鈴木さえ子
鈴木さえ子嬢は鈴木慶一氏と出会いがきっかけとなり慶一氏プロデュースのCINEMAのドラマーとして活動。FILMSでの一時的な活動後、慶一氏のサポートを受けソロの作品をリリース。また、映画『NO LIFE KING』で、主人公の母親まみ役で出演し、サウンドトラックも手がける。また、日清チキンラ−メン等のCM音楽のクリエイターとしても活躍。トッド・ラングレンのトリビュート・アルバム『トッドは真実のスーパースター』においては一時的なバンドのようであるが、WONDER 3 feat. 鈴木さえ子で登場しています。


鈴木さえ子関連作品

CINEMA/アルバム『MOTION PICTURE』81年 CBS Sony (LP/CD)

鈴木さえ子/アルバム『I wish it could be Christmas everyday』83年 MIDI (LP/CD)

鈴木さえ子/アルバム『科学と神秘』84年 MIDI (LP/CD)

鈴木さえ子/アルバム『緑の法則』85年 MIDI (LP/CD)

鈴木さえ子/アルバム『STUDIO ROMANTIC』86年 MIDI (LP/CD)

鈴木さえ子/サウンドトラック・アルバム『NO LIFE KING』89年 MIDI (CD)

鈴木さえ子/アルバム『The Very Best Of Saeko Suzuki』90年 MIDI (CD)

オムニバス・アルバム『おしゃれテレビ』86年 MIDI (LP/CD)

トリビュート・アルバム『トッドは真実のスーパースター』97年 Pony Canyon (CD)
02. 鈴木智文&かの香織/Does Anybody Love You
03. WONDER 3 feat. 鈴木さえ子/Infrared & Ultraviolet