Tears For Fears
Graduate / Johnny Panic And The Bible Of Dreams / Orbazal, Roland / Smith, Curt / Mayfield

Tears For Fears

Graduate

Johnny Panic And The Bible Of Dreams

Orbazal, Roland

Smith, Curt / Mayfield

ローランドとカートからなるティアーズ・フォー・フィアーズはクリス・ヒューズのプロデュースのよる『ルール・ザ・ワールド』で英国で火のついた人気を一気に全世界へと押し広げた。とくに米国でシングル、アルバムともに大成功を収めた。エレクトロニックとアコースティック・サウンドをミックスした計算されたポップである。彼等はTFF結成以前、70年代終わりにGraduateというスカ・バンドを結成し『Elvis Should Play Ska』等のシングルをリリースした。

なんだか、ローランドとカートでもう一度TFFを再結成するみたいですね。

<荒特派員>1st、2ndは大好きなので、是非とも復活して、大ヒットをとばしてほしいバンドです。好きな曲は、1stの「Mad World」と、2ndの「Mother's Talk」です。TFF結成以前にやっていたグラデュエイトというバンドで、ローランドとカート以外のメンバーだったJohn Bakerという人は、ザ・コーギスの再結成アルバム『フォー・エヴリワン』にメンバーとして参加していました。

TFFシングルとチャート、アルバム・リストにはアメリカでのチャートを追加。それとローランドのソロ、前身バンドのグラデュエイトなども追加。あと、Johnny Panic And The Bible Of Dreamsというのはローランドのソロ・ユニットで、TFFのシングル「Advice For The Young At Heart」のB面に収録されていた曲のリミックス・ヴァージョンを、曲のタイトルと同じ名義で出した変則的なリリースだったようです。※なお、このリストはローランド・オーザバルのソロ『トムキャッツ〜』の日本盤ライナー(ディスコグラフィーは山田道成氏作成)を元にしています。


Tears For Fears consisting of Roland and Curt expanded their popularity which started in the U. K. to the world with "Everybody Wants To Rule The World" produced by Chris Hughes. They had huge success especially in the U. S. It's a calculated pop blending electronic and acoustic sound. Before TFF, they formed the ska band "Graduate" in late 70's and released the singles such as "Elvis Should Play Ska".

Roland and Curt seem to have decided to reunite TFF.

<Correspondent Ara> As I like their 1st and 2nd albums very much, they are the band which I wish release more big hits. My favorite tracks are "Mad World" in the 1st and "Mother's Talk" in the 2nd. John Baker who was a member of Graduate in addition to Roland and Curt participated in the reunion album "For Everyone" by The Korgis as a member.

I added the singles of TFF and their chart ranking and their US chart ranking for the albums. I also added Roland's solo and Graduate, pre-TFF, etc. Johnny Panic And The Bible Of Dreams is Roland's solo unit, and a remix version coupled with TFF's single "Advice For The Young At Heart" was released with the same name which was also used for the song title. I refered to the linernotes for Roland Orbazal's solo album "Tomcats..." (the discography was made by Mr. Michinari Yamada).

HOME | INDEX