Circle / Futon

80年初期のニューロマ系バンド。ポール・ハンプシャーは両性具有的魅力で人気を博しました。PanacheのColmはParty Hulaというニューロマ・デュオを結成。

<MALさん>バンドの結成のきっかけはパディーがメロディ・メイカーにバンドのメンバー募集をして三百人をオーディションした結果テリーをベースとして決定した。後のメンバーは、以前から友人の中から、コルム、ポール、グレッグをメンバーとして採用した。パナッシュの曲のほとんどはコルムが作っていたらしい。日本の東芝EMIからデビューそして来日直前に、コルム、パディーが脱退。脱退の理由は病気のためとなっているが、私が思うには、ポールをメインで売ろうとする戦略の上でバンドの主導権を握っていたパディーとコルムが邪魔になったため首にされたのではないのではないかと思う。ポール・ハンプシャー氏は、パナッシュが解散したあと、インダストリアルの猟奇王でお馴染みの元スロッピング・グリッスルのジェネシス・P・オリッジの主催していた怪しげな新興宗教に入信し、ボディピアスをしまくっていたのを最後に、消息を途絶えました。いったいどうしているのでしょうか。

<Syyd Raven氏>Calm JacksonはParty Hulaを結成し、Richardとツアーのため日本に行った。Cuddly Toys後、ColmはParty Hulaを結成し、レコード契約をしCDを録音して日本で3ヶ月間滞在した。Colmはトップ3Dアーティストでニューヨークに在住する。

<荒特派員>パナッシュは、男の僕でもウットリしてしまう美しさ(特に『ライヴ・イン・ジャパン』のジャケやライナーの写真は、どう見ても女の子にしか見えない)の、ポール・ハンプシャーだけの人気で注目されていたバンド。同ライヴ盤のライナーでは「今回の日本公演を絶対に成功させて、それを足がかりにイギリスでのレコード契約とデビューを実現させるよ」とテリーは語っていますが、結局日本だけでしかレコードはリリースされなかったようです。ポールはパナッシュ以前、The Danse Societyの前身バンドである“Y?”にキーボードで参加('79年頃)。'80年にリリースされたポスト・パンク系コンピ『Bouquet of Steel』に収録されている、「End of Act One」というトラックだけが、現在聴くことが出来る当時の音源らしい。パナッシュ解散後は、元ソフト・セルのデイヴ・ボールのソロ『IN STRICT TEMPO』のジャケに登場。ティンパニに縛られております。'83年から'84年にかけては、一時的にサイキックTVのメンバーに。当時の雑誌などでは“ジェネシス・P・オリッジの恋人”と紹介されたりしていた。その後、Beeという名前で“GETTING THE FEAR”、“INTO A CIRCLE”などの、ポジパン〜ゴス系バンドで活動。10数年前にバンコクを訪れてから、同地で7年もラジオ番組「The Hive」のDJを、また「Re-Hab」というエレクトロ系イベントをオーガナイズし活動。当時はDJ BEEという名前を使っていたらしい。現在は、“FUTON”という多国籍(UK・タイ・日本等)のエレクトロ・パンク・バンドで、バンコクを拠点に活動中。これがFUTONの公式ページ。ポールはBee Futonという名前になっています。バンド名の由来は、もちろん“布団”から。


This is a New Romantic band. Paul Humpsher became popular with androgynous look. Colm of Panache formed a New Romantics duo called "Party Hula".

<Mr. MAL> Buddy formed the band by hiring Terry as bassist after doing the audition among 300 people through Melody Maker. The rest of members, Colm, Paul and Greg are selected among his friends. Just before coming to Japan after their debut from Toshiba EMI in Japan, Colm and Buddy left the band. While the reason was said to be sickness, I guess Buddy and Colm were fired with the strategy to sell the band featuring Paul. After disbanding Panache, Paul Hampsher joined the cult religion led by Genesis P-Orrige formerly in Throbbing Gristle known as a thrilling king of Industrial, and he was full of body pierces. No information on him was given after that. What is he doing now?

<Mr. Syyd Raven> Colm Jackson formed Party Hula, and went to Japan with Richard, to tour. After Cuddly Toys, Colm formed Party Hula, got a record deal, recorded some CD's, and went on to Japan for three months. Colm is now a top 3D Artist, and lives in New York.

Panache / Party Hula

Passion Puppets

イギリス出身のDuran Duranのフォロアーのような5人組。日本盤も出たようだ。でも、噂にもならなかった。


The 5-piece band like Duran Duran followers from the U. K. The Japanese album was also released, but there was no rumour.

Plastic Fantastic

<Astro Noteのウエハラ氏>1995年末、英MELODY MAKER誌が名づけたROMO(Romantic Modernismの略)というニュー・ロマンティックの現代的解釈的ムーブメントの中心バンドらしいです。が、Plastic Fantastic以外のROMOバンドの存在はまったく聞いたことがありません。メンバーは化粧をしていて妖艶な雰囲気が漂っています。


< Mr. Uehara of Astro Note> This seems to be the banded centered around the movement of newly interpreted New Romantics called "ROMO" (Romantic Modernism). But, I have not heard any other ROMO bands than Plastic Fantastic. The members did make-up and look bewitching.

Platinum Blonde

カナダのデュラン・デュラン対する回答。


Canadian answer to Duran Duran. See for more details.

Red Lipstique

The Bollock Brosに関係あるらしいです。両者ともフューチャリステック・ブリッツ・シーンでは流行っていました。70年代ディスコ風です。


They seem to be related to The Bollock Bros. Both acts were big on the futuristic Blitz Clubbing scene. The sound is 70's Disco-esque.

Romania

<ミシェルさん>彼等は米国出身で、メンバーはJonathan Cook (synths and keyboards)とJames Noble (vocals, guitar)です。私の知るところでは2枚アルバムを出しています。『Remodel』だけ聴いたことがあります。ニュー・ロマンティック的です。


<Michelle> They are from the USA and the members are Jonathan Cook (synths and keyboards) and James Noble (vocals, guitar). They have 2 albums that I know of. I've only heard one (Remodel). They look very New Romantic.

Sexus

<Harry Mook特派員>PSBのスタイルのマンチェスター出身の男性デュオは、ウットのある歌詞を備えていました。上記の2つのシングルは掛け値無しで推薦できます。


<Correspondent Harry Mook> Male duo from Manchester in PSB vein complete with witty lyrics. The above two singles are heartily recommended.

Talk Talk / Hollis, Mark

Talk Talkはデビュー時はDuran DuranのEMIと契約したことからもニュー・ロマンティック一派と捉えられていたが、彼等はアンビエントなかつメローなエレクトロ・ポップへと向かっていき一線を画した。3枚目の『カラー・オヴ・スプリング』でピークに達し商業的な成功も収めた。Mark Hollisは解散後6年の沈黙を破りソロを発表した。


Talk Talk was considered to be a part of New Romantics as they contracted with EMI who also has Duran Duran at their debut. However, they directed their music towards ambient and mellow electro pop and differentiated from the others. They peaked at their third album "Colour of Spring" and made commercial success. Mark Hollis released his solo album 6 years after disbanding of Talk Talk.

Omnibus Albums

Silly Not To Terpsichore

EMI Records UK 1981

Side One:
A1. Sandii: Hey Rock a la la
A2. M.A.O.: Friend for a day
A3. Shock: R.E.R.B.
A4. Airport And Dean: Blonde Darlings
A5. Die Fehlfarben: Militurk
A6. Sapho: Respect
Side Two:
B1. Logic System: Talk Back
B2. Katmandu: I can make the future
B3. Thomas Dolby: Urges
B4. Naked Lunch: Horror Shock Horror
B5. Gina X Performance: NO GDM
B6. Classix Nouveaux - Robots Dance

<Adam J-Short特派員>ニューロマ型のバンド、日本のテクノポップ、ノイエ・ドイチェ・ヴェレ先駆け的なものをミックスした冒険的なコンピです。日本のバンド、SandiiとLogic Systemは、そのジャンルに精通している人には変則的で明白な提供。


<Correspondent Adam J-Short> For its time this was an adventurous compilation album mixing New Romantic type bands, Japanese Technopop and pre dating Die Neue Deutsch Welle. Japanese bands SANDII and LOGIC SYSTEM supplying atypical and obvious tracks to those familiar with this genre.

80's ele-GROOVE Luxury

[2000] Toshiba EMI

01. Heaven 17: (We Don't Need This) Fascist Groove Thang
02. Visage: Night Train
03. Classix Nouveaux: Is It A Dream
04. Spandau Ballet: Chant No. 1
05. Naked Eyes: (What) In The Name Of Love
06. Visage Damned Don't Cry
07. Thomas Dolby: Radio Silence
08. Human League: Do Or Die Dub [Special Edit}
09. Mike Oldfield: Guilty
10. Culture Club: Sexuality
11. Heaven 17: Crushed By The Wheels Of Industry
12. Simple Minds: The American
13. Naked Eyes: Always Something There To Remind Me
14. Philip Oaley & Giorgio Moroder: Be My Lover Now
15. Human League: Rock Me Again & Again & Again...
16. Culture Club: I'll Tumble 4 Ya

テクノ歌謡でおなじみの8-bits福田タケシ氏がサエキケンゾウ氏を共同でコンパイルした80年代英国エレポップ〜ニューロマ系オムニバス。Virginのオムニバス「Methods Of Dance」のみ収録の「Do Or Die Dub」等も収録しており、入門者にもお勧めだが、マニアにもうれしい選曲。曲目・アーティスト解説も充実しております。


This is an omnibus of 80's U. K. Electro Pop to New Romantics compiled by Mr. Takeshi Fukuda of 8-bits known for Techno Ca-yo Collection with Mr. Kenzo Saeki. While it's also recommended for beginners, the selection is satisfactory for the mania as it contains "Do Or Die Dub" only available in the omnibus "Methods Of Dance" on Virgin. It also has very complete descriptions of tracks and artists.

HOME | INDEX