SCANDINAVIAN ELECTRO POP(北欧系エレポップ)

このページではスカンジナヴィア=北欧(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、アイスランド)のエレポップ系のアーティスト達(多くは所謂ネオ・シンセポップ)を紹介します。古くはFra Lippo Lippi等をリリースしていたUnitonというレーベルがあります。北欧系は全般的にメロディーの美しさを基本とします。エレクトロ・シーンは活発らしく、カヴァーできていないアーティストも多数いるはずです。情報求む!なお、現在ノルウェーのバンドのPoshとApoptygma Berzerkは日本でディストリビュートしてくれるレーベルを探しています。フィンランドのバンドに関しては、フィンランド出身のHarry Mook特派員から、情報を提供して頂きました。


This page presents the Scandinavian (Norway, Sweden, Finland, Denmark, Iceland) Electro Pop artists (many belong to so called "Neo Synth Pop"). In old days, there is Uniton label which released Fra Lippo Lippi, etc. In general, Scandinavian have beauty of melody. They appear to have active Electro scene, and I think I am not covering many of them. I appreciate your information! Currently, Posh and Apoptygma Berzerk, two Norwegian bands are looking for the Japanese label for distribution. Special thanks to Correspondent Harry Mook from Finland about the information on the Finnish bands.

Norway
A-Ha | Apoptygma Berzerk | Boytronic | Chinese Detective | Cronos Titian | Fra Lippo Lippi | Holy Toy | Icon Of Coil | Magenta | Posh | Viva
Sweden
Adolphsson & Falk | Admission | Another Mission | Army Of Lovers | Automatic | Avant Garde | Children Within | Common Dream | Cosmic Overdose | Daily Planet | Day Behavior | Dead Eyes Open | Elegant Machinery | Emmon | Forbidden Colours | Henzel & Thor | Hershock | KeiTheVez | Martin, Kai & Stick! | Mazarine Bleu | Mobile Homes | Mourning After | Northern Territory, The | NASA | Novelty | Page | Ratata | Reeperbahn | Roxette | SAFT | Scapesonik |Selected Area | S.P.O.C.K. | Statemachine | Strasse | Tredje Mannen | Twice A Man | Vanity Fair (Lustans Lakejer) | Vision System NEW! | Voister Litz
Finland
Advanced Art | Cinema | Disco | Giant Robot | Ifgray, Brandi | Kemopetrol | Kinetic | Neuroactive | Pan Sonic | Op:l Bastards | Organ | Shadowplay | Sumen, Jimi | Super | Tenor, Jimi | 22-Pistepirkko
Denmark
Gangway | Superheroes | Stealth
Scandinavia (Country Unknown)
3rd Man
Omnibus
Retronics CD 80's Swedish New Romantic Sampler

Norway

Apoptygma Berzerk

EBMを起源としているデンマーク生まれのStephan Groth率いるユニット。デペシュ・モードに影響されたバンドはたくさんありますが、美しいメロディーをベースにした独自のフレィヴァーを作っています。StephanはTotal TransformationやAcid Queenといったテクノ・ハウス・プロジェクトもしていました。
<Apoptygma BerzerkのマネジャーのJon Hoiden氏>ノルウェー出身のシンセポップ/テクノ/ダーク・ビート・バンド。ABPは欧米では成功していますが東洋においては今までの所、幸運に恵まれていません。現在日本でのディストリビューターを探しています。興味があれば、APB-Crewまでメールを下さい。


This is a unit led by Denmark-born Stephan Groth which started with EBM. While there are many bands inpired by Depeche Mode, they create their own flavour based on beautiful melody. Stephan also worked on other Techno/House projects such as "Total Transformation" and "Acid Queen".
<Mr. Jon Hoiden, a manager for Apoptygma Berzerk> This is Synth Pop/Techno/Dark Beat-band from Norway. APB has had a lot of succes in Europe and USA, but so far not much luck in the Eastern parts of the world. We are currently seeking for a distributer in Japan. If you are interested in us, please mail to APB-Crew.

Chinese Detective

Poshのメンバーが他のアーティストのカヴァーをする時に使っているバンド名の様です。


The members of Posh are using this band name when they cover the other artists.

Cronos Titan

PoshのPreben BjonnesはAPBでキーボードを弾いていたPer Aksel LundgreenとともにCronos Titanというプロジェクトをしていました。


Preben Bjonnes in Posh has another project called "Cronos Titan", together with Per Aksel Lundgreen who used to play the keyboards in APB.

Holy Toy

<gothおやじ氏>1986年に移籍してだしたのは、さっぱりだったが、Uniton時代のは、いい味。


<Mr. goth Oyazi> While their album after moving to a new label in 1986 was no good, this one during the days of Uniton is pretty good.

Icon Of Coil

<アクシデント・アイズ氏>APBのStephan Grothプロデュースによってデビューを果たしたIcon Of Coilはノルウェー勢の一つに数えられるでしょう。曲の感じはEBM+Synth Popのダンスフロア向けのノリのいい曲です。


<Mr. Acident Eyes> Icon Of Coil which debuted with the production of Stephan Groth in APB is one of Norwegian bands. It sounds like EBM + Synth Pop for dance floor.

Magenta

日本のStrange Daysレーベル第一弾のアーティストとなったノルウェー出身の男女テクノポップ・デュオです。実はApoptygma Berzerkのギタリストによるスピン・オフです。こちらの方がニューウェイヴしてるみたいです。


This is a Norwegian male/female Techno Pop duo which became the artist of the first release from Strange Days Label in Japan. Actually, it is a spin-off by the guitarist of Apoptygma Berzerk. This unit seems to be more New Wave.

Posh

PrebenDesireeヴィンス・クラーク系エレポップ・サウンドにソウルフルな中性的ヴォーカルが乗ってヤズーを彷彿とさせます。北欧だけあって美しいメロディーも耳に残ります。『In Vanity We Trust』は14曲ポップな曲を耳一杯聴かせます。
<PoshのメンバーのPreben僕達は新しく設立されたノルウェーのエレクトロ・レーベルのプラネット・レコードから『In Vanity We Trust』というデビュー・アルバムをリリースした新しいノルウェーのバンド『POSH』です。Poshは成功しているシンセポップ・トリオのChinese Detectivesの2/3です。Preben Bjonnesは又Chinese Detectivesの3人目のメンバーのPer Aksel Lundgreenと共にやっているCronos Titanの2人のメンバーの1人です。Per Aksel Lundgreenはまた評判になっているエレクトロ・アクトであるApoptygma Berzerkの初期メンバーです。僕達はアジアでのディストリビューション、ライセンス、レヴュー(貴方のサイトでの)、コンタクトを探しています。Yazoo, Erasure, Pet Shop Boys等に影響を受けたPoshが貴方のレーベルの興味の対象となるようであれば、コンタクトお願いします


Soulful neuter gender vocal on Vince Clarke-influenced Electro Pop sound brings Yazoo back. Their beautiful melody stays in my ears with Scandinavian feel. "In Vanity We Trust" will satisfy your ears with 14 pop songs.
<Preben, a member of Posh> We are the new Norwegian band "POSH" that has released it's debut album "In Vanity We Trust" on the newly founded Norwegian electro label, Planet Records. Posh is 2/3 of the successful synth pop trio Chinese Detectives. Preben Bjonnes are also 1 of the two members in Cronos Titan together with Per Aksel Lundgreen which is also the 3rd person in Chinese Detectives. Per Aksel Lundgreed was an early member of the now highly acclaimed electro act Apoptygma Berzerk. We are looking for distribution deals, license deals, reviews (through your site), contacts in Asia. If you think that Posh, which is heavily influenced by Yazoo, Erasure, Pet Shop Boys etc., who write their own material as well as release it, could be of any interest for your label, please contact us.

Viva

<gothおやじ氏>ノルウェーのNew Wave Techno Popバンド。


<Mr. goth Oyazi> A Norwegian New Wave Techno Pop band.

Sweden

Adolphsson & Falk

<Iggy>建築家とエンジニアのデュオでした。SFがメイン・テーマです。もともとは、70年代の左派の音楽で、80年代の初めにシンセを見つけて、全てを電子的にしました。


<Iggy> A duo by an architect and an engineer. Sci-Fi is their main theme. Originally, it was 70's left-winged music, but they electronized all discovering synths in the early 80's.

Army Of Lovers

<Harry Mook特派員>Crucified」と「Obsession」の90年代初期のヒットで知られる信じがたいほど娯楽的なスウェーデンのロココ趣味(時代遅れまたはけばけばしい)のユーロ・シンセもの。


<Correspondent Harry Mook> Incredibly entertaining Swedish Rococo Eurosynthsters best known for their early 90s hits "Crucified" and "Obsession".

Automatic / Dead Eyes Open

元の名前をデッド・アイズ・オープンといいます。スウェーデンのバンドで、結構この国はテクノな国みたいで、他にもいいテクノ&エレクトロ・ポップ・バンドがあるらしい。アバを生んだ国だけあってメロディアスなエレポップです。最新アルバム『グローバル』には『Thanks God It’s Friday』を始めとしてキャッチーなナンバーが詰まっています。もしあたながスウェーデンの人なら、もっとこのバンドまたは他のいいバンドの事(例えばスウェーデシュ・テクノ・ポップ・ベスト5なんか)教えてください。
<AutomaticのメンバーのPeter>私の名前はピーター・ナイボルグです。オートマッティクのキーボード奏者です。他に2つのバンド(STARFISHCAT RAPES DOG)でも演奏しています。他の良いスウェーデンのバンドはエレガント・マシンナリー、デイリー・プラネット、スポックです。


Their previous name is Dead Eyes Open. It's Swedish band and Sweden is quite a techno country and there seem to be other good techno and electro pop bands. As this is the country where Abba was born, their sound is melodious electro pop. Their latest album "Global" includes catchy numbers such as Thanks God It's Friday". If you are Swedish, please tell me more about this band or other good bands (for example, Swedish Techno Pop Best 5).
<Peter, a member of Automatic> My name is Peter Nyborg, the Keyboard player in Automatic. I also play in 2 other bands: STARFISH & CAT RAPES DOG. Other good Swedish electro bands are: Elegant Machinery, Daily Planet, S.P.O.C.K.

Cosmic Overdose / Twice A Man

アルバム『Works On Yellow』の裏ジャケットには、Twice A Manのバイオグラフィーがあります。Cosmic Overdoseは、北欧での最初の「テクノポップ」バンドという記載が有ります。

<gothおやじ氏>COSMIC OVERDOSEは、TWICE A MANの、前身バンド。TWICEは、かなりライトなエレポップですが、こちらはUndergroundな雰囲気のあるNew Wave Techno Popです。


There is the biography for Twice A Man in the back cover of the album "Works On Yellow". Cosmic Overdose was described as the first Scandinavian band in the "Techno Pop" genre.

<Mr. goth Oyazi> Cosmic Overdose is the band prior to Twice A Man. While Twice is pretty light Electro Pop, this is more New Wave Techno Pop with underground flair.

Day Behavior

スウェーデンのSaint Etienneと呼ばれるラウンジ系エレクトロポップ。


Lounge Electronic Pop to called as a Swedish Saint Etienne.

Elegant Machinery

スウェーデンの90年代エレポップ勢の中では多分メジャーだと思われます。ヴィンス・クラーク系アナログ・シンセにこだわりが感じられます。ベスト・アルバム『Yesterday Man』を最近リリースした。残念ながら解散して、メンバーの一人はS.P.O.C.K.に参加。


They are probably considered to be major among 90's Swedish Electro Pop groups. They stick to Vince Clarke-type analog synth sound. They recently released the best album called "Yesterday Man". Regrettably they were disbanded and one of the members joined S.P.O.C.K.

Emmon

<Iggy>現在、Emmonという芸術大学の女子学生がいます。ステージでは、カラオケみたいな印象です。1人で立って、テープの音楽で歌っている女性です。サウンドは、古いパソコンとSoft Cellの混合です。デンマークのSuperheroesのメンバーがプロデュースをしました。


<Iggy> Currently, there is a girl student in the art school called "Emmon". On the stage, it is like Karaoke. She stood alone and sang along the tape music. The sound is the mixture of old personal computer and Soft Cell. A member of Superheros in Denmark produced her.

Martin, Kai & Stick!

Mobile Homes

元クラフトワークのカール・バルトスがプロデュースしたスウェーデンのエレポップ・バンド。ニューオーダー然とした曲からギターポップまであります。


This is an electro pop band from Sweden produced by Karl Bartos, ex Kraftwerk. They have New Order-esque songs to Guitar Pop.

Mourning After / Scapesonik

<Mourning Afterのバンド・メンバーのマグナス>Mourning Afterは80年代のアナログ・サウンドと90年代のデジダル・サウンドをまぜあわせたシンセポップ・バンドです。デペッシュ・モードやシンプル・マインズに影響を受け、新次元へともっていきます。

<Nick>僕たちの新しいバンド、ScapesonikはThe Morning Afterのメンバーにより結成されました。


<Magnus, a member of Mourning After> Mourning After is a new Swedish synthpop band that mix the analogue sound from the 80's with the digital of the 90's. Influenced by Depeche Mode and Simple Minds they bring the music to another dimension.

<Nick> Our new band, Scapesonik was formed from the members from The Mourning After.

Page

スウェーデン出身の結構キャリアが長い初期デペッシュ・モード、イレイジャー、OMD、テレックス、YMO等のエレポップに大きく影響されたバンドです。ポウシュと発音します。
<Jonas>SMJPのシンガーはPAGEというバンドもやっていて、最初の2枚のレコードまでは純粋な80年代型エレポップをやっていて、最近の2枚のレコードの音は少し変わりました。


This is the band highly influenced by electro pop such as early Depeche Mode, Erasure, OMD, Telex, YMO with pretty long career. It is pronounced as "poush".
<Jonas> The singer of SMPJ has a band called PAGE and up until their first 2 records played pure electro 80's but with the 2 last records changed the sound a bit.

Ratata

<gothおやじ氏>まさに当時のテクノポップサウンド。


<Mr. goth Oyazi> This is exactly Techno Pop sound at that time.

Reeperbahn

<Iggy>RatataとLustans Lakejerと同時に、Reeperbahnというグループもありました。同じレーベル(Stranded Records)でした。ギターもシンセも使って、ニューウェイヴとかニューロマなサウンドです。


<Iggy> Around the same time as Ratata and Lustans Lakejer, there was a group called "Reeperbahn". It was on the same label (Stranded Records). New Wave and New Romantic sound with both guitars and synths.

Selected Area

<セレクテッド・エリアのClas Petersson氏>スウェーデンのエレクトロポップ・バンド、セレクテッド・エリアを貴方のテクノ・エレクトロ・シンセ・ポップ&ニュー・ウェイヴのリストに追加してください。我々のウェブ・サイトではMP3とリアル・オーディオ・フォーマットの曲、ニュース、レヴュー等があります。


<Mr. Clas Petersson of Selected Area> It would be great if you added the Swedish electro-pop band Selected Area to your Techno/Electro/Synth pop and New Wave-list. On our website you'll find songs in mp3 and streaming Real Audio-format, news, reviews and much more.

S.P.O.C.K

<Jonas>スウェーデンのエレクトロなレコード会社のSubspaceは現在スウェーデンからの最高のエレポップ・バンドであるS.P.O.C.Kというバンドを有しています。Energy Recordsは初期のS.P.O.C.K、Page、スウェーデンの秀逸なエレポップ・バンドの一つであるElegant Machineryを有しています。


<Jonas> A Swedish Electro record company "Subspace" has a band called S.P.O.C.K which is the best electro band from Sweden right now. Energy Records have the early S.P.O.C.K records and Page and also one of the better Swedish electro "Elegant Machinery.

Strasse

Tredje Mannen

<gothおやじ氏>New Wave Guitar+テクノポップ。


<Mr. goth Oyazi> New Wave Guitar + Techno Pop.

Vanity Fair (Lustans Lakejer)

<Iggy>Vanity Fairはスウェーデンの一番人気のニューロマのグループです。「Lustans Lakejer」の英語版です。英語ではあまりよく無かったですけど、元の「Lustans Lakejer」は凄くいいと思います。Lustan Lakejerのサウンドは、JapanとRoxy Musicの影響が一番大きいです。とても上品なサウンドで、おススメ。


<Iggy> Vanity Fair is the most popular New Romantic group in Sweden. It's an English verion of "Lustans Lakejer". While Engish version was not as good, the original Lustans Lakejer is quite good, I think. Lustan Lakejer's sound is most influenced by Japan and Roxy Music. Very noble sound, and recommended.

Vision System

Vision Sytemの一員、Perが僕にメールをくれ、彼らが僕の質問に対して以下のように答えてくれました。

--Vision Sytemのサウンドはどうのようなものですか? あなたのお気にいりのバンドは誰ですか?


Vision Systemは、長らく主成分として柔らかいまた特徴的なポップのメロディーを備えたシンセポップ・エレクトロニカを演奏します。最近の歌は、クラシックなシンセティック音とポンピングするベース・ラインと楽しい、まちがう余地がないギター・ループ合体させています。我々のお気にいりのバンドは、キュア、デペッシュ・モード、デヴィッド・ボウイ、クラフトワーク、スミスとかです。

--日本でリリースをすることを熱望していますね。なぜ? どんな日本人のアーティストでも知っていますか?

日本とスウェーデンは、美しいメロディーの音楽のための愛情を共有するようです、いくつかのスウェーデンのバンドは、聴衆を日本で見つけるのに成功しています。我々は、現代の日本文化に魅了され、そして、我々は、とても行きたいです。我々がしばしば耳を傾ける邦楽は、ピチカート5とコルネリアスです。


Per, a member of Vision Sytem, gave me a mail and they gave the following answers to my questions.

-- How do you describe the sound of Vision System? Who are your favourite bands?

Vision System plays synth pop electronica with tender and characteristic pop melodies, a central ingredient in any Vision System song throughout the years. Recent songs combines a classic synthetic sound with pumping bass lines and pleasant, unmistakable guitar loops. Among our favourite bands are The Cure, Depeche Mode, David Bowie, Kraftwerk, The Smiths.

-- You seem to be eager to have releases in Japan. Why? Do you know any particular Japanese artists?

Japan and Sweden seem to share an affection for melodious music, several Swedish bands have succesfully found an audience in Japan. We are also fascinated with modern Japanese culture and we would love to go there. Japanese music that we frequently listen to is Pizzicato 5 and Cornelius.

Finland

<Harry Mook特派員>フィンランドのニューウェイヴ・シーン:80年代初期のヘルシンキにはちょっとしたシーンがありました。Musta Paraati(「黒いパレード」…とてもオリジナル)、Ratsia(「襲撃」…最も人気のあった初期パンクバンドのひとつで、のちにお化粧とシンセの啓示をうける)、Twiggy OliverとかHeft Load等のバンドがありましたが、彼らに関する情報は見つけるのが難しいです。多くのものはEinstein A Go-Goとよばれるニューロマ・フューチャリスと系クラブ周辺でした。


<Correspondent Harry Mook> Finnish New Wave Scene: There was a bit of a scene in Helsinki in the early 80s with bands like Musta Paraati ("Black Parade"...so original), Ratsia ("Raid" - one of the most popular early Punk bands who later had a bit of a make-up/synth revelation), Twiggy Oliver and Hefty Load, but info on these is kind of hard to find. Most of the action was based around a New Romantic/Futurist club called Einstein A Go-Go.

Advanced Art

<Harry Mook特派員>Depeche Mode狂。解散してしまったと思います。


<Correspondent Harry Mook> Depeche Mode enthusiasts. I think they've split up.
 

Cinema

<Harry Mook特派員>80年代初期のトレヴァー・ホーンに成りたかったグループ。

<Correspondent Harry Mook> Early 80s Trevor Horn wannabes.

Disco

<Harry Mook特派員>この新マシーンを基にしたバンドは聴いた事がありませんが、いいレヴューをされています。


<Correspondent Harry Mook> I haven't heard this new machine-based band yet, but they've had some good reviews.

Giant Robot

<Harry Mook特派員>ヘルシンキ出身のエレクトロ・ヒップホップ的プロジェクト。EP「Helsinki Rock City」からのタイトル曲は単にひどく面白い。流動的なメンバーでとても人気のあるライヴ・バンドです。時々、十数人でスーテジをするみたいです。


<Correspondent Harry Mook> Electrohiphoppy project from Helsinki. The title track from their "Helsinki Rock City" EP is simply hilarious. A very popular live band with a flexible line-up - sometimes they seem to have dozens of people up on the stage.

Kemopetrol

<Harry Mook特派員>今年のフィンランドの次の大物として期待される。アルバム「Slowed Down」はニューウェイヴ的モダンポップからGrace Jones的リズムとダウンビートなアンビエントまで。プロダクションもアレンジも鋭く、革新的ですが、女性ヴォーカリストがいい加減な英語の発音でちょっと台無しにする傾向がある。


<Correspondent Harry Mook> This year's next big thing in Finland. The album "Slowed Down" veers from New Wavey Modern Pop to Grace Jones rhythms and Downbeat Ambience. The production and the arrangements are sharp and inventive, but the female vocalist tends to let the side down a little with her clumsy pronunciation of English.

Kinetic

<Harry Mook特派員>以前はRomantic Visionというバンド名だったCyberwareというフィンランドのエレクトロニック・レコード・レーベルのバンド。


<Correspondent Harry Mook> This is a band on Cyberware, a Finnish Electronic record label, formerly Romantic Vision.

Neuroactive

ネオ・シンセポップ系。


Neo Synth Pop.

Op:l Bastards

<Harry Mook特派員>ヴィンテージ・シンセとドラム・マシーンの行ったり来たりする感じのダーティーなグルーヴ狂。クラフトワークっぽい雰囲気からキャッチ-なグラム的ストンプ(速いリズムの強い曲)までスタイルは変わる。ドイツの会社からの訴訟の脅威のためOpel Bastardsjから名前を変えなくてはいけなくなった。


<Correspondent Harry Mook> Up-and-coming dirty groove merchants with vintage synths and drum machines. Style varies from Kraftwerkian ambience to catchy Glam stomp. Had to change their name from Opel Bastards because of a lawsuit threat from the German manufacturers.

Organ

<Harry Mook特派員>多分最初のフィンランドのシンセポップ・アクトであるArgonから80年代の初頭に発展した。アルバム「Nekrofiilis」を見つける事は不可能に近い。僕も探しています。歌詞はフィンランド語。


<Correspondent Harry Mook> Evolved in very early eighties from Argon, probably the first Finnish synthpop act. Album "Nekrofiilis" is pretty near impossible to find. Still looking myself. Lyrics in Finnish.

Pan Sonic

SuicideのAlan Vegaとのコラボレーション・ユニットVVVでも知られる。Sucideのページに関連記事あり。


They were also known for the collaboration unit "VVV" with Alan Vega in Suicide. Please refer to Sucide page.

Shadowplay / Ifgray, Brandi

<Harry Mook特派員>Pan Sonicのレコード・レーベルであるSahko(「電気」)は、ShadowplayのヴォーカリストのBrandi Ifgray(明らかに本名ではない)のソロ作をリリースしているPuu(「木」)というサブ・レーベルを持っています。Jimi Tenorにプロデュースされたアルバム「Le Mutant」はカリスマ的別世界人に見えるBrandiのいいジャケのスモーキーなエレクトロニック・ムード音楽です。
Shadowplay自体は80年代初期から不定期にレコードをリリースしています。とても精神分裂病的。MagazineやThe Only Onesの居なくなったポスト・パンク対ムードのあるピアノはフェイク・ジャズ(彼ら自身の説明)へと導いた。個人的には後者が好きです。


<Correspondent Harry Mook> Pan Sonic's record label Sahko ("Electricity") also has a subsidiary called Puu ("Wood") that has released solo stuff from the Shadowplay vocalist Brandi Ifgray (obviously not his real name). The album "Le Mutant", produced by Jimi Tenor, is a smoky Electronic Mood piece with a great cover shot of Brandi looking charismatically otherworldly.
Shadowplay themselves have released records rather irregularly since the early 80s. Theirs is a very schizophrenic style: Post Punk in the vein of Magazine or The Only Ones versus atmospheric piano-led "Fake Jazz" (their own description). Personally, I prefer the latter.

Super

<Harry Mook特派員>Spinefarn RecordsのSuperは、日本のEscalator Recordsから少なくとも「Tickets」というミニアルバムを1枚リリースしています。最新アルバム「Tipsy」はEtienneのプロデューサーでもあるIan Cattとレコーディングされ、狂気のサンプリング・オールドスクール・ヒップホップ・デュオ「Skillsters」やサイド・プロジェクト「Oriental Kaviar Dinner」で素晴らしい仕事をしたキーボード魔術師のOkkeのお陰でかなりファンキーなエレクトロニック・グルーヴを生み出しています。彼らの頭がおかしくなるムーグ的ラウンジ・ジャズ版「Blue Monday」を聴いて欲しい。彼は、特にKraftwerkの超ファンです。
去年フィンランドに帰っている間に、忘れられがたい「Aavikko(フィンランド語で「砂漠」)」のギグを見る機会がありました。生真面目な顔をしてローファイなKraftwerkを演奏するトリオです。彼らに関する情報はGiant Robotと同様にSpinefarmのサイトで見つかります。


<Correspondent Harry Mook> Super on Spinefarm Records have released at least one mini album ("Tickets") on the japanese Escalator Records. The latest Super album, "Tipsy", was recorded with Etienne producer Ian Catt and has some pretty funky Electronic grooves courtesy of their keyboard wizard Okke, who has also done some excellent stuff with his insanely sampledelic Old Skool Hip Hop duo "Skillsters" and a side project called "Oriental Kaviar Dinner" - you really should hear their dementedly moogtastic Loungejazz version of "Blue Monday". He's a massive Kraftwerk fan, amongst other things.
Last year whilst visiting Finland I managed to catch a gig by "Aavikko" (Finnish for "desert"), who were pretty unforgettable: like one of those cruise ship trios playing lo-fi Kraftwerk with totally straight faces. You can find info on them as well as Giant Robot on the Spinefarm site.

22-Pistepirkko

<Harry Mook特派員>世界中のどこにも彼らのようなバンドはいないと断言できます。湿ったガレージロックからニューマン的シンセ・リフまであらゆる種類の音楽をミックスする長い歴史を持っています。彼らの最新作「Eleven」では、多少ともエレクトロニックになり印象的な結果を出しています。欧州を定期的にツアーし、カルトなファンを増やしています。


<Correspondent Harry Mook> I can safely say there isn't another band remotely like them anywhere in the world. They have a long history of mixing all kinds of genres from swampy Garage Rock to Numanesque synth riffs. On their most recent proper album, "Eleven", they've gone more or less electronic with some striking results. They've toured Europe quite regularly and built up a cult following.

Denmark

Superheroes

<オクダケンゴ特派員>メランコリックなメロディを核とするギターポップサウンドとアナログシンセのニューウェイヴィーなエレクトロ感の融合。ウエハラ氏もご推薦。日本でのライヴも敢行。


<Correspondent Kengo Okuda> This is fusion of Guitar Pop sound based on melancholic melody and New Wavy Electro feel with analogy synths. Mr. Uehara also recommends. They also did gigs in Japan.

Scandinavia (Country Unknown)

3rd Man

<gothおやじ氏>これも、UNITON RECORDSです。 聴きやすい、Dark Techno Pop。


<Mr. goth Oyazi> Another on Uniton Records. It's easy to listen Dark Techno Pop.

HOME | INDEX