AMERICAN ULTRA-MINOR
(アメリカの超マイナー)

OVERSEAS ULTRA MINORは巨大なリストとなってきましたので、ヨーロッパとアメリカ編に分割することにしました。このページでは、米国、カナダ出身の超マイナーなエレポップ〜ニューウェイヴ系をを紹介します。ニュー・ウェイヴ以降の新しいシンセポップ・アーティストに関してはNEO SYNTH-POPを参照してください。

<Chad A.特派員>ここで紹介したReversible Cords、The Uranium Savage、DaltaやF-Systems、他のオースティン出身のニューウェイヴ・バンドは、Radio Free Europe(PILのようなポストパンク)、The Pool(あまり面白くない)、The DelinquentsやD-Day(シングル『Too Young to Date』が小ヒット。)等です。.


As OVERSEAS ULTRA MINOR became a huge list, I decided to divide it into Europe and America. This page presents ultra minor artists of Electro Pop to New Wave from the U. S. and Canada. Please refer to NEO SYNTH-POP as for relatively new synth pop artists after New Wave.

<Correspondent Chad A.> On the top of Reversible Cords, The Uranium Savage, Dalta and F-Systems I described here, other Austin New Wave bands are, Radio Free Europe (Postpunk like PIL), The Pool (not very interesting), The Delinquents, and D-Day (had a minor hit with "Too Young to Date" single).

Allen, Gary | Animotion | Baby Buddha | BB Gabor | Blackouts | Bone, Richard | Book Of Love | Comateens | Computer Sex | D-Day | Delinquents, The | Delta | Dial M NEW! | Fibonaccis | F-Sytems | Gleaming Spires | Handful Of Snowdrops | Industry | Languirand, Pascal | Los Microwave | Martha And The Muffins | Means, The | Mechanical Servants | Microwave, David | Moev | Nariz, Wazmo | New Marines | November Group | Nuclear Regulatory Commission, The | Orrall, Robert Ellis | Our Daughters Wedding | Passionnel | Peru Ubu | Polyrock | Pool, The | Radio Free Europe | Rational Youth | Reversible Cords (Re*Cords) | Romeo Void | Rubber Rodeo | Shox Lumania | Side B | (S.F.) Units | Slow Children | Someone & The Somebodies | SSQ | Standing Waves | Strange Advance | Student Nurse | Swallen Monkeys, The | Thomas, David | Tin Huey | Trans-X | Uranium Savages, The | UJ3RK5 | Voice Farm | Went, Johanna | Wet Picnic | X-Teens | Zot
Omnibus Albums
Akron | :30 Over D.C. | L.A. In | Waves: Volume Two | Bowling Balls From Hell | Bowling Balls 2 | No Room To Dance | N.O. Experience Neccessary | A Wicked Good Time

Allen, Gary

<Chad A.特派員>多分東海岸からのインディー系アーティスト。1981年にEP『In White America』をリリース。テクノ、コールドウェイヴ、Zolo、全てオフザケ半分。


<Correspondent. Chad. A> Independent artist, perhaps from East Coast. Released the EP "In White America" in 1981. Techno, Cold Wave, and Zolo...all tongue-in-cheek.

Animotion

アメリカに有りがちなMTV世代のエレポップ+ハードロック要素を混ぜた商業的バンド。


An American stereotype commercial band for the MTV generation blending the elements of Electro Pop and Hard Rock.

BB Gabor

<Chad A.特派員>BB Gaborはニューウェイヴに順応する決心をしたカナダ出身の年期の入ったポップ・アーティストのようです。でも、一般的なこのタイプよりはいい結果を出しています。セルフ・タイトルのアルバムの約半分は、楽しく、おちょけたニューウェイヴ・チューンです。


<Correspodent Chad A.> BB Gabor seems to have been a veteran pop artist from Canada who decided to conform with the New Wave, but with better results than what this formula usually generates. About half of his self-titled album contains fun, toungue-in-cheek New Wave tunes.

Blackouts

<Chad A.特派員>The Blackoutsはシアトル出身で、2枚のシングルと1枚の12インチを出しました。驚くべきツイストと洒落たゾロな感覚のとても上手く演奏されたポストパンク・ニューウェイヴです。


<Correspodent Chad A.> The Blackouts were from Seattle and put out two singles and a 12" ep. Very well played post-punk/New Wave with surprising twists and swell Zolo moments. Their work is compared to Gang of Four and Talking Heads.

Bone, Richard / Shox Lumania

<Chad. A特派員>ニューヨークのシンセ・マニアのリチャード・ボーンは1979年より多くの音源をリリースした。僕は、彼のシングル『Digital Days/Alien Girl』とサイド・プロジェクトであるShox Lumaniaの作品(『Signals/I Have No Shoes』しか持っていませんが、両方とも彼のRumbleレコードから1981年にリリースされたものです。『Digital Days』はRomoとZoloの発覚です。素晴らしい歌詞とシンセ中心のアレンジです。Shox Lumaniaはより多くの楽器をバンド形態で使用している。『Singals』は偉大なZolo曲です。より詳細は、彼のサイトを。


<Correspondent Chad A.> Richard Bone, a New York synth guru, has released many recordings over the years since 1979. I have only his "Digital Days/Alien Girl" single and a 7" by his side project, Shox Lumania ("Signals/I Have No Shoes"), both released on his Rumble Records label in 1981. the "Digital Days" single is a Romo/Zolo revelation. Great lyrics and synth-dominant arrangements. Shox Lumania incorporates more instruments and band members. "Signals" is a great Zolo tune. Check his website for more info:

Book Of Love

80年代中期から活動するニュー・ヨーク出身の男一人と女3人からなるエレポップ・バンド。


The electro pop band from New York City consisting of one guy and three women who started in the mid 80's.

Comateens

<Chad A.特派員>ニューヨークから。80年代初期にCachalotレコード(1981年)リリースされたセルフタイトルのアルバムを含めて2〜3枚のEPとアルバムをリリース。ギター、ベース、シンセ、ドラムマシーンが踊れるニューウェイヴなロック&ポップを生み出す。シンプルで効果的なシンセ仕事が独占している。


<Correspondent. Chad. A> They were from New York. They released a couple EPs and albums in the early 80's, including the self-titled album on Cachalot records (1981). Guitar, bass, synth, and drum machine combine to make dance-able New Wave rock and pop. The simple, effective synth work dominates.

Computer Sex

<Chad. A特派員>Compter Sexはテキサスのオースティン出身の正体不明のデュオです。彼ら自身のElectricレコードから80年代初期に『Body Electric』がリリースされる。A面は実験的なエレクトロニック/コールドウェイヴに支配されて、B面はより折衷的でアップビートです。曲によっては、FibonaccisやPtoseを思い起こさせます。アマッチュアぽくないDIY。


<Correspondent Chad A.> Computer Sex is a mysterious duo from Austin, Texas. They released "Body Electric" sometime in the early eighties on their own Electric Records imprint. One side is subdued experimental electronic/Cold Wave and the other side more eclectic and up-beat. Some songs remind me of the Fibonaccis, others of Ptose. DIY without being amateurish.

Delta

Dial M

LAで80年に結成されたエレポップ・デュオ。作詞作曲ともM. Kapitanがしています。ライナー・ノーツ(浅川さんからの情報)によると、影響を受けたミュージシャンはマイルス・デイヴィス、ジェイムス・ブラウン、トーキング・ヘッズ、ブライアン・イーノ、カルチャー・クラブ、XTC、ミュージカル・ユースと言う事です。先日83年度のミュージック・マガジンを読んでいると、Dial Mの広告を偶然見つけました。『指の先までM感覚』という意味不明のコピーが笑えました。大阪でやっとアナログ盤手にいれました(99年2月)。

<浅川氏>15、6年前「DIAL M」いうエレポップ系のデュオのLPを持っていました。たぶん一発で終わっちゃったんじゃないかと思うのですが、その当時レコード屋さんで「DIAL M」の看板みたいなものをもらってきた記憶があります。なんと!友人の家の押し入れの中で眠っていたDIAL Mのレコードを引っ張り出し、カセットテープに録音してもらいました。中でも、「Modern Day love」は当時、ラジオのオールナイト・ニッポンを聴いていたときに、DIAL Mのデビューアルバムを売り出すCMでよく流れていた曲だったのを思い出しました。今聴いてもなかなかカッコいいです。何故売れなかったのだろうと不思議に思います。(ついでに、曲のサビの部分で、「It's modern day love, modern day love ....」と歌っている歌詞が、「いつまで狙う、まだ狙う....」と聞こえてたなー、なんてつまらないことまで思い出してしまいました(笑)。

<荒特派員>ファースト『ダイヤルM』のサウンドはLinn DrumとMoog系シンセ、それとギターによる、結構スキマの多い音。しかし曲そのものはメチャメチャ良いです。きゃっちーです。特にシングルにもなった「モダン・デイ・ラヴ」は名曲中の名曲。当時ニッポン放送でよく流れてました。三宅裕司の番組でしたっけ。今でも頻繁に聴いてます。愛聴盤です。続いて84年にはセカンド『フォー・ア・グッド・タイム』を発表。シングル「DIAL L フォー・ラヴ」も同時発売されました。B面の「イン・ジス・ワールド」は2ndに収録されているDance Versionの方です。オリジナルと大差ないですが。2ndは6曲入りのミニ・アルバムで、前作より多少音が厚めになっており、ところどころでヒップホップの影響も感じられますが基本的にはそんなに1stとの大きな差はありません。

(追加)ダイヤルMのMike Kapitan(ほとんどの曲を書いてるメインの人。1st裏ジャケの右側)なんですが、ダイヤルMのあと何やってんのかと思ったら、トーマス・ドルビーの『エイリアンズ・エイト・マイ・ビュイック』と『アストロノーツ&ヘラティックス』に参加していました。『エイリアンズ〜』ではバンド・メンバーとして参加していて、ライナーでは写真も見れます。全然気付きませんでした。
で、こんなMike Kapitanのサイト見つけました。バイオグラフィー程度しかないんですが、CM音楽などではDEVOのマーク・マザーズボーの製作会社と関わったりしたようです。ダイヤルMのことが抹殺されてるのが悲しいですが。

This is an electro pop duo formed in L. A. in '80. Their songs are written and composed by M. Kapitan. According the liner notes (the information from Mr. Asakawa), they are influenced by Miles Davis, James Brown, Talking Heads, Brian Eno, Culture Club, XTC and Musical Youth. I accidentally found the print advertising for Dial M when I was reading '83 Music Magazine. The non-sense catch copy "M sense to the fingers" made me laugh. I finally got their album in Osaka (2/99).

<Mr. Asakawa> I had a LP record of an electro pop duo called "DIAL M" I guess 15 or 16 years ago. I think they were a one hit wonder. I remember getting a kind of display board of "DIAL M" from the record shop. I pulled out Dial M's record who has been sleeping in my friend's storage and asked my friend to tape it. Among their tracks, I remembered "Modern Day Love" as it was often airplayed in the commercial for Dial M's promotion for debut album when I listened to All Night Nippon radio program. It's cool even today. I wonder why it did not make a hit. (skipped as it does not make sense if I translated to English.)

<Correspondent. Ara> The first "Dial M" has sound with lots of niches with Linn Drum, Moog synth and guitar. But, the tunes are extremely good. It's so catchy. The single cut "Modern Day Love" is espacially the best of the best. At that time, it was often on air on Nippon Broadcasting. I guess the program by Yuji Miyake. I still listen to it frequently. My favorite disc. Following it, the second "For A Good Time" was released in '84. The single "Dial For Love" was also released at the same time. "In This World" in side B is Dance Version included in the 2nd album though it's not much different from the original. The 2nd is a mini album containing 6 tracks, and the sound became thicker with some influence of Hip Hop, but it is not too different from the 1st.

(Addition) About Mike Kapitan of Dial M (the main men who are composing almost all music.) . He was on the right-hand side of 1st album's reverse side, he had participated in "Aliens ate my Buick" and "Astronotes & Heratics" of the Thomas Dolby after Dial M. In "Aliens..,", he has participated as a band member, and a photograph can also be seen at a liner. I did not notice him at all.
I found Mike Kapitan's site. It seems that he was associated with the manufacture company of Devo's Mark Mothersbaugh's for commercial film music although there was only a biography. It is sad that the existence of Dial M is erased.

Fibonaccis

LAのユーロ・テクノ・ロマンティック・ポップと形容される韓国女性ヴォーカルのバンド。80年代中期に日本のインディー・チャートでも注目されたみたいです。

<Chad A.特派員>彼等はアートなニューウェイヴ・アヴァンロックです。


This is a LA-based band with a Korean female vocalist called as Euro Techno Romantic Pop". In mid 80's, they got attention in Japenese Indie chart.

<Correspondent. Chad. A> They are artsy New Wave/Avant-Rock.

F-Sytems

Gleaming Spires

<gothおやじ氏>裏ジャケにSparks兄弟のコメントが、紹介されてます。Sparksといえば、「No. 1 In Heaven」しか知らないが、音は、そのタイプではありません。 どちらかといえば、イギリスの音にちかい。全編、安っぽいリズム・マシーンと、ききやすいメロディにつつまれてます。 ちょっと,OMDっぽい、New Wave Techno Pop。


<Mr. goth Oyaji> Sparks brothers' comments are shown in the back cover. While I only know about "No. 1 In Heaven" by Sparks, the sound is not like them. It's more like British. Overall, it's wrapped around cheapy rhythm machine and easy-to-listen melody. New Wave Techno Pop A bit like OMD.

Handful Of Snowdrops

<Handful Of Snowdropsのジャン・ピエール・メルシア>ケベック市出身。2001年か2002年の初めにHandful Of Snowdropsの新譜が出せるかもしれません。
<gothおやじ氏>音は、4ADに、いたころのCLAN OF XYMOXタイプ。2ndで、こけてしまいました。以後は、知りません。1stのみ、お薦め、名作です。


<Jean-Pierre Mercier of Handful Of Snowdrops> From Quebec City; ""Hello again,
There are chances of me releasing a brand new Handful of Snowdrops album in 2001 or early 2002.
<Mr. goth Oyaji> Their sound is like Clan Of Xymox during the 4AD days. But, they sunk with the 2nd album. I do not know what happened to them after that. The 1st is a masterpiece I recommend.

Industry

ニューヨーク出身のイギリス的キャッチーなエレポップ.バンドです。超おすすめ。


This is a British-influenced catchy Electro Pop band from New York City. Highly recommended!

Means, The

<Chad. A特派員>The Meansはカルフォルニア出身のニューウェイヴ・バンド。『Means Of Communication』というEPがSpuriousレコードから81年リリースされた。Zonk系『Roomate』以外はかなり一般的なニューウェイヴ・ロック。


<Correspondent Chad A.> The Means are a Newave band from California. Their "Means of Communication" EP came out on Spurious records in '81. Fairly generic Newave rock except for the Zonk "Roomate".

Mechanical Servants

<Chad A.特派員>ニューヨーク出身のユニークなWAVO+シンセポップ・デュオ。ヴォーカルのスタイルは、時代を先行していた。他のものとは比べられない。


<Correspodent Chad A.> A unique Wavo/Synthpop duo from New York. Vocal style seems ahead of its time. Difficult to compare to anything else....

Microwave, David/Los Microwaves/Baby Buddha

<Chad A.特派員>David Microwaveとしても知られているDavid Javelosaは1980年キャッチ−なシンセポップとZonk(Zoloとパンク)な『Record Player』を収録したソロEPをリリースする事でスタートする。1981年に彼のLos MicrowavesというグループはZolo、シンセパンク、ニューウェイヴを含んだ『Life After Breakfast』を出す。同年、彼はCharles HornadayやBaby Buddhaというグループ内のLos Microwavesのメンバー達と共同で『Music For Teenage Sex』のみをリリースした。このアルバムは不協和のエレクトロニックなカヴァー曲と幾つかの変態オリジナルを収録。全ての作品はPosh Boyレコードより。サンフランシスコ出身。


<Correspondent. Chad. A> David Javelosa, AKA David Microwave, began by releasing a solo EP in 1980 with catchy Synthpop and the Zonk (Zolo+Punk) "Record Player". In 1981, his Los Microwaves group puts out "Life after Breakfast", which contains Zolo, Synthpunk, and New Wave. The same year he collaborates with Charles Hornaday and members of Los Microwaves in the group Baby Buddha, which releases only "Music for Teenage Sex". That album includes dissonant electronic cover tunes and some wacky originals. All work on the Posh Boy record label. From San Francisco.

Moev

<ジャン・ピエール>バンクーバー出身。


<Jean-Pierre> From Vancouver.

Nariz, Wazmo

<Chad A.特派員>シカゴ地区より。1978年に『Tele-tele-telephone』というシングルと7インチEPからスタートする。そしてファーストアルバム『Things Aren't Right』を1979年にIRSから。セカンドアルバム『Tell Me How To Live』はBIGレコードから1981年に出る。釣り合いの取れないリズム、ボイングリー(?)なギターとぞんざいなシンセからトレードマークのオペラ風ファルセット・ヴォーカルまで。Wazmoはアメリカの主要なZoloの代表的人物。


<Correspondent. Chad. A> From the Chicago area. Starts with the "Tele-tele-telephone" single and a 7" EP in 1978, then releases his first album, "Things Aren't Right", on IRS in 1979. His second album "Tell Me How to Live" came out in 1981 on BIG records. From lop-sided rhythms, boingy guitars, and squiggly synths to the trademark operatic falsetto vocals, Wazmo is the USA's main Zolo exponent.

New Marines

The PoliceのStewert Copelandがパーカッションでゲスト参加したロサンジェルス出身のニューウェイヴ・ファンク系バンド。


This is an LA-based New Wave Funk band having Stewart Copeland as a guest percussionist.

November Group

Nuclear Regulatory Commission, The

<Chad. A特派員>テネシー出身のThe Nuculear Regulatory Commissionは1980年に自主制作で『Reactor』をリリース。優れたジャケ、また収録されたポスターはディーヴォあるいはResidentsの不気味さに期待させるが、『SystemFailure』はZoloです。残りは一般的なニューウェイヴとハードロックの中間です。


<Correspondent Chad A.> The Nuclear Regulatory Commission, from Tennessee (!), self-released "Reactor" in 1980. The excellent cover art and included poster lead one to expect Devo or Residents weirdness, but only one song "System Failure" is Zolo. The rest teeter between generic Newave and Hard Rock.

Orrall, Robert Ellis

ボストン出身のOrrallはイギリスのWhi-Fiレーベルからリリース。オムニバス『Blitz』にも2曲収録。


Orral from Boston released his alum on Whi-Fi label in the U. K. Two tracks were included in the omibus "Blitz".

Our Daughters Wedding

『デジタル・カウボーイ』に収録『ローン・チェアー』が英国でスマッシュ・ヒットしたニュー・ヨーク出身のエレクトロ・ポップ・トリオ。


New York based Electro Pop trio who had a smash hit "Lawnchairs" contained in the album "Digital Cowboy" in the U. K.

Passionnel

Peru Ubu / Thomas, David

<Chad A.特派員>Devoも含めて多くの変なグループがオハイオから出てきました。Devoはファースト・アルバム後L.A.に移りましたが、他の素晴らしいグループは残留しました。アクロン出身のTin HueyとThe Waitressやクリーヴランド出身のPere Ubuは成功した(そして興味深い)部類のグループです。

Peru Ubuは1975年から始まる長い歴史が有ります。妥協のないグループで、彼等のサウンドはパンク、アヴァンギャルド、エクスペリメンタル、ゾロを含みます。より詳細な歴史はこのサイトを見てください。彼等は解散して、1987年に再結成し、さらにアルバムをリリースしました。『Song Of The Bailing Man』は彼等の最良のゾロ的作品です。1982年にグループ解散後、リードシンガーのDavid Thomasは多用なジャンルを包括する幾つかの面白いソロ・アルバムを出しました。それらのアルバムで彼は木製の鳥(?)や通行人と演奏しました。


<Correspondent Chad A.> Many strange groups came from Ohio, Devo among them. Devo moved to LA after their first album, but the other fantastic groups remained. Tin Huey and the Waitresses from Akron and Pere Ubu from Cleveland were some of the more successful (and interesting) groups.

Pere Ubu has an extensive history, beginning in 1975. A very uncompromising group, their sound has included Punk, Avant-Garage, experimental, and Zolo. See this website for a detailed history of the group. They break up and get back together in 1987 releasing more albums. Song of the Bailing Man has their best Zolo work. After the 1982 breakup of the group, lead singer David Thomas did several interesting solo albums, covering diverse musical genres. On these albums he played with either the Wooden Birds or the Pedestrians.

Polyrock

New York Bayside出身のBillyとTommy Robertson兄弟が中心となったエレポップ・バンド。前衛音楽のPhilip Grassが2作ともプロデュース。オムニバス『Blitz』にも2曲収録。
<荒特派員>女性ヴォーカル含む6人組で、1stではフィリップ・グラスがプロデュースとしてだけでなく7人目のメンバーとしてもクレジットされています(担当はピアノとシンセ)。その1st『テクナヴァンギャルド』(すごい邦題ですが)の当時の宣伝コピーは“ポリロックはテクノ・ポップの未来をとらえた!!/ポスト・ニューウェイヴ・グループ、ポリロックNYよりデビュー!”というものでした。音の方はモロにトーキング・ヘッズ調の痙攣リズムのギター・ニューウェイヴ・ポップです。


This is an Electro Pop band from Bayside, New York, fronted by Billy and Tommy Robertson brothers. Philip Grass, an Avant-Garde musician produced the two albums. Two tracks were included in the omibus "Blitz".
<Correspondent Ara> A 6-piece group including a female vocalist. The first album credited Philip Grass as the 7th member (piano and synths) as well as a procuder. The 1st album "Technavantgarde" (speechless Japanese title) claims "Polyrock captures the future of Techno Pop!! Polyrock, a Post New Wave group, debuted from NYC. The sound is Guitar New Wave Pop with twitching rhthym like Talking Heads.

Pool, The

テキサスのオースチィンで活動したPatrick S. Keelのソロ・プロジェクト。ジャケでは、眼鏡をかけたその人が、ギターを弾いた写真があり、ちょっと「しまったか?」と思ったが、聴いてみると、わりとポップで、『Peter Gun』のカヴァーなんかしてます。クリストファー・クロスのバンドに参加していたみたいですが、ぜんぜん音楽性違います。


This is a solo project by Patrick S. Keel based on Austin in Texas. In the front sleeve, this guy with eyeglasses is playing a guitar and I was a bit skeptical, but it is more pop than I expected and "Peter Gun" is coverd. Though he was playing in the band for Christopher Cross, the musical orientation is completely different.

Rational Youth

1981年にTracy HoweとBill Vornによって結成されたモントリオール出身のパイオニア的カナダのエレポップ・バンドの一つ。
<セレクテッド・エリアのClas Petersson氏>貴方のサイトのカナダのセクションにカナダのバンドRational Youthを載せるを忘れないでください。


This is one of the first Canadian Electro Pop band from Montreal formed by Tracy Howe and Bill Vorn in 1981.
<Mr. Clas Petersson of Selected Area> Don't forget to also include the brilliant Canadian band Rational Youth under the Canada section of your site.

Reversible Cords (Re*Cords)

Romeo Void

カーズのリック・オーケセックにプロデュースされた「Never Say Never」や「A Girl In Trouble」がヒットしたニュー・ウェイヴ・バンド。


This is an New Wave band produced by the Cars' Rick Ocasek who released the hit singles such as "Never Say Never" and "A Girl In Trouble".

Rubber Rodeo

カントリー・スタンダードをテクノポップでカヴァーしたNew England出身のバンド。84年にマイナーヒットしたシングルTrish Millikenのフェチなヴォーカルをフィーチャーした「Anywhere With You」はDolly Parton Meets Devoといった感じです。


This is a band from New England who made techno pop covers of country standards. Their minor hit single in '84 "Anywhere With You" featuring Trish Milliken's fetching vocal is like "Dolly Parton Meets Devo".

Side B

自信がないのですが、Bill Laswellがプロデュース(Nicky Skopelitisがメイン・プロデューサー)で絡んでいるという点、Celluloid Recordsからリリースされている点から米国(NYC)かフランスのバンドではないかと推測しています。音はエレクトロ無国籍サウンド。


While I am not certain, I am guessing that they are from either the U. S. (NYC) or France based on the facts that Bill Laswell produced (Nicky Skopelitis as a main producer) and Celluloid Records released it. The sound is Electro Ethnic Sound.

(S.F.) Units

<KEITAA氏>(S.F.) UNITSというエレポップ・バンドを御存じでしょうか。大昔にフールズメイトで石野卓球氏がエレポップ裏街道というコラムで紹介していた記憶があり、アメリカ盤の7インチは1枚「Warm Moving Bodies b/w I-Night」所有しているんですが、その他の情報に関しては分からずじまいでして・・・

<(S.F.) UnitsのメンバーのLx Rudis>僕は78から81年にかけてユニッツで演奏してました。これ(上記のシングル)がレコーディングされてまもなくして脱退し、その後再加入してグループに留まり、415との契約問題でオリジナルのドラマーとサウンド・パーソンと脱退しました。
(S.F.) Unitsはthe Unitsと同じバンドですか?公式のバンド名は?
同じです。79年に別のユニッツが訴えようとしました。僕達は白の4曲入りEPで最初にデビューしました。ニューヨークのアルバニーの別のユニッツは僕達を辞めさせようとしました。僕達の方が明らかに古いグループであったにもかかわらず、2番目のレコードの「Warm Moving Bodies/I Nite」後に妥協策がとられました。

もし同じバンドであれば、未確認の次の情報があります。メンバー構成:Scott Ryser、Rachel Webber(元the Mummers and Poppers:Debora Iyall=>Romeo Void)、Richard Driskell
Scott Ryser:リード・ヴォーカル、殆どの作曲。SCI 800シークエンサーでドライヴしたエコープレックスを通したミニムーグを演奏しました。
Tim Ennis: オデッセイ・シンセ、バック・ヴォーカル、カーニバルのリード。彼は78年に脱退しました。丁度その頃、ユニッツが僕を高校からかりだして、髪の毛を切らせて、僕はバンドのかわいい年少メンバーとなりました。:)期間により僕はフランジャーや大きなリグを通してコルグMS20とARP 2600シンセとほぼ三つのシークエンサーを使いました。ある時期スコットと僕はトニー・レバットのスケートボードの映画のサントラに使ったオプティガンのキーボードを手に入れました。でもライヴでは使いませんでした。同じ頃タクシードムーンが実験していました。
Richard Driskill(又はDriskell):ludwigのジャズ・ドラムキットを演奏しバック・ヴォーカルをしました。
Rachel Webber:バック・ヴォーカル、プロジェクション。79年終わりにいい理由で脱退してから(Richard Driskillとユニッツのサウンド・マンとModmachを結成)、スコットとレイチェルは彼女をシンセ奏者にすると決めました。彼女はムーグ狂となりました。Debbie Iyallはグループの友達で415レコードでバック・ヴォーカルをしたかもしれませんが判りません。

僕達のステージ衣装はパンクとニューウェイヴの中間でした。レイチェルはタイト・パンツに縞のシャツ、スコットと僕はサンセット地域の労働階級の高校生達で流行っていたWPODルックを意識したTシャツに黒のジーンズ。リチャードはビートル・スーツ/モッズ・ルックにバディー・ホリーが掛けていた大きなピーパー氏(でばがめ?)型の縁入りの眼鏡を好んでいました。実質的ツアーはしませんでした。始めから僕達はメジャー・レーベルの興味があり、僕達のツアーはロスに週末旅行する程度でした。そこで、実質的にギターの代わりのシンセと芸術フィルムを伴ったヘビーメタル・パワー・トリオである僕達の様な変なバンドと契約するべきか考えているいろいろなレーベルのためにショーケース・ギグをしました。
83か84年頃に45回転リミックスがリリースされています。2曲はチューブスのマイク.コッテン、1、2曲はビル・ネルソンのプロデュースです。
ユニッツとの仕事は僕が今までしてきた事に大きな影響を与えたと言わなくてはなりません。もし、Scott Ryser、Rachael Webber、Ron Lantz、Richard Driskill達と仕事をしなければ、今のアーティストとしての僕はなかったと思います。

<Damian Ramsey氏>415 Recordsを離れてからMichael Cotton(The Tubes)のプロデュースで「The Right Man」と「A Girl Like You」とそのリミックスを収録したセッションを録音した。82年に「The Right Man」のシングルがUp Roar Recordsからリリースされてヒットした。その後すぐCBS/Epic Recordsをサインして「A Girl Like You」をリリースし、プロモ・ヴィデオも作った。The Unitsはアルバム制作のためウェールズに行った。ウェールズのセッションから3曲、2つのシングルと1つのリミックスがEP「A New Way To Move」として83年にリリースされた。そしてThe Unitsは歴史から消滅した。


<Mr. KEITAA> Do you know an Electro Pop band called "(S.F.) UNITS"? I remember Mr. Takkyu Ishino introduced it in the column "Electro Pop Back Street" in the magazine "Fool's Mate" long time ago and I own U. S. 7" single 'Warm Moving Bodies b/w I-Night'; however, I have no other information.

<Lx Rudis, a member of (S.F.) Units> I played in the Units from '78 thru '81. I quit shortly after this was recorded, then rejoined and stayed with the group, quitting along with the original drummer and sound guy over the whole 415 signing issue.
Is (S.F.) Units the same as the Units? What is your official band name?
Yes, in 1979 another Units attempted to sue us. We'd made it to market first with the white 4 song EP. The other Units, from Albany New York attempted to lay a cease and desist on us. Although we were clearly the 'older' group, a compromise was hit on AFTER the second record "Warm Moving Bodies/I Nite"
If it's the same, I have the following info. on the Units which I was not sure about. Members: Scott Ryser, Rachel Webber (ex the Mummers and Poppers: Debora Iyall => Romeo Void), Richard Driskell
Scott Ryser: lead vox, most composing. He played a minimoog run thru an echoplex driven by a SCI 800 sequencer.
Tim Ennis: Odyssey synth/back vox, lead on cannibals - He left in '78 at which point the Units pretty much scooped me out of high school, got me to cut my hair and I became the 'cute younger brother' band member.:) Depending on the period I used either a Korg MS20 run thru a flanger or a much larger rig with the above plus an ARP 2600 synth and about three sequencers. ...uh at some point Scott and I acquired Optigan keyboards which we used for soundtrack on a Tony Labat film on skateboarding but never worked into the live set. Tuxedomoon was experimenting with these at the same time.
Richard Driskill (or Driskell): played ludwig jazz drumkit and did backing vox.
Rachel Webber: backing vox, projections. After I quit for good in late '79 [forming Modmach with Richard Driskill and the Units sound man], Scott and Rachael decided to elevate her to role of synthesist. She got a moog prodigy. Debbie Iyall was a friend of the group and may have sung backup on the 415 record, I don't know.

Our stage 'look' was somewhere between punk and new wave - Rachael did the tight pants striped shirt thing, Scott and I wore T-shirts and black jeans, vaguely approximating the WPOD look popular among working class high-school kids in the Sunset district. Richard favored a sort of beatle suit/mod look with big 'Mr. Peepers' type horn rimmed glasses like Buddy Holly wore. We never really toured in the traditional sense - from the beginning we had major label interest and our 'tours' involved weekend trips to Los Angeles where we'd do showcase gigs for various labels wondering whether or not to sign something as weird as us - essentially a heavy metal power trio with synths instead of guitars and arty films to boot.
There was also a remix 45 released in like '83 or '84. Two songs produced by Mike Cotten of the Tubes and one or two produced by Bill Nelson.
I must say that my work with the Units pretty much defined the work I've done since - I would have been a far different artist if not for my work with Scott Ryser, Rachael Webber, Ron Lantz and Richard Driskill.

<Mr. Damian Ramsey> After they parted ways with 415 Records, they recorded a session produced by Michael Cotton (the Tubes) which included the songs "The Right Man" and "A Girl Like You", plus remixes of both. "The Right Man" single was released by Up Roar Records in 1982. It became a hit. They signed to CBS/Epic Records shortly afterwards and
released "A Girl Like You" and recorded a promotional video for it. The Units then left for Wales to record and album. Three songs from the Wales sessions, the two singles and a remix ended up on the Epic Records EP "A New Way To Move", released in 1983. The Units then disappeared from history.

Slow Children

L.A.出身の紅一点Pal Shazarがヴォーカリストのトリオ。Jules & The Polar BearsのJules Shearがプロデュースした。オムニバス『Blitz』にも1曲収録。


This is a trio from L.A. featuring a female vocalist, Pal Shazar. Jules Shear of Jules & The Polar Bears produced them. One track was included in the omibus "Blitz".

Someone & The Somebodies

<Chad. A特派員>Someone & The Somebodiesは変てこなボストンのバンド。Modern Methodから1981年に『Bops On The Head』というEPを出した。2の隠れたZolo 系の曲『We Were Only Kidding』と『Membo Sombo』とパンクなカバー『Working In A Coal Mine』。芸術家気取りでユーモアがあります。


<Correspondent Chad A.> Someone & The Somebodies are an obscure Boston band. They put out an EP, "Bops on the Head", in 1981 on Modern Method. Two cryptic Zolo trax, "We Were Only Kidding" and "Mombo Sombo", and a punky cover of "Working in a Coal Mine". Artsy and humorous.

SSQ

「The World Indies Catalogue」に載っていたカリフォルニアで活動したエレポップ・バンド。アレンジはとても過剰で、悪く言えば大味だが、妙に好感が持てる。エレクトロニクスや未来感を意識したタイトルがよろしい。紅一点のStacey Swainは、女優らしいが、昔はサーカスで象に乗っていたらしい。


This is a Calfornia-based Electro Pop band listed in "The World Indie Catalogue". The arrangement is very excessive and lacks the sensitivity in a bad way, but it has some strange appeal. The track titles consciously named after Electronics and Futurism are nice. Stacy Swain, the only woman in the group appeared to be an actress and she used to ride on elephant in the circus.

Standing Waves

<Chad A.特派員>Standing WavesはThe Talking Headsに対するオースティンの回答です。


<Correspondent Chad A.> Standing Waves were considered Austin's answer to the Talking Heads.

Strange Advance

<荒特派員>カナダのエレ・ポップ・バンドです。いかにもカナダ産、という感じの開放的なエレ・ポップです。タイトル曲はOMDっぽい。全体的にはカナダ版フィクス、という感じでしょうか。ちょっと東洋的なアレンジの「Lost In Your Eyes」という曲はすごく好きです。ボーカルのダリル・クロームの顔は、ルパート・ハインに似ています。

<Correspondent Ara> This is a Canadian Electro Pop band. It's an openhearted Electro Pop of Canadian feel. The titled tune is OMD-esque. Overall it's a kind of Canadian Fixx. I like "Lost In Your Eyes" with oriental arrangement a lot. Darryl Kromm, a vocalist, looks after Rupert Hine.

Student Nurse

<Correspodent Chad A.> Student Nurse was another interesting Seattle group.


<Chad A.特派員>Student Nurseはもう一つの面白いシアトルのグループでした。

Tin Huey / Swallen Monkeys, The

レコードラックをチェックすると、Tin Huey持っていました。

<Chad A.特派員>Tin Hueyは偉大なゾロ・ユニットです。彼等は活動中一枚のアルバムのみをリリースした。また、アクロンのレーベルのCloneからいくつかのシングルも。彼はセカンド・アルバムを売っているサイトも持っています。でもファーストでのゾロ的曲なヒントはあまりありません。Tin Hueyのギタリスト・ヴォーカリストはマイナーな成功を収めたThe Waitressesにも在籍した。

Tin Hueyのホーン担当、Ralph Carneyはバンドのゾロ精神を継続しています。彼はニューヨークを拠点とするニューウェイヴ〜アヴァン・ジャズ的プロジェクトであるThe Swollen Monkeysにも参加した。アルバムはワープしたザッズ(ゾロ+ジャズ)で一杯です。CarneyはB-52'sやTom Waitsとその後も活動。


As I checked the record rack, I had the Tin Huey album.

<Correspondent Chad A.> Tin Huey was a great Zolo unit. They released only one album while together. Also a few singles, some on the Akron label, Clone. They have a website where they sell the proposed second album, which gives little hint at the Zolo tunes on their first album. Tin Huey's guitarist/vocalist was also in The Waitresses, who had minor success.

Tin Huey's horn man, Ralph Carney, continued on in the band's zolo spirit. He joined the Swollen Monkeys, a New York based New Wave/Avant-Jazz project. The album is full of warped Zazz (Zolo + Jazz). Carney went on to perform with the B-52s and Tom Waits.

Trans-X / Languirand, Pascal

「Living On Video」は、ダンサブルなエレポップという出来ですが、ジャーマン・ユーロとされているらしいです。だから、ユーロビートのページに載せていたのですが、上記の日本盤アルバムのライナーを読んで、修正が必要となりました。先ずは、ドイツでも人気があったのだが、カナダ出身である。そして、アルバムを聴いてみると、「Living On Video」のようなエレクトロ・ディスコ・サウンドもありますが、ディーヴォ等にも通じるニューウェイヴ風の曲もあり、幅広い音楽性がある。サウンド・メイキングの中心を担うPascalは大学で電子技術を勉強し、Trans-XをモデルのLaurieと組む以前に3枚のソロ・アルバムを出しています。


While "Living On Video" is a dancable Electro Pop, it is considered to be German Euro. So, I initially listed them at EUROBEAT page, but I have to make changes after I read the linernotes in the above Japanese album. First, while they were also popular in German, they are from Canada. As I listen to their album, they have wider breadth of music quality including New Wave tracks that sound more like Devo while they have Electro Disco sound such as "Livining On Video". Pascal who is the center of sound-making studied Electronics in a university, and released 3 solo albums before he forms Trans-X with Laurie, a model.

Uranium Savages, The

UJ3RK5

<Chad. A特派員>UJ3RK5(ユージャークスと発音)バンクーバーB.C.からの光り輝くアートロック/Zolo/ノーウェイヴである。、1980年にQuintessenceレコードからセルフ・タイトルのEP(『The Vancouver Compilation』にも2曲収録)が出ています。The Dancing Cigarettesに似ている偉大な熱狂的なZolo曲。


<Correspondent Chad A.> UJ3RK5 (pronounced: You-Jerks) are a brilliant Art-rock/Zolo/No-Wave from Vancouver B.C. Their self-titled EP came out in 1980 on Quintessence records (they also have two tracks on "The Vancouver Compilation"). Great frenetic Zolo similar to the Dancing Cigarettes.

Voice Farm

<gothおやじ氏>シングル「Double Garage」には、女性が加入。「Sleep」のB面の「Modern Things」は、誰かが、最近、カバーしたのか、ラジオから、ながれてました。アメリカのテクノ・ポップ。


<Mr. goth Oyaji> In the single "Double Garage", a female member joined. "Modern Things", B-side of "Sleep", was covered by someone and it was on the radio. American Techno Pop.

Went, Johanna

<Chad A.特派員>Johanna Went(シアトルからロスへ移住)は主にパフォーマンス・アーティストですが、「Hyena」を含めて地元のミュージシャン(主にMarkとBrock Wheaton)と2〜3枚のコラボレーション作を発表した。ヴォーカルは一貫性がなく不明瞭で、音楽は折衷的(アヴァン・ディスコ、パンク、ジャズ、実験)である。とても奇妙で面白い作品。


<Correspodent Chad A.> Johanna Went (an LA transplant from Seattle) was mainly a performance artist, but released a few of her collaborations with local musicians (mainly Mark and Brock Wheaton), including "Hyena". The vocals are incoherent mumbling and the music is eclectic (Avant-disco, Punk, Jazz and experimental). A very odd and interesting release.

Wet Picnic

<Chad A.特派員>Wet Picnicを結成したメンバー達はもともとアルゼンチン出身ですが、バンドを組むためにロスの移りました。上のEPはシンセ入りの(時にはアーティーな)ニューウェイヴ・ロックです。


<Correspodent Chad A.> Wet Picnic's founding members were originally from Argentina, but moved to LA to form the band. The above EP is (sometimes artsy) New Wave rock with synths.

X-Teens

<Chad A.特派員>サウス・カリフォルニア出身。サウンドは楽しく、全てでは無いですが、しばし奇抜なニューウェイヴ(特に「Happy Again」と「Shift Or Rotate」)です。


<Correspodent Chad A.> They were from South Carolina; the sound is fun, and often quirky, New Wave (especially tracks like "Happy Again" or "Shift and Rotate") although other tracks are somewhat generic.

Zot

ロス出身の暗めのアメリカン・商業ポップです。でも、エキゾチックなサウンドは期待しないで下さい。ちょっと大味。
<荒特派員>久々に引っ張り出して聴いてみました。『エキZOTティック』って、・・・・なんたる邦題。ヴォーカルがゲイリー・ニューマンしてますね。


It is an American Industry Pop from Los Angeles. But, don't expect Exotic sound. It's not refined well.
<Correspondent Ara> I listened to it after a long interval. "ExZOTic"... what a Japanese sub-title! Vocal is Gary Numan-esque.

Omnibus Albums

Akron

[1978] Stiff

<Chad A.特派員>Jane Aire & the Belvederes、the Bizarros、Chi Pig、Idiots Convention、Rubber City Rebels、Rachel Sweet、Sniper、Terraplane、Tin HueyやThe Waitressesを収録。The Chi PigとTin Hueyの曲は本当のゾロです。


<Correspondent Chad A.> This included Jane Aire & the Belvederes, the Bizarros, Chi Pig, Idiots Convention, Rubber City Rebels, Rachel Sweet, Sniper, Terraplane, Tin Huey, and The Waitresses. The Chi Pig and Tin Huey tracks are real Zolo treats.

:30 Over D.C.

[1978] Limp

<Chad. A特派員>『:30 Over D.C.』は1978年にLimpレコードから現われたアメリカの首都からのパンクとニューウェイヴ・バンドのコンピです。全体としてかなり普通ですが、Mock Turtleの奇妙なDIY的Zolo曲やThe Slickee BoysのZonk曲を除いては。他のバンドは次のとおりです:Penetrators、Rudements、D' Chumps, Billy Synth、1/2 Japanese、White Boy、the Nurses、Mark Hoback、Judies Fixation、Tina Peel、Da Moronics、Young Turds、Jeff Dahlそして Raisinets。


<Correspondent Chad A.> ":30 Over D.C." is a compilation of Punk and Newave bands from the US capital that came out on Limp records in 1978. Overall, pretty normal, aside from the odd DIY Zolo of Mock Turtle and a Zonk tune from the Slickee Boys. Other bands are: Penetrators, Rudements, D' Chumps, Billy Synth, 1/2 Japanese, White Boy, the Nurses, Mark Hoback, Judies Fixation, Tina Peel, Da Moronics, Young Turds, Jeff Dahl, and Raisinets.

L.A. In

[1979] Rhino

<Chad. A特派員>Rhinoから出た『L.A. In』(1979年)は、1つの不思議な曲がある別の現状維持的ニューウェイヴ・コンピです。ハイライトはのレコードとしてのオインゴ・ボインゴの最初のリリースです。かれらのばかばかしいZolo曲『I'm Afraid』は、サウンドトラック『Forbidden Zone』での仕事の明白な先例を提供します。


<Correspondent Chad A.> Another status-quo Newave comp with one weird track is Rhino's "L.A. In" (1979). Bands from, or working in, LA. The highlight is Oingo Boingo's first release on record. Their zany Zolo "I'm Afraid" provides an obvious precedent to their work on the "Forbidden Zone" soundtrack.

Waves: Volume Two

[1980] Bomp

<Chad. A特派員>Bompレコードは、米国の周辺のニューウェイヴ・バンドのコンピを出しました。『Waves: Volume Two』(1980年)はPointed Sticks、The Dadaistics、Billy Hancock、OHO、The Singles、The Toasters、Gary Charlson、Toy Love、Jeff Stacy & the National Debt、Psychotic Pineapple、The Martians、the Lonely BoysそしてThe Jumpers。ニュージーランドのToy Loveによる変な曲とOHO(不適当、プログラムtoonで出来たただ一つのZolo)以外は、普通のニューウェイヴです。


<Correspondent Chad A.> Bomp Records put out a some compilations of Newave bands around the US. "Waves: Volume Two" (1980) contains Pointed Sticks, The Dadaistics, Billy Hancock, OHO, The Singles, The Toasters, Gary Charlson, Toy Love, Jeff Stacy & the National Debt, Psychotic Pineapple, The Martians, the Lonely Boys, and The Jumpers. Mostly Newave normalcy, except for odd tracks by New Zealand's Toy Love and OHO (who give us the only Zolo here, couched in an out-of-place Prog toon).

Bowling Balls From Hell / Bowling Balls 2

[1980] / [1981] Clone

<Chad A.特派員>アクロンをベースとしたレーベルであるCloneレコードは二つのニューウェイヴ・コンピを出しました。最初のコンピはThe Waitresses、Denis DeFrange、Ralph Carney,、Haff NotzやHurricane Bobによる曲を収録。2枚目は、Unit 5、Bizarros、Hammer Damage、Tin Huey、Waitressesと突然ダンボールという日本のグループを収録。


<Correspondent Chad A.> Akron based label, Clone Records, put out two New Wave compilations. The first compilation included songs by The Waitresses, Denis DeFrange, Ralph Carney, Haff Notz, and Hurricane Bob. Ralph Carney's work here is very Zolo. The second one included Unit 5, Bizarros, Hammer Damage, Tin Huey, Waitresses, and a Japanese group called Totsuzen Danball.

No Room To Dance

[1980] Blue Wave

<Chad A.特派員>ヴァージニア出身のニューウェイヴ・バンドのコンピです。X-Raves、Citizen 23、Tango Storm、Rock Bottom、The Noise、The Narosを収録。 Rock BottomとThe Narosは変態度で残りのアルバムの凡庸度を卓越しています。


<Correspondent Chad A.> Here is a compilation of New Wave bands from Virginia. It includes X-Raves, Citizen 23, Tango Storm, Rock Bottom, The Noise, The Naros. Rock Bottom and The Naros rise above the mediocrity of the rest of the album with their weirdness.

N.O. Experience Neccessary

[1980] Omnibus; Oblique

<Chad A.特派員>ニューオリンズからのパンクとニューウェイヴ・グループを集めたコンピ。レコードは、Room Service、Mandeville Mike & the Mental Block、Backstabbers、Driveways、Men in Black、Contenders、Mechanics、Shitdogsを収録。殆んどのサウンドはアーティーで洒落っ気のある路線をとった引き立っているMechanics以外はとても平凡です。


<Correspodent Chad A.> A compilation of Punk and New Wave groups from New Orleans. The record includes the bands, Room Service, Mandeville Mike & the Mental Block, Backstabbers, Driveways, Men in Black, Contenders, Mechanics, and Shitdogs. Most of the sounds here are pretty generic except for the standout Mechanics who take an artsier humorous route.

A Wicked Good Time

[1981] Modern Method

<Chad. A特派員>1981年には、ボストンのレーベル、Modern Methodはが、ボストン・バンドのコンピ『A Wicked Good Time』を作った。A面は普通のニューウェイヴ・ロックとパンク・バンドですが、B面はより実験のグループ。次のものが含まれています:Pastiche、The Outlets、FutureDads、Boys Life、La Peste、Swinger Resort、Young Snakes、Vacuumheads、Suade Cowboys、Bound And Gagged、Someone & The Someodies、Bird Song Of The MesozoicとThe Loners。Someone & The Somebodies、Bound And GaggedからのZolo曲やThe LonersのZonk曲。


<Correspondent Chad A.> In 1981, the Boston label, Modern Method, made a compilation of Boston bands called, "A Wicked Good Time". Side A is normal Newave rock and Punk bands, while side B focuses on the more experimental groups. Included are: Pastiche, The Outlets, Future Dads, Boys Life, La Peste, Swingers Resort, Young Snakes, Vacuumheads, Suade Cowboys, Bound and Gagged, Someone & the Somebodies, Bird Songs of the Mesozoic, and the Loners. Zolo tunes from Someone & the Somebodies and Bound and Gagged, Zonk from the Loners.

HOME | INDEX