PIZZICATO WORKS
readymade international

まだ不完全ですが、歌謡曲〜J-POP〜渋谷系までピチカートVのメンバーによるプロデュ−ス作、楽曲提供、アレンジ等をリストしました。リミックスまで入れると結構な数になるでしょう。Technopolisの小西氏によるリミックスは聴いただけで分りますね。


While it's still incomplete, I listed up Pizzicato-esque works from Kayo-kyoku, J-POP to Shibuya-style produced, written or arranged by the members of Pizzcato V. There are even more if remix works are included. You can easily tell who remixed just by listening to Tecnopolis remixed by Mr. Konishi.

Konishi, Yasuharu(小西康陽)
Arichika, Masumi(有近真澄) | Denki Groove(電気グルーヴ) | Fukada, Kyoko(深田恭子) | GIRL GIRL GIRL | Havana Exotica(ハバナ・エキゾチカ) | Haga, Yui(芳賀ゆい) | Hosokawa, Fumie(細川ふみえ) | Koizumi, Kyoko(小泉今日子) | Kuga, Yoko(久我陽子) | Matsumoto, Iyo(松本伊代) | Miura, Rieko(三浦理恵子) | Modern Choki-Chokies(モダン・チョキチョキズ) | Morioka, Shouko(森丘祥子) | Nakayama, Shinobu(中山忍) | Togawa, Kyoko(戸川京子) UP! | T.V. Jesus | Unicorn(ユニコーン)
Omnibus
Young, Gifted And Five | EMPEROR'S CLOSET selected works of KONISHI yasuharu 1987-1994 | LA GENERATION READYMADE 2000
readymade international
Mansfield
Omnibus
WORLD IS WAITING FOR US.
| Music And Words Of Pizzicato FIve: A Tribute Album「戦争に反対する唯一の手段は。〜ピチカート・ファイヴのうたとことば〜」
Takanami, Keitaro(高浪敬太郎)
Hayami, Yu(早見優)
Omnibus
More Cine Techno | Weekend For Ladies | Winder Garden '95-'96 | 1st Cut Is The Deepest | 2nd That Emotion

Yasuharu Konishi(小西康陽)

「裸の王様・王様のアイデア」では小西氏関連のソニー作品が収録されていますが、ピチカート・マニアの為に85年〜95年の小西氏のほぼ全仕事が載っております。個人的には芳賀ゆいがベスト。


"EMPEROR'S CLOSET" contains Sony works related to Mr. Konishi, and it also list up almost all the works by him from '85 to '95 by Mr. Konishi for Pizzicato-mania.

GIRL GIRL GIRL

<荒特派員>GIRL・GIRL・GIRLは小西康陽・窪田晴男・桜井鉄太郎によるユニット。毎週新曲を発表していく、という企画のもと続けられたFM横浜のラジオ番組用に作られました。


<Correspondent Ara> GIRL GIRL GIRL is an unit by Yasuharu Konishi, Haruo Kubota and Tetsutaro Sakurai. It was formed for the radio program in FM Yokohama with the plan to release new songs every week.

Haga, Yui(芳賀ゆい)

Kuga, Yoko(久我陽子)

Morioka, Shouko(森丘祥子)

Togawa, Kyoko(戸川京子)

残念なことに、戸川京子さんは2002年7月18日に自殺により37歳の生涯を閉じられました。

All About Japanにて『戸川京子さんが残した作品』記事を2002年7月24日に掲載。


To be very sad, Ms. Kyoko Togawa comitted suicide and closed her 37 year life on July 18, 2002.

T.V. Jesus / Variete / Arichika, Masumi(有近真澄)

T.V. JesusはDRIVE TO 2000にも出演したグラムなピチカート的男女ユニット。デビュー・ミニアルバムは小西康陽氏のプロデュース。有近氏は元Variete(テクノ歌謡マニアクスでも紹介)でソロ(小西氏プロデュース作品あり)としても活動した。


T.V. Jesus is a Glam Pizzicato-esque male/female unit who appeared on DRIVE TO 2000. Their debut mini album was produced by Mr. Yasuharu Konishi. Mr. Arichika is ex. Variete (also introduced in Techno Ca-yo Maniacs) and also acted as a solo (there are works produced by Mr. Konishi).

Unicorn(ユニコーン)

Omnibus Albums

Young, Gifted And Five

[1993]

01. Hara Midori(原みどり): Ohayou「おはよう」
02. Hara Midori(原みどり): Out With Her~Koibitotachi No Uchu「恋人たちの宇宙」~<Without Her>
03. Masae Ohno(大野方栄): Angel Love <She's Not There>
04. Masae Ohno(大野方栄): Warp
05. Fumiyo Kawazoe(川添文代): Inspire Me
06. Fumiyo Kawazoe(川添文代): My Cherie Amor「マイ・シェリー・アモール」
07. Suzi Kim: Tsumetai Ame「冷たい雨」
08. Suzi Kim: Hi Fi Joe「Hi Fiジョー」
09. Mario: The Chauffeur「翔りゆく影」
10. Mario: Nesse Mesmo Lugar「ふたり」

桜井鉄太郎氏がプロデュース、小西康陽氏がエディトした五人の女性ヴォーカリストで構成された渋谷系オムニバス。原みどり嬢はSpank Happy。窪田晴雄、サエキけんぞう、菊池成孔氏らも協力。


This is a Shibuya-styled omnibus album consisting of five female vocalists produced by Mr. Tetsutaro Sakurai, edited by Mr. Yasuharu Konishi. Ms. Midori Hara is from Spank Happy. Messrs. Haruo Kubota, Kenzo Saeki and Seikou Kikuchi also supported.

EMPEROR'S CLOSET selected works of KONISHI yasuharu 1987-1994
「裸の王様・王様のアイデア 小西康陽の仕事1987-1994」

[1994] CBS Sony

01. Yoshitaka Minami(南佳考): Taste Of Honey
02. Seishiro Kusunose(楠瀬誠志郎): Raincoat Shuffle「レインコートシャッフル」
03. Bazzar: Sex Machine
04. Yui Haga(芳賀ゆい): Starlight Passport「星空のパスポート」
05. Yui Haga(芳賀ゆい): ... Suki Desu「...好きです」
06. Unicorn(ユニコーン): PTA ~ Hikari No Network「PTA〜光のネットワーク」
07. Masamichi Sugi(杉真理): Boku No Pin-up Girl「僕のPin-up Girl」
08. Tomoko Tane(種ともこ): Blue Light Yokohama「ブルーライト横浜」
09. Sazazys(サザジーズ): TV Movie
10. Mutsumi Inoue(井上睦都実): Dakishimetai「抱きしめたい」
11. Mutsumi Inoue(井上睦都実): Etude「エチュード」
12. Denki Groove(電気グルーヴ): Nama Gomi OH2「生ゴミ OH2」
13. Mutsumi Inoue(井上睦都実): Yane No Uede「屋根の上で」
14. Kaori Okui(奥居香): Kumori Nochi Ame「曇りのち雨」

ピチカート・マニアのための小西康陽氏の関わった作品集。レーベルの関係上ソニーでリリースされた作品のみである。テクノ系聞き所としては芳賀ゆい、TMNなユニコーン、電気グルーヴです。


This is a collection of works Mr. Yasuharu Konishi was involved with for Pizzicato mania. They are only works on Sony Music. Techno tracks are Yui Haga, TMN-esque Unicorn and Denki Groove.

readymade international

WORLD IS WAITING FOR US. a compilation readymade international 2002

[2002] readymade international

Disk 1:
01. Manabu Iwamura(岩村学): IL CASANOVA
02. Mari Natsuki(夏木マリ): Kimerareta Igai No Serifu「決められた以外のせりふ」
03. Sunaga't Experience: theme from "THE RECORD BUNCH"「レコード番長のテーマ」
04. Karia Nomoto(野本かりあ): La poupee qui fait non「ノンノン人形」
05. Mansfield: Take on me
06. Toshiya Arai(新井俊哉): DETECTIVE JACK
07. Tetsuto Yoshida(吉田哲人): Liasons Dangereuses
08. COMOESTAS(コモエスタス): Tokyo Conga「トウキョーコンガ」
09. DJ Yoshio(DJよしお): Yosho & Guitar「よしおとギター」
10. Keiichi Sogabe(曽我部恵一): Guitar「ギター」
11. Yasuharu Konishi(小西康陽): The Spellbinder
Disk 2:
01. DJ Yoshio(DJよしお): Yosho & Guitar「よしおとギター」 [HIROMI GO MIX]
02. Mari Natsuki(夏木マリ): Minato No Mary「港のマリー」

readymade internationalからの第一弾コンピレーション。ポスト・ピチカートとしての小西仕事にも興味があるのですが、実際、買った理由は、Manfieldによるa-haの「Take on me」のカヴァーが気に入ったから。「Take on me」の大ヒットする前のプロデュースは、Tony Mansfieldなんですが、Mansfieldがらみでカヴァーすることにしたというのは、僕の考えすぎ。


The first compilation on readymade international. While I have an interest in Konishi's post-Pizzicato works, I bought it simply because I liked the cover of a-ha's "Take on me" by Mansfield. "Take on me" was produced by Tony Mansfield before it became a big hit, but it's my obsession to think that he covered it as it's related to Manfield.

Music And Words Of Pizzicato FIve: A Tribute Album
「戦争に反対する唯一の手段は。〜ピチカート・ファイヴのうたとことば〜」

[2002] readymade international

01. Original Love: Utsukushii Hoshi「美しい星」
02. Youichi Kishino(岸野雄一): Sekai Wa 1-punkan Ni 45-kaiten De Mawatteiru「世界は一分間に45回転で廻っている」
03. Qypthone: It's A Beautiful Day
04. Rip Slyme: No-Stop Tokyo
05. Duke Aces(デューク・エイセス): Atarashii Uta「新しい歌」
06. Ado Mizumori(水森亜土): Mina Waratta「皆笑った」
07. Yoshitaka Minami(南佳孝): Table Ni Hitobin No Wine「テーブルにひとびんのワイン」
08. Karia Nomoto(野本かりあ): Noichigo「野いちご」
09. Keiichi Sogabe(曽我部恵一): Message Song
10. Miharu Koshi(コシミハル): Anata No Inai Sekai De「あなたのいない世界で」
11. Mari Natsuki(夏木マリ): Watashi No Subete「私のすべて」
12. Hair: One Two Three Four Five Six Seven Eight Nine Ten Barbie Dolls
13. Masumi Arichika(有近真澄): Sensou Wa Owatta「戦争は終わった」
14. Reggae Disco Rockers: Kimi Mitai Ni Kireina Onnanoko「きみみたいにきれいな女の子」
15. Akiko Wada(和田アキ子): Kanashii Uta「悲しい歌」
16. Kirinji(キリンジ): Hi No Ataru Oodoori「陽の当たる大通り」
17. Miwako Ichikawa(市川実和子): Magic Carpet Ride

Bonus CD (8cm)
01: Maki Nomiya(野宮真貴) + Yasuharu Konishi(小西康陽): Sensou Ni Hantai Suru Yuiitsu No Shudan Wa「戦争に反対する唯一の手段は。」

元メンバー、周辺の人、結構意外な人、レーベル関連の人、いろんな人が歌う、ピチカート・ファイヴ。HMVでもらったボーナスCDは、1分半程度の戻ってきたピチカート・ファイヴのトラック。Towerのとどう違うのでしょう?


Pizzicato Five songs sung by various people like ex-members, people around, people unexpected, people on the label. The bonus CD includes about 1.5 minutes track by returned Pizzicato Five. How is it different from Tower version?

HOME | INDEX