P-VINE RECORDS
TECHNO CA-YO COLLECTION(テクノ歌謡)
OSHIETE IDOL(おしえてアイドル)
ELECTRIC MUSIC IN JAPAN(電子音楽イン・ジャパン)

P-Vineレコードが凄い事をやってくれました。各レーベル毎にテクノ歌謡を選りすぐって夢のオムニバス・アルバムをリリース!!テクノな歌謡〜歌謡っぽいテクノポップ〜テクノポップそのものまでレア音源収録。企画・監修は矢倉邦晃(モダンチョキチョキス)、安田謙一(安田ビル)両氏、選曲・編集は8−bits(吉田哲人、福田剛士、山本展生の3氏)。オカノ・フリーク氏のキッチュなジャケ仕事にも注目。『テクノ歌謡マニアクス』も刊行。99年8月16日と28日には大阪ナチュラル・ステップ(長堀橋駅1分)で『テクノ歌謡WEEKS』のイヴェントとして『ピコピコサミット』を開催されました。Web Jungleではジャングル・ライフと連携してテクノ歌謡特集。テクノ歌謡ファンホームページも始動しました。 これを見逃す手はありません。なお、Blues Interactionsでメール・オーダーも可能です。


P-Vine Records did a fantastic thing. They release dreamy omnibus albums on each label selecting Techno Kayo. It contains rare recordings ranging from Techno-esque Kayo, Kayo-esque Techno Pop to exact Techno Pop. Planned and supervised by Messrs. Kuniaki Yagura (Modern Choki Chokies), Ken-ichi Yasuda (Yasuda Building), and selected and edited by 8-bits (Messrs. Tetsuhito Yoshida, Takeshi Fukuda, Tensei Yamamoto). It's worth checking kitche cover art works by Okano Freak. "Techno Cayo Maniacs" was also published. On August 16 & 28, 1999, "Pico Pico Summit" was held as an event of "Techno Kayo Weeks" in Osaka Natural Step (1 min. from Nagahoribashi Station). Web Jungle features Techno Kayo in conjunction with Jungle Life magazine. Techno Ca-Yo Fan Home Page also started. You cannot miss it! You can mail-order at Blues Interactions (English available).

Techno Ca-Yo Collection(テクノ歌謡)
Digita Love (Toshiba EMI)「デジタラブ〜東芝EMI編」 | Heartbreak Taiyo-Zoku (Polydor)「ハートブレイク太陽族〜ポリドール編」 | Cosmic Surfin' (Victor)「コズミック・サーフィン〜ビクター編」 | SOS Pen-Pen Computer (Pony Canyon)「SOSペンペンコンピュータ〜ポニー・キャニオン編」 | Lovely Singing Circuit (Teichiku)「ラブリー・シンキング・サーキット〜テイチク編」 | Techno Aquarium (Alfa)「テクノ水族館〜アルファ編」 | Aitsu Wa Invader (Tokuma Japan)「あいつはインベーダー〜徳間ジャパン編」 | Electric Love Story (King Records)「エレクトリック・ラブ・ストーリー〜キングレコード編」
Techno Ca-Yo DX(テクノ歌謡DX)
Shi-Shonen: 2001; Lovers「2001年の恋人達」 | C-C-B: Suteki Na Beat「すてきなビート」 | Chris(クリス): Poodle「プードル」 | Films: Misprint「ミスプリント」 | Ventures, The: Chameleon「カメレオン」 | Shi-Shonen: Lovely Singing Circuit「シンギング・サーキット」 | E.S. Island: FUNNY INSPIRATION from SOLAR MUSIC | Yasuda, Narumi(安田成美): NARUMI YASUDA first album | The Targets: The Targets Best | Urban Dance: Urban Dance
Unreleased Techno Ca-Yo(テクノ歌謡幻の企画)
Akogare No Hikohki-Jidai (Nippon Columbia)「憧れのヒコーキ時代〜日本コロムビア編」」 UP! | For Life「フォーライフ編」 | CBS Sony「CBS Sony編」
Oshiete Idol(おしえてアイドル)
Pumpkin Love (Victor) 「パンプキンラブ(ビクター編)」 NEW! | Himitsu Janai Kedo Himitsu (Toshiba)「秘密じゃないけど秘密(東芝編) NEW! | Shojo Shiwa (Polydor Vol. 1)「少女神話(ポリドール編VOL.1)」 | Koi Wa Tini Wini (Polydor Vol. 2)「恋はティニィウィニィ(ポリドール編VOL.2)」 | Sono Ki Ni Sasete (Warner Pioneer)「その気にさせて(ワーナー・パイオニア編)」 | Chikatetsu Madonna (Nippon Columbia)「地下鉄マドンナ(日本コロムビア編)」 | Oh! Shinsen Musume (King)「OH!新鮮娘(キング編)」 | Aisaretagatteiru Kuseni (Teichiku)「愛されたがってるくせに(テイチク編)」 | Dakara Touch Me (Pony Canyon)「だからタッチ・ミー(ポニーキャニオン編) | Hatsukoi Shinkaron (Tokuma Japan)「初恋進化論(徳間ジャパン編) | VAP「バップ編」 | RCA/RVC「RCA・RVC編」
Electric Music In Japan(電子音楽イン・ジャパン)
Starbow(宇宙戦士スターボー): Starbow I「たんぽぽ畑でつかまえて」 | Soundtrack for Mu「ムー一族」 | Matsutake, Hideki(松武秀樹): Fantasia - The Invitation To The Stars「幻想曲〜星への誘い」 | Morishita, Tokihiko(森下登喜彦): Yokai Gensou - Mizuki Shigeru「妖怪幻想 水木しげる」 | Tsutsumi, Kyohei & His 585 Band(筒美京平): Pro-use Series~Hit Machine「HIT MACHINE/筒美京平の世界」 | Katsura, Sanshi & Katsura, Bunchin(桂三枝、桂文珍): Rakugo - Shinsekai & Space; Wars「落語現在派宣言」 | Inoue, Keizo(井上敬三): Intimate「インティメイト」 | Hideki, Matutake(松武秀樹) , Imafuji(今藤小苗<長十郎>), Komatsubara(小松原まさし): Edo「江戸」 | Ryuzaki & Rock Succession(竜崎孝司とロック・サクセッション): Moog Sound Now「モーグ・サウンド・ナウ〜虹をわたって」 | Oda, Kohnosuke(織田晃之祐): NHK Original Music Effect「NHK特集オリジナル・ミュージック・エフェクト」 | Oda, Kohnosuke(織田晃之祐): NHK Original Soundtrack Music Effect「ザ・ニュー・サウンズ・フォー・テレヴィジョンNHK特集オリジナル・ミュージック・エフェクト」
Other Releases(他のリリース)
Omnibus: Machine Soul - An Odyssey Into Electronic Dance Music「テクノのレキシ」 | Y-Setsu-O(Yセツ王): ERO MAGIC ORCHESTRA

Digita Love (Toshiba EMI)「デジタラブ〜東芝EMI編」

[1999]

01. Fever: Digita Love(デジタラブ)
02. The Ventures: Pike(パイク)
03. Magical Power Mako: Fresh Vegetable
04. Menu: Nankinteria De Dotekabocha(ナンキンテリアでドテカボチャ)
05. Logic System: Domino Dance
06. Reishinkai(零心会): Reishinkai No Zundoko Bushi(零心会のズンドゴ節)
07. Paul Hardcastle/Kango Kobayashi(小林完吾): Nineteen
08. Miss Orange Shock: Itoshi No Rina(愛しのリナ)
09. Masahiro Shiga(志賀正浩): Ondo Piko Piko(おんどピコピコ)
10. Yuko Sakaitsukasa(酒井司優子): Computer Obahchan(コンピューターおばあちゃん)
11. Barracuda(バラクーダ): Arara Korara(あららこらら)
12. Ritsuko Ohwada(大和田りつ子): Uchu-jin No Telepathy(宇宙人のテレパシー)
13. Barracuda(バラクーダ): OH Techno Gal(OH テクノ・ギャル)
14. Kaori Tsuchiya(つちやかおり): Aishu No Orient Express(哀愁のオリエント急行)
15. Kenji Haga(芳賀健二): Neverending Story No Theme(ネバーエンディング・ストーリーのテーマ)
16. Ryuichi Sakamoto(坂本龍一): Photo Muzik(フォト・ムジーク)

さすが東芝EMIと唸ってしまう奥の深い超レア音源も含んだ強力な編集盤です。表ジャケはタイトルにちなんでフィーバーの3人、裏ジャケは情けない感じのバラクーダ vs. Prophet-10です。『電子音楽イン・ジャパン』の著者の田中雄二氏も副音声として解説。立花理佐の「リサの妖精伝説ーFAIRY TALE」は漏れてしまったみたいです。教授(「コンピューターおばあちゃん」のB面ということで)、Logic SystemとちわきまゆみがヴォーカルのMenu(確か初CD化ではないでしょうか?)はもろテクノポップ。小林完吾ナレーションの「Nineteen」の選曲は渋いとしか言いようがありません。芳賀健二(現研二)さんは和製リマールだったのですね。


This is very powerful omnibus album containing deep ultra rare recordings thanks to Toshiba EMI. The front cover is Fever's three girls matching the title and the back cover is poor-looking Barracuda vs. Prophet-10. Mr. Yuji Tanaka known as an author of "Electronic Music In Japan" also explains as a sub sound. "Risa No Yousei Densetsu - Fairy Tale" by Risa Tachibana was dropped from this. Ryuichi Sakamoto (as B-side of "Computer Obahchan"), Logic System and Menu featuring Mayumi Chiwaki's vocal (This the first CD recording of Menu, isn't it?) are exact Techno Pop. It's so cool to choose "Nineteen" narrated by Kango Kobayashi. Kenji Haga was a Japanese version of Limahl.

Heartbreak Taiyo-Zoku (Polydor)「ハートブレイク太陽族〜ポリドール編」

[1999]

01. Starbow(スターボー): Heartbreak Taiyo-zoku「ハートブレイク太陽族」
02. Yu Hayami(早見優): Kiss Wa Koroshi No Sign「キッスは殺しのサイン」
03. E.S. Island: Tech Tech Mummy「テクテク・マミー」
04. Kiyoshiro Imawano + Ryuichi Sakamoto(忌野清志朗+坂本龍一): I-ke-na-i Rouge Magic「い・け・な・いルージュマジック」
05. Shigeru Izumiya(泉谷しげる): EROS
06. Rymans(リーマンズ): Ryman Kakumei(リーマン革命)
07. Masato Shimon(子問真人): Star Wars No Theme ~ Kantena Band「スター・ウォーズのテーマ〜カンテナバンド」
08. Maki Edo(江戸真紀): Migiagari No Hatsukoi「右上がりの初恋」
09. Yukano Yamaguchi(山口由佳乃): Chinese Boy「チャイニーズボーイ」
10. Kiyoshiro Imawano + Ryuichi Sakamoto(忌野清志朗+坂本龍一): Aka-ru-i-yo「明・る・い・よ」
11. Ikkaku Tanabe(田辺一鶴): Kyukyoku No Sentaku「究極の選択」
12. EX: Masked Ball (American Type)
13. Harumi Nakajima(中島はるみ): Shampoo「シャンプー」
14. Virgin VS: Hoshizora Cycling「星空サイクリング」
15. Starbow(スターボー): Tokyo Bay Blues「TOKYOベイ・ブルース」
16. Miyuki Kosaka(香坂みゆき): Nuance Shimasho「ニュアンスしましょ」

東芝編がフィーバーならポリドール編は宇宙三銃士のスターボーがジャケ表紙です。副音声としては加藤賢崇、岸野雄一、永田一直、中嶋ユウジ、常盤響氏等の京浜兄弟社系の方々が解説。聴きどころはE. S. Islandの沖縄民謡テクノ、泉谷しげるのテクノポップ、田辺一鶴のラップ、EX(初CD化)であります。


Polydor version features Starbow, a cosmic three rangers, as a front cover vs. Fever by Toshiba version. K-Hin Bros. people such as Kenso Kato, Yuichi Kishino, Kazunao Nagata, Yuji Nakajima, Hibiki Tokiwa explain as a sub sound. Interesting tracks are Okinawan Ethnic Techno by E.S. Island, Techno Pop by Izumiya Shigeru, Rap by Ikkaku Tanabe, EX (the first CD recording).

Cosmic Surfin' (Victor)「コズミック・サーフィン〜ビクター編」

[1999]

01. Two Beat(ツービート): Ore Wa Zettai Technician「俺は絶対テクニシャン」
02. Kirara & Urara(キララとウララ): Centi Metal Boy「センチ・メタル・ボーイ」
03. Childs(チャイルズ): BANG! BANG! GIN! GIN 1up
04. Cosmic Invention: Cosmic Surfin'
05. Kuniko Yamada(山田邦子): Tetsugaku Shiyou「哲学しよう」
06. Spy: Jooh-Heika No Chess Game「女王陛下のチェスゲーム」
07. Mari Iijima(飯島真理): Love Sick
08. Cosmic Invention: YAKIMOKI
09. Yusaku Matsuda(松田優作) with EX: Platinum Night
10. Maki Nomiya(野宮真貴): Onna Tomodachi「女ともだち」
11. The No Comments: Ano Ko No Western Street「あの娘のウエスタン・ストリート」
12. Tetsuko Homma(本間哲子): SO WHAT?
13. Kirara & Urara(キララとウララ): Pakkun Tamago! ~Sora Kara Tamago Ga Futtekita~「パックンたまご!〜空からたまごが降ってきた〜」
14. Passionata(パッショナータ): Kasei To Kinsei No Inbou「火星と金星の陰謀」
15. The No Comments: Dervish Dance「ダーヴィッシュ・ダンス」
16. Mari Mizutani(水谷麻里): 21 Seiki Made Aishite「21世紀まで愛して」

ビクター編のジャケ表紙は中学生テクノポップ・バンドのCosmic Inventionです。裏ジャケは水谷麻里。ビクター内のInvitationはSPY、イミテーション等のニューウェイヴ系のリリースも結構していました。『わかつきめぐみの宝島ワールド』に参加のプラチナ・キットの本間哲子も登場。宮崎美子の「今は平気よ」(ムーンライダースのお仕事?)とGOTO’S TEAM(後藤次利)の「フライ・ミート・ザ・ムーン」は選曲漏れ。


Victor version has the front cover featuring Cosmic Invention, a Junior High School Techno Pop band. The back cover is Mari Mizutani. Invitation within Victor released many New Wave artists such as Spy and Immitation. Tetsuko Homma of Platinum Kit who joined "Megumi Wakatsuki's Takarajima World" appears. 'Ima Wa Heiki Yo' by Yoshiko Miyazaki (Moon Rider's work?) and 'Fry Meet The Moon' by Goto's Team (Tsugutoshi Goto) were omitted from the selection.

SOS Pen-Pen Computer (Pony Canyon)「SOSペンペンコンピュータ〜ポニー・キャニオン編」

[1999]

01. Yuko Matsuya(松谷祐子): Ram No Love Song「ラムのラブソング」
02. Shinsuke Shimada & Samma Akashiya(島田紳助・明石屋さんま): I LOVE YOU Shitaiyo「I LOVE YOUしたいよ」
03. Hyokin Directors(ひょうきんディレクターズ): Hyokin Paradise「ひょうきんパラダイス」
04. Salon Music: Duet Ni Muchu「デュエットに夢中」
05. Radical TV: Ai No Soviet「愛のソビエト」
06. Tomoko Yasuno(安野とも子): Angel Kitaru「エンゼル来たる」
07. Chiemi Hori(堀ちえみ): wa shoi「waショイ」
08. Yuko Kanai(金井夕子): Hashire Usagi「走れウサギ」
09. Miss Hanako(ミス花子): Sukkiyanen「好きやねん」
10. Yuko Kanai(金井夕子): China Rose
11. Radical TV: Frontier
12. Tomoko Yasuno(安野とも子): Mysterieux
13. Chichibuyama Band(秩父山バンド): Mirai No Love Operation(未来のラブ・オペレーション)
14. Unazuki Trio(うなずきトリオ): Unazuki March「うなずきマーチ」
15. Tomoko Yasuno(安野とも子): Flower Bird Wind Moon [Jungle Mix]
16. Pegmo: SOS Pen Pen Computer「SOSペンペン・コンピュータ」

ポニーキャニオンはフジ・サンケイ・グループだけあって『俺たちひょうきん族』を中心としたコメディー系テクノ歌謡に強いです。フレンチ・ロリーター系テクノ・アイドルの安野とも子(表ジャケを飾る)は時代に早すぎたか?金井夕子も79年のリリースのアーリー・テクノ歌謡アイドル。ペグモと秩父山バンドは貴重なCD化です。基本的に予告とほぼ同じであるが、Salon Musicの「Muscle Daughter」とPegmoの「奥様お手をどうぞ」は選曲もれ。


As Pony Canyon is a part of Fuji Sankei Group, it's good at Comedy Techno Kayo around "We're Hyokin-zoku". Was Tomoko Yasuno (who was on the front cover) too early as French Lolita Techno idol? Yuko Kanai is an early Techno Kayo idol who released in '79. Pegmo and Chichibuyama Band are very valuable sound as CD. While it is almost the same as the anouncement, Salon Music's 'Muscle Daughter' and Pegmo's 'Okusama Katte Ni Dozo' were omitted.

Lovely Singing Circuit (Teichiku)「ラブリー・シンキング・サーキット〜テイチク編」

[1999]

01. Shi-Shonen: Kiss, Kiss, Kiss
02. The Targets: I Like The City
03. James Brown & F.O.E.: Sex Machine
04. Yapoos: Cecil Cut「セシルカット」
05. Shi-Shonen: 2001; Lovers「2001年の恋人達」
06. Miharu Koshi(越美晴): Hashire Usagi「走れウサギ」
07. The Targets: The Theme From E.T.(E.T.のテーマ)
08. Mariko Fuji(藤真利子): Tenshi To Mahou「天使と魔法」
09. Kaori Nakahara(中原香織): Ginga Tetsudo No Yoru「銀河鉄道の夜」
10. Shi-Shonen: Hitomi Wa Sunset Glow「瞳はサンセット・グロウ」
11. F.O.E.: Return Of Body Snatcher
12. Yapoos: Barbara Sexanoid「バーバラ・セクサノイド」
13. Urban Dance: Ceramic Love
14. Mikado: Carnival
15. Mariko Fuji(藤真利子): Sonna Haru Ga「そんな春が」
16. Shi-Shonen: Lovely Singing Circuit

やはりノンスタンダード中心の選曲であります。フェアチャイルドの原型でもあるシ・ショウネン(ニューウェイヴな姿で表ジャケ)は4曲も収録され大プッシュです。これを機にCD化されていない12”『Do Do Do』も含めてテイチクに再発して欲しいものです。ヤプーズの「セシルカット」は杏里も歌ってたはず。藤真利子さんはムーンライダース+YMO人脈の強力サポートです。基本的に予告とほぼ同じであるが、ザ・ターゲット(元は「Morning Time」)と越美晴(元は「野ばら」)の選曲が少し変わりました。


As expected, the songs were selected mainly from Non-Standard. Shi-Shonen (who were on the front cover with New Wavy look), pre-Fairchild, is pushed a lot containing 4 songs of them. With this, I want Teichiku to reissue their works including 12" "Do Do Do" which has not been an CD. 'Cecil Cut' by Yapoos should have been also sung by Anri. Ms. Mariko Fuji was strongly supported by Moon Riders + YMO people. While it is almost the same as the anouncement, selections of the Targets (originally 'Morning Time') and Miharu Koshi ('Nobara') were omitted.

Techno Aquarium (Alfa)「テクノ水族館〜アルファ編」

[1999]

01. Y.M.O.: Kimi Ni Mune Kyun「君に、胸キュン。」
02. Apogee & Perigee: Gessekai Ryoko「月世界旅行」
03. Sheena & The Rokkets: Ukabi No Peach Girl「浮かびのピーチガール」
04. Apogee & Perigee: Shinkuu Kiss「真空キッス」
05. Hajime Tachibana(立花ハジメ): Ma Ticarica
06. Miharu Koshi(越美晴): Capricious Salad「カプリシャスサラダ」
07. Jun Togawa(戸川純): Yumemiru Yakusoku「夢見る約束」
08. Test Pattern: Souvenir Glace
09. Melon: P.J.
10. Snakeman Show: Sakisaka To Momonai No Gokigen Ikaga 1-2-3「咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3」
11. Hajime Tachibana(立花ハジメ): Rock
12. Kenji Omura(大村憲司): Maps
13. Haruomi Hosono(細野晴臣): Yumemiru Yakusoku「夢見る約束」
14. Naoto Takenaka(竹中直人): Funky Mahjong「ファンキー麻雀」
15. Jun Togawa(戸川純): Boshi Jyusei「母子受精」
16. Apogee & Perigee: Hope

YMOを1曲だけのアルファ編。予告にあった伊武雅人の「だってホルモンラブ」(これは残してほしかった)、小池玉緒の「鏡の中の十月」、細野晴臣の他のソロ作は選曲もれです。\EN関連が多く\EN BOXを持ってる人にはレア度は低いですが、選曲の妙を楽しみましょう。副音声の田中雄二氏が追記として、選曲されなかった(できなかった)以下のアルファ音源のCD化を望むコメントを掲載しています。タンゴ・ヨーロッパの「ダンスホールで待ちわびて」(細野晴臣・戸田誠司)、朝比奈マリア(YMO)、矢野有美、桂木文(共にムーンライダーズ)。狂信的なステレオラブ等のプロデューサーとしても知られるジム・オルーク氏の熱烈なる推薦文も必見です。


This is Alfa version containing only one track of YMO. 'Datte Hormon Love' by Masato Eve (that I wanted them to keep), 'Kagami No Naka No Jyugatsu' by Tamao Koike and Hosono's other solo songs which were in the initial annoucement were omitted. Many are from \EN label, and rarity is low to those who have \EN BOX, but you should enjoy the nice selection. Mr. Yuji Tanaka, a sub sound, commented his wish for CD reissue for the following works which were not (were not able to be) selected. Tango Europe's "Dance Hall De Machiwabite" (by Haruomi Hosono & Seiji Toda), Maria Asahina (by YMO), Yumi Arino, Aya Katsuragi (both by Moonriders). You should read the passionate recommendation statement by Jim O'Rourke also known as a producer of Stereolab who loves it to death.

Aitsu Wa Invader (Tokuma Japan)「あいつはインベーダー〜徳間ジャパン編」

[1999]

01. Maki Ueda(マキ上田): Aitsu Wa Invader「あいつはインベーダー」
02. Tunnels(とんねるず): Yabashi Bicchina Onna Date Night「ヤバシびっちな・女デイトナイト」
03. Portable Rock: Haru-shite, Koi-shite, Mitsumete, Kiss-shite「春して、恋して、見つめて、キスして」
04. G-G-Land(G-G-ランド): Himitsu Wa Chack「秘密はチャック」
05. Fujimura, Miki(藤村美樹): Yume-Koi-Bito「夢・恋・人」
06. Portable Rock: Green Books
07. Bushman(ブッシュマン): Kisula Kisula Odoru Pancake「キスラ・キスラ 踊るパンケーキ」
08. Children: Kaeru
09. Narumi Yasuda(安田成美): Kaze No Tani No Naucica「風の谷のナウシカ」
10. Tsukasa Ito(伊藤つかさ): Koi Wa Run Run「恋はルンルン」
11. Shampoo(シャンプー): Tonight
12. Mio Fou(ミオフー): Milan No Kiseki-Miracolo e Milano-「ミラノの奇蹟」
13. Narumi Yasuda(安田成美): Chou Wo Chigitta Shojo「蝶をちぎった少女」
14. Lisa(リサ): Watashi No Koi Wa Jiyugata「私の恋は自由型」
15. Tsukasa Ito(伊藤つかさ): Tomodachi E「ともだちへ」
16. Maki Ueda(マキ上田): Invader Walk「インベーダーWALK」

水族館レーベル、アイドル、きわもの系とヴァラエティに富んだ充実の徳間ジャパンです。木梨夫妻はなかよくテクノ歌謡にエントリー。予告にあった春やすこ・けいこの「チョコレートの秘密」は選曲もれです。どうしてチャクラは入らないの?


Tokuma Japan has a great variety from Suizokukan label, Idols to Novelties. Mr. & Mrs. Kinashi made entries in Techno Kayo together. "Chocolate No Himitsu" by Haru Yasuko Keiko was in the initial annoucement were omitted. Why isn't Chakra included?

Electric Love Story (King)「エレクトリック・ラブ・ストーリー〜キング編」

[1999]

01. Haruo Chikada(近田春夫): Ah-A, Lady Harricane「ああ、レディハリケーン」
02. PIC: Rolling Age
03. Masutatsu Ohyama Of Gokushin Karate Gundan(極真カラテ軍団・大山倍達): Theme Of God Hand「ゴッドハンドのテーマ」 
04. Kenji Endo(遠藤賢司): Uchu Bouei Gun「宇宙防衛軍」
05. Bonus 21(ボーナス21): Mario Syndrome「マリオ・シンドローム」
06. Kenji Endo(遠藤賢司): Aishu No Tokyo Tower「哀愁の東京タワー」
07. Koharu Kisaragi(如月小春): Neo-Plant
08. Haruo Chikada(近田春夫): Electric Love Story「エレクトリック・ラブ・ストーリー」      
09. Earthling: Let's Find Our Bright Speed Again
10. Sarah(沙羅): Satellite I-O [Long Version] 
11. Nanako & Benco(なな子&BENCO): Chu Chu Pap Pa「チューチューパッパ」
12. PIC: Garson Gang「ギャルソン・ギャング」 
13. Pink Tank: Miraijikake No Baby Pop「未来仕掛けのBABY POP」
14. Sarah(沙羅): Never On Sunday 
15. Mariko Kurata(倉田まり子): Koi Wa Ami-Ami「恋はAmi-Ami」
16. Yoshinori Tsuji(辻佳紀): Uchu Yori No Pantsman「宇宙よりのパンツマン」

色々障害があったみたいでは一ヶ月遅れの10月25日に発売。ボーナス21の「マリオ・シンドローム」と如月小春の「Neo-Plant」は両方とも違った意味でAON風でカッコいいです。倉田まり子のLioの「Amicalement Votre」のカヴァーは安野ともこに続くフレンチ・テクノ歌謡。CDで聞くと意外といいのがPink Tank。Earthlingの解説見てね。これで、テクノ歌謡第1章は完結し、第2章へと続く。


The release was delayed to Oct. 25 by one month as there were various problems. "Mario Syndrome" by Bonus 21 and "Neo-Plant" are so cool like AON in different senses. Mariko Kurata's song covering Lio's "Amicalement Votre" is French Techno Kayo following Tomoko Yasuno. Pink Tank sounds very good as I listened in CD. Please check the liner note on Earthling. With this, the first phase of Techno Ca-yo Collection ends and the second phase follows....

Akogare No Hikohki-Jidai (Nippon Columbia)「憧れのヒコーキ時代〜日本コロムビア編」」

[200?]

元々は日本コロムビア編はFILMSの「GIRL」等を収録して99年のテクノ歌謡としてリリースするはずであった。諸処の理由で没になった幻の企画が甦りかけたのですが、また発売未定となりました。コロムビアは貴重で面白い音源を多数所有しているはずなので、なんとかリリースして欲しいです。


Nippon Columbia version including "Girl" by Films should have been released as a part of Techno Ca-yo in 1999. This plan that was once cancelled for some reasons was almost coming back, but again no specific date of release. I wish it can be released as Columbia should have many rare and interesting recordings.

HOME | INDEX