EUROPEAN ULTRA-MINOR
(ヨーロッパの超マイナー)

このページはメインのコーナーで扱えなかったイギリスを中心としたヨーロッパ系の超マイナー・アーティスト(単に私の情報不足の場合もあります)を紹介します。一体誰が彼等のことを知っていたり気にするのでしょう。もし貴方が知っていたらメール下さい。英国在住のスティーヴに教えてもらった超カルトなエレポップ・アーティストをとして紹介しています。新たにBBSでお馴染みのgothおやじさんからの超マイナ−系バンドを追加しました。北米系はAMERICAN ULTRA-MINORへ移動しました。SOME BIZZARESURVIVALRESETCOCTEAU等のインディー・レーベルは超マイナーの宝庫です。ニュー・ウェイヴ以降の新しいシンセポップ・アーティストに関してはNEO SYNTH-POPを参照してください。


This page presents European ultra minor artists centered around the U. K. which I cannot cover in the main corner (often due to the lack of information in my side). Who knows and cares about them? Let me know if you know about them. Ultra cultic Electro Pop artists which Steve in the U. K. taught me are now shown as . More ultra-minor bands are added based on the information from goth Oyaji who often appears in BBS. North American ones moved to AMERICAN ULTRA-MINOR. Indie labels such as SOME BIZZARE, SURVIVAL, RESET, COCTEAU are treasure houses of ultra minor ones. Please refer to NEO SYNTH-POP as for relatively new synth pop artists after New Wave.

Academy One | Aimless Device | Alternative Radio | Anabas | Animal Magnet | Avengers, The | Bamboo Fringe, The | Binary | Bino | Blaze Colour, A | Blue 200 | Boom Boom Boom | Boys In Darkness | Charisma -> Krisma | CC Frost | Climb, The | Confusional Quartet | Cube | Di Div | Drop in the Grey, A | Electrobeat | Endgames | Eye To Eye | Experiments With Ice | Fake NEW! | Fallout Club | Famous Names | Fatal Charm, The | Fiction Factory | Final Program | Flip NEW! | Flue| Fox In Socks | Freur | Future World Orchestra | Gardening By Moonlight | Henreld, Pola | Heroin, Trevor | Indians In Moscow | Intro | It's Immaterial | Jakko | Kan Kan | Kaye, Van & Ignit | Konstruktivts | Lelo | Lemaire, Jo | Le One | Mecano | Minor Detail | Miro Miroe | MO | Mobiles | Modern Jazz | Mood, The | More, Anthony | Music For Pleasure | News, The | 9 Circles | Nova, Nancy | Ogi, Peter | Opposition, The | Paper Toys | Passions, The | Poeme Electronique | Positive Noise | Promise, The | Righeira | Rodway | Royal Family & The Poor | Screaming Trees | Schleimer K | Seance | Sense | Slanted View | Snowy Red | Sophie & Peter Johnston | Secession | Sound, The | Techno Orchestra | Technos, The | Techno Twins | Those French Girls | Time In Motion | Victims Of Pleasure | Venice At Night | Vision | Vitamin Z | VOG | Warman, Johnny | Way Of The West | When In Rome | White Door | Woodhead Monroe | Writz | Yeah Yeah Noh

Academy One

Aimless Device

Alternative Radio

Anabas

<Steve>少しゴスっぽいガール・シンガーです。


<Steve> This is a little goth-like girl singer.

Animal Magnet

<Steve>82年に2つのクラブヒット放ったデュオ。


<Steve> A duo who released two club hits in '82.

Bamboo Fringe, The

Binary

Bino

<Steve>ワンマン・ユニットだと思います。


<Steve> I think this is just one man

Blaze Colour, A

Boom Boom Boom

<Steve>トリオです。


<Steve> They were a trio.

Boys In Darkness

CC Frost

Charisma -> Krisma

<依田氏>イタリア(多分)のテクノポップバンドです。音は80年以前のテクノって感じです。私はアルバム三枚持っているだけで、このバンドの事は他に何にも知りません。御存じでしたら詳しい事教えて頂きたいのですが。
<カセ氏>Charisma時代のオーロラBは戸川純ファンとしてははずせません。


<Mr. Yoda> This is an Italian (probably) Techno Pop band. It sounds like Techno before 80's. I know nothing more except having their three albums. If anyone knows more about them, please let me know.
<Mr. Kase> Aurola B during Charisma days is inevitable as a fan of Jun Togawa.

Climb, The

Confusional Quartet

<Chad A.特派員>Confusional Quartetは素晴らしいZolo〜ニューウェイヴ系グループです。1980年にセルフタイトル・アルバム、81年にEPをリリース。インストのみですが、しばしジャジーで、しかしいつも馬鹿げたシンセ仕事をしています。彼等の超Zoloカヴァーの『Volare』は最も人気のある曲でシングルにもなりました。彼等の作品は『Volare』のボーナス・ビデオと共にCDとして再発されました。


<Correspondent. Chad. A> Confusional Quartet was an excellent Zolo/Newave group that put out a self-titled album in 1980 and an EP in 81. They play intrumentals only, often jazzy, but always with zany synthwork. Their super Zolo cover of "Volare" was thier most popular song and a single. Their work has been reissued on one CD with a bonus video of "Volare".

Cube

<ジェイソン>私は行き詰まっているので、助けを求めています。Cubeと呼ばれる80年代後半のシンセ・バンドのフル・レングス・マテリアル(アルバムの事でしょう)を探しています。イタリアのバンドです。『Love's Taboo』と言うシングルを持っています。


<Jason> I am running into a dead-end and thought I would run this by you for help. I'm trying to locate full-lengths/material on the late 80's synth band called Cube. This is actually an Italian band. They had the single "Love's Taboo".

Di Div

オランダのエレポップ系グループということしか、分からなかったのですが、初めて上記の『In Front』というLPを購入してみる。エレポップというより、サックス、ギターもかなり使いっているエレクトロニックなニューウェイヴ系と言った方が適切みたいです。未聴ですが、『Open Zee』では、日本語をフィーチャーした曲もあるそう。


I only knew that they are a Dutch Electro Pop group, and I bought the above album "In Front" for the first time. It may be better to describe them as Electronic New Wave also using lots of sax and guitars. While I have not heard it, there is a song featuring Japanese language in the mini album "Open Zee".

Drop in the Grey, A

<Gout>このバンドに関してはあまり知りません。とてもミステリアスです。85年にMCAレコードでアルバムを作成。MTV用のヴィデオはなく、その後消息不明となった。「Heartache Feeds Heartache」は名曲です。ニューウェイヴ・中期80年代ポップ。Howard DevotoがBrett Anderson(Suede)に出会ったようなユニークなヴォーカルとサウンドを持ったクラッシィーで趣があります。


<Gout> I know little about this band - very mysterious! They recorded an album for MCA records in 1985, did not have a video for MTV and kinda just disapperaed afterwards. "Heartache Feeds Heartache" is a masterful piece of latter - New Wave/Mid 80s Pop; very classy & atmospheric with a unique vocal that sounds like Howard Devoto meets Brett Anderson (of Suede).

Electrobeat

バーナード・サムナーの関係?


Related to Bernard Sumner?

Endgames

  • Members: David Rudden [Lead Vo, B]、Willie Gardner [G, Vo, B, Fairlight]、Brian McGee [Dr, Simmons, Linn Programming, Perc]、Paul Wishart [Polysix, Wave PPG 2.2]、David Murdoch [Piano, Polysix, Wave PPG 2.2, Jupiter 4, Mini Moog, Oberheim OBXA, Fairlight]、Douglas Muirden [Minimoog, Jupiter 3, Wave PPG 2.2, OBX Sequence Programming, Sax]
    <荒特派員>日本盤が見つかって買ったのですが、輸入盤ではジャケに4人して写ってなかったのに、日本盤は6人写っており、クレジットも多いのです。よってメンバーを4人→6人に訂正。二人は最初のシングルにゲストとして参加していたのを後に正式メンバーとして加入させたようです。ただ、'85年の12インチでは4人に戻ってるんですよね〜・・・。
  • Albums:
    • Building Beauty「ビルディング・ビューティー」 [1984] MCA/Virgin; Victor (Japan)
  • Singles:
    • We Feel Good(Our Future's Looking Fine) [1982] Phonogram; Produced by John Leckie
    • First, Last, For Everything [1982] Phonogram; Produced by Steve Levin
    • Waiting For Another Chance [1983] Virgin
    • Love Cares [1983] Virgin
    • Miracle In My Heart [1983] Virgin
    • Desire [1984] Virgin
    • Shouting Out For Love [1985] Virgin
  • Omnibus Albums:
    • Live Letters [19??] Produced by John Leckie
    • Live At 101/Live Letters Warts 'n' All [19??] Produced by John Leckie
      <荒特派員>上記の2枚のオムニバス・アルバムは、101クラブというライブ・ハウスで収録されたライヴ・アルバムで、'80年当時のエンドゲームスの音源が収録されてるそうです。
  • Albums(Willie Gardner);
    • Imation [1981] Virgin/Cuba Repre
      <荒特派員>メンバー、ウィリー・ガードナーのソロ・アルバム。
<H・坂本氏>イギリスのエレポップ系バンド(見た目はアイドル系?しかしフェアライトを使用してた)。私の知る限りでは、83年頃に、アルバム1枚しかリリースしていないと思います。
<荒特派員>End Gamesという風に間をあけないで、Endgamesと、つなげて表記するようです。ちょっとスクリッティ・ポリッティに近い、いかにも'80年代中期的なエレ・ポップ。ちょっとファンキー。FAIRLIGHT PROGRAMMINGとしてJON JECZALIK(アート・オブ・ノイズのJ.J.JECZALIKのことでしょう)の名がクレジットされてます。オリジナル盤と日本盤とではジャケが多少違ってます。当時の宣伝コピーは「浴びて、はずんで、素敵なマグニチュード。」というもの。意味がわからん。

日本盤ライナーからの情報を。
バンド自体はグラスゴー出身だそうです。Paul Wishartは'81年にスキッズのツアー・サポートをしており、ラスト・アルバム『Joy』にも参加しています。Willie Gardnerはパンク・バンド、Zones(このバンドの前身はミッジ・ユーロがいたSlik)のメンバーだった人で、Slikからミッジが脱退したあとに替わって加入したそうです。ソロも1枚あり。Brian McGeeはシンプル・マインズに'81年7月まで在籍し、5枚のアルバムに参加しています(彼の後にシンプル・マインズに加入したのはZonesのメンバーだった人だそう)。

<Mr. H. Sakamoto> British Electro Pop band (Idol at look, but they used Fairlight). As far as I know, they released only one album around '83.
<Correspondent Ara> It appears to be spelled as Endgames without space, not End Games. It's mid-80's Electro Pop with some closeness to Scritti Politti. A bit funky. Jon Jeczalik (J. J. Jeczalik of Art Of Noise?) is credited for Fairlight programming. There are small differences between the original cover art and Japanese version's. The copy at that time says "Bathe, bouce and lovely magnitude". Nonsense.

From the liner notes in the Japanese album. The Band itself was from Glassgow. Paul Wisher supported the tour for Skids in '81, and the last album "Joy". Willie Gardner was a member of Zone, a Punk band (the band prior to this was Slik which Midge Ure was in). After Midge left Slik, he joined to replace him. He has a solo album. Brian McGee stayed in Simple Minds until July '81, and worked on five albums (A member of Zone replaced him in Simple Minds).

Experiments With Ice

  • Members : David Jiggens[Key]、Robin Knapp[Dr]、Nicky Patriachaeos[Vo,G]、Phil Rose[B]
  • Albums:
    • Experiments With Ice [1981] Experimental Records
<荒特派員>ウルトラヴォックスやゲイリー・ニューマン、クラシックス・ヌヴォーあたりの影響が強いB級エレポップ。妙に演奏は達者(特にベースはかなりイイ)で、B1「Toy Joy」では変拍子を使ってたりとなかなかクセモノ。「TOKIO」なんてタイトルの曲もありますが、タイトルから連想されるようなジャパネスクな音ではなかったです。テクノなジャケのデザインも、メンバーのRobinが担当。Experimental Recordsというレーベル名からして、インディーズのようです。
 

Eye To Eye

女性ヴォーカルのエレポップです。


This is an Electro Pop featuring female vocal.

Fake

<荒特派員>タキシード着て化粧した男がバイオリン弾いてたり、意味なく女性バレリーナがいたり、黒い王子サマ風の衣装を着た男が、座ってガイコツ見つめてたりと、ワケわかんないジャケがイカす。ちょっと退廃的な感じもある、生演奏と打ち込みを混ぜたエレポ。ヴォーカルは、ちょっとトンプソン・ツインズのトム・ベイリーに似た声質。女性の声も聞こえるので、たぶんジャケのバレリーナはメンバーなのでしょう。

Fallout Club / Heroin, Trevor

<gothおやじ氏>Thomas Dolbyがシンセ&プロデュースで参加したバンド。一作目の12" Singleは、たいしたことないですが、2作目の、7" Single "Dream Soldier"は、叙情的な不思議なテクノポップで、名曲です。 ついでに、VocalのTREVOR HERIONは、ソロで7インチEPをだしてます。


<Mr. goth Oyaji> A band that Thomas Dolby played synths for and produced. The first 12" Single is not that great, but the seond 7" Single "Dream Soldier" is a lyrical and magical Techno Pop masterpiece. In addition, Trevor Heroin released 7" Single as a solo.

Famous Names / Writz

<HIROさん>Techno Twinsの前身です。 音的にはTechno Twinsより更にコマーシャル的要素を省いた個人的にはとても面白いものでした。Famous Namesの前身としてWritzというグループが存在しました。


<Hiro> This is pre-Techno Twins. Their sound is personally very interesting deleting commercial elements compared to Techno Twins. Writz existed prior to Famous Names.

Fatal Charm, The

<カセ氏>79年頃よりポール・アーナルという人を中心に、デッド・グッド時代のB-Moive的なサウンドでシングルを発表したり、後に女性ボーカルを加えミッジ・ユーロのプロデュースで作品を出したりしています。中古でもし見つけたら「Paris」というシングルを是非聴いてみてください。


<Mr. Kase> This is the band centered around Paul Arnal (?) from about '79. They released the singles with B-Movie-esque sound during "Dead Good", and later released the works produced by Midge Ure with the addition of a female vocalist. If you find it in a used shop, please listen to the single "Paris".

Fiction Factory

『(フィール・ライク)・ヘヴン』のヒットで知られるエレポップ・バンド。アソシエィツのアラン・ランカインがプロデュースで参加した。


Electro Pop band known with the hit single "(Feels Like) Heaven". Alan Rankine from the old Associates joined as producer.

Final Program

Fox In Socks

Flip

<荒特派員>謎の5人組。ジャケに写るメンバーの化粧顔が、あまりに似合ってなく気持ち悪かったので「こりゃB級エレポに違いない」とジャケ買いしたら案の定。ちょっと哀愁入った、マイナー歌謡系エレポップです。オケ・ヒットなんかも入って時代を感じます。

Freur

Freurはテクノ界の悪ガキ、アンダーワールドの母体となったエレポップ・バンドである。1983年に『Doot Doot』が英国でマイナー・ヒットした。バンドは最初シンボルのみのバンド名を持たない方針と取ったが、レコード会社の圧力で『Freur』という名に落ち着いた。


Freur is an Electro Pop band which is the base of Underworld known as gangster of techno world. They had a minor hit "Doot Doot" in the U. K. in 1983. The band insisted to have no band name with symbol only, but they are forced to have the name by the record company and ended up with "Freur".

Future World Orchestra

オランダのDurecoスタジオでレコーディングされているところからオランダのユニットと推測する。オランダではFWOと呼ばれているらしい(というのは勝手な思い込みです)が、ELO、YMO、OMDあたりを期待して買ったバンド名買いです。サウンド的にはユニット名に相応しく電子音楽〜テクノポップ玉石混合という感じです。研究者っぽい感じの二人がジャケに写ってます。この前メールを頂き、現在も活動中のよう。


I guess that they are a Dutch unit as it was recorded at Dureco Studio's Holland. In Holland they were called FWO (which is my obsession). I bought it based on the band name hoping somewhere around ELO, YMO, OMD. The sound is mixture of Electronic Music to Techno Pop following their unit name. Researcherl looking two members appeared on the cover art. One of the member mailed to me and they appear to be still active.

Gardening By Moonlight

略称GbM。たぶんイギリスの二人組みユニット。輸入盤しかないので詳細は分からないが、Japan等に通じる耽美的且つファンキーなNEW WAVEエレポップ。

<Underpass特派員> John Foxxの「The Garden」時代の元メンバーからなる英国のシンセ・デュオ。Duncan BridgemanとJohn Johnson(とJohn Foxxへの貢献者、Jo Dworniak)からなる。彼等はまた、「Shake/Shake」という名前のバンドでも活動(John Foxxの「Miles Away」シングルを参照)。とても異様でオリジナルなシンセ・ウェーヴな曲は、お奨め。

<荒特派員>アルバム『METHOD IN MADNESS』を聴きました。ピーター・ガブリエルあたりの影響が濃い、エスニック・パーカッションとオリエンタルなメロによる、何とも不思議な余韻を残すタイトル曲が秀逸。他の曲も、緻密な構成のエレポが並んでいて唸らされる。どこか郷愁を誘う感じも味。プロデュースは本人たち。結構なキャリアのセッション・ミュージシャンによるユニットのようで、ジョン・フォックス『ザ・ガーデン』や、トーマス・ドルビーがやっていたユニット“LOW NOISE”にも2人して参加していました。また、ゲスト・ミュージシャンとしてブルース・ウーリー&ザ・カメラ・クラブ(そういやココにトーマス・ドルビーがいたわけですね)や初期トンプソン・ツインズのべーシストだったマシュー・セリグマンや、同じくLOW NOISEに参加していたケヴィン・アームストロング、元モーターズのブラム・チャイコフスキーらが参加。


Also known as GbM. Probably, a British duo unit. While the details are unknown from the imported disc, it's an aesthetic and funky New Wave Electro Pop like Japan.

<Correspodent Underpass> UK synth duo consisting of former John Foxx "The Garden-era" member; Duncan Bridgeman & John Johnson (also Jo Dworniak from J. Foxx contributes). They also appeared under another band moniker "Shake/Shake" (See J. Foxx "Miles Away" single). Recommended for their highly unusual original synth/Wave tracks!     

Henreld, Pola

Indians In Moscow

Intro

女性ヴォーカルのエレポップです。


This is an Electro Pop featuring female vocal.

It's Immaterial

<NSさん>Liverpool出身のIt's Immaterial というユニットご存じないですか? アルバム2枚しか出していないのですが、1stはコテコテのエレポップで確かChristiansのメンバーが参加しています。 1stのタイトルは『Life's Hard Then You Die』です。身もフタもない ですね。2ndはプロデューサーが C. Malcomで当然のごとくBlue Nileの『Hats』に雰囲気が似ています。ただこちらの方がキャッチーじゃない、というか淡々としています。おまけに声質も結構似ていたりして...vocalが二人とも骨格の似たスコットランド人ですからね。


<Ms. NS> Do you know about the unit called "It's Immaterial" from Liverpool? They have released only two albums. The first one is very Electro Pop and the member of Christians joined if I remember correctly. The title of the first album is "Life's Hard Then You Die". It is helpless. The second one was produced by C. Malcom and it has the atmosphere similar to Blue Nile's "Hats" as expected. This one is more flat and not so catchy. In addition, the voice is more resembling... as both of them are Scottish who have similar builds.

Jakko

Kan Kan

<gothおやじ氏>なつかしい、New Wave Techno Pop。80年代の音は、個性的で、好きです。 最近のは、機械(コンピューター)の進歩のおかげで、機械に詳しければ、だれでも、平均点の作品が、できてしまうので、味気ないものが多い気がする。 アナログ・シンセの時代のころが、おもしろかった。


<Mr. goth Oyaji> Nostalgic New Wave Techno Pop. I like 80's sound as it's unique. Many of the recent productions are not memorable as anyone who knows machines can produce average works due to the progression of machine (computer). The works in the days of analogue synthesizers were interesting.

Kaye, Van & Ignit

<gothおやじ氏>クールでメロディアスなオランダのテクノポップ 。


<Mr. goth Oyaji> Cool and melodious Dutch Techno Pop.

Konstruktivts

多分、ドイツ語で「構成主義者」という意味です。ジャケ買い且つグループ名買いであります。上記レコードのジャケは白黒なんですが、構成主義的です。音は、クラフトワークの延長線上にあると言えます。


Probably, this means "Constructivists" in German. I bought due to the sleeve design and band name. While the above record's sleeve design is monochrome, it's based on constructivism. The sound is the extension of Kraftwerk.

Lelo

<gothおやじ氏>多分イギリス、81年にPRTからのLPがリリース。ちょうど当時のNEW WAVE~NEW ROMANTICの影響を、受けているようなサウンド。ULTRAVOX~ROXY MUSIC~GARY NUMANそんな感じもする。結構堀出し物(自己満足)?


<Mr. goth Oyaji> Probably from the U. K. LP was released on PRT in '81. It's the sound influenced by New Wave + New Romantics at that time. It's also like Ultravox + Roxy Music + Gary Numan. It's a good jem.

Lemaire, Jo

<Chad A.特派員>Jo Lemaire(ポップ界では成功した)はベルギー出身の彼女のファーストであるセルフ・タイトルでのアルバムをFlouzeというバックバンドとリリースしました。レコードは、ストレートなニューウェイヴですが、陽気です。


<Correspodent Chad A.> Jo Lemaire (who has had a successful pop career) from Belgium released her first, self-titled album with the backing band Flouze. The record is up-beat, though straight-ahead, New Wave.

Le One

OMDっぽいエレポップです。


OMD-esque Electro Pop.

Mecano / Flue

白戸和美氏からの情報で、FlueはMecano(スペインではなく、オランダの)のメンバーから構成されている事が判明しました。ディスコグラフィー情報も頂きました。

Mecanoのメンバー、Tejo Bolten氏が僕の質問に答えてくれました。

――MecanoはスペインのMecano以前に結成されていると思いますが、ヨーロッパで二つのMecanoが混在する問題は無かったですか?

<Tejo>ハイ、MecanoはスペインのMecanoより早く結成されました。でも。、僕たちはそれを問題にしませんでした(裁判沙汰にすると多分長引いて、そういうのには興味が無かった)。メンバーの一人は車の運転をする会社で働いていて、スペインのレコード会社のディレクターを乗せて運転する事がありました。彼はオランダのMecanoについて全て話しました。この人が多分、スペインのMecanoを結成するための名前を拝借したんだと。それが僕たちの名前が使われた所以です。

――Mecanoはオランダで結成されたんですよね。オランダには、ニューウェイヴ・シーンは存在しますか?

<Tejo>そうです。オランダには今でもニューウェイヴ・シーンがあります。また、復興しています。

<gothおやじ氏>Flueと同じTORSOレーベルに、オランダのNew Wave Dark Guitar bandのMECANOというのがいますが、こちらも、超お薦め、LP1枚、MINI LP2枚だしてます。Flueは、オランダTORSOレーベルのバンド。音は、New Wave Techno Popといった、メロディアスで、ダークな雰囲気。お薦め。

<白戸和美氏>FlueのVistaの曲目を知っていたら教えてください。また、上記アルバム群のCDなどでていたらお教えいただければ幸いです。


Based on the information from Ms. Shirato, it was found that Flue consists of the members of Mecano (Dutch, not Spanish). She also provided additional information on the discography.

Mr. Tejo Bolten, a member of Mecano, kindly ansewered my questions.

--I think Mecano was formed before Spanish Mecano.  Was there any trouble on having two Mecano's in Europe?

<Tejo>Yes, Mecano was formed earlier then the Spanish Mecano. No we never made trouble about that. (It would probably become a very long time of staying in court and we were not interested in that.)  One of our persons worked for a car driving company and he once had to drive a Spanish director from a record company. He told him everything about the Dutch Mecano. This person probably lent the name for the forming of a new group the Spanish Mecano. That’s the way how they lent our name.

--Mecano is from Netherlands, right.  Is there any New Wave kind of scene in Netherlands? 

<Tejo>Mecano is fromed the Netherlands. There is still a new wave scene in the Netherlands. I think this is also growing again.

<Mr. goth Oyaji> There is Mecano, a Dutch New Wave Dark Guitar band on Torso label that is the same as Flue. This is also highly recommended. They released one LP and two Mini LPs. Flue is a band on Torso label in Holland. It's New Wave Techno Pop with melodious and dark feel. Recommended.

<Mr. Kazumi Shirato> If you know the track list of Vista by Flue, please let me know. I also would like to know if there are any CD releases for the above albums.

Minor Detail

<H・坂本氏>アイルランド出身のエレポップ系グループ(このグループもフェアライトを使用してた)。私の知る限りでは、83年頃に、アルバム1枚しかリリースしていないと思います。
<荒特派員>ELO好きにオススメの、ブリティッシュ・ポップス系エレ・ポップ。ボコーダーの入り方なんかソックリです。曲作りがうまいですね。
<Alan Hamby氏>Lexiconにおいて素晴らしいMinor Detailのディスコグラフィーがあります。グループはとても奇妙な事に8インチのレーザーディスクまで出していました!僕はいつも「風のミラージュ」が好きでした。


<Mr. H. Sakamoto> Ireland-based Electro Pop group (they also used Fairlight). As far as I know, they released only one album around '83.
<Correspondent Ara> This is British Pop-oritented Electro Pop which I recommend to ELO lovers. Their way of using a vocoder is very similar. Their songwriting is superb.
<Mr. Alan Hamby> There is an excellent discography of Minor Detail at Lexicon. The group even had an 8" laserdisc oddly enough! I always loved their song "Canvas Of Life".

Miro Miroe

男女のエレポップ・デュオ。


A male + female Electro Pop duo.

Mobiles / Avengers, The

<Steve>MCA時代はザ・モービルズでした。名前をモービルズに戻す以前いまいちの「Oh Baby」をリリースした。
<荒特派員>Mobilesは女性ヴォーカル含む6人組。アルバムに正式なメンバークレジットがなく、DowntonとNormanの2人のフル・ネームが分かりません。


<Steve> They were actually the Mobiles during their spell on MCA. They released 'Oh Baby' which wasn't very good before bringing their name back to the Mobiles.
<Correspondent Ara> Mobiles are a 6-piece group including a female vocalist. I cannot tell the full name of Downton and Norman as there are no offcial credits.

Modern Jazz / Blue 200

ぜんぜんモダン・ジャズでないニュー・ウェイヴな音です。
<Steve>Blue 200は Modern Jazzという名で活動を始め、改名する以前に『In My Sleep (I Shoot Sheep)』と『Ivory Towers』に2つのいいシングルをリリースした。


This is not modern jazz at all, but new wave sound.
<Steve> Blue 200 started life as Modern Jazz releasing two great singles "In My Sleep (I Shoot Sheep)" and "Ivory Towers" before changing their name.

MO, The / MO

  • Members
    • The MO:Harm Bieger [Drums]、Heili Helder [Vocals]、Clemens De Lange [Bass, Piano]、Huub De Lange [Organ, Bassoon]
    • MO: Harm Bieger [All Rhythm]、Linda Bloemhard [Voice]、Hance Nieuwint [All Keyboards]、Tom Van Der Meer [All Keyboards]
  • Albums:
    • Tango Pop「タンゴ・ポップ」 [1981] Back Door/Polystar(Japan)
    • Ha Ha! The Sound Of Laughing「マジカル・ポップ」 [1983] Back Door/Polystar(Japan)
  • Singles:
    • Cheese「マジカル・ポップ」 c/w White Prince「白いプリンス」 [1983] Polystar(Japan)

<荒特派員>オランダのテクノポップ・バンド(というか、シンセを使ってるポップ・バンドという感じ)。1stは“The MO”(エム・オーではなくモーと読む)で発表。女性ヴォーカルをメインにした4人組で、なぜかバスーン(=ファゴット)奏者がいるのが売りだったようです。が、レコを聴く限りはシンセ・ベースに聴こえます。転調を多用した(たまにヒザから崩れそうになるくらい調子外れな展開がある)ポップなメロディーが良いです。2ndは、ドラムのハーム・ビーバー以外を総入れ替えして再スタート。“The”が取れて“MO”名義になりました。何故か日本盤では“リンダ&MO”名義になっています。曲を書いてるのもヴォーカルも以前と違うのに、ほとんど同傾向のサウンド(歌声も近い雰囲気)とメロディーのセンス。なぜに。1st以上に転調ばかりのメロディー・ラインには、とにかく驚かされます。しかもポップ。特に「ADSR」(シンセ用語のアタック・ディケイ・サスティン・リリースのことでしょう)という曲や「ヒューマン・レース」という曲はすごく好きな曲。オススメです。


<Correspondent Ara> This is a Dutch Techno Pop band (or Pop band using synths). The 1st album was released as The MO. It's a 4-piece band featuring a female vocalist, and its selling point was Fagot perfomer. But, it sounds like synth bass as long as I listen to the record. I like their pop melody changing keys a lot (sometimes, it becomes out of tune). The 2nd album changed all the members except Harm Bieger, a drummer. It becames MO without The. Somehow, the Japanese release uses Linda & MO. While song-writers and vocals are changed, it has almost the same type of sound (also vocal) and melody sense. Why? It's amazing to hear melody line changing keys more often than the 1st. But, pop. "ADSR" (I guess it means Attack Decay Sustain Release in the synth term) and "Human Race" are my favorites. Recommended.

Mood, The

ニューロマ的(ルックスはわからないけど)エレポップ。


An New Romantic like (though I don't know their look) Electro Pop.

More, Anthony

<Steve>「World Science」のジャケットはDieter Meilerにデザインされているので、Yelloとのコネクションがあると思います。


<Steve> The cover of "World Science" was designed by Dieter Meiler, so I think there's a few Yello connection here.

Music For Pleasure

Nasmak

  • Members : Henk Janssen [Melosies]、Theo van Eenbergen [Basslines]、Toon Bressers [Rhythms]、Joop van Brakel [Guitar;1st〜2nd]、Truus de Groot[Zang:1st]
  • Albums:
    • Nasmak Plus Instruments [1980] Plurex
    • 4 Our Clicks [1982] Plurex
    • Duel [1983] Plurex
    • Silhouette [1983] Plurex
<荒特派員>オランダのエレポ・バンド。メンバーは、1stでは5人、2ndで4人、3rdでは3人に。サウンドは、リン・ドラムとプロフェットらしきシンセが主体の、完璧エレポップ。シリアスな部分がなく、軽めでかなり聴きやすい。オリエンタルなフレーズやトラッド的なフレーズが頻出。シンセはプロフェットぽい音色。ヴォーカルはブライアン・フェリーかピーター・マーフィーぽいというか、この時代特有の自己陶酔型。

News, The

タイトルが超エレポップしてます。


The song title is very Electro Pop!

9 Circles

<gothおやじ氏>確か、80年代はじめに、オランダから、でてたコンピレーション・アルバムに、はいっている女性ボーカルの、Dark Techno Pop band。 約2年前に、当時の曲を、収めた8曲入りCDが、突然発売されました。音のほうは、妖しく、B級の香りが、プンプンする、摩訶不思議なメロディアスなものです。 ドイツのPRIMARY RECORDSより。 コンピレーションLPには、他にStephen Emmerとか、Van Kaye & Ignitが、はいっています。


<Mr. goth Oyaji> This is a Dark Techno Pop band with female vocal included in the compilation album released in Holland in early 80's if I recall correctly. About 2 years ago, the CD containing 8 tracks were suddenly released. The sound is queer, B-class smelled, and magically melodious. It is on Primary Records in Germany. The compilation LP included the others such as Stephen Emmer, Van Kaye & Ignit.

Nova, Nancy

『No No No』は英国チャート75位までいきました。彼女の姉妹の一人はいかれたバンドのToto Coeloのメンバーです。


"No No No" climbed up to 75th in the U. K. chart. One of her sisters is a member of Toto Coelo, a mad band.

Ogi, Peter

Opposition, The

「The World Indies Catalogue」に載っていたフランスを基盤に活動したイギリスのバンド。Joy DivisionやFactoryの流れを汲む結構メロディアスかつタイトなサウンドです。ジャケもPeter SavilleとかのFactory的なものを感じます。上記のファースト・アルバム(何故か、2001年にCD化)以降もリリースしている模様。


This is a British band listed in "The World Indie Catalogue", who performed mainly in France. It's quite melodious and tight sound in line with Joy Division and Factory Records. The sleeve design is also Factory-esque like Peter Saville. There are additional releases after the above first album (CD was reissued in 2001 somehow).

Paper Toys

Passions, The

浮遊感溢れる女性ヴォーカルのエレポップ。
<ブライアン>「Skin Deep」は男性がタイトルをし浮遊する女性のバックヴォーカルをフィチャーした基本的にはダブで、ロボット的エレクトロ・ディスコ・サウンドです。「スモール・ストーン」はヴォーカル中心に私見では時代の先を行っていた幽霊っぽい催眠術のようなトランス・エレクトロ・サウンドです。僕にとっては彼等の音は蛇使いとベリーダンサーを呼び起こします


An Electro Pop featuring floating female vocal.
<Brian> "Skin Deep" is basically a dub with male doing the title and featuring floating female background vocal and has a robotic electro disco sound . "Small Stones" is more of a full vocal and has a haunting, hypnotic, trance electro sound that was ahead of it's time in my opinion. To me, the sound conjures visions of snake charmers and bellydancers.

Poeme Electronique

バンド名通り詩的なエレポップです。


A poetry Electro Pop as the band name says.

Positive Noise

80年初期のファンキー・エレポップ。


Funky Electro Pop band in early 80's.

Promise, The

Righeira

<荒特派員>ジャケのテクノ臭にひかれて、中古アルバム『RIGHEIRA』を今年の5月に\200で購入し、ハマッてます。サウンドは(YMO+テレックス)÷2というところ。マイケル・フォーチュナティの「ギヴ・ミー・アップ」みたいな曲調のもありますが、シンセの音色で結構グッとくるものがあります。裏ジャケのクレジットではProphet5、Arp Odyssey、MC4、Linn、 Simmonsなどのクレジットがあり、これも購入のキッカケのひとつです。録音はミュンヘン。イタリア系バンド。


<Correspondence Ara> I bought the used album "Righeria" at \200 this May attracted by the techno-taste of cover art, and I am deeply into it. Their sound is like (YMO + Telex)/2. While there is a song like "Give Me Up" by Michael Fortunity, the tone of synth catch my heart. Prophet5, Arp Odyssey, MC4, Linn, Simmons were credited which triggered my purchase. It was recorded in Munich. They are an Italian band.

Rodway

バグルズのスタッフの一人であったシンセサイザー・プログラマーのスティーヴ・ロッドウェイがロンドンからニュー.ヨークに移り結成したエレポップ・ユニットです。


This is an Electro Pop unit formed by Steve Rodway, a synthesizer programmer, who was one of the staffs for the Buggles and moved from London to New York.

Royal Family & The Poor

<gothおやじ氏>このバンドのことは、何も知りません。ただ、唯一持っている「Restrained In A Moment」という曲は、僕としては、テクノポップのなかで、best 10に、はいる名曲です。レコード店をやってる友人が、何気なく(これ、いいよ)と、さしだしてくれました。


<Mr. goth Oyaji> I do not know about this band at all. But, the song "Restrained In A Moment" only which I own is one of my best 10 Techno Pop songs. A friend of mine who runs the record shop gave it to me.

Ronny

<はにわさん>1981年頃にVANGELISがプロデュースしていたRONNY(女性)について何か御存知ですか?エレポップ系です(私の年代ではシンセポップと呼んでいました)。VANGELISの「炎のランナー」をもう少し薄くしたようなサウンドにドイツ?訛りぽい英語の女性ボーカルがはいっています。ベルリンって女性ボーカルバンドがありましたよね。その、インディー版みたいな感じでした。『Compare me with the rest(12"シングル)』に関しては7"シングルは一時、輸入レコード店で良く見かけました。ジャケットはピンクでRONNYと思われるスーツ姿の女性がブラインドの前に立っています。この作品は購入出来ましたが、『If You Want Me to Stay(12"シングル)』が発売されていてるのですが、10年探しているが見つからない。『If You Want....』も確かB面でA面が何だったのかも解らないんです。確かジャケットは黒かったように思います。もし 何か御存知でしたら教えて下さい。


<Mr. Haniwa> Do you know anything about RONNY (female) whom Vanglis produced around 1981? This is an Electro Pop (my generation called a synth pop). Its sound is a little lighter than Vanglis' "Blade Runner" and has German-accent English female vocal. There was a female vocal band called "Berlin" and it was like an indie version of Berlin. As for "Compare me with the rest (12" single)", I used to find 7" single version in imported record shops. The jacket was pink and a female with suits who seems to be RONNY was standing in front blind curtains. While I was able to buy it, I cannot find another release "If You Want Me to Stay" (12" single)" for more than 10 years. I think "If You Want..." was on b-side and I even do not know what was on a-side. I think the jacket was black. If you know anything about it, please let me know.

Screaming Trees

誰も知らないだろうシェフィールド出身のエレポップ・バンド。


This is a Sheffield-based Electro Pop band which nobody probably knows.

Schleimer K

<gothおやじ氏>暗くて、妖しいギターとシンセのメロディ、弱々しいボーカルのNew Wave Techno Pop。もう一枚、だしてるらしい。


<Mr. goth Oyaji> New Wave Techno Pop with dark and mysterious guitar, synth melody and weak vocal. Another release seems to be available.

Sense

<gothおやじ氏>レコード・ラックから、面白そうなのを、発見。Dave Ballがプロデュースした英国の3人組。ズーッと、忘れてたんだけど、テクノ・ポップとニュー・ロマンティックを、足したかんじ。 SOFT CELLより、よかったです。

<荒特派員>アルバムのジャケに写る3人の風貌からして、B級アイドル系エレポのにおいがプンプンと。プロデュースはソフト・セルのデイヴ・ボール。音は紛れもないB級エレポ。シモンズを多用していて、A2「3Minutes Later」あたりは、ほとんどジュランの如き趣き。マイナー調のメロディーが多い。キーボード担当のPaul Joyceは、現在もCMなど裏方で活動中らしい。サックスで、ゲイリー・バーナクルが参加。

<Mr. goth Oyaji> I found something interesting from my record rack. A British trio produced by Dave Ball. While I have forgotten about it, it's like Techno Pop meets New Romantics. It was better than Soft Cell.

Seance

<gothおやじ氏>多分スイスのバンド、150bpm Recordsから、7" Single(CD未収)とCDをだしてます。ゲストとして Blaine L. Reiningerが参加してます。 音の方は、ミッヂがいたころの、Ultravoxみたいな、New Wave Techno Popです。


<Mr. goth Oyaji> Probably a band from Swiss. They released 7" Single (not in the CD) and CD on 150bpm Records. Blaine L. Reininger joined as a guest. Their sound is a Ultravox-esque New Wave Techno Pop when Midge was in.

Slanted View

<gothおやじ氏>B-Movie みたいな音のイギリスのバンド。

<元Slanted ViewのPaul Duffin氏にインタヴュー>
Slanted Viewとしてのリリースについて教えてください。アルバムは?
アルバムはありません。1枚の12インチ・シングルのみーTiteレコードから「White Paper」。地方と英国の地域ラジオでエアプレイされましたが、全国的なエアプレイはありませんでした。だから、消えてしまいました。バンドはその後間もなくして解散。考えると惜しい。でも、演奏中はエモーショナルなテンションがいつものようにありました。

貴方もしくはSlanted Viewが影響を受けたバンドは?
その頃は、Roxy MusicからBowie、Bauhaus、Japan、Duran Duran、Pet Shop Boys等。エキセントリックでなければ存在はありませんでした。

貴方の音楽をどう表現しますか?
ハード・エッジな80年代のシンセポップ。

他のバンドとの関わりは?
無し。

音楽業界にまだ居られるのですか?
いいえ。私は、the Hamlet Computer Groupという会社のディレクターです。私のクリエイティヴな才能は、ビジネスの運営、3DのCG、もの書き(小説を書いて、発行元を探しています。)。


<Mr. goth Oyaji> B-Moviesque U. K. band.

<Interviews with Mr. Paul Duffin of ex-Slanted View>
Are there any releases as Slanted View? Any albums?
No albums, just one 12" single - "White Paper", on Tite Records. It got played on local and UK regional radio, but never got any serious national air-play, so it died. The band split up shortly after that, which was stupid, but as usual there were 'emotional' tensions at play.

Is there any band which you or Slanted View was influenced by?
At the time, everything from Roxy Music to Bowie, Bauhaus, Japan, Duran Duran, Pet Shop Boys, etc - we were nothing if not eclectic!

How do you best describe your music?
Hard edged 80's synth pop.

Any association with other bands?
None.

Are you still in music business?
No, I am a director of the Hamlet Computer Group, my creative talents (such as they are) are concentrated on running the business, 3D computer graphics and writing (I have written a novel and I am looking for a publisher).

Snowy Red

<gothおやじ氏>ベルギーのエレポップ。ドイツ語で歌う。なかなかクールな、ほりだしもの。
<荒特派員>ミッキー・マイクという人のひとりユニットのようです。TEACの8トラックMTRで録音されたという、簡易エレ・ポップ。音数も少なくザラついた音質の、いかにも“お金かけてません”という感じの、デモテープ的なサウンドです。とは言えけっこう好きです。


<Mr. goth Oyaji> Belgian Electro Pop. They sing in German. A pretty cool bargain.
<Correspondent Ara> It appears to be a one-man unit by Mickey Mike. It's a instant Electro Pop recorded with TEAC 8-tracl MRT. It's a demo-tape like cheap sound with minimum number of tones and rough quality. However, I kind of like it.

Sophie & Peter Johnston

ソフィーとピーターの宅録によるエレポップ・デュオ。日本では英国のPSY・Sと呼ばれた清涼感溢れるサウンドを特徴とする。『Happy Together』というヒット曲をもつ。日本では隠れた人気があるみたいで、再発CDが出ています。
<ASTRO NOTESのウエハラ氏>一本のデモ・カセットをBBC1のジョン・ピールに郵送して認められてデビューした男女二人のユニットです。アパートの一室で作られたエレクトリックなベッドルーム・ポップで、とても素朴でポップな曲が多くあります。当時の輸入盤レコードショップでは「イギリスのPSY・S」として売られていたり、日本盤のライナーノーツを松浦雅也とCHAKAが書いていたり、松浦雅也のラジオ番組でSophie & Peter Johnstonをかけたりと、PSY・Sとの関連があります。「Dreams」という曲は1988年の味の素サラダ・ソースのCMソングだったので知っている人もいるかもしれません。ちなみに私のフェイバリット・グループの一つでもあります。


Sophie & Peter's Electro Pop duo with home recording set up. Some called British PSY'S in Japan with the characteristics of refreshing sound. They have a hit single "Happy Together". They appear to have hidden popularity in Japan, and reissued CD is available.
<Mr. Uehara of ASTRO NOTES> They are the male/female duo unit who debuted by mailing a demo cassette to John Peel in BBC1. It's Electric Bed Room Pop created in a room of the apartment, and has many natural and pop tracks. They are connected to PSY'S. As it was sold as "British PSY'S" in the import record shops at that time, the liner notes for their Japanese release was written by Masaya Matsuura and Chaka, and the radio program by Masaya Matsuura played their songs. As the song "Dreams" was used for TV commercial of Ajinomoto's Salad Source in 1988, some may know about it. It's one of my favourite groups.

Sound, The

Bill Nelsonの弟のIan Nelsonがギターで参加。

<ローレント>The Soundはヨーロッパでそこそこの成功を収めたカルト・バンドでした(今も)。メロディアスな曲もあるポストパンク&ギター・バンドと言えるでしょうが、エレポップではありません。全てのアルバムはRenescent(6枚のCD)から再発(2度目)がされています。バンドリーダーで、リードシンガー、ソングライターでもあるエイドリアン・ボーランドは、ソロアルバムをリリースして数年後他界。


Ian Nelson, a younger brother of Bill Nelson participated in this as a guitarist.

<Laurent> The Sound was (and still be) a cult band with a nice success in Europe. It is mostly a Post Punk /Guitar band, with some melodic songs, but definitely not an Electro pop. Actually All LPs are re-issued as Cds (for the second times) by Renascent (actually 6 CDs). The band leader, who was Adrian Borland the lead singer and songwriter died some years ago after some solo albums.

Secession

Technos, The /Techno Twins / Techno Orchestra

スパークスのお兄さんの様な口髭男とケバいニュー・ウェイヴねいちゃんのエレポップ・デュオです。『Foreign Land』という12インチ・シングルをバンド名買いしていまいました。ジャケットからするとTechno Twinsと同じメンバーと推測していましたが、「テクノのススメ」に同一メンバーと確認とれました。。
<HIROさん>Techno Twinsはベブ(女性)とスティーブ(男性)の二人で活動を行っていました。これと平行した形で、彼らはTechno Orchestraというグループで活動していました。


This is an Electro Pop duo consisting of a mustache guy like the elder brother of Sparks and a showy-look new wave girl. I bought their 12" single "Foreign Land" simply because of their band name. Based on the cover art, it seems to be the same member as Techno Twins, I confirmed they are the same based on the book "Techno No Susume".
<Hiro> Babe (female) and Steve (male) were acting together as Techno Twins. In parallel with this, they were acting under the name of Techno Orchestra.

Those French Girls

バンド名のとおりフランスのバンドなのでしょうか?でも男達みたいです。

<荒特派員>「ストレンジ・デイズ」2001年1月号のニッチ・ポップ特集でも取り上げられていたバンド。なぜか元ボンゾ・ドッグ・バンドの二ール・イネスがメンバーとしてクレジットされており、ジャケにも写っています。が、同誌に載ったイネスのインタビューでもこのバンドに関しては一切触れられていませんでした。忘れたい過去なのか、単に本当に忘れているだけなのか。謎です。「SORRY SORRY」という曲だけSean KellyとNeil Innesの共作で、他の曲はすべてSean Kellyの作曲。音の方は軽めのニューウェイヴ・ポップ。メロディーはなかなか良いです。

<バンド・メンバーのジョン・シャープ>レスを求められているので、追加します。TFGのジャケにあるニール・イネスは元ボンゾのニール・イネスとは同一人物でありません(単なる偶然)。また、僕はアルバムのジャケに名前があるジョン・シャープであることを告白します。バンドは英国出身(フランスではなく)、5人の男です。


Is it a French band according to the band name? But, they seem to be guys.

<Correspondence Ara> The band listed in the article on Niche Pop in "Strange Days" Janunary 2001 issue. Somehow, Neil Innes of ex-Bonzo Dog Band is credited as a member and appears on the cover art. However, the interviews with him on this magazine did not touch anything about this band. It's mystery if it's the past he wants to forget or just forgot. "Sorry Sorry" were composed by Sean Kelly and Neil Innes, but the rest were composed by Sean Kelly. The sound is light New Wave Pop. Nice melody.

<Mr. John Sharp, a band member> As you asked for responses, I can add that the "Neil Innes" credited on the TFG cover is NOT the same as the ex-Bonzo Neil Innes (just happened to have the same name). I also have to confess that I'm the John Sharp listed on the cover of the album. The band was from the UK (not France) and was 5 guys.

Time In Motion

Venice At Night

  • Singles:
    • Let The Spectacle Begin(Special Disco Mix) [1986] 12"Single; RCA
<荒特派員>謎の3人組エレポ・バンド。バンドと言えど打ち込みです。ジャケは、3人が上半身裸で、おしろい塗りまくったような化粧顔を晒してます。かなり出来のいい耽美系哀愁エレポで、歌い方はちょいデビシル、サウンドは'80年代中期のNUMAレーベルやウルトラヴォックスを思わせる亜流な感じなんですが、かなり好き。B面は単なるインスト。7インチもあるようですが、アルバムは出ていないようで残念。100点あげたい。これ1曲だけしか発表してないのだとしたら、かなり惜しい。泣きの名曲です。

Victims Of Pleasure

Vision

Vitamin Z

80年中期に活動したメローなサウンドとジェフ・バラデールのハスキーな声が印象的だったバンド。『バーニング・フレーム』(『Rite Of Passage』に収録)が、スマッシュ・ヒットした。


They are the mid-80's band with mellow sound and husky voice of Geoff Barradale. "Burning Flame" (included in "Rites Of Passage") was a smash hit.

VOG

<Chad A.特派員>VOGが何処から来たのかは分かりません。凄くいいシンセのプレイヤーが居るパンクでキャッチーなニューウェイヴです。「Computer Numbers」はいけてるシンセのソロを含んだアルバムでのベスト曲です。


<Correspodent Chad A.> Not sure where VOG is from. They are punky and catchy New Wave with a great synth player. The song "Computer Numbers" is one of the best on the album with a neat synth solo.

Warman, Johnny

  • Walking Into Mirrors [1981] The Rocket Record

<荒特派員>「ニッチ・ポップ」や「テクノポップ/エレポップ」(エクシード・プレス刊)で紹介されていたアルバム。プロデュースは本人とVic Coppersmith-Heavenなる人物との共同名義ですが、エンジニアはヒュー・パジャム(XTCの『イングリッシュ・セツルメント』やポリスの『シンクロニシティー』、ジェネシス『ジェネシス』なんかをやってた人ですね。)が担当。ゲストでトニー・レヴィン、ジェリー・マロッタ、シナジーことラリー・ファストなどが参加しています。NASAがカヴァーしていた「Will You Dance with Me?」の原曲は、NASAの方に比べるとちょっとショボいです。でもこういう淡々とした8ビートのテクノは好きです(テレックスの「So Sad」みたいな)。驚いたことに「Screaming Jets」という曲ではピーター・ガブリエルが“Accompanying Vocals, Chants, Screaming and Effects”として参加しています。それと、ジョニーさんはあと1枚ぐらいアルバムを出してるそうですが、エイジアのアルバムで曲を書いてたり、ジェフ・ダウンズのソロ『ヴォックス・ヒュマーナ』にも参加しているそうです(未聴のため本人かどうかは未確認)。


<Correspondence Ara> The album introduced by "Niche Pop" and "Techno-Pop/Ele-Pop" (published by Exceed Press). It's produced by him and Vic Coppersmoth-Heaven, and engineered by Hugh Padgham (who worked on XTC "English Settlement" and Polis "Syncronicity"). As guests, Tonny Levin, Jerry Marotta, Larry Fast a.k.a. Synergy participated in it. The original "Will You Dance With Me?" covered by NASA is a bit poorer than NASA's version. But, I like this kind of simple 8-beat Techno (like Telex "So Sad"). To be amazed, Peter Gabriel supported the song "Screaming Jets" as accompanying vocals, chants, screaming and effects. Johnny seems to have released one more album, and he also wrote the songs for Asia albums, participated in "Vox Humana" by Geoffery Downes.

Way Of The West

When In Rome

メロウ&メロディアスなエレポップ。一発屋でしたが、『ザ・プロミス』は名曲です。


Mellow & melodious Electro Pop. Though they were a one-hit wonder, "The Promise" is a master piece.

White Door

<わとす氏>多分イギリスのバンドだと思います。3人組です。音的には典型的なエレ・ポップです。『Windows』というアルバムに入っている『Love Breakdown』という曲は涙の名曲です。

<Underpass特派員>とても楽しめる、純粋な英国のエレポップ・トリオ。パンク系のリリースで知られるClay Recordsから数枚のシングルをリリースした。「Windows」のLPはボーナスとして「Love Breakdown」の12インチが限定盤についてきた。「King Of The Orient」の7インチはゲットすべき。ミニマルなエレクトロニクスで大変お奨め。


<Mr. Watosu> I think it's probably a British band. It's a trio. Their sound is typical Electro Pop. The song called "Love Breakdown" in the album "Windows" is a masterpiece to make you cry.

<Correspondent Underpass> Very enjoyable, pure electro-pop trio from UK, released several singles on Clay Records which in fact are more known for their punk releases! The Windows LP also came in a limited edition with a free bonus 12" of Love Breakdown. Especially Kings of the Orient 7" should be sought after! - highly recommended minimal electronics

Woodhead Monroe

Yeah Yeah Noh

<JK氏>1枚目はThe Teardrop ExplodesのJulian CopeがやっていたレーベルIN TAPEから出ました。2枚目は、タイトルどうりBBCのJohn Peel Session での公開ライブです。


<Mr. JK> The first one is from IN TAPE label which Julian Cope of The Teardrop Explodes was running. The second is a public live at BBC's John Peel Session according to the title.

HOME | INDEX