CLUB LUNATICA

Phnonpenh Modelの谷口正明氏が運営するClub Lunaticaのアーティスト達を紹介します。Club Lunatica HPではメーリングリストとによるお知らせもあります。


This page introduces the artists on Club Lunatica run by Mr. Masaaki Taniguchi of Phnonpehn Model.

Droptone | echo-U-nite | Hiuganatsu(ひうがなつ) | Love Furniture Lounge Bears | Paanyagurumin(パニャグルミン) | Phnonpenh Model(プノンペン・モデル) | Youchu-sha = Larva House(幼虫社) NEW!

Phnonpenh Model(プノンペン・モデル) / echo-U-nite / Love Furniture Lounge Bears / Droptone

元々はP-MODELのコピー・バンドだったプノンペン・モデルは、元P-MODELのキーボーディスト、ことぶき光中心に、谷口正明(エコーユナイト)とライオンメリィ(元ヤプーズ、現エコーユナイト、メトロファルス)が加わり1994年結成された。1997年活動再開。独自のコラージュ・ミュージックを追及する。

<プノンペン・モデルの谷口正明氏>私はプノンペン・モデルの他、3つのバンドを掛け持ちしながら、それらの音源をリリースするべくClub Lunaticaというレーベルを運営しています。次回リリース作品(発売日:8/8)はPhnonpenh MODELのライブ盤(『melting high/berlin〜paris〜tokyo』)です。独・仏・日本のでのツアーの模様を収録したライブ盤。メンバーは、ことぶき光(元P-MODEL)、ライオンメリイ(元ヤプーズ、ヴァージンVS)、谷口正明(元イキル、現エコーユナイト)。80年代東京ニューウェーブの残党によるデジタル・パンクなライブ音源。3都市(ベルリン、パリ、東京)でのライブ演奏の並行MIXにより製作(各演奏×3、声援は独・仏・日の言葉が入り交じり)。
尚、同じClub Lunaticaレーベルからリリースのecho-U-niteとLOVE FURNITURE LOUNGE BEARSそして『船出』というレーベル・コンピのなかに収録しているdroptoneというバンドが、プノンペンモデル以外の私のバンドです。

僕は81年頃から少年マルタという芸名(アンダーグラウンドな演劇などやっていたので)を使い「イキル」というバンドで歌っていました。その頃はいわゆるバンドブームで、ナゴムのバンド(筋少とか人生とか)なんかとよく対バンをしていました。僕は「ヴァージンVS」が好きだったので、よく見に行っていたのですが、「ブリキの自発団」という劇団の人が、あがた森魚さんに「イキル」のことを話したのがきっかけで、あがたさんのバンド(「ヴァージンVS」は事実上消滅して、そのあとライオンメリイとあがたさんで「ジュジュギプス」というユニットをやっていた)と「イキル」そして「みかんむくっ」というバンドの3つで、「菫未来派少年展覧会」というイベントをよくやっていました。あがたさんはガラスレコードというレーベルを立ち上げたかったようですが、ソノシート(上記3バンド収録)を2枚作っただけでポシャってしまいました。その後「みかんむくっ」にいたことぶき光はP-MODELに加入(「みかんむくっ」は解散、ヴォーカルの三橋美香は「はにわちゃん」に参加したりソロだしたり「オニ」というバンドやったり、現在は「総本山」というバンドやっています)。

一方、僕は90年に「イキル」を休止させ、ライオンメリイ等と共に「echo-U-nite(エコーユナイト)」を結成。ライオンメリイは「echo-U-nite」の他「メトロファルス」「ヤプーズ」でも正式メンバーとして活動。ことぶき光は事務所が同じだった関係で「P-MODEL」やりながら戸川純さんのライブのバックなどもやっていました。同時期、僕は「少年王者舘」という名古屋の劇団に出演したりしていたのですが、そこの劇団員が組んだバンドが「遊星ミンツ」です(現在も活動中。ヒカシューの坂出雅海氏プロデュースによる音源が契約等の関係でお蔵入りしたままで、かわいそう)。「echo-U-nite」と「遊星ミンツ」はよく対バンしてました。さて、以上の様な経過を経て、ことぶき光とライオンメリイと僕とで「Phnonpenh MODEL」は94年に結成されたのでした。最初は完全にシャレでした。やらせでP-MODELのコピーバンド大会に出たのですが、そのライブの評判がよかったので、なんとなく1st「DESK TOP HARD LOCK」を作ったってかんじでした。

話はすこしそれますが「イキル」や「echo-U-nite」が好きでよくライブに来てくれていた友達に、タケという男がいます。彼は「DUB SONIC」という名前で96年頃から活動をはじめ、永田一直さんの「TRANSONIC」の中の「ZERO GRAVITY」などから作品をリリースしはじめました。彼が「DUB SONIC ROOTS meets NERVE NET NOISE」(97年)というライブ盤を出した時に僕もヴォイスで参加していました。そんな関係で、Phnonpenh MODELの2nd「PATCHWORKS」のマスタリングは、TRANSONIC STUDIOで永田一直さんにお願いしたりしました。「DUB SONIC」を通じて音響派と言われている「NERVE NET NOISE」と知りあった僕は、97年、NNNの熊切寛とすずえり(当時はオシツオサレツというバンドで歌っていた)と3人で「droptone」という音響派フォークとでもいうようなバンドを組んだりもしています。最近になってすずえり嬢はもうひとりのNNN、タゴマゴ氏と「ときめきサイエンス」なるユニットを結成。竹村延和氏のレーベル、Childiscから1st「新しく、美しい音楽」をリリースしました。


Phnonpenh Model that was originally a copy band of P-Model is formed by Hikaru Kotobuki with Masaaki Taniguchi (echo-U-nite) and Lion Merry (ex Yapoos, echo-U-nite, Metro Farce) in 1994. In 1997, they revived their activity and pursue their own collage music.

<Mr. Masaaki Taniguchi of Phnonpenh Model> While I play at three bands on the top of Phnonpenh Model, I run the label called Club Lunatica to release the recordings for them. The next release (8/8 on sale) is Phnonpenh Model's live album ("melting high/berlin〜paris〜tokyo") . It's a live album containing the tours at Germany, France and Japan. The members are Hikaru Kotobuki (ex P-Model), Lion Merry (ex Yapoos, Virgin VS), Masaaki Taniguchi (ex Ikiru, currently echo-U-nite). It's digital punky live recording by the survivors from the 80's Tokyo New Wave scene. It's produced by parallel-mixing live performance (each performance x 3, audience sounds mixed in German, French and Japanese) at three cities (Berlin, Paris & Tokyo).
My bands other than Phnonpenh Model are echo-U-nite, LOVE FURNITURE LOUNGE BEARS and droptone contained in the label compilation "funade" which are all released on the same label, Club Lunatica.

I had been singing in the band called "Ikiru" using Shonen Maruta (used for Underground Performance). That time was so called "Band Boom", and we were often playing with Nagom bands (such as Kinniku Shojotai and Zinsay). I liked Virgin VS and often went to their gigs. We often did an event called "Sumire Miraiha Shonen Exposition" by three bands consisting of Mr. Agata's band (Virgin VS was already not active and Lion Merry and Mr. Agata did a unit called "Juju Gyps"), Ikiru and Mikan Mukku after a person in the "Buriki No Jihatsu-dan" performance group mentioned "Ikiru" to Mr. Morio Agata. Mr. Agata wanted to start up a new label "Glass Records", but it disappeared after making 2 flex-discs (containing the 3 bands mentioned). After that, Hikaru Kotobuki, ex. Mikan Mukku, joined P-Model (Mikan Mukku was disbanded and Mika Mitsuhashi, a vocalist, joined "Haniwa-chan" , did a solo, played in the band called "Oni", and currently doing the band called "Sohonzan".

On the other hand, I stopped "Ikiru" in '90 and formed echo-U-nite with Lion Merry. Lion Merry also played as an official member of Metro Farce and Yapoos beside echo-U-nite. Hikaru Kotobuki was supporting the live for Jun Togawa while playing in P-Model as he was in the same agency. At the same time, I performed in the performance group in Nagoya called "Shonen Ohja Kan" and the members of this group formed "Yusei Mints" (They are still active. I feel sorry as the recording produced by Masaumi Sakaide of Hikasu has not been released due to the contract issue.). "echo-U-nite" and "Yusei Mints" often played together. Based on the mentioned history, Hikaru Kotobuki, Lion Merry and I formed Phnonpenh Model in '94. It was initially a joke completely. We appeared on the P-Model Copy Band Contest, and our live was well accepted. So, we created the first album "Desk Top Hard Lock".

While the story gets off track a little, there is a guy called Take among the friends who came to the lives for "Ikiru" and "echo-U-nite". He started around '96 under the name of "Dub Sonic", and released his works on Zero Gravity of Transonic by Mr. Kazunao Nagata. When he released the live album "DUB SONIC ROOTS meets NERVE NET NOISE" ('97), I joined as voice. With the relationship mentioned, we asked Mr. Kazunao Nagata to do mastering for Phnonpenh Model's 2nd "Patch Works" at Transonic Studio. Through "Dub Sonic", I became to know "Nerve Net Noise" called as Soundscape Electronica (Onkyo Sect), and formed an Electronica Folk unit "droptone" with Hiroshi Kumagiri of NNN and Suzueri. Recently, Suzueri formed a unit called "Tokimeki Science" with another NNN, Tagomago, and released the 1st "Atarashiku, Utsukushii Ongaku" on Childisc.

Paanyagurumin(パニャグルミン)

以前、テクノ歌謡ファンホームページに掲載されていて、買おう買おうと思っていて、2001年になってやっと買ったパニャグルミン。遅くなってゴメンね。関西出身ではないだろうが、芸風としてはモダチョキに近いものがある。皆さん、かぶりもの大好き!サウンド・プロデューサーは、谷口正明氏。サエキけんぞう氏、加藤賢崇氏、大川豊総裁、Yセツ王などのサブカル系著名人が絶賛。

ALL ABOUT JAPANにて『ニットフェチなパニャグルミン』記事を2001年11月28日に掲載。


They used to be introduced in Techno Ca-yo Fan Home Page, and I finally bought it in 2001 after thinking about buying it for a long time. Sorry for being late. While they don't seem to be from Osaka area, their style is somewhat similar to Modern Choki Chokies. They all like costumes. A sound-producer is Mr. Masaaki Taniguchi. Famous people in subculture field such as Messrs. Kenzo Saeki, Kenso Kato, President Yutaka Ohkawa, and Y-Setsu-O gave strong appreciation to them.

Youchu-sha = Larva House(幼虫社) / Nekomatsurihime(猫祭り姫)

HOME | INDEX