SUIZOKUKAN LABEL(水族館レーベル)

このページは和製コンパクト・オーガナイゼーションまたは『ピローズ&プレイヤーズ』で知られるチェリー・レッドの異名をとる徳間ジャパン傘下の水族館レーベルのアーティスト達を紹介します。83年に新人発掘のために創設されたこのレーベルはムーンライダーズの鈴木慶一が中心になりサポートを行いポータブル・ロックやリアル・フィッシュを世の中に送り出した。その精神はメトロトロンへ引き継がれる。


This page presents the artists of Suizokukan Label, Japanese Compact Organisation or Cherry Red known with "Pillows & Prayers", under Tokuma Japan Records. This label founded for the purpose of excavating new artists in '83 sent out Portable Rock and Real Fish with the support centered by Keiichi Suzuki of Moonriders. The spirit of this label was taken over by Metrotron.

Moonriders | SUIZOKUKAN LABEL(水族館レーベル) | METROTRON | MOONRIDERS WORKS | MOONRIDERS-ESQUE

Children NEW! | Higae, Takao(比賀江隆男) | Kondo, Tatsuro(近藤達郎) | Mio Fou | Naoe, Masataro(直枝政太郎) | Quotations | Paris | Portable Rock | Real Fish | Suizokukan Orchestra(水族館オーケストラ) | Voice
Omnibus
Bright Young Aquarium Workers(陽気な若き水族館員たち) | Bright Young Museum Workers(陽気な若き博物館員たち) | Bikkuri Aquarium(ビックリ水族館) | Wakatsuki Megumi No Takarajima World(わかつきめぐみの宝島ワールド)

Children

『陽気な若き博物館員たち』に鈴木慶一プロデュースの2曲が収録されています。

<トーヤ氏>根岸道朗は、鈴木さえ子の「緑の法則」でさえ子嬢とデュエットしている。現在はアメリカをHOROしているらしい。伊藤真は、東京一のカルトバンド・メトロファルスのヨタロウとすごく親しいらしい。メトロファルスの「Stands!」には、Special Thanksでクレジットされている(なんでもそのアルバムで、ムーンライダースの白井良明が弾くシタールを貸したらしい)。元・フェアチャイルドの戸田誠司は、「博物館」参加のユニットの中で、CHILDRENが一番好きだ、と言っていた。

<TK氏>伊藤真さんは、伊藤与太郎の実のお兄さんです。収録曲の『Lost Horizon』で良明さんは、シタールを弾いています。スタジオに絨毯を引いて弾いてました。ちなみにケースが無かったのかシタールを風呂敷に包んでました。

<セリーヌ氏>伊藤真は、海外でも知られているノイズ音楽(ジャパノイズ)のユニットである、NORD(ノール)で活動を続けています。サイトはJapanoise.netです。


The two songs by them produced by Keiichi Suzuki are included in "Bright Young Museum Workers".

<Mr. Toya> Michiro Negishi dueted with Saeko in her album "Midori No Hosoku". Currently, he is wondering in the U. S. I heard that Makoto Ito is a good friend of Yotaro of Metrofarce, the number one cult band in Tokyo. He was credited as Special Thanks in the album "Stands!" by Metrofarce (Ryomei Shirai lended his sitar in this album). Seiji Toda, ex-Fairchild, said that he like Children among the units who joined "Museum".

<Mr. TK> Mr. Makoto Ito is a real brother of Yotaro. In the track "Lost Horison", Mr. Ryomei Shirai played siter. He was playing it on the carpet. He was wrapping his siter with Japanese "furoshiki" cloth as he may not have had the case.

<Mr. Celine>Makoto Ito is still active in NORD, a Noise (Japanoise) unit known overseas. The site is Japanoise.net.

Higae, Takao(比賀江隆男)

比賀江隆男氏は佐伯健三氏の幼稚園・小学校の同級生であり、少年ホームランズ、ハルメンズ、ヤプーズにも在籍した。鈴木博文氏プロデュースによる『恋のゆくえ』が『陽気な若き博物館員たち』に収録されています。


Takao Higae was Kenzo Saeki's classmate in Kindergarten and Elementary School, and played in Shonen Homeruns, Halmens and Yapoos. The song "Koi No Yukue" produced by Hirobumi Suzuki is included in "Bright Young Museum Workers".

Kondo, Tatsuro (近藤達郎)

近藤達郎氏はチャクラにも在籍し、当時ウニタ・ミニマで活動。矢口氏プロデュースによる2曲が『陽気な若き博物館員たち』に収録されています。


Tatsuro Kondo used to be in Chakra and played in Unita Minima at that time. The two songs produced by Yaguchi are included in "Bright Young Museum Workers".

Naoe, Masataro(直枝政太郎)

現在もメトロトロン・レーベルにてカーネーションで活動する直枝氏は鈴木博文氏と政風会と共にアルバムをリリース。。


Masataro Naoe who still plays in Carnation in Metrotron Label released the album with Hirobumi Suzuki as Seifukai.

Paris

フレンチポップ的トリオ(ボブ・ウェルチのパリスと違います)。『陽気な若き博物館員たち』に鈴木慶一プロデュースの2曲が収録されています。
<オクダケンゴ特派員>U.F.Oことユナイテッド・フューチャー・オーガニゼーション(UNITED FUTURE ORGANIZATION)は結構クラブ周辺では有名なんですけど、注目するのはParisのラファエル・セバグが在籍してることなんです。もしかしたら同姓同名かもしれませんが。


This is a French poppy trio (not Paris by Bob Welch). The two songs by them produced by Keiichi Suzuki are included in "Bright Young Museum Workers".
<Correspondent Kengo Okuda> United Future Organization a.k.a U.F.O. is known in the club scene. To be noted, Raphael Sebbag is in this band though it could be a different person with the same name.

Quotations(クォーテーションズ)

『陽気な若き博物館員たち』に2曲が収録されています。リアル・フィシュの矢口博康がゲストとしてサックスで参加してます。79年に札幌で結成された。和田博巳氏はムーンライダーズの母体ともなったはちみつぱいに在籍した。結成20年目にて70年代的サウンドのミニ・アルバムを突然リリース。


The two songs by them are included in "Bright Young Museum Workers". Hiroyasu Yaguchi in Real Fish played sax as a guest. It was formed in Sapporo in '79. Hiromi Wada was formerly in Hachimitsu Pie which became the base of Moonriders. 20 years after the band's establishment, they suddenly released 70's sound mini album.

Suizokukan Orchestra(水族館オーケストラ)

その正体はリアル・フィッシュ+ポータブル・ロック+ミオ・フー+鈴木慶一(指揮者)です。『陽気な若き水族館員たち』に2曲が収録されています。


The members are Real Fish + Portable Rock + Mio Fou + Keiichi Suzuki (a conductor). Two songs are included in "Bright Young Aquarium Workers".

Voice

10cc的英国ポップに影響を受けたバンド。70年代後期のムーンライダーズっぽくもある。2曲が『陽気な若き水族館員たち』に収録されています。立川芳雄氏はソロでカセット・ブック『東京1ダース』に参加した。


This is a band influenced by 10cc-like British Pop. It is also like late 70's Moonriders. The two songs are included in "Bright Young Aquarium Workers". Yoshio Tachikawa participated in the cassette book "Tokyo 1 Dosen" as solo.

Bright Young Aquarium Workers(陽気な若き水族館員たち)

[1983] Tokuma Japan

01. Suizokukan Orchestra(水族館オーケストラ): Bright Young X'mas
02. Portable Rock: Cliquet(クリケット)
03. Real Fish: Gamran Hopper(ガムラン・ホッパー)
04. Voice: Daichi No Kate(大地の糧)
05. Mio Fou: Gogh No Itosugi(ゴッホの糸杉)

06. Suizokukan Orchestra(水族館オーケストラ): Utsukushiki Saffron Oh! la la Yasumono Kousaku Wa Edo Rhythm To Caramel No Yuyake(美しきサフランOh! la laやすもの工作は江戸リズムとキャラメルの夕焼け
07. Portable Rock: Green Books(グリーン・ブックス)
08. Real Fish: Yuenchi(遊園地)
09. Voice: Home Sick(ホーム・シック)
10. Mio Fou: Pierrot le Fou

鈴木慶一主宰の水族館レーベルの新人発掘シリーズ第一弾です。ポータプル・ロックやリアル・フィッシュ(両方ともノン・スタンダードのピチカート・ファイヴとシ・ショーネンとつながりますね)をデビューさせるきっかけとなった。


This is the first omnibus of Suizokukan Label led by Keiichi Suzuki as a series of new artist excavation. This created an opportunity for Portable Rock and Real Fish (both are related to Pizzicato Five and Shi-Shonen in Non-Standard) to debut.

Bright Young Museum Workers(陽気な若き博物館員たち)

[1984] Tokuma Japan

01. Masataro Naoe(直枝政太郎): Unga No Heitai(運河の兵隊)
02. Masataro Naoe(直枝政太郎): Torokko(トロッコ)
03. Children: Kaeru(還る)
04. Children: Midori No Yube(みどりのゆうべ)
05. Quotations: Shukaku No Kisetsu(収穫の季節)
06. Quotations: Poland(ポーランド)
07. Takao Higae(比賀江隆男): Koi No Yukue(恋のゆくえ)
08. Tatsuro Kondo(近藤達郎): Ballet Machinique
09. Tatsuro Kondo(近藤達郎): Bokura(ぼくら)
10. Paris: L'amour Conjugal
11. Paris: Rencontre

鈴木慶一主宰の水族館レーベルの『水族館』に続く新人発掘シリーズ第二弾です。現在でもカーネションで活動する直枝政太郎氏はこの時期まだテクノポップしております。


This is the second omnibus of Suizokukan Label led by Keiichi Suzuki following "Aquarium" as a series of new artist excavation. Masataro Naoe who still plays in Carnation was doing techno pop at that time.

Bikkuri Aquarium(ビックリ水族館)

[198?] Tokuma Japan

<かんちゃん>ボクは実は、このオムニバスに収録されている一人なんです(ホント)。「集団下校」という当時中学生(あの中ではたぶん最年少)のユニットの第4のメンバーとして、演奏と作曲をしてます。現在、一緒にKATEというユニットをやってる「Kaseo」という男も、その集団下校のメンバーですし、一緒にBlue Skin Heads(BSH)という名義で先日カセットをオンライン発売した「KENNY」という人も、ソロでそのアルバムに参加していた人です。みんなネットにつながっていまして、ボクんところの掲示板などにもよく出入りしてますよ!


<Kan-chan> I am actually a member of the band in this omnibus. I played and composed as the forth member of the Junior High School kids unit (probably the yougest among the bands) called "Shudan Gekou". The guy called "Kaseo" who is currently doing the unit called "KATE" together with me is also a meber of this Shudan Geko", and "KENNY" who released the cassette on line under the name of Blue Skin Heads (BSH) together is also a solo artist in the album. All are still related in the net and they often come to my BBS.

Wakatsuki Megumi No Takarabune World(わかつきめぐみの宝船ワールド)

[198?] Image Album

A1. So What? (作詞:滋田みかよ、作曲:岡田徹、唄:本間哲子)
A2. 異生物接近 (作曲・編曲:福原まり)
A3. ハハ・ハ・カナシ (作詞:一色進、作曲:泉水敏郎、唄:若林マリコ)
A4. だって気に入んないんだもん (作詞:泉水敏郎、作曲:鈴木博文、唄:北田かおる)
A5. ぱすてるとーん通信 (作曲・編曲:かしぶち哲郎)
B1. 梅(プラム)ブラザーズのテーマ (作曲・編曲:美尾洋乃)
B2. あの日のphotograph (作詞:高橋修、作曲:松尾清憲、唄:直枝政太郎)
B3. WAKE UP! (作曲:直枝政太郎、編曲:政風会)
B4. 米犬ワルツ (作詞:わかつきめぐみ、作曲・編曲:野見祐二、唄:森谷美月)
B5. 宝船船上大宴会 (作詞:わかつきめぐみ、作曲:鈴木慶一、唄:陽気な若き宝船の乗客たち)
(CDにはB-5のエディットバージョンと、野見さん作編曲のインストがボーナストラックとして入っています。)

<MS氏>「宝船船上大宴会」ではムーンライダース関係者勢揃いでわかつき作品の各キャラの声をあてています。海堂さん役の大鳥居氏と梅子さん役の丸木戸定夫氏だけ変名ですが、誰なのかは作品「So What?」中の『宝船船上大宴会』で殆どバレてます。「ハハ・ハ・カナシ」などは作品「月は東に日は西に」を読んだ上で聴くとより一層楽しめますよ。


<Mr. MS> In "Takarabune Senjou Daienkai", Moonriders-related people did each character of Wakatsuki works. While different names are used for Mr. Ohtorii for Mr. Kaido and Mr. Sadao Marukido for Umeko, who they are are almost disclosed in "Takarabune Senjou Daienkai" in "So What?". "Haha Ha Kanashi" is even more enjoyable if you read the work "Tsuki Wa Higashi Ni Hi Wa Nishi Ni".

HOME | INDEX