Pizzicato Five(ピチカート・ファイヴ)
Rocketman(ロケットマン)

Pizzicato Five(ピチカート・ファイヴ)

Rocketman(ロケットマン)

ピチカート・ファイヴをテクノポップとするのは異論があるだろうが、少なくともノン・スタンダード時代はそう呼んでもいいのではないか。その後は、日本のクラブ・ミュージックを代表する解体と再構築を繰り返した不定型のポップ路線を行ってます。でも、プラスチックスの『グッド』のカヴァーのようにテクノポップのありです。90年に元ポータブル・ロックの野宮真貴さんを迎え、さらに磨きがかかった。小西氏は自分たちの作品をHCFDM(ハッピーで、かわいくて、お馬鹿さんな、ダンス音楽)と呼んでます。日本だけでなく世界的にも評価の高い数少ない日本のミュージシャンとして頑張って欲しい。また、小西氏はいろいろな人のプロダクションに係わっており、主なところでは小泉今日子、戸川京子、松本伊代、中山忍、細川ふみえ(エロ・テクノ歌謡)、三浦理恵子となる。ちなみにCASIOのThe Official Pizzicato Five G-Coolモデルと言うのもあります。ヤング・オデオンとウィンク・ザ・サーヴィスはミント・サウンド時代のピチカートの別名ユニットです。誰か、「Pizzicato Five研究本」書いてくれないかな?


It would be disagreed to define Pizzicato Five as techno pop, but at least their Non-Standard period can be called at least in my opinion. Later, they pursed formless pop path by repeating deconstruction and reconstruction representing Japanese Club music. But, they still have a techno pop song covering Plastics' "Good". In 1990, it was refined by brining Maki Nomiya, ex-Portable Rock. Konishi call their music as HCFDM (Happy Charming Foolish Dance Music). I would like them to keep it up as one of the few highly regarded Japanese musicians in the globe as well as in Japan. Konishi has been also involved with many people such as Kyoko Koizumi, Kyoko Togawa, Iyo Matsumoto, Shinobu Nakayama, Fumie Hosokawa (Ero-Techno Kayou), Rieko Miura. By the way, there is CASIO's The Official Pizzicato Five G-Cool model. Young and Wink The Service are the units with different names of Pizzicato V during Mint Sound days. I wish someone will write the Pizzcato Five book.

HOME | INDEX