Tango Europe(タンゴ・ヨーロッパ)
Saito, Miwako(さいとうみわこ) / Chica Boom(チカ・ブーン) / Thrill(スリル) / Yukarie

Tango Europe(タンゴ・ヨーロッパ)

Saito, Miwako(斎藤美和子→さいとうみわこ)

Chica Boom(チカ・ブーン)

Thrill(スリル)

Yukarie

タンゴ・ヨーロッパは女の子の気持ちをファンキーなリズムで歌うアイドル的ガール・バンドであるが、81年のヤマハのイースト・ウエストのレーディース部門グランプリにも輝いた実力派でもある。キング移籍後の『Frustration』はシングル「桃郷シンデレラ」をボーナストラックとして追加してCD化されていますが、Alfa時代のファースト『乙女の純情』はCD化されていません。Alfa(東芝EMI)からアルバム未収録の83年のシングル「ダンスホールで待ちわびて」をボーナストラックとして付けてCD化して欲しいものです。「ダンスホールで待ちわびて」は、作詞:森雪之丞、作曲:細野晴臣、編曲:戸田誠司・有賀恒夫という豪華布陣による幻の名盤。

ニャンコこと斎藤美和子さんはちょっとエッチであぶなくて愛らしい詩人・歌手である。可愛い声で殺します。日大芸術学部も卒業している。最近まで駅前留学もしていた。タンゴ・ヨーロッパ解散後、彼女は、元フィルムスの赤城忠治氏をプロデューサーに迎え、一部ではそのジャケが話題となった12インチ・シングル「恋人はいつでも」をリリース。また、斉藤美和子+Hysterics名義で12インチ・シングル「恋のダイアル6700 ’87」としてフィンガー5をカヴァーし、12インチ・シングル「Winter Wink」ではD-DAYの川喜田美子さんとの共演。オールナイトニッポンのDJも務めていた事がある。その後、メトロトロンに移籍し、『歌謡美の女』では歌謡曲の再発見を試み、『One Dozen Gentlemen』では、鈴木慶一・博文氏等とのデュエット。最近、自らのレーベル『リトル・エルニーニョ』を設立し、ポエトリー・リーディングのCDをリリース。DRIVE TO 2000ではFILMSのステージにコーラスとして(FILMSの曲は女性コーラスがとても重要)登場した。

<さいとうみわこさんに独占インタヴュー>
質問1:みわこさん以外のタンゴ・ヨーロッパのメンバーで解散後、レコードをリリースした人はいるのでしょうか?

はい。ベースの坂口かおるとドラムの石田美紀子は、その後「チカブン」という女性サルサバンドに加入してビクターから何枚か発売しています。チカブンはキューバやフランスの音楽祭に参加して国際的な活動をしてました。今は、メンバーチェンジをして元タンゴヨーロッパのメンバーはいません。キーボードの塚越優香は、サックスプレイヤーとして「スリル」というバンドに参加して現在も活動しています。東芝EMIから「Yukarie」という名前でソロアルバムも2枚出しています(1枚目のソロシングルは私が作詞しました)。スリルだけではなく、ツアーミュージシャンとしてあちこちで活躍しています。

質問2:赤城さんがみわこさんをプロデュースすることになった経緯などをお聞かせ願えないでしょうか?単純にフィルムスが好きだったとか?

えっと、タンゴヨーロッパの頃から御世話になっていたセカンドラインというスタジオの方や、やはりそこを使っていたミュージシャンの方の紹介です。バルコニーレコードとも関連のあるスタジオでした。タンゴ・ヨーロッパが解散して、誰にプロデユースを頼もうかと相談してる時に私がフィルムスのファンだったと言ったら「赤城忠治なら友達だから紹介してあげるよ。」っていう話になったのでした。レコーディングもセカンドラインでやりました。

質問3:今回DRIVE TO 2000でFILMSに参加されることになった経緯は?
忠治から電話があって再結成することになったからコーラスで参加してくれって言われました。「かわいい声でちゃんと歌えるのって、さいとうしかオレ知らないから。」って。もちろん、すぐにOKしました。それに私は他のメンバーとも現在進行形で知り合いだから、忠治も私に参加を要請したのだと思います。そういえば今年の夏頃からはじめたポエトリーとパフォーマンスのイベント(月1回恵比寿でやってるStairway to HEAVEN)がきっかけで忠治に久しぶりにあったんだよね〜。10年ぶりくらいだったと思います。お家に遊びに行って美味しいカレーをご馳走になったの。

<荒特派員>(シングル・ディスコグラフィー追加)


Tango Europe is an idol-esque Girl band singing girl's feeling with funky rhythm, and they are also skilled players who won the grandprix in Ladies section of East West sponsored by Yamaha in '81. While the album "Frustration" after moving to King was reissued as a CD including the single "Toukyou Cinderella" as a bonus track, their first "Otome No Junjoh" on Alfa has not been released as a CD. I wish that Alfa (Toshiba EMI) reissues this including the single "Dance Hall De Machiwabite" in '83 as a bonus track. "Dance Hall De Machiwabite" was an illusive masterpiece supported by deluxe staffs such as Yukinojo Mori for lyrics, Haruomi Hosono for composition, and Seiji Toda & Tsuneo Ariga for arrangement.

Ms. Miwako Saito a.k.a Nianco is a bit sexy, dangerous, lovely poet and singer. Her cute voice kills you. She graduated from Nippon Univ. Liberal Art. She studied abroad in front of the station (means went to the English school nearby) recently. After disbanding Tango Europe, she released 12" single "Lovers Always Do" which cover art became a topic among manias by inviting Mr. Chuji Akagi, ex-Films. She also covered Finger 5's as "Koi No Dial 6700 '87" under the name of Miwako Saito + Hysterics, and collaborated with Ms. Yoshiko Kawakita of D-Day in 12" single "Winter Wink". She used to be a DJ in All Night Nippon. Later she moved to Metrotron, and rediscovered Kayo songs in "Kayobi No Onna" and had duets with Messrs. Keiichi & Hirobumi Suzuki in "One Dozen Gentlemen". Recently she established her own label "Little El Ni~no" and released CDs for poetry reading. She appeared as a chorus (which is very critical for Films' tunes) on Films stage in DRIVE TO 2000.

<Ms. Miwako Saito>
Q1: Are there any other members of Tango Europe except Miwako who released records after disbanding?
Yes. Kaoru Sakaguchi, a bassist, and Mikiko Ishida, a drummer, joined a female Salsa band "Chica Boom" later and released several records on Victor. Chica Boom acted internationally by attending music festivals in Cuba and France. Currently there are no ex-Tango Europe members after member changes. Yuka Tsukakoshi, a keyboardist, joined the band "Thrill" as a sax player and still active. She also released two solo albums under the name of Yukarie on Toshiba EMI (I wrote the first single's lyrics). She is also active as a tour musician here and there in addition to Thrill.

Q2: Could you tell me how Mr. Akagi became to produce Miwako? Did you simply like Films?
Well...people at the studio called Second Line which supported me from the days of Tango Europe and musicians who used this studio introduced him. It was also the studio related to Balcony Records. After Tango Europe was disbanded, I told that I am a fan of Films when discussing who I should ask to produce. Then, I was told that Mr. Chuji Akagi can be introduced as he is a friend of theirs. Recording was also done at Second Line.

Q3: How come did you join Films in this DRIVE TO 2000?
Chuji called me and asked me to join as a chorus as reunion is planned. He said "Saito is the only one I know who can sing well with cute voice". Of course, I accepted immediately. I also think that he asked me to join it as I am still in contact with the other members. Actually, I met him after a long interval in the event for poetry and performance which I started this summer (Stairway to HEAVEN which I do once a month at Ebisu). I think it's after almost 10 years. I had very delicious curry at his house.

<Correspondent Ara> (Single discography was added.)

HOME | INDEX