SPANISH NEW WAVE
LA MOVIDA MADRILEÑA / NUEVA OLA

スペインにもニューウェイヴ・シーンはちゃんとあったんですね。Mecanoしかほとんどの人は知らないと思います。Chad A.特派員の協力の下、スペイン特集です。最近のネオ・シンセポップ系も。

<Masador氏>スペインの90年代は、マイアミ経由の南米ラテンポップが押し寄せ、ロック、テクノポップは押しやられていた感がありますが、90年代後半あたりからインディーズ中心に徐々にグループが出てきている状況です。スペインのテクノポップ−インディも色々と面白いですよ。


It was a good surprise to know that there was Spanish New wave scene. Very few people know about anything other than Mecano. With the help of Correspondent Chad A., this page features Spain including the recent Neo Synth Pop.

<Mr. Masador> In the 90s of Spain, Latin America Pop came via Miami, and Rock and Techno Pop were pushed aside, but the groups started to come from around the second half of the 90s gradually mainly on Indies, . Spanish Techno Pop -Indie scene are intresting with good variety.

Alaska | Almodovar y McNamara | Cano, Nacho | Charol | El Aviador Dro | Estatuas de Sol | Fangoria | Kaka de Luxe | Mecano | Radio Futura | Sissi | Torroja, Ana | Video
Omnibus Albums
La Movida | La Edad De Oro Del Pop Español | La Otra Movida | ElectroSpain UP!

Alaska / Alaska y Los Pegamoides /Alaska y Dinarama / Fangoria

<Chad A.特派員>AlaskaはLa Movida Madrileña(スペインのニューウェイヴ)の女王です。彼女はAlaska y Los Pegamoidesを当時、よりクリエイティヴなグループになるように導いた。一枚のアルバムと多数のシングルをAlaska y Dinaramaとなる以前にリリースした。彼女はPedro Almodovarの最初の映画『Pepi, Luci, Bom』(スペインのニューウェイヴの欠くことのできないドキュメント)に主演した。

<Masador氏>この間のFangoriaのライブでは、Pedro Almodovarの姿を見かけました。彼女の歴史はMovida Madrilena(スペイン・ニューウェイブ)の歴史なので、語りだすと大変です。80年代には、MecanoのJose Maria(テクノっぽくない曲を書くほう)にTVサントラでプロデュースされていたりもします。最近では、Fangoriaの『Naturaleza Muerta』が久々にナショナルチャートでスマッシュヒット(インディチャートでは常連ですが)、「La Movida&Alaska」という伝記が出版されて、結構売れているようです。他にも、お昼の奥様番組のコメンテーターに選ばれたり、「海賊版がはびこるのはCDの価格が高すぎるから」と言い切って、なぜかスペインCD販売業者団体から反発をくらい、FangoriaのCDが店頭から回収されたり(結局1日で和解しましたが)、と話題にこと欠きません。日本では…たとえられる人はいないですね。


<Correspondent. Chad. A> Alaska was the queen of La Movida Madrileña (Spanish Newave). She led Alaska y Los Pegamoides to become one of the more creative groups of the time. They released one album and numerous singles before becoming Alaska y Dinarama. She stars in Pedro Almodovar's first film, "Pepi, Luci, Bom" (an essential document of the Spanish Newave).

<Mr. Masador> Pedro Almodovar was seen in the live of Fangoria. Since her history is the history of Movida Madrilena (Spainish New Wave), it is serious if it begins to tell. Also being produced by Jose Maria (way which composes the music which is not Techno) of Mecano in TV sound track in the 80s. It seems that "Naturaleza Muerta" of Fangoria became a smash hit in the national chart recently after a long time(it is a frequenter with an indie chart) and her biography "La Movida&Alaska" in is published, and it sells very well. She was chosen as the commentator of the daytime Madam program, or she declared that a pirate edition spreads because CD is priced too high, and the CDs of Fangoria are collected from the market by the Spain CD Ttrade Association (although reconciled after all in one day). In Japan -- there is nobody who is compared to her, isn't it.

Almodovar y McNamara

<Chad A.特派員>Almodovar y McNamaraはエレクトロ・ディスコ、パンク、コールドウェイヴ、その他のジャンルを包括した折衷主義的アルバムを83年にリリースした。Pedro Almodovarはスペインの国際的に知られた映画製作者です。グループはスペイン語と下手な英語(Fabio McNamaraの傾向)で不埒な歌詞を垂れ流し、女装で演奏していました(Almodovarの2作目に映画『Labrynth Of Passions』を見てください)。


<Correspondent. Chad. A> Almodovar y McNamara released one eclectic album in 83 that contains Electrodisco, Punk, Coldwave, along with other genres. Pedro Almodovar is Spain's internationally renowned filmmaker. The group used to perform in drag (see Almodovar's second film,"Labrynth of Passions"), spouting off outrageous lyrics in Spanish and bad English (as was Fabio McNamara's tendency).

Charol

<Chad A.特派員>Charolはスカとアップテンポで調子の狂ったニューウェイヴ曲を収録したアルバムを1980年にリリース。82年の次ぎのアルバムではCharol 2と改名し、よりシンセサイザーに頼り、スカの影響が薄れました。


<Correspondent. Chad. A> Charol released one album in 1980 that contains Ska and up-tempo, off-kilter New Wave tunes. They changed their name to Charol 2 for the next album (1982), which relied much more on synthesizers and did away with the Ska influences.

El Aviador Dro

<Chad A.特派員>El Avidor Droはスペインにシンセパンク、コールドウェイヴ、シンセポップを持ってきました。彼等はDROという自分達のレーベルを始め、そのレーベルはスペインで最初で最重要なシンセポップ・レーベルとなりました。1978年に結成され、最初のシングルを1979年にリリース。現在でも一緒に活動を継続している。全ての過去の作品はCDで再発されています。


<Correspondent. Chad. A> El Aviador Dro brought Synthpunk, Cold Wave and Synthpop to Spain. They started their own record label, DRO, which became the first and most important Synthpop label in Spain. They formed in 1978 and released their first single in 1979. They continue to perform together at present. All older work has been re-released on CD.

Estatuas de Sol

<Alfonso Crespo氏>マドリッド(スペイン)からのシンセポップ・バンドです。エレキ・ギターとスペイン語のいいヴォーカルが一緒になった電子音楽系。OMD、Alphaville、Depeche Mode、A-HA等の80年代バンドに影響されています。MP3と情報が上のリンクにあります。


<Mr. Alfonso Crespo> Synthpop band from Madrid (Spain). Electronic instruments with electric guitars and good vocals in spanish. Influences from 80's bands like OMD, Alphaville, Depeche Mode, A-HA. Mp3's songs & info. at the above link.

Kaka de Luxe

<Chad A.特派員>Kaka de Luxeはスペインの初期パンク・バンドの一つです。「Las Canciones Malditas」というアルバムが解散後に出ましたが、一枚のシングルのみをリリースしました。スタイルは、ゆるくてだらしなくが、バンドの多くのメンバーはAlaska y Los PagamoidesとRadio Futuraを結成し活動を続けた。


<Correspodent Chad A.> Kaka de Luxe is one of Spain's first Punk bands. They only released one single while together (1978 to 79) and an album posthumously, titled "Las Canciones Malditas". Their style is loose and sloppy, but the band's many memebers went on to form Alaska y Los Pegamoides and Radio Futura.

Mecano / Torroja, Ana / Cano, Nacho

<ちのさん> スペインのMECANOというグループは正確にはエレポップグループじゃないんですが、"El 7 de Septiembre"という曲は、ものすごくエレポップの感じがする曲です。
<hymn氏>デビューアルバム収録(ベスト盤にも)の「Me cole en una fiesta」は「ハイスクール ララバイ」と「ラジオスターの悲劇」を足して2で割ったような名曲です。なぜかこれの英語版7インチを買ったのが私とMECANOの出会いですが、次に買ったのはCBS時代のベスト盤「20 Grandes...」で再会まで10年も掛ってしまいました。お勧めはベスト盤を買うか、上から順番に買いましょう。エレポ度は年々低くなりますから。アルバムの中では「Ya viene el Sol」が私は好きです。Thomas Dolbyがゲスト参加してます。昨年1stからライヴ盤までBMGから再発されたのと2枚組ベストもでました。ヴォーカルのアナ嬢の初ソロはトニマン・プロデュースでエレポ度が高くなり非常に良いです。Nacho Canoのソロ「The Femine Side」も昨年でましたが、小室くずれのまあまあな出来です。Nachoは日本盤でたのにAnaがでてないとはケシカラン。


<Ms. Chino>A Spanish group called "MECANO" is not exactly an electro pop band, but the song called "El 7 de Septiembre" has real feel of electro pop.
<Mr. hymn> "Me cole en una fiesta" in the debut album (also in the best album) is a masterpiece like ("High School Lullaby" + " Video Killed The Radio Star")/2. I met Mecano when I bought this 7" single somehow, and it took 10 years to buy the next one, "20 Grandes..." which is the best compilation during CBS days. My recommendation is to buy the best album or to buy them in order from the top. The level of Electro Pop gets less and less by year. Among their albums, I like "Ya viene el Sol". Thomas Dolby joined as a guest. Last year, the albums from the 1st to live and the 2 CDs best album were reissued on BMG. The first solo album by Ana, a vocalist, is very good with high level of Electro Pop produced by Tony Mansfield. Nacho Cano's solo album "The Femine Side" was released last year and modestly good a bit like Komuro sound. Nacho was released in Japan, but no Japanese release for Ana which is unacceptable to me.

Radio Futura

<Chad A.特派員>Radio FuturaはLa Movidaにおけるよりクリエイティヴなニューウェイヴ・グループの一つです。1980年のファースト・アルバム『Musica Moderna』は抽象的なシンセ・ノイズとキャッチ−なニューウェイヴ・チューンに溢れています。80年代ずっと活動を続けました。


<Correspondent. Chad. A> Radio Futura were another of the more creative New Wave groups of La Movida. Their first album, "Musica Moderna" of 1980 is full of absract synth noises and catchy New Wave tunes. They continued to perform throughout the 80's.

Sissi

<Chad A.特派員>Sissiは、セルフ・タイトルのアルバムで60年代にインスパイアされた商業的ニューウェイヴ・ロックを演奏しました。アルバムのジャケが、ハイライトです。


<Correspodent Chad A.> Sissi plays 60's inspired, commercial New Wave rock on their self-titled album. The album art is the highlight of the disc.

Video

Omnibus Albums

La Movida

<Chad A.特派員>スパニッシュ・ニューウェイヴ(La Movida Madrileña or Nueva Olaとか呼ばれます)に関してですが、『La Movida』という充実した2枚組CDコンピがあります。もっとグループが追加できます。La Orquestra Mondragon、Los Nikis, Burning、Kaka De Luxe、Ejecutivos Agresivos等。でも彼等についてはあまり知りません。La Movida Madrileñaはマドリッドをベースにしています。フランコ独裁政権の陥落後ユースカルチャーが爆発したものです。音楽はこのムーヴメントの大きな役割を果たし。芸術、映画、演劇の分野でも重要な功績を上げました。


<Correspondent Chad A.> Concerning the Spanish New Wave (what they call La Movida Madrileña or Nueva Ola), there is one comprehensive double CD compilation called "La Movida". There are more groups I could add: La Orquestra Mondragon, Los Nikis, Burning, Kaka De Luxe, Ejecutivos Agresivos, etc. I just don't know very much about them. I will do some more research. La Movida Madrileña was based in Madrid and is more of a youth culture explosion after the fall of the Franco dictatorship. The music played a big part in this movement, but important accomplishments in art, film, and theatre were made as well.

ElectroSpain

01. DIRTY PRINCESS: Jugar al reves
02. CHICO Y CHICA: Lady ole
03. L KAN: Aburrida de estar salida CIELO - Radio subterr&aacute;nea
04. MANO DE SANTO: La canci&oacute;n de tu vida (remezcla garaje)
05. BEGONA: Criminal (Version Demo)
06. ALMA X: Crimen en levante
07. LA MONJA ENANA: Una vida normal
08. SUPERPUTA: Nintendo (Sky-lab mix)
09. LO-FI: interferentes
10. GORE GORE GAYS: Mi chico
11. BUBLE GUM: La dama del lago
12. FOCOMELOS: Mami me he tragado el disco de Depeche Mode
13. BABY HORROR: Lucha contra el tekno
14. QUE OUT: Indiegente
15. LEMONFLY: Mi&eacute;nteme otra vez
16. INSULINA Y LAS PONI GIRLS: Ultrapre&ntilde;ada
17. LAS DESIS: Mucho indie y tecnopop
18. MARGARET ASTRO: Todo por un yate
19. DECODEK: Serenity
20. LA RUBIA MONTOYA: Todo vale

Chop My Popのウェブマスターより>subterfugeというレーベルからその名も『ElectroSpain』というコンピレーションがでています。前回までFangoriaのいたレーベルです。LKanは、なんと一曲日本語でも歌った曲もあります(このコンピではない)。BABY HORRORはロックぽいと思うんですが、Fangoriaのニューアルバムのお手伝いもしたらしいです。


<Chop My Pop webmaster.> From subterfuge label, the compilation called "ElectroSpain" was released. Fangoria previously belonged to this label. L Kan has a song singing Japanese (not in this compliation). I think Baby Horror is more Rock, but they assisted Fangoria's new album.

HOME | INDEX