Snakeman Show(スネークマンショー)
No. 1 Band, The / Snakeman / Radio Heaven / New Snakeman Show / Snakeman Show Enfants / Seaman / Snakeman Show 21 / Eve, Masato(伊武雅刀)

Snakeman Show

No. 1 Band, The

Snakeman

Radio Heaven

New Snakeman Show

Snakeman Show Enfants(スネークマンショーの恐るべき子供たち)

Seaman(シーマン)

Snakeman Show 21 (S21)

Eve, Masato(伊武雅刀)

スネークマンショーは元々ラジオ番組(ラジオ大阪=>TBS)の企画で、Y.M.O.のミニ25cmアルバム『増殖』に挿入されたのきっかけとしてニュー・ウェイヴ少年少女の間でブレイクした。Y.M.O.が『ソリッド・ステート・サヴァイヴァー』で売れてしまった後の企画としては一般人の期待を裏切る会心の作である。桑原茂一がブレインとなり、デスラー総統の声優をしていた伊武雅刀と英語のお上手な小林克也を一気にメジャーな存在とした。

スネークマンショーの始まりについて…。桑原茂一は、70年代初頭に公開されたウルマンジャックの登場する映画「アメリカングラフィティー」に深く傾倒していた。その後、彼はアメリカのカウンターカルチュア誌「ローリングストーン」日本版に関わった。小林克也は、当時のメンズアパレルメーカーVANが経営するBAR「スコッチバンク」のBGMをウルフマンジャックのものまねを武器に制作していた。桑原は、小林のものまねにいたく感動し「ローリングストーン」廃刊後に始めるラジオ番組の主役を小林克也に依頼したとのことである。ラジオ番組を制作する上で架空のキャラクターを模索(ウルフマンに対する憧れ)していた桑原は、小林克也名義ではなく、たまたま小林の干支が蛇年だったこともあってその名をスネークマン、番組名はスネークマンショーとするように小林を説得したとのことである。

伊武雅刀は白井良明や戸田誠司の協力によるニュー・ウェイヴ歌謡のアルバム『MON-JAH』をリリースし、小林克也はナンバー・ワン・バンドを結成しアルバム『もも』をリリースした。ここでスネークマンショーの思い出深いフレーズを。

私の知るスネークマン・ショーはここまでだが、その後スネークマン名義で現在に至るまでアルバムを発表している。誰か詳しいひと追加情報待ってます。スネークマン・ショーのニュー・ウェイヴ・ギャグの流れはS.E.T.、ビックリハウス(音版)、芸者ガールズ、KOJI1200へ、ロケットマンへと受け継がれていく。

ALL ABOUT JAPANにて『スネークマン症候群』記事を2001年11月14日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『ウルフマン・ジャックに憧れて』記事を2002年3月20日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『ピストルズを呼べ!そしてYMO』記事を2002年4月3日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『ホテル・ニュー越谷』記事を2002年4月17日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!』記事を2002年5月8日に掲載。
ALL ABOUT JAPANにて『ピテカンからクラブキング』記事を2002年5月22日に掲載。


Snakeman Show is originally a radio program (Raido Osaka -> TBS) and it broke out among New Wave boys and girls with the insertion to Y.M.O.'s mini 25 cm album "Multiplies". This was an outstanding work by betraying the expectation of ordinary people as a plan after a major hit of "Solid State Survivor". It made Masato Eve who was a voice actor for the President Deathler and Katsuya Kobayashi who is a master of English very major thanks to Moichi Kuwahara as a brain.

About how Snakeman Show started... Moichi Kuwahara was deeply inclined to the movie "American Graphity" released in the early 70's which Wolfman Jack appears while working the Japanese edition of "Rolling Stone", an American counter-culture magazine. Katsuya Kobayashi was producing the BGM for the bar "Scotch Bank" run by VAN, men's clothing brand leveraging the mimic of Wolfman Jack. Kuwahara was so impressed by Kobayashi's mimic and Kuwahara asked Katsuya Kobayashi to be a main personality of the radio show which started after discontinuing "Rolling Stone". Kuwahara was exploring the program which can inspire the imagination by creating an imaginary character (admiring Wolfman), and Kuwahara convinced Mr. Kobyashi to call Snakeman Show by Snakeman, not Katsuya Kobayashi, as he happens to be born in the year of snake.

Ibu released the New Wave Kayo album "MON-JAH" with the support from Yoshiaki Shirai and Seiji Toda, and Kobayashi released "MOMO" forming Number One Band. Here are memorable phrases from Snakeman Show:

This is the end of Snakeman Show I know, but they released the albums up to now with the name of Snakeman. If you know more about it, please let me know. The New Wave Gags of Snakeman Show streamed into S.E.T., Bikkuri House (Sound Version), Geisha Girls, KOJI 1200 and Rocketman.

HOME | INDEX